湯之元温泉 日帰り入浴 宮崎県高原町 ★★★+

宮崎県高原町にある「湯之元温泉」の日帰り入浴レポートです。

最終更新日  2016/12/13 訪問日  2016/9月下旬

【湯之元温泉】基本情報

ゆのもとおんせん

住所:〒889-4414 宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田7535
TEL:0984-42-3701
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 7,560円~ お一人様〇 素泊まり? 湯治対応〇 自炊×

口コミ評価:じゃらん4.4点/5.0点

【湯之元温泉はこんな温泉です】

◆全国屈指!天然の高濃度シュワシュワ炭酸泉
◆加温した浴槽では金気臭の強い茶褐色のにごり湯を楽しめる
◆温泉水で炊いたご飯とおにぎりが名物


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:10:00~22:00
料金:大人500円 小人250円
定休日:毎月第1水曜日

「九州温泉道」対象施設です

アクセス

◆車
宮崎道「高原IC」から4.7km、8分。
ドラぷら
◆電車
JR吉都線「高原駅」下車、3.6kmタクシーで6分。
Yahoo!路線情報
◆高速バス
宮崎駅・鹿児島駅から「高原インター」下車、4.7kmタクシーで8分。
楽天トラベル高速バス予約

地図

【驚きのシュワシュワ冷鉱泉 湯之元温泉 日帰り入浴】

 

「湯之元温泉」は、霧島連山の東麓にある創業110余年の老舗温泉宿です。

 

源泉温度20度の冷たい鉱泉ですが、

自然湧出の高濃度シュワシュワ炭酸泉を楽しめるということでとても人気のある温泉です。

場所は、高原街の中心部から田園風景の広がる山の方面へ車で10弱のところにあります。

「湯之元温泉」の入口。

宿泊棟は近代的な建物です。

日帰りの受付は東屋のような屋根の左手にあります。

こちらは宿泊棟の玄関。

 

11:30~14:00まではランチ営業もやっています。

温泉水で炊いたご飯「湯めし」が評判で、とくにおにぎりが人気があるそうです。

おにぎりはお持ち帰りもできます。

ランチ営業の案内

 

それではお風呂へ。

「湯之元温泉」のお風呂は、

  • 男性用大浴場 内湯2 露天風呂1
  • 女性用大浴場 内湯2 露天風呂1

があります。

大浴場へは館内を通らずに通路の奥に向かいます。

大浴場の入口。

駐車場の車も多かったですが、お客さんの靴も半端ない数です!

大浴場は手前が男湯、奥が女湯になっていました。

脱衣所にはトイレあり、有料100円ロッカーと脱衣棚、洗面台、ドライヤーが置いてあります。

浴室の撮影はできませんので、パンフレットの写真でご説明します。

 

脱衣所のガラス戸を開けると左から正面にかけてメインの浴槽があります。

こちらは加温した「鉱泉風呂」で、8~10人サイズ。

ほとんど透明度のないオレンジ色に近い茶褐色のにごり湯です。

見た目通り金気臭の強いお湯ですが、浴感のインパクトはそれほど強くありません。

温度は41度くらいでした。

 

元々20度の透明な冷鉱泉を加温して時間が経つとこんなに鮮やかな茶褐色になるのかと驚きです。

 

「湯之元温泉」 泉温20.4度 湧出量-(自然湧泉・自噴 間欠泉)
泉質:含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩冷鉱泉
(低張性中性冷鉱泉) pH6.2
蒸発残留物 1,010mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)1,626mg/kg 成分総計2,806mg/kg
炭酸水素イオン1,111mg/kg 遊離二酸化炭素1,180mg/kg

 

続いて、外にあるのが「中濃度炭酸泉」と書かれた岩組みの露天風呂。

こちらの浴槽は3~4人サイズ、隣に水風呂。

露天風呂は囲いがあるので外の景色は見えませんが、植栽を眺めながら入浴する感じです。

分析書の表示では33度の設定となっています。

半加温で放流式+循環ろ過併用です。

若干の泡付きは見られますが、特別な印象はなかったです。

 

鉱泉も中濃度炭酸泉も循環ろ過なので塩素系薬剤使用という表示がありますが、

おそらく清掃時のみなのか、塩素臭はまったく感じませんでした。

 

そして、最後に名物の「高濃度炭酸泉」。

4人サイズですが、一番人気のため5~6人でギュウギュウ詰状態。

さらに順番待ちで入浴していました。

 

実際には写真のように緑がかってはおらず、無色透明のお湯でした。

泉温は22度くらい。

サウナの水風呂より少しだけぬるい程度ですが、

夏場でなければかなり冷たく感じると思います。

 

見た目はただの水風呂のように見えますが、

湯口からはシュワシュワと音を立てており、

入った瞬間に体十に泡がまとわりつきます!

筌の口温泉 山里の湯の手足の泡

画像は「山里の湯」の使い回しですが、イメージはこんな感じです。

 

「高濃度炭酸泉」と書いてあると、人口炭酸泉課と勘違いしそうですが、

こちらの「湯之元温泉」は正真正銘、天然でしかも自然湧出の炭酸泉です!

温度が冷たいので炭酸の刺激が余計に強く感じられました。

 

脱衣所には、「天然ですので・・・泡をたくさん出すことはできません」という張り紙があり、

スーパー銭湯と間違えているお客さんもいそうですが^^

 

ちなみに、この源泉は外の井戸から汲んで持ち帰ることはできますが(有料)、

お風呂のお湯を勝手に持ち帰ることはできません。

 

【湯之元温泉の感想】

 

あまり下調べをせずに何となく九州温泉道の施設ということで立ち寄りましたが、

なかなかインパクトのある炭酸泉でした。

 

特に高濃度炭酸泉は、大分県の「七里田温泉」「山里の湯」に寄った後でも十分インパクトがありました。

 

施設も田園風景の中にある一軒宿で秘湯ムードもあり、素朴な雰囲気で良かったです。

 

今回は宮崎県は日帰りで済ませましたが、

次回宿泊する機会があれば「湯之元温泉」を候補に入れておきたいと思う温泉でした。

 

泉質★★★★4.4(高濃度4.6 その他4.2)

お風呂の雰囲気★★★★4.2

清潔感★★★★4.2

接客サービス★★★★4.2

 

【湯之元温泉 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各2 露天風呂各1

◆源泉 H22.2月の分析書

「湯之元温泉」 泉温20.4度 湧出量-(自然湧泉・自噴 間欠泉)
泉質:含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩冷鉱泉
(低張性中性冷鉱泉) pH6.2
蒸発残留物 1,010mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)1,626mg/kg 成分総計2,806mg/kg
炭酸水素イオン1,111mg/kg 遊離二酸化炭素1,180mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒ありの表示(塩素臭なし)
*中濃度・鉱泉浴槽は加温・循環ろ過、放流式併用

 

湯之元温泉 宿泊予約サイト

  • 一般の旅行代理店の予約サイトはありません。宿に直接お問い合わせください。
  • 湯之元温泉 TEL:0984-42-3701

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

⇒湯之元温泉周辺の人気宿を見る

 

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



 

【鷹原町周辺の関連記事】

小林市 北霧島温泉 恵の湯 神の郷温泉 日帰り入浴&バイキング

えびの市 あきしげゆ温泉 あきしげゆ 日帰り入浴

霧島温泉郷 新湯温泉 霧島新燃荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 野の湯温泉 国民宿舎 みやま荘 日帰り入浴

栗野岳温泉 南洲館 宿泊

霧島温泉郷 林田温泉 霧島いわさきホテル 宿泊

霧島温泉郷 丸尾温泉 旅行人山荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 硫黄谷温泉 霧島ホテル 日帰り入浴

霧島温泉郷 霧島湯之谷温泉 霧島湯之谷山荘 宿泊

霧島神宮温泉郷 さくらさくら温泉 日帰り入浴

新川渓谷温泉郷 妙見温泉 おりはし旅館 宿泊

「九州温泉道 88湯」について

 


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 523 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です