小豆温泉 窓明の湯 日帰り入浴 ★ [休業中・リニューアルオープン予定あり]

小豆温泉窓開の湯16

福島県南会津町にある日帰り温泉「小豆温泉 窓明の湯」の入浴レポートです。

最終更新日 2017/7/2 訪問日 2014/5月中旬

【小豆温泉 窓明の湯 】

あずきおんせん まどあけのゆ

住所:〒967-0515 福島県南会津郡南会津町大桃字平沢山1041−3
TEL:0241-76-3112
公式サイト

給湯設備老朽化のため2015年2月22日より休業中ですが、600m先にある「駒の茶屋」跡地に移転しリニューアルオープンする予定です。⇒移転先までの地図

【宿泊料金】

なし 日帰り入浴専門

口コミ評価:じゃらん3.6点、Nifty温泉3.8点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆会津高原高畑スキー場・尾瀬檜枝岐温泉スキー場の帰りに
◆会津駒ヶ岳登山の帰りに
◆食事もできる日帰り入浴施設がよい


[スポンサーリンク]








*以下は、閉館前の情報です

【日帰り入浴】

営業時間:11:00~19:00(受付~18:30)
*曜日により営業時間の変更有
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
料金:大人700円 中学生500円 小学生350円
食事処、休憩室あり
休憩個室3室(1,500円/2時間)

アクセス

◆車
東北自動車道「西那須塩原I.C」~塩原温泉(R400)~尾頭トンネル~上三依(R121)~早坂(R352) 内川(R352)~窓明の湯 西那須野塩原ICから1時間50分
東北自動車道「白河I.C」(R289)~下郷(R121)~南会津町田島(R121)~南会津町南郷(R289)~ 南会津町伊南(R401)~ 内川(R352)~窓明の湯 白河ICから1時間30分。。ドラぷら
◆電車
浅草・北千住から東武日光線特急で会津行直行便(3時間10分)又は鬼怒川温泉で乗換〜「会津高原尾瀬口駅」下車、会津バス「檜枝岐行」(60分)〜「小豆温泉」下車、すぐ。
東京・上野から東北新幹線(1時間20分)〜「郡山駅」乗換、JR磐越西線(1時間)〜「会津若松駅」乗換、会津鉄道~(1時間10分)「会津田島駅」下車、会津バス「檜枝岐行」(1時間45分)〜「小豆温泉」下車、すぐ。 Yahoo!路線情報会津バス時刻表

地図

【小豆温泉 窓明の湯 日帰り入浴】

檜枝岐~木賊温泉に向かう途中、

国道352号線のスノーシェードの切れ目に「小豆温泉」の看板があり、

こんなとこにも温泉が!とふらっと立ち寄りました。

小豆温泉花木の宿1小豆温泉花木の宿2

すぐそばに「小豆温泉 花木の宿」(かぼくのやど)という立派な旅館があるので(同系列の経営)、

その宿を目印に500mほど北側になります。

小豆温泉窓開の湯2

スノーシェードのすぐ横に100台くらい置ける駐車場がありますが、

おそらくこのコテージというかバンガローのもの、

小豆温泉窓開の湯3

更に200mほど小路を奥に進むと立派な建物が見えてきます。

数百台置ける駐車場にポツンと車が2台のみ。

従業員の方のようで、お客は私だけでした。

夏の観光シーズンになるといっぱいになるのかなぁ。

小豆温泉窓開の湯4

営業時間は11:00~19:00ですが、曜日によって変更する場合もあるそうです。

料金は大人700円。このあたりでは観光地価格でやや高めです。

小豆温泉窓開の湯8

受付~休憩室を通り過ぎて一番奥に浴場があります。

「月明の湯」が今回は女湯でした。もう一つは「陽明の湯」。日替わりだそうです。

小豆温泉窓開の湯9

脱衣所も都市部のスパ銭のように立派で綺麗!

小豆温泉窓開の湯14

浴室のドアを開けると、長いお風呂。20人サイズくらい。

小豆温泉窓開の湯15

向かいには半円の打たせ湯。4人サイズくらい。

小豆温泉窓開の湯13

半円状のジェットバス2人サイズ。

小豆温泉窓開の湯11

 

隣には丸いジャグジー2~3人サイズ

小豆温泉窓開の湯12

奥にはシャワー10か所以上、裏にもあります。

その奥にはサウナ。

 

いずれも温度は41度ほどでした。

無味無臭で温泉の香りもほとんどなく、真湯のような浴感でした。

 

表示には循環ろ過、塩素系薬剤を使用とありましたが、

浴室のドアを開けても全く塩素臭はなく、

浴槽に浸かっていてもほとんどわかりませんでした。

夏場やスキーシーズンで混雑する時には投入量が多くなるのかもしれませんが。

 

小豆温泉窓開の湯16

こちらは露天風呂。6~8人サイズ。

温度は40度あるかないかでぬる目でした。

お湯の循環もほとんどしてない感じで、水たまりに入っているような感じ。

 

今回の「月明の湯」は全体的に黒っぽい石タイルで浴室の雰囲気も薄暗かったです。

天井も高くて、清掃は綺麗にされていましたが、雰囲気はイマイチでした。

もう一つの「陽明の湯」の方は白っぽい大理石のようなタイル張りで、

ローマのお風呂みたいで明るくて雰囲気が良さそうです。

→参考:公式サイトの写真

 

「月明の湯」 内湯&露天風呂の動画

 

【窓明の湯 休憩所】

小豆温泉窓開の湯7

湯上り後に食事処兼休憩室で昼寝。

30畳あって、中央のテーブルは掘り炬燵形式になっています。

小豆温泉窓開の湯6

食事メニューはラーメン、うどん、カレー、カツ丼、からあげ、おにぎり等。

小豆温泉窓開の湯5

高速SA売上日本一?になったらしい、

牛乳屋」(芦ノ牧)のミルクみそラーメンも食べられるそうです。

*後日、「牛乳屋」の前を通ったら、お昼の部が終わってしまい入店できませんでした(T_T)

 

【窓明の湯の評価】

今回は浴室の雰囲気もあって温泉はイマイチでしたが、

次回は、雰囲気の良さそうな「陽明の湯」に入って

ミルクみそラーメンを食べてみたいです。

 

泉質★★★3.5

建物の雰囲気★★★★4.3

 

 

【小豆温泉 窓開の湯 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯大各1 打たせ湯各1 ジャグジー各1 ジェットバス各1 露天風呂各1 サウナ各1

◆源泉

小豆温泉 窓明の湯貯湯槽(2源泉混合-大桃小豆温泉1号・2号湯)動力揚湯
源泉温度50.8度 湧出量?
泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) ph8.3
態様:循環ろ過、塩素系薬剤消毒あり(今回は無臭)

参考:系列の宿「小豆温泉 花木の宿」
1泊2食付 9,870円~18,510円

口コミ総合評価:楽天トラベル4.0点、じゃらん4.0点/5.0点

「花木の宿」の露天風呂の画像

小豆温泉 花木の宿 ここから予約できます

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【周辺の観光スポット】

会津高原高畑スキー場

尾瀬檜枝岐温泉スキー場

会津高原高つえスキー場

◆小豆温泉オートキャンプ場 地図

【小豆温泉周辺の関連記事】

檜枝岐村 尾瀬檜枝岐温泉 駒の湯 日帰り入浴

檜枝岐村 尾瀬檜枝岐温泉 旅館ひのえまた 偵察

檜枝岐村 尾瀬檜枝岐温泉 かぎや旅館 偵察

檜枝岐村 ひのえまた名物 裁ちそば 六代目まる家

南会津町 景勝地 屏風岩

南会津町 木賊温泉 共同浴場 露天岩風呂 日帰り入浴

南会津町 木賊温泉 共同浴場 広瀬の湯 日帰り入浴

南津町 木賊温泉 旅館井筒屋 偵察

南会津町 湯ノ花温泉 旅館末廣 日帰り入浴

南会津町 湯ノ花温泉 共同浴場 弘法の湯

南会津町 湯ノ花温泉 共同浴場 天神湯

ブログ掲載 福島県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 631 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です