えちご関川温泉郷 湯沢温泉 湯沢共同浴場 ★★★+

新潟県関川村にある「湯沢温泉 湯沢共同浴場」の入浴レポートです。

最終更新日 2019/3/9 訪問日 2018/4月中旬

【湯沢温泉 湯沢共同浴場】基本情報

ゆざわおんせん ゆざわきょうどうよくじょう

住所:〒959-3261 新潟県岩船郡関川村 大字湯沢678−3
TEL:0254-64-1478(関川村観光協会)
公式サイト

⇒「湯沢温泉」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

【宿泊料金】

なし 日帰り入浴専門

口コミ評価:Google 4.2点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆関川村で共同浴場めぐりをしたい
◆微たまご臭のする熱めのお湯が好き
◆鄙びた小さな共同浴場が好き


[スポンサーリンク]








 

【日帰り入浴】

営業時間
4月~10月 6:00~18:00
11月~3月 6:30~17:30
料金:200円
定休日:不定休

 

【えちご関川温泉郷で一番古い温泉 湯沢温泉 共同浴場】

新潟県で湯沢温泉といえば、GALA湯沢のある方が有名ですが、今回ご紹介するのは村上市に近い北部の湯沢温泉です。

 

「湯沢温泉」は関川村の荒川河川右岸にある「えちご関川温泉郷」と呼ばれる5つの温泉の一つで、もっとも古い歴史を持ちます(他に高瀬・雲母・桂の関・鷹ノ巣温泉があります)。

開湯は平安時代後期の文治元年(1185年)。

弓の名手である須貝刑部が狩りの途中に熊を見失ったところ、手負い熊が湯に浸かっているところを見つけたのが始まりといわれています。

 

現在、確実に営業中の旅館は2軒のみ。他1軒は廃業、ネットでの取り扱いや口コミも少ないため他の宿は不明です。

周辺には共同浴場と老人ホーム以外目だった建物はなく、小さな集落に紛れてひっそり営業している宿があるといった佇まいの温泉地です。

先に立ち寄った「雲母温泉」からは国道113号線の上関交差点から橋を渡って荒川の対岸へ。

対岸には「湯沢温泉」と「高瀬温泉」があります。

「高瀬温泉」の方が温泉街らしくちょっとだけ栄えています。

 

民家もまばらな集落に入るとそこには素晴らしい景色が!

共同浴場の手前にある「ケアハウスせきかわ」の横から撮影。

桜は例年4月中旬頃が見頃です。

道端で寝ていた猫がレッサーパンダみたい^^

湯沢温泉の看板を道なりに進むと共同浴場があります。

建物の横に無料の村営駐車場もあります。

ふと気づくと道路の真ん中に雪を解かす消雪パイプ(スプリンクラー)らしきものが。

豪雪地帯は全国各地にあれど、新潟県でしかまだ見たことがないのです。長岡市が発祥だとか。

「湯沢共同浴場」の外観

歴史のある温泉ですが、意外と近代的な建物でした。

浴室入口の隣には男女別のトイレも完備。

中は無人で脱衣所の入口に料金箱があります。

脱衣所は棚と小さな洗面台があっただけでロッカーやドライヤーはありません。

浴室は8畳ほどのスペースに2~4人サイズの小さな浴槽が一つ。

タイルの色なのか成分で変色したのか、お湯は透明ながらもやや黄味を帯びたように見えます。

湯船の中は42.9度とやや熱め。

 

単純泉ですが、成分比は「ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉」の順。

入浴している限りは無味無臭のさっぱりとしたお湯ですが、体感温度以上に血流が良くなるのか、出た後に足が真っ赤になりました。

源泉名「湯沢1号井・2号井・3号井混合泉」泉温47.5度 湧出量 測定不能(動力揚湯)
泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)pH7.5

源泉は柱の下から注がれ、こちらは44度と熱め。

隣には飲泉用の蛇口もあります。

蛇口の湯はややぬる目。

飲んでみると、卵味がします。

後から「飲湯禁止」という張り紙を見つけ、コップが置いてあったことに苦笑^^

分析書の飲泉注意書きも取り消し線が引いてありました。以前は飲泉許可を得ていたのかもしれません。

洗い場はシャワー台が2つ。

奥の方はお湯の出が悪かったですが、どことなく源泉の卵味がしたので、もしかするとシャワーも源泉だったのかもしれません。

せっけん、シャンプーは置いていないので要持参です。

 

【湯沢温泉 湯沢共同浴場 温泉の感想】

関川村にある3つの共同浴場のうちでは最も利用者の多そうな温泉でした。

それだけ泉質が良いということなのでしょうか。

小さい湯船で地元の方が利用していると遠慮してしまいそうなので、空いている時がおススメです。

 

泉質 ★★★★ 4.1

お風呂の雰囲気 ★★★ 3.8

清潔感 ★★★ 3.8

接客サービス ー

 

⇒「湯沢温泉の宿」をインターネットで予約する

⇒「高瀬温泉の宿」をインターネットで予約する

 

 

【湯沢温泉 共同浴場 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各1

◆源泉 H22.1月の分析書

源泉名「湯沢1号井・2号井・3号井混合泉」泉温47.5度 湧出量 測定不能(動力揚湯)
泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)pH7.5
蒸発残留物 876mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)969.2mg/kg 成分総計984.7mg/kg
メタケイ酸56.7mg,遊離二酸化炭素ガス15.4mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【湯沢温泉周辺の関連記事】

関川村 雲母温泉 共同浴場

関川村 雲母温泉 上関共同浴場

関川村 雲母温泉 寿荘 日帰り入浴

関川村 高瀬温泉 古川館 日帰り入浴

胎内市 新胎内温泉 ロイヤル胎内パークホテル 日帰り入浴&ランチ

胎内市 西方の湯 日帰り入浴

新潟県の混浴のある温泉

ブログ掲載 新潟県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 37 人です,本日は 2人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください