秩父温泉 満願の湯 日帰り入浴 ★★★

満願の湯20

埼玉県皆野町にある秩父温泉「満願の湯」の日帰り入浴レポートです。

最終更新日  2016/6/11 訪問日  2016/6月中旬

【秩父温泉 満願の湯】基本情報

ちちぶおんせん まんがんのゆ

住所:〒369-1625 埼玉県秩父郡皆野町下日野沢4000
TEL:0494-62-3026
公式サイト

【宿泊料金】

なし 日帰り入浴専門

口コミ評価:じゃらん4.2点/5.0点

【満願の湯はこんな温泉です】

◆秩父長瀞方面で圧倒的人気を誇る日帰り入浴施設
◆溪谷と滝を眺める露天風呂からの景色が素晴らしい
◆塩素臭もなく、冷鉱泉の源泉浴槽と加温浴槽がある


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:10:00~21:00
料金:大人800円 小人400円(平日)
定休日:無休(毎年6月頃メンテナンスのため2日ほど休館有)

アクセス

◆車
関越道「花園IC」から国道旧道140号線(又は皆野寄居有料道路)を秩父・長瀞方面へ、有料道路は「皆野長瀞」下車、インターから20km30分。秩父市内から北へ12キロ、20分。
ドラぷら
◆電車
秩父鉄道「皆野駅」から町営バス日野沢線で秩父温泉前」下車、すぐ。長瀞駅・皆野駅から無料送迎(要相談)。
Yahoo!路線情報皆野町営バス時刻表
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【秩父で一番人気 満願の湯 日帰り入浴】

「秩父温泉 満願の湯」は、溪谷の景色が評判の秩父で一番人気の日帰り入浴施設です。

秩父市内からは北へ12キロほど行った山あいにあります。

 

秩父といっても、三峯、小鹿野、長瀞方面とあり、

市内の移動でも1時間近くかかるほど離れていて、

目的地が違うとなかなかついでに立ち寄るというのも難しい場所です。

 

「満願の湯」は長瀞方面でに一番の大型施設なので、

行楽シーズンはキャンプや川下り等の観光客でにぎわうようです。

 

満願の湯2満願の湯4

外観は和風旅館のような佇まい。

満願の湯5満願の湯9

鳥居のような門構えに庭園に、

「秩父温泉 長命水」と書かれた源泉の鹿威しもあって、一見雰囲気は良いです。

満願の湯10満願の湯13

玄関と受付。

満願の湯35

大浴場と大広間は廊下の奥です。

館内は公共の宿のような年配者向けの雰囲気です。

 

日帰り料金は、

平日 大人800円(1日)、17時以降600円

土日祝日 大人900円(3時間)1,000円(1日)

と細かく分かれているのですが、

この日はなぜか、サービスデーで平日17時以降500円でした(*^_^*)

 

食事付、個室利用プラン、バーベキュー付プランもあります。

満願の湯27満願の湯25

お土産コーナーを通り過ぎると突き当りにカラオケ舞台付の大広間があります。

到着時には20人くらいの高齢者団体がいて、大音響でカラオケを熱唱してました^^

ゆっくり休みたい時には2階の大広間の方が良さそうです。

満願の湯24

大広間を右に曲がると貴重品ロッカー(100円返却式)、

その奥に男女別の大浴場入口があります。

 

脱衣所内にも100円返却式のロッカーがあります。

 

ボストンバッグなどの大きな荷物を入れるロッカーは有料でした。

貴重品ボックスを遣う場合には予め小銭を用意しておかなければなりませんね^^

 

【満願の湯 露天風呂】

「満願の湯」のお風呂は、男女別の内湯(サウナあり)と露天風呂があります。

毎週水曜日に男女入替となっています。

 

浴室の写真撮影は不可でしたので、満願の湯/じゃらん提供の画像でご覧ください。

 

まずは露天風呂から。

「満願の湯」(画像は満願の湯提供/じゃらん)

 

こちらは訪問時に女湯だった露天風呂の「黄金の湯」(こがねのゆ)。

石組み10~12人サイズの浴槽で、湯温は42度ちょうど。

緑に囲まれて風情もあり、日帰り施設としては贅沢な景色です。

 

中央には直径15センチくらいある太い竹筒があり、加温した源泉が注がれています。

完全かけ流しかは不明ですが、オーバーフローしていました。

3つあった女湯の中ではお湯のなまりもなく、鮮度が良かったです。

湯口の右側には飲泉できる「長命の泉」もあります。

源泉名「秩父温泉 満願の湯」泉温18度 湧出量?
泉質:単純硫黄冷鉱泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)ph9.3

 

硫黄の冷鉱泉とのことですが、源泉も加温したお湯もたまご臭はほとんどなく、

ほんのり甘味のある美味しいミネラルウォーターのような味でした。

アルカリ性でほどのどのツルスベ感もあります。

近隣では、「新木鉱泉旅館」に似ているかもしれません。

露天風呂の対岸正面に見える滝、「満願滝」(画像は満願の湯提供/じゃらん)

 

肉眼ではこれほど大きな滝には見えず、

緑の生い茂った木の隙間から、正面に3本ほど白糸のような滝が見えます。

でも、かなり深い渓谷に渓流も見えるので、なかなかの景色です。

紅葉の時の景色も素晴らしいと思います。

宝登山が見えるという「宝登の湯」(画像は満願の湯提供/じゃらん)

 

訪問時に男湯だった方の露天風呂です。

メインの浴槽は女湯と同じくらいの大きさですが、

写真で見る限り庭園風の造りになっていてお風呂周りが広く取ってあります。

ただ、景色は女湯の方が良さそうです。

「産の湯」(画像は満願の湯提供/じゃらん)

男湯の奥には1~2人サイズの丸いお風呂もあるようです。

 

【満願の湯 内湯】

内湯は加温したメインの浴槽と、非加温の小さな水風呂があります。

(画像は満願の湯提供/じゃらん)

こちらは、訪問時に男湯だった方の内湯です。

黒い御影石のお風呂で15~20人サイズ。

 

女湯の方もサイズはほぼ同じ。温度は42度ちょうど。

湯口の配置が違いますが、横に2箇所ジェットバスがありました。

 

少しですがオーバーフローしていたので、加温循環ろ過、かけ流し併用と思われます。

表示では塩素系薬剤使用とありましたが、塩素臭はまったくありません。

 

ただ、浴室に入った際に海辺の磯のような生臭いにおいがして、

浴槽の中のお湯も同じ臭いがしていました。

露天風呂や飲泉所ではそんな臭いはしていないので、鮮度の問題かもしれません。

 

源泉水風呂は3~4人サイズと小さ目です。

源泉の温度は18°、温度は20度くらいで、人肌でややぬるまっているのか、

サウナの水風呂より少しだけぬるい感じでした。

水風呂の方はオーバーフローしていなかったので、循環ろ過と思われます。

サウナから直行する人が多く、お湯はちょっとなまり気味でした。

 

【満願の湯 食事メニュー】

「満願の湯」には食事メニューもあります。

個室利用プランや宴会プランもあるそうです。

満願の湯名物の「黄金めし」1,000円。(画像は満願の湯提供/じゃらん)

露天風呂の「黄金の湯」はこの名物料理から命名したそうですが、

もともと「黄金」の由来は「和銅」(銅採掘の遺跡と古銭の名前)から来ています。

秩父名物「わらじカツ丼」830円。(画像は満願の湯提供/じゃらん)

「わらじカツ」は秩父を代表するB級グルメで、

薄いロース肉を叩いて大き目に揚げたカツに甘いソースがかかっています。

豚みそケバブ 680円。(画像は満願の湯提供/じゃらん)

豚の味噌漬けも秩父の名物の一つですが、

ロース肉を焼いたものをピタパンで挟んでケバブ風にしてあります。

本当はこれを食べたかったのですが、

お昼に有名店で食べたわらじカツの破壊力が大きくて、お腹が空きませんでした(>_<)

 

かき氷400円~ (画像は満願の湯提供/じゃらん)

満願の湯の天然水で作ったかき氷。

満願の湯16満願の湯17

メニュー表

【満願の湯 お土産コーナー】

満願の湯12

玄関入ってすぐの受付前にはお土産コーナーがあります。

満願の湯31

秩父名物「肉の味噌漬」(冷蔵品)

満願の湯32

満願饅頭(温泉まんじゅうのような饅頭)

満願の湯30

満願の湯オリジナルの化粧品や「ちちぶまゆ」というお菓子。

満願の湯33

野菜の直売コーナー

満願の湯34

宅配もできる温泉水と空のポリタンク。写真にはなぜかデビ夫人。

「満願の湯」の建物の奥には温泉スタンドもあります。

100円/20L、500円/100L

満願の湯29

満願水は自販機でも売っていましたが、とても美味しいお水でした。

 

【満願の湯 温泉の感想】

お湯自体は無色透明のアルカリ泉というくらいしか特徴はありませんでしたが、

塩素臭なしで非加温の源泉浴槽もあり、

露天風呂からの眺めも良いので、

首都圏の日帰り施設としては十分合格点だと思います。

 

 

「満願の湯」はいつも混んでいるそうですが、

この日はお風呂の方には4~5人しかおらず、70歳以上の高齢者がほとんどでした。

平日の夕方で駐車場には30台以上車があり、覚悟して行きましたが、

夕食前に一風呂浴びてカラオケに熱中していた人が多かったのかもしれません。

 

泉質★★★3.6

お風呂の雰囲気★★★★4.0(露天風呂4.5)

清潔感★★★★4.2

接客サービス★★★★4.3

 

【満願の湯 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯 各2 露天風呂1・2 サウナ各1 飲泉所各1

◆源泉 H1.5月の分析書

「秩父温泉 満願の湯」泉温18度 湧出量?
泉質:単純硫黄冷鉱泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)ph9.3
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質289mg/kg 成分総計289mg/kg
態様:加温・循環ろ過、一部放流式併用、塩素消毒あり(塩素臭なし)

 

秩父周辺の温泉宿 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【秩父周辺の関連記事】

秩父市 千鹿谷鉱泉 千鹿谷鉱泉旅館 日帰り入浴

秩父市 新木鉱泉 新木鉱泉旅館 日帰り入浴

秩父市 両神温泉 国民宿舎 両神荘 日帰り入浴

秩父市 柴原温泉 かやの家 宿泊

秩父市 道の駅 大滝温泉 遊湯館 日帰り入浴

秩父市 大滝温泉 三峯神社内 興雲閣 宿泊

秩父市 豚みそ丼 野さか

神川町 神流川温泉 おふろ cafe 白寿(旧・湯郷 白寿) 日帰り入浴

小川町 おがわ温泉 花和楽の湯 日帰り入浴

日高市 サイボク天然温泉まきばの湯(現「花鳥風月」)日帰り入浴

所沢市 さいたまスポーツセンター天然温泉 日帰り入浴

ブログ掲載 埼玉県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 1,295 人です, 本日の訪問者は2 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です