湯元山荘 湯ノ口温泉 日帰り入浴 ★★★

三重県熊野市にあるトロッコ電車で行く温泉「湯元山荘 湯ノ口温泉」のレポートです。

最終更新日  2018/3/11 訪問日  2018/2月上旬

【湯元山荘 湯ノ口温泉】基本情報

ゆもとさんそう ゆのくちおんせん

住所:〒519-5416 三重県熊野市紀和町湯ノ口 紀和町湯ノ口10
TEL:0597-97-1126
公式サイト

【宿泊料金】

素泊まり自炊のみ お一人様〇 バンガロー・ロッジ・コテージ 9,500円~27,000円/室

口コミ評価:google 4.3/5.0点

【こんな人におススメ】

◆熊野古道(三重県)でかけ流し100%の温泉を探している
◆素泊まり自炊できる宿が良い
◆トロッコ電車に乗ってみたい


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:9:00~20:15受付(21:00閉館)
料金:大人540円 小人270円
貸切風呂1,080円/60分(延長30分540円(入浴料別)
食事処なし

参考:入鹿温泉 ホテル清流荘のレストラン
営業時間11:00~14:00L.O.、18:00~20:00L.O.

⇒トロッコ電車で移動できる「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

地図

 

【トロッコ電車で行く温泉 湯元山荘 湯ノ口温泉 日帰り入浴】

「湯元山荘 湯ノ口温泉」は、三重県熊野市の内陸部にあるコテージ併設の日帰り温泉施設です。トロッコ電車のある宿で知られている「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」が運営しています。

湯ノ口温泉は、奈良県十津川村・和歌山県田辺市との県境近くにあります。

開湯は南北朝時代の延元2年(1336年)。後醍醐天皇が金山発掘を手掛けた際に偶然温泉が出たのが始まり。以降、薬効の高い湯治場として利用されてきました。その後、鉱脈の開発で一度は埋没しましたが、昭和54年に調査の際に再び湧出したという、鉱山と縁の深い温泉です。

「湯ノ口温泉」と聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんが、三重県では泉質の良いかけ流しの温泉で人気があるらしく、じゃらんの日帰り温泉ランキング(東海地方の泉質で選ぶランキング)では第2位になったそうです。

前日は、湯ノ口温泉から車で30分ほど北にある「川湯温泉」の仙人風呂を楽しんで来ましたが、なかなかこの辺に来る機会はないので、まだ未湯の評判の良い温泉に行ってみようとやって来ました。

国道311号線から北山川沿いへ。川湯温泉から20分足らずで三重県熊野市に突入、その後は奈良県十津川村に入ったりと県境が入り組んでいるエリアです。

国道311号線から北山川の橋を渡らず山の方へ向かうと湯ノ口温泉の看板が出ています。

山あいを道なりに進むと「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」があります。

「ホテル瀞流荘」無色透明のアルカリ性単純泉なのですが、3キロ離れた湯ノ口温泉の方は鉄分の多いうす茶色い温泉です。

熊野市駅から「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」までは直通の路線バスがありますが、ここから先は湯ノ口温泉まで鉱山で利用していたトロッコ電車で移動できます。

銅山で実際に使用されていたトロッコ電車。1キロのトンネル坑内を10分かけて走ります。

私は自家用車で来たので乗車しませんでしたが、ホテルに泊まったら楽しみの一つになるのでしょうね。

 

「ホテル瀞流荘 」⇔「湯元山荘 湯ノ口温泉」まで運行。所要時間10分。

運行時間:8:50~17:10 無休
片道:大人 270円、小人140円
往復:大人540円・小人270円
湯ノ口温泉入浴付:大人860円・小人430円

「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」から5分ほど山の方に進むと、川の対岸に日帰り温泉らしき建物が見えてきました。

3つある建物の真ん中は受付と休憩所、左が男湯、右が女湯です。

他に素泊まり&自炊できる宿泊施設も備えていて、行楽シーズンは家族連れでにぎわうのだろうと思います。

 

参考までに、湯ノ口温泉の宿泊料金は下記の通りです。

◆バンガロー(キッチン付):9,500円/1棟(定員3名) 寝具追加2,200円/人 連泊割引あり

◆ロッジ(共同炊事場あり):12,000円/室(2名1室)~16,000円(3名~5名/室)、6名以上プラス3,200円/人

◆コテージ(キッチン・囲炉裏付):27,000円/棟(定員10名)  寝具追加2,200円/人

*全て入浴料込

駐車場は建物の奥。

先ほど紹介した湯ノ口温泉の歴史について書かれた看板

現在の源泉は「新・湯ノ口温泉」です。

湯ノ口温泉の入口

入口には靴のロッカー

館内は新しくてピカピカのフローリング。

公共施設のような日帰り温泉です。

平成27年3月(2015年)にリニューアルされたそうです。

 

「湯ノ口温泉」のお風呂は、

  • 男性用大浴場 内湯1 露天風呂大1 寝湯1 立ち湯1
  • 女性用大浴場 内湯1 露天風呂大1 寝湯1 立ち湯1
  • 貸切内湯1 (60分1,080円、入浴料別途)

があります。

 

【湯元山荘 湯ノ口温泉 女性用大浴場】

女性用のお風呂は右へ。

脱衣所は20畳くらいの広さ、ピカピカのフローリング。

これほど立派な施設なのにまさかの貸切。混雑する時はイモ洗い状態なのだとか。

無料の鍵付ロッカーとベビーベッド。

洗面台にはドライヤー。

扉を出るとまずかかり湯。

内湯は左右両面に整然とシャワー台が並んでいます。

リンスインシャンプーとボディーソープも完備。

浴室の奥には内湯が一つ。

黒い御影石のお風呂で15~20人は入れる広さです。

入浴中の目線。

ほのかな金気臭、ほんのり茶色いお湯に小さな茶色い湯花。鉄分は多いですが、比較的さっぱりとした温泉です。

分析書では「加温する場合あり」とありましたが、湯舟の温度は41度だったので、真冬でも加温はされていないようでした。

自家源泉「新湯ノ口温泉」泉温45.7度 湧出量 1,200L/分(動力揚湯 掘削深度1,405)
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)pH8.0

湯口は奥に1か所。湯量は豊富です。

塩素系薬剤使用と書いてありましたが、塩素臭は全くなし、湯口のお湯も薄い金属の味しかしません。

外に出ると露天風呂があります。

茶色い湯花をごみと勘違いする人が多いのか、あちこちに「お知らせ」の貼り紙。それだけ、三重県側では茶色い温泉が少ないからなのでしょうか。

メインの露天風呂を横から見ると、全体に屋根が付いています。

メインの浴槽手前には寝湯のスペース。ここはぬるくて36度でした。

メインの露天風呂は内湯とオナくじ位、20人くらいは入れる広さ。

露天風呂の奥から。

湯口は奥に1つだけ、温度は39度とややぬる目(気温5度)。上がる時には少し寒かったです。

隣には6~8人サイズの浴槽。

なんと立ち湯になっていて深さ96センチもあります。

大人の女性で胸の高さまであります。

外が寒かったので、全身をすっぽり覆ってくれる立ち湯が一番心地良かったです。

立ち湯の湯口

露天風呂から見える景色は裏山の杉林でした。どことなく熊野古道らしい雰囲気。

お風呂の木材も三重県産の杉とヒノキを使用しているそうで、露天風呂は神社の社のようでした。

こちらは受付棟にある休憩スペース。小上がり席にはテレビもあります。wifiも飛んでいました。

これだけ立派なのに飲食の提供がないのが残念。

食事は、「入鹿温泉 ホテル清流荘」のレストランを利用できます。
営業時間11:00~14:00L.O.、18:00~20:00L.O.

ドリンクの自販機は充実していました。

アイスもあります。

お土産コーナーも充実

 

【湯元山荘 湯ノ口温泉 温泉の感想】

山あいにある日帰り温泉施設としてはとても綺麗で設備も充実していました。

今回は十津川村~川湯とダイナミックな自然に囲まれた温泉に行った後だったので、綺麗すぎて物足りなさを感じましたが、ドライブや熊野古道巡りの途中に立ち寄るにはとてもいい温泉だと思います。

ほとんど下調べもせず、三重県にあるとも知らずに出掛けましたが、トロッコ電車が気になってそれが心残りです^^

管理人さんが一人しかいませんでしたが、05接客はホテル仕込なのか、とても丁寧で親切でした。

 

泉質 ★★★★4.0

お風呂の雰囲気 ★★★★4.2

清潔感 ★★★★4.3

接客サービス ★★★★4.3

 

⇒「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」をインターネットで予約する

⇒その他「熊野本宮温泉郷」の宿をインターネットで予約する

 

【温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各1 露天風呂大各1 寝湯各1 立ち湯各1

◆源泉 H20.6月の分析書

自家源泉「新湯ノ口温泉」泉温45.7度 湧出量 1,200L/分(動力揚湯 掘削深度1,405)
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)pH8.0
蒸発残留物 mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)1,390mg/kg 成分総計1,390mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素系薬剤使用(塩素臭なし)

*分析書には「加温する場合あり」の表記、実際には冬期でも加温なし

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【湯ノ口温泉周辺の関連記事】

和歌山県田辺市 川湯温泉 仙人風呂&手掘り野湯

和歌山県田辺市 川湯温泉 冨士屋 宿泊

和歌山県田辺市 川湯温泉 山水館 川湯みどりや 日帰り入浴

和歌山県田辺市 川湯温泉 公衆浴場

和歌山県田辺市 湯の峰温泉 つぼ湯・一般湯・くすり湯

和歌山県田辺市 湯の峰温泉 旅館あづまや 日帰り入浴

奈良県十津川村 上湯温泉 神湯荘 宿泊

奈良県十津川村 湯泉地温泉 やど湯の里 宿泊

奈良県十津川村 出谷温泉 つるつる乃湯 偵察(閉館)

奈良県十津川村 十津川温泉 ホテル昴 日帰り入浴 

奈良県十津川村 十津川温泉 公衆浴場 庵の湯  

奈良県十津川村 湯泉地温泉 公衆浴場 滝の湯

奈良県十津川村 湯泉地温泉 公衆浴場 泉湯 

和歌山県那智勝浦町 那智勝浦温泉 ホテル中の島 宿泊

ブログ掲載 三重県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 1 人です, 本日の訪問者は8 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です