鳴子温泉 共同浴場 滝の湯 日帰り入浴 ★★★★

鳴子温泉 滝の湯6

宮城県大崎市にある鳴子温泉の共同浴場「滝の湯」の日帰り入浴レポートです。

最終更新日  2016/5/29 訪問日  2016/5月下旬

【鳴子温泉 共同浴場 滝の湯】基本情報

なるこおんせん きょうどうよくじょう たきのゆ

住所:〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元
TEL:0229-83-2126
公式サイト(鳴子温泉旅館組合)

【宿泊料金】

なし 日帰り入浴専門

口コミ評価:じゃらん4.3点/5.0点

【滝の湯はこんな温泉です】

◆温泉街の中心部にある鳴子温泉で一番人気の共同浴場
◆乳白色のにごり湯で金気臭のするお湯
◆あつ湯とぬる湯の浴槽があり、打たせ湯もある


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:7:30~21:30受付(22:00退館)
料金:大人150円 小人100円

アクセス

◆車
東北道「古川IC」から国道47号線経由、28キロ38分。
ドラぷら
◆電車
JR陸羽線「鳴子温泉駅」から270m、徒歩5分。
Yahoo!路線情報
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【鳴子温泉のシンボル 共同浴場 滝の湯】

鳴子温泉「滝の湯」は、鳴子温泉駅から坂道を上がった温泉神社の横にある共同浴場です。

 

鳴子温泉の特徴でもある乳白色のにごり湯で、

あつ湯とぬる湯の浴槽、奥には打たせ湯もあり、

共同浴場にしては豪華な造りになっています。

 

営業時間が7:30~22:00までと長く、料金も150円と格安なのも人気の理由です。

鳴子温泉 滝の湯7

JRの観光ポスターにも滝の湯の写真が使われています。

鳴子温泉 滝の湯6

滝の湯の外観。

付近に専用駐車場はないので、「湯めぐり臨時駐車場」に停めて少し歩きます。

(「早稲田桟敷湯」前の道をまっすぐ八幡宮神社方面を北東へ50m進んだ右手)

 

*向かいは月極駐車場で、隣の神社にも停めないでくださいと書いてありました。

縦列で路駐も2台分くらいできますが、

人気の温泉なので、臨時駐車場から歩いたほうが無難だと思います。

鳴子温泉 滝の湯3

鳴子温泉郷でおなじみの泉質の看板。

鳴子温泉 滝の湯5

入口左側に入浴券の自動販売機があり、中の受付に渡すシステムです。

入口中央に受付があり、左が男湯、右が女湯でした。

 

脱衣所は6畳ほどの広さ、小さな貴重品ボックスと脱衣棚がありました。

浴室内は撮影禁止でしたので、じゃらんの画像でご覧ください。

(画像は投稿者提供/じゃらん)

こちらは男湯だと思いますが、浴室に入ると手前に正方形の6~8人サイズのお風呂、

柵の向こうには2~4人サイズの細長いお風呂にがあります。

女湯の方も左右対称でほぼ同じ大きさだと思います。

 

手前のメインの浴槽には打たせ湯のように源泉が注がれており、

浴槽内の温度は44度強あってかなり熱めのお湯でした。

 

奥の細い浴槽は41度くらいでした。

こちらは細い打たせ湯が2本あり、同じくらいの温度で入りやすかったです。

 

「町有下地獄混合源泉、温泉神社硫黄泉混合泉」泉温46.2度 湧出量?
泉質: 酸性-含硫黄-ナトリウム・アルミニウム・カルシウム・鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉
(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)ph2.8

(画像は投稿者提供/じゃらん)

手前にあるメインの浴槽。

 

お湯の透明度は20センチくらい。

乳白色のにごり湯で、若干金気臭がしました。

ph2.8で酸性ですが、それほどピリッとした刺激もなく入りやすい温泉でした。

 

浴室にはカランもシャワーもなく、石鹸、シャンプーも置いてありません。

純粋にお風呂を楽しむための温泉です。

 

【滝の湯 温泉の感想】

 

「滝の湯」は、共同浴場としては新しくて綺麗なので、利用しやすいお風呂です。

内湯だけですが、鳴子温泉の特徴を凝縮したお湯が楽しめます。

 

温泉街を象徴する共同浴場なので、

どこのお風呂に入ろうかと迷ったらまずはココという温泉なのだと思います。

 

難があるとすれば、駐車場が分かりにくいことと、

人気があるので常に人がいるということでしょうか。

 

泉質★★★★4.6

お風呂の雰囲気★★★★4.3

清潔感★★★★4.3

接客サービス?

 

鳴子温泉の宿 ここから予約できます

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

【鳴子温泉 滝の湯 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯+打たせ湯 各1

◆源泉

「町有下地獄混合源泉、温泉神社硫黄泉混合泉」泉温46.2度 湧出量?
泉質: 酸性―含硫黄-ナトリウム・アルミニウム・カルシウム・鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉
(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)ph2.8
(旧泉質名:酸性含明礬・緑礬 芒硝硫化水素泉)
蒸発残留物 mg/kg 溶存物質総量1006.9mg/kg 成分総計―mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【鳴子温泉郷の関連記事】

鳴子温泉 農民の家 日帰り入浴

鳴子温泉 東多賀の湯 日帰り入浴

鳴子温泉 西多賀の湯 日帰り入浴

鳴子温泉 姥の湯 日帰り入浴

東鳴子温泉 高友旅館 日帰り入浴

東鳴子温泉 いさぜん旅館 日帰り入浴

東鳴子 馬場温泉&共同浴場 日帰り入浴

中山平温泉 うなぎ湯の宿 琢秀 宿泊

中山平温泉 板そば藤治朗 

鬼首温泉郷 轟温泉 とどろき旅館 日帰り入浴

鬼首温泉郷 吹上温泉 峯雲閣 日帰り入浴

川渡温泉 共同浴場 川渡温泉浴場

川渡温泉 藤島旅館 日帰り入浴

ブログ掲載 宮城県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 2,056 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です