湯西川温泉 平の高房 宿泊 その2 お食事編

栃木県日光市にある湯西川温泉「ぬくもりの宿 平の高房」の夕食・朝食レポートです。

【湯西川温泉 平の高房】食事情報

ゆにしがわおんせん たいらのたかふさ

◆夕食 18:00~、18:30~ 食事処 大広間又は個室テーブル席
◆朝食 7:30~、8:00~、8:20~ 食事処 半個室テーブル席

口コミ評価:楽天トラベル総合4.42点、じゃらん4.5夕食4.6点・朝食4.3点/5.0点

【平の高房の食事の特徴】

◆平家落人の当時の生活にちなんだ囲炉裏料理が名物
◆万人受けするオーソドックスな味付けで郷土料理も楽しめる
◆メインはとちぎ和牛又はうなぎの白焼、冬は熊鍋もある
◆竹筒の日本酒が人気らしい


[スポンサーリンク]








 

→「湯西川温泉 平の高房」の基本情報はその1お部屋編へ

→「湯西川温泉 平の高房」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

【湯西川温泉 平の高房 宿泊レポ その2 お食事編】

「平の高房」の夕食は、1階食事処の囲炉裏付大広間又は個室となります。

食事処はフロントのある階から階段を下りた別棟の1階にあります。

左は少人数向けの小上がり席、右はグループ向けの大広間で、各グループごとに囲炉裏が用意されています。

畳の上に直に座るので、足腰が悪い方は個室のテーブル席プランもあります(1日5組限定)。

 

今回利用したプランは、

『ちっちゃなお部屋【叢林亭 和室6帖】(禁煙) ※トイレ付和室』 貸切露天風呂1回無料

平日限定1人プラン 1泊2食付 税込18,900円です。

同プラン2名利用の場合は16,740円~。

 

夕食は、標準プランで、特選和牛ミニステーキ 、囲炉裏料理 串もの、お鍋、天ぷら、刺身、煮物、デザート、その他でした。

一人泊は平日のみ可能です。オフシーズンしか1人プランが出ていないようなので、公式サイトか電話でご予約ください。

 

【湯西川温泉 平の高房 別注料理&ドリンクメニュー】

 

「平の高房」の別注料理 *クリックで拡大できます。

夕食は基本プランの他にとちぎ和牛ステーキ又は鰻の白焼をメインとするプン欄がありますが、当日注文できる料理もあります。

メニューにはとちぎ和牛1人前3,000円、霧降高原牛1人前2,000円、うなぎ白焼き1人前2,000円、鹿肉たたき1人前1,500円、岩魚骨酒2合1,800円、鹿鍋・鴨鍋各1人前2,000円、熊鍋1人前2,400円が書いてありますが、岩魚の造り、(5月~9月)、松茸土瓶蒸し(10月~11月)の他、その時々の仕入れに合わせて季節の限定メニューもあります。

 

「平の高房」のドリンクメニュー

お酒は栃木と会津の地酒を中心に利き酒セット、焼酎、ビール、ワイン、ウィスキーと一通りあります。

面白いなと思ったのは、竹筒に日本酒を入れて囲炉裏で温める「炭火竹酒」でした。

冷酒の場合は「凍結竹酒」というのもあります。

今回注文したのは、栃木の利き酒セット3種

「澤姫純米吟醸」(宇都宮市/井上清吉商店)、

「四季桜はなのえん」(宇都宮市/宇都宮酒造)、

「若盛純米門外不出」(小山市/西堀酒造

 

2本目は湯西川温泉女将の会限定の「純米吟醸酒 ときあそび」300ml  1,100円(西堀酒造/小山市)

食事処に飾ってあるお酒の見本

 

【湯西川温泉 平の高房 夕食メニュー】

お一人様の場合は囲炉裏の横にお膳が用意されていました。

天井が高いなぁなんて見上げながら仲居さんを待つ。

食事処ではベテランの仲居さんとアジア系の女性が2人で配膳していました。

お品書き

「蝉羽月」(陰暦6月)と言うのが風流でいいです(^_^)

食前酒「深山のぶどう酒」

おしぼりにはミントの葉が添えてあり、タオルにくるんで押さえるとイイ匂いがして、これは面白いサービスでした。

先付「蕨お浸し」と書いてありましたが、「蕗の茎」に変更。

お品書きにはなかった、さしみこんにゃく

前菜「季節の盛り合せ」

左から:蕗のお浸し、鱧の南蛮漬け、山女魚の甘露煮

山奥でハモが出てくるのは意外でした。

お造り「三点盛り 芽物一式」 日光の八汐鱒とマグロの中トロでした。

鮮度も良く、とくにヤシオマスは脂が乗っていました。

囲炉裏料理は4品。

たまねぎ以外はほぼ火が通っており炭火で温めている状態だったので、火から少し離しつつ焼きすぎないように頃合を見計らって食べます。

囲炉裏料理の1品目は「一弁ずら」。

竹筒に入ったのはうずらの肉と軟骨をつくね風にしたもの。

うずらの肉は野性味があり、山椒と炭火の香ばしい香りでお酒が進みます。

囲炉裏料理の2品目は「ばんだい餅」お餅の味噌田楽風です。

3品目はじゃがいに味噌をつけたものと玉ねぎ。

たまねぎは生で火が通りにくいので、ジャガイモだけ先に食べてもう一度火に戻しました。

4品目は岩魚の塩焼き。

岩魚はやや大き目の養殖ものでしたが、湯西川では山女魚や岩魚も釣れるそうです。鮎はいないのだとか。

今回は昨日取って来たばかりだという根曲り竹の天ぷらを別注で頼みました。1人前800円。

手前の山菜はコシアブラ。お塩でいただきます。

季節もので美味しかったので注文して正解でしたが、二人で一つでちょうど良かったかも。

鍋物「那須三元豚 いろどり野菜」

たれは胡麻ポン酢

ごまだれの甘味とポン酢の酸味が合わさっていて、一度に二つの味を楽しめます^^

お肉を外すとかつら無季した大根の中に水菜や人参等の千切りした野菜がたくさん入っていました。

豚肉も食べごたえがあって美味しかったです。

本来ならこれがメインでもおかしくないかなとという進行具合。

煮物「十里つみれ 茄子 青味」

一口大のつみれと大根と茄子、ほうれんそうが入っているダシの効いた煮物。茄子がとても美味しかったです。

後から出てくる調理された温かい料理はこの一品だけでした。

メイン「とちぎ和牛の陶板焼き」

綺麗に刺しの入った和牛。120~150gくらいかな?

ソースは醤油ベース。付け合せはズッキーニ、パプリカ、しいたけ、ししとう、かぼちゃ。

うまくないわけがない!

ご飯は白米ではなくのり茶漬けでした。

鍋と煮物で汁物が多かったからなのか、お味噌汁はありませんでした。

別注の天ぷらがあったせいで、お腹がパンパン。

デザートは一口サイズのメロンとチーズケーキにマンゴーソース。

 

夕食後はラウンジにて蓄音機の音楽鑑賞や女将さん演奏のレトロオルガン演奏会があったりなかったり・・・。

食後は売店で購入した千本松牧場のアイスを食べてまったり。

 

【湯西川温泉 平の高房 夕食の感想】

 

本物の湯西川の郷土料理は「ザ・ジビエ」なので、そのままだとドン引きする人も出てきてしまうでしょうが、うずらや川魚など、囲炉裏でちょとだけ郷土料理の雰囲気を味わえるのは良かったです。

別注で鹿や熊鍋もあるので、もっとディープに楽しみたい方はそちらで。

 

味付は万人受けするもので、他のメニューはオーソドックスでした。

前菜は山菜メインで渋いですが、鍋で豚肉、陶板焼きで牛肉と2種類の肉が出てくるので、若い人や男性でも満足できると思います。

 

囲炉裏で4品あるので、調理して出てくるメニューが少なかったですが、出汁系の味が良かったので他の料理も気になるところです。

 

夕食の味 ★★★★4.5

メニュー構成 ★★★★4.4

満足度 ★★★4.4

 

【湯西川温泉 平の高房 朝食メニュー】

 

朝食は7:30~、8:00~、最終8:20~から選べます。

食事処は同じ建物の別の部屋でした。

朝食会場は仕切りのある半個室のテーブル席。

個室の内部

オレンジジュースと牛乳、お冷はセルフで。

こちらが朝食メニュー全品。

ご飯とお味噌汁は着席してから運ばれてきます。

メインはきのこと野菜の辛みそ炒め。

蕪の葉っぱが入っているのが変わっています。

 

鯖の塩焼きと昆布の佃煮

かまぼこ、めんたいこ、蕗の煮物、海苔の佃煮

玉子焼き

つくねに高野豆腐の煮物

黄色いプチトマト3つ

とろろご飯、茄子と油揚げの味噌汁

野菜は日光市内の契約農家からのものらしいですが、プチトマトと茄子が凄く美味しかったのが印象的でした。

お新香2品と柚子の香りきのこ味噌。きのこ味噌も売店人気商品。

デザートはヨーグルト&ブルーベリージャム

食後はロビーにてチェックアウトまで無料のコーヒーサービスあり。

好きな器を選べます。

 

【湯西川温泉 平の高房 朝食の感想】

夕食は量が多目でしたが、朝食は適度な量で、メニューも素朴でオーソドックスな和惣菜が中心でした。

お酒を飲む人が多いからかなぁなんて。

夕食もでしたが、ナスが凄く美味しかったです。

 

朝食の味 ★★★★4.3

メニュー構成 ★★★★4.2

満足度 ★★★★4.2

 

 

湯西川温泉 平の高房 ここから予約できます

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

お問合せ 平の高房 TEL:0288-98-0336

 

「日本秘湯を守る会」のスタンプ帳をご利用の方は「日本秘湯を守る会」公式サイトからの予約又は宿に直接ご予約ください。一般の予約サイトではスタンプ押印サービスは適用されません。

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 

→「湯西川温泉 平の高房」の基本情報はその1お部屋編へ

→「湯西川温泉 平の高房」の温泉情報はその3お風呂編へ

 



 

【湯西川温泉周辺の関連記事】

日光市 川治温泉 共同浴場 薬師の湯

日光市 湯西川温泉 公衆浴場(薬師の湯)

日光市 湯西川温泉 薬研の湯(野湯)

日光市 湯西川温泉 金井旅館 日帰り入浴

日光市 川治温泉 共同浴場 薬師の湯

日光市 川俣温泉 川俣一柳閣 日帰り入浴

日光市 中三依温泉 男鹿の湯 日帰り入浴

◆日光市 鬼怒川温泉 仁王尊プラザ 日帰り入浴

ブログ掲載 栃木県の混浴のある温泉

ブログ掲載 栃木県の秘湯レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 26 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です