塩原温泉郷 大網温泉 湯守田中屋 日帰り入浴 ★★★

湯守田中屋10

【塩原温泉郷 大網温泉 湯守田中屋】 基本情報

しおばらおんせんきょう おおあみおんせん ゆもりたなかや

住所:〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原6
TEL:0287-32-3232
公式サイト

【宿泊情報】

1泊2食付 13,600円~26,520円 お一人様△ 素泊まり× 自炊×

口コミ総合評価:楽天トラベル4.4点、じゃらん4.5点/5.0点

【こんな人におすすめ】

◆渓流沿いの開放的な露天風呂が好き
◆階段の上り下りが苦ではない
◆混浴ファン


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業日:日・水・木 9:00~14:00受付(15:00退館)
料金:大人1,000円 小学生600円 幼児400円 タオルレンタルあり
定休日:営業日でも繁忙期は休み(要連絡)
*渓流沿いの野天風呂のみ 混浴はバスタオル巻OK

*H28.11.23日より日帰り営業を再開しました

→最新情報はお知らせでご確認ください

アクセス

◆車
東北道「西那須野IC」から15キロ、45分。
ドラぷら
◆電車&バス
JR東北新幹線「那須塩原」駅からJRバスで。「塩原大網」下車。
Yahoo!路線情報JRバス時刻表
◆高速バス
新宿・王子から高速バス「那須リゾートエキスプレス」で「アグリパル塩原」下車。送迎あり(要予約)
楽天トラベル高速バス予約

地図

【塩原温泉郷 大網温泉 湯守田中屋 日帰り入浴】

 

大網温泉「湯守田中屋」は、西那須野塩原インターの出口から車で10分ちょっと。

塩原温泉街に向かう国道400号線沿いに始めに現れる温泉宿です。

源泉掛け流し100%の温泉で、渓流沿いにある混浴の野天風呂が名物です。

 

那須塩原2日目は、元湯の「大出館」をチェックアウトした後、

すぐ下の「ゑびすや」「元泉館」に寄ろうとしたのですが、

「ゑびすや」は木曜日が定休日、

「元泉館」は月に一度のメインテナンス休業ということで、残念!

リサーチ不足でした。

他に見繕っておいた「湯守田中屋」に向かいました。

 

*日帰り入浴は2014年末頃から休業中でしたが、2016年11月末に再開しました。

予告なく休止する場合もありますので、

お出かけの前に公式サイトのお知らせから営業しているかチェックしてみてください。

 

湯守田中屋2

湯守田中屋の入り口

 

写真に写っている白い点はゴミではなく雪です。

前日は大雨で夜半過ぎから雪に変わったのですが、

太陽が照っていて暖かく、不思議な天気でした。

 

日帰り入浴できるのは、道路の向かいの階段を300段降りたところにある渓流沿いの野天風呂のみです。

先にフロントで料金を払います。

勝手に入る人が多いのか、警告の看板がありました。

 

 

 

混浴3つと女性専用1つで、混浴の方はバスタオル巻でもOKのようです。

バスタオルをレンタルした時にはそのような説明はなかったので、

帰って来てから知りましたが、他に女性がいないと入れる雰囲気ではありませんでした。

お客さんは男性1人だけだったのですが、同じ湯船に入る勇気はなかったというか。

 

野天風呂の周辺にはトイレがありませんので、

旅館の中で済ませておいてくださいと言われました。

 

湯守田中屋3

階段を下りるところに看板が出ています。

 

階段が多いので、ハイヒールだとちょっと大変かもしれません。

湯守田中屋6

階段を降り始めるところ。

300段あるらしいですが、上からは渓流も見えないですね。

湯守田中屋7

5分の4くらいまで降りてきました。

降りる時は段数の多さは全く気にならないです。

湯守田中屋22

あと少しのところで、右角に休憩できる屋根つきの小屋があります。

湯守田中屋12

目の前を流れる渓流。水量も多く、ダイナミックな景観です。

 

階段の多さといい、渓流沿いのお風呂の雰囲気といい、

静岡県河津町の「大滝温泉 天城荘」を思い出しました。

 

上り下りの大変さは、

「川原毛大湯滝」>>>「湯守田中屋」>「天城荘」>>「旅館御岳」>>「大黒屋」でしょうか^^

【湯守田中屋 仙郷の湯(混浴露天風呂)】

階段を降りて行くと

左から、女湯(美人湯)-大露天風呂(仙郷湯)-洞窟風呂(河原湯)・小風呂(石間湯)

という風に並んでいます。

 

中央の少し高台になっている所にプール大の露天風呂(仙郷の湯)があります。

実物は見ていませんが、露天風呂の中では一番眺めも良く開放感があるようです。

男性のお客さんがいたので、女性専用のお風呂(美人の湯)に入りました。

写真で見ると素晴らしい!入りたかった。(画像は宿提供/じゃらん)

 

木曜日は日本一の規模と言われる足湯「湯っ歩の里」も定休日で、

合わせて休館とする宿が多いのか、塩原の温泉街は閑散としていました。

でも、「湯守田中屋」は人気があるのか、朝イチでもお客さんがいました。

日帰りではなく、連泊の方かもしれませんが。

 

 

【湯守田中屋 女性用露天風呂】

湯守田中屋8

女湯の脱衣所

女湯には誰もいませんでした。

湯守田中屋10

女性用の露天風呂は石を組んである8~10人サイズくらいの中型の浴槽です。

石塀があるので、お風呂に入りながら渓流を眺めることはできませんが、

周りは山なので、開放感があります。

渓流のせせらぎ(かなり豪快な音)も聞こえて、自然と一体になった感じがしますね。

 

温度は41度くらいで適温でした。

透明・無色でさらっとしたお湯ですが、

源泉掛け流し100%なので、入った時には「イイお湯だ~」と感じることができます。

 

壁の向こうはどうなっているのかな?と覗いたら、

さきほど先客のいた混浴の大露天風呂でした。

あ~あっちにも入りたかった(T_T)

 

先客さんと入れ替わりで別の方が入ってきたので、

しばらく空きそうになく、諦めて他のお風呂の見学だけしてきました。

湯守田中屋16

目の前の渓流は、せせらぎというよりは轟音ですが、とっても水がきれいでした。

魚は見えませんでしたが^^

箒川の渓流釣り 解禁情報(塩原漁協)

 

【湯守田中屋 その他の混浴露天風呂】

湯守田中屋15

左側の大きな岩の上が大露天風呂です。

 

湯守田中屋13

その右側には、浅い水路と奥に洞窟があり、奥に進むとかなり深くなっていて、 右側に源泉があります。

湯守田中屋14

足元からも自噴しているようです。

 

6人サイズくらいでしょうか。

渓流側には石をくり抜いたアーチの窓になっており、

渓流の水面とほとんど同じ高さなので、一体感を楽しむことができます。

湯守田中屋19

足だけ浸かりましたが、浅瀬の方は38度くらい、奥の方は41度くらいでした。

湯守田中屋17

渓流側から3mほど階段の方に戻ると、4人サイズの浴槽があります。

こちらも、座ったら首までくるくらいの深さです。

湯守田中屋20

階段の真下なので、人がいない時でないと入りにくいと思いますが、

足だけ浸かった感じはなかなかいいお湯でした。

 

ちなみに、野天風呂には洗い場やシャンプー等もありません。

 

静かでいい所だなぁと満足して帰りましたが、

行きはヨイヨイ、帰りは・・・の階段です。

湯守田中屋21

さきほどの休憩所の前には「ひと休み」の文字。

湯守田中屋24

「あと100段 ファイト!」

ここら辺から確かにキツイです^^

湯守田中屋25

思わず、「よいしょ、よいしょ。」と声が出てしまうような階段でした。

 

おそらく宿泊しても、年配の方は下の温泉には入らないかもと思ってしまいました。

うちの両親だったら、まず入らないでしょうね^^

「下にもお風呂あったの?知らなかった。」と言いそう。

湯守田中屋27

バスタオルを返却しに戻ると、玄関脇に飲泉所がありました。

湯守田中屋28

左が湧水(冷たい天然水)、右が温泉水です。

湯守田中屋29

飲泉の適応症と注意事項が書いてありました。

弱アルカリ性の硫酸塩泉・塩化物泉なので、ほとんど匂いも味もありませんが、

ヨーロッパのミネラルウォーターのような硬水ぽい感じでした。

湯守田中屋31

フロントに戻ると、ふと神社のお札が目に留まり、

秩父の「三峯神社」(過去記事)のお札でした。

温泉旅館にお札があると、どこの神社か気になってしまいます。

近くの神社でないと、どういうご縁なのかなぁと思ったり。

ブログには屋上に祠があると書いてあったので、代々崇敬しているようですね。

公式ブログの記事

 

「湯守田中屋」の感想

雪は舞っていましたが、陽が射している午前中でしたので、

渓流沿いのお風呂はとても気持ちが良かったです。

他の硫黄泉に疲れた後だったらなおさらいい感じのお湯ですね。

 

フロントにいた若い女性スタッフの接客もとても丁寧でした。

 

宿の玄関の廊下もピカピカで、気が行き届いている感じがして、

今回立ち寄った塩原の温泉の中では一番雰囲気の良い宿でした。

 

帰って来てから他の方の宿泊体験記を読んで唖然としたのですが・・・。

 

相性やタイミングもありますね。

ネットの口コミでは大絶賛の宿でも、ボロクソに書いた所もあります(^_^;)

 

ただ、気になったのは、

いろんなところに「宿泊者専用です」と注意書きがあって、

日帰り客はあんまり歓迎されてないな的な気分に・・・。

正規料金でも、もらい湯している自覚はあるので、ちょっと切ないです。

 

塩原は首都圏からもアクセスが良いので、シーズン中はかなり混雑しているようで、

収集が付かないくらいマナーが悪いお客さんが多いらしいですが。

 

とはいえ、接客自体はとても丁寧で雰囲気も良さそうだったので、

宿泊で来てみたいかなと思う宿でした。

 

日帰りで行くなら、人のいないシーズン以外で平日の午前中がおすすめだと思います。

 

湯守田中屋 渓流 露天風呂 その1(混浴)

湯守田中屋 渓流 露天風呂 その2(女湯)

 

宿名 ここから予約できます

  • JTB
  • るるぶトラベル
  • 一休.com
  • ゆこゆこネット
  • 近畿日本ツーリスト
  • Yahoo!トラベル
  • 楽天トラベル
  • じゃらん

住所:
お問合せ TEL:

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

【塩原 大網温泉 湯守田中屋 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯各3 大浴場・寝湯・ジャグジー
野天風呂 混浴3「仙郷の湯」「河原の湯」「石間の湯」 女性1「美人の湯」
溪谷風呂男女別各1(夜は貸切)
客室露天風呂あり

飲泉所

◆源泉

源泉:自家源泉3本 源泉温度63度 湯量300L/分
泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉・塩化物泉 ph7.7 飲泉可能
態様:源泉掛け流し、加水・加温なし、塩素消毒なし
適応症:動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【塩原温泉郷周辺の関連記事】

古町温泉 上会津屋 日帰り入浴

塩釜温泉 ホテル塩原ガーデン 日帰り入浴

塩の湯温泉 明賀屋本館 日帰り入浴

古町温泉 共同浴場 もみじの湯

福渡温泉 共同浴場 岩の湯

福渡温泉 共同浴場 不動の湯

塩原 元湯 大出館 宿泊

塩原 元湯 ゑびすや 宿泊

塩原 元湯 元泉館 偵察

奥塩原 新湯温泉 渓雲閣 日帰り入浴

奥塩原 新湯温泉 やまの宿 下藤屋 日帰り入浴

奥塩原 新湯温泉 湯荘 白樺 日帰り入浴

奥塩原 新湯温泉 奥塩原高原ホテル 日帰り入浴

奥塩原 新湯温泉 共同浴場 むじなの湯

栃木県の混浴のある温泉

ブログ掲載 栃木県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 1,608 人です, 本日の訪問者は1 人です)

塩原温泉郷 大網温泉 湯守田中屋 日帰り入浴 ★★★」への1件のフィードバック

  1. >>twitterフォロワーの方より

    湯守田中屋は何度か泊まったことあります。露天風呂最高ですよね。実は食事も凄くいいです。お肉派はオススメです。

    ‏@hito_yado 管理人

    何度も宿泊されたことあるんですか!雰囲気が良かったので気になる温泉ですが、肉派なので肉系の料理が美味しいのはポイント高いですね。頭にインプットしました(^^♪

    >田中屋は囲炉裏自慢で、囲炉裏囲んで食事できます。肉が柔らかくて絶品でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です