妙見温泉 田島本館 日帰り入浴 ★★★+

鹿児島県霧島市にある妙見温泉「田島本館」の入浴レポートです。

最終更新日  2017/3/5 訪問日  2016/9月下旬

【妙見温泉 田島本館】基本情報

みょうけんおんせん たじまほんかん

住所:〒899-6507 鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4236
TEL:0995-77-2205
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付8,150円~10,330円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治〇 自炊〇
素泊まり3,840円~4,000円

口コミ総合評価:じゃらん4.2点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆妙見温泉で泉質の良い宿を探している
◆鄙びた宿が好き
◆自炊湯治ができる宿が良い


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:8:30~21:00
料金:大人250円 小人100円

定休日:なし(月・水・金 11:30~13:00は清掃)

「キズ湯」「胃腸湯」と「神経痛の湯」は別料金です

「九州温泉道」対象施設です

アクセス

◆車
鹿児島空港・九州道「溝辺鹿児島空港IC」から国道504~223号線経由、12キロ16分。東九州道「国分IC」~国道223号線経由、14キロ25分。
ドラぷら
◆電車
JR日豊本線「隼人駅」からいわさきバスで「妙見・嘉例川・鹿児島空港行」に乗り「妙見温泉」下車、徒歩3分。
鹿児島空港・JR肥薩線「嘉例川駅」からいわさきバスで「妙見・隼人行」に乗り「妙見温泉」下車、徒歩3分。
Yahoo!路線情報いわさきバス時刻表
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

 

【妙見温泉 田島本館 日帰り入浴】

「田島本館」は、創業130余年の天降川沿いにある妙見温泉を代表する温泉宿です。

妙見温泉の宿はどちらかというと高級旅館のイメージが強いかもしれませんが、

「田島本館」は自炊もできる昔ながらの鄙びた湯治宿で、泉質が良いと秘湯マニアに人気です。

 

宿泊は天降川の対岸にある「おりはし旅館」を選びましたが、

「田島本館」にも同じく「キズ湯」と呼ばれる源泉があると知り、日帰りで立ち寄りました。

 

「田島本館」は、「雅叙苑」「天空の森」を手掛ける社長さんの実家なのです^^

どちらもお値段的にはかなりの高級旅館ですが、田舎暮らしをテーマにした宿で都会人に人気ですね。

「雅叙苑」の茅葺屋根と「天空の森」の入口

妙見温泉街の中心部にある天降川。

妙見大橋から見える「田島本館」の建物

バス停からも歩いて3分ほどの距離です。

写真の右側に見切れている部分が湯小屋です。

「田島本館」の建物

手前は15台分の駐車場になっています。

日帰り入浴の受付は建物右側の窓口にあります。

 

「田島本館」のお風呂は、

  • 神経痛湯(男女別内湯各1)
  • 胃腸湯・キズ湯・打たせ湯(男女別内湯各2)

の2箇所の浴室があり、それぞれ250円と別料金になっています。

「田島本館」には3本の自家源泉があり、それぞれの源泉に名前がついているのですね。

料金案内版

料金が安いので、2箇所とも利用しようと500円を支払いお風呂へ向かいます。

 

【妙見温泉 田島本館 胃腸湯・キズ湯】

ちらっと「神経痛湯」の覗いてみると混んでいたので、胃腸湯・キズ湯から先に入りました。

胃腸湯・キズ湯は地下1階のピロティの奥にあります。

天降川は何度か大雨で氾濫しており、そのたびに旅館も被害に遭っているようで、

このような造りになっているのかもしれません。

ピロティからの天降川の眺め

 

天降川はこれだけ大きな川ですが、源流のある国見岳からそれほど遠くなく、

とても澄みきっていて綺麗な川です。

妙見温泉の宿に宿泊すると、

天降川で獲れた天然のアユが出てくることもあるのですが、それも納得の清流です。

こちらが「胃腸湯・キズ湯」の入口です。

左が女湯、右が男湯。

すぐ左の階段を上がっていくと、「神経痛湯」の湯小屋に出ます。

扉を開けると、中は2畳ほどの広さしかない簡易な脱衣所があります。

脱衣棚と鏡、ベンチ、扇風機だけで、共同浴場の様な造りです。

こちらが浴室です。

かなり鄙びていて味のあるお風呂です。

入口側にあるのが「胃腸湯」です。

1~2人サイズの小さなお風呂。

温度は43度強とやや熱めでした。

 

妙見温泉は金気臭のする笹濁りのお湯が特徴ですが、

この「胃腸湯」はほぼ無色透明、金気臭も弱めでした。

すごく落ち着くいいお湯でした。

床を見ると茶色く染まっていて鉄分の多さを物語っています。

奥にあるのが「キズ湯」です。

こちらも2~3人サイズと小ぶりなお風呂です。

 

妙見温泉らしい薄笹濁り色と金気臭のするお湯です。

こちらもやや熱めで42度くらいありました。

まだ外気が30度近くある夏日だったので、1分入っているだけで額に汗がにじんで来ました。

 

もう少しぬるい時に入ると泡付が見られるようですが、気付きませんでした。

 

向かいにある「おりはし旅館」の「キズ湯」は30度くらいしかない超ぬる湯なのですが、

お湯は全く別物ですね^^

胃腸湯とキズ湯の湯口

飲用はできませんと書かれていました。

さらに奥には「打たせ湯」もあります。

こちらは38度くらいでぬる目の設定でした。

金気臭はしますが、「胃腸湯」と「キズ湯」のどちらの源泉なのでしょう。

打たせ湯の床も成分で茶色く染まっていました。

ちなみに、女湯の方は打たせ湯の奥にすだれがかかっていて、

ここから少しだけ天降川が見えるだけ。

内湯の方は壁側にあるので外の景色は見えません。

でも、男湯の方は内湯から天降川が見えるそうです。



「胃腸湯・キズ湯」の男湯の浴室 (画像は宿提供/JTB)

内湯からも天降川が見えます。いいなぁ~

 

【妙見温泉 田島本館 神経痛湯】

駐車場には車がたくさん停まっているのに「胃腸湯・キズ湯」の方は貸切状態。

もうそろそろ空いてきたのかなと「神経痛湯」に向かいました。

駐車場からは向かう場合には建物のすぐ奥にあります。

こちらが「神経痛湯」の湯小屋

左が男湯、右が女湯でした。

脱衣所は少し広めで4畳半くらいありました。

でも、洗面台はなく、脱衣棚とベンチ、ドライヤーが1台だけ置いてありました。

ドライヤーがあるから混んでいるのかなぁ。

 

中を覗いてみるとさきほどよりもイモ洗い状態。

6人サイズの小さな湯船と周りには人が溢れていて居場所がないくらいでした(@_@;)

しかも常連さんなのか年配の人ばかり話に花が咲いていて入りにくい(T_T)

というわけで今回は「神経痛湯」は断念しました。

こちらが神経痛湯の浴室です。(画像は宿提供/じゃらん)

薄暗いので分かりにくいですが、浴室の広さは10畳くらい。

湯舟はお湯は笹濁りでした。

地元のお年寄りには神経痛湯が人気なんですかね。

 

【田島本館 カフェ&食事処】

田島本館の1階には「いろりカフェ」と食事処があり、日帰りでも利用できます。

黄色いぬいぐるみは霧島温泉大使の「アヒル隊長」です^^

こちらは食事処

うどん、そば、定食があります。

素泊まりで自炊するのが面倒になってもここで食事ができるので便利ですね。



「田島本館」ではかまど炊きのご飯を提供しているそうです。

「雅叙苑」や「天空の森」の原点がここにあるのかもしれません。



看板猫の「つばめ」

 

今回は見かけませんでしたが、

「田島本館」にはかわいい看板猫もいて公式サイトのブログにも度々登場します♪

 

【妙見温泉 田島本館 温泉の感想】

 

「田島本館」は、昔ながらの湯治宿といった感じで、宿泊した宿とは対照的でした。

温泉の評判が良いからか、地元のお客さんがとても多く、活気がありました。

1人でも居心地が良さそうな宿だったので、機会があれば宿泊してみたくなりました。

天降川が目の前で、宿から見える景色も良かったです。

 

泉質 ★★★★4.3

お風呂の雰囲気 ★★★3.9

清潔感 ★★★3.9

接客サービス ★★★★4.2

 

【妙見温泉 田島本館 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯各3(浴室は2 胃腸湯・キズ湯・打たせ湯 / 神経痛湯)

◆源泉

自家源泉3本

「妙見田島温泉うたせ湯」泉温49.1度 湧出量-(-)
泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウムー炭酸水素塩温泉(低張性中性高温泉)pH6.8
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計-mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

妙見温泉 田島本館 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



 

【妙見温泉周辺の関連記事】

霧島市 妙見温泉 おりはし旅館 宿泊

霧島市 妙見温泉 妙見石原荘 日帰り入浴

霧島市 安楽温泉 鶴の湯 日帰り入浴

霧島市 新湯温泉 国民宿舎 霧島新燃荘 日帰り入浴

霧島市 野之湯温泉 国民宿舎 みやま荘 日帰り入浴

霧島市 林田温泉 霧島いわさきホテル 宿泊

霧島市 丸尾温泉 旅行人山荘 日帰り入浴

霧島市 硫黄谷温泉 霧島ホテル 日帰り入浴

霧島市 湯之谷温泉 湯之谷山荘 宿泊

霧島市 霧島神宮温泉郷 さくらさくら温泉 日帰り入浴

湧水町 栗野岳温泉 南洲館 宿泊

伊佐市 湯之尾温泉 市営公衆浴場 日帰り入浴

えびの市 あきしげゆ 日帰り入浴

小林市 神の郷温泉 日帰り入浴&ランチバイキング

ブログ掲載 鹿児島県内のの秘湯の記事一覧

鹿児島県の源泉かけ流しのある宿リスト

「九州温泉道88湯」について

 


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 83 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です