垂玉温泉 山口旅館 宿泊 その3 お風呂編 [休業中]

山口旅館-風呂8

熊本県南阿蘇村にある「垂玉温泉 山口旅館」の入浴レポートです。

【垂玉温泉 山口旅館】温泉情報

たるたまおんせん やまぐちりょかん

*熊本地震の影響により休業中です

◆お風呂

男女別大浴場各1(内湯各1 半露天女3・男2 水風呂各1 サウナ各1)、混浴露天1 家族風呂1

◆利用時間

大浴場 内湯「天の湯」15:00~23:00 6:00~ *6:00に男女入替え
半露天「かじかの湯」15:00~24:00 6:00~ *6:00に男女入替え
混浴露天風呂 15:00~23:00 6:00~ *20:30~21:30女性専用(湯あみ着用可)
家族風呂 15:00~24:00 6:00~10:00

山口旅館 温泉の口コミ評価:google 4.6点/5.0点

【垂玉温泉の特徴】

◆貝汁系のうっすらと白濁したお湯(金気臭+微硫化水素臭)
◆内湯の展望風呂が広い
◆外湯の「滝の湯」(混浴露天)は宿泊者専用


[スポンサーリンク]








⇒「垂玉温泉 山口旅館」へのアクセス&宿泊予約はこちらへ

→「垂玉温泉 山口旅館」の基本情報はその1お部屋編へ

→「垂玉温泉 山口旅館」のお食事情報はその2お食事編へ

【日帰り入浴】

営業時間:11:00~14:30受付(15:00退館)
料金:600円
※大浴場、かじかの湯の2箇所。(滝の湯はご利用できません)

【垂玉温泉 山口旅館 宿泊3 お風呂編】

垂玉温泉(たるたまおんせん)山口旅館は、

阿蘇五岳の一つ烏帽子岳の中腹、標高800mの渓流沿いにある一軒宿です。

シジミのお味噌汁のようなうっすらと白濁したお湯で、

香ばしい鉄臭とかすかな硫化水素臭のする独特なお湯が特徴です。

 

お風呂は男女別の大浴場(内湯・半露天)と外湯の混浴露天風呂「滝の湯」があります。

 

【垂玉温泉 山口旅館 展望風呂 天の湯】

山口旅館-風呂17

山口旅館の大浴場は、

階段を降りて1階に向かい、

いったん外に出てからさらに階段を降りたところにあります。

エレベーターはありませんので、足腰の弱い方にはちょっと不向きな温泉です。

山口旅館-風呂18

1階に向かう階段

山口旅館-風呂20

階段を降りると湯上り処になっています。

山口旅館-風呂19

湯上りに、15種の薬草をブレンドした15茶が置いてあります。

山口旅館-風呂21

サンダルに履き替えて外へ

山口旅館-風呂22

黒っぽい屋根が大浴場です。

山口旅館-風呂46

到着日は湯小屋の近い方が女湯

山口旅館-風呂47

その下が男湯でした。

大浴場は翌朝6:00~男女入替えとなります。

山口旅館-風呂35

脱衣所内は籠のある棚と

山口旅館-風呂32

100円コインロッカーがあります。

山口旅館-風呂31

 

洗面台にはヘアブラシとドライヤー

山口旅館-風呂45

替えのフェイスタオルが用意されていました。

山口旅館-風呂38

ガラス張りの展望風呂「天の湯」 。

20人~30人サイズくらいの大きさです。

山口旅館は外の「滝の湯」が有名ですが、

内湯がこんなに大きいとは知らず、驚きました。

木造りで雰囲気も良いです。

山口旅館-風呂43

新緑の季節だったので、緑の景色がきれいでした。

特に朝風呂は気持ちが良かったです。

山口旅館-風呂44

お湯はいわゆる貝汁系のうっすらと茶褐色に濁っています。

大浴場に入ると、焦げたような香ばしい鉄臭と硫黄臭(硫化水素臭)がして、

他にはないような独特な温泉の香りがします。

温度は42度弱で快適でした。

山口旅館-風呂39

シャワーは左右に5か所+3か所だったかな。

シャンプー類は蜂の巣マークのPOLA製でした。

山口旅館-風呂37

かけ湯

山口旅館-風呂40

サウナ

山口旅館-風呂41

中は普通のドライサウナです。

山口旅館-風呂36

水風呂もあります。

 

【展望風呂 天の湯 動画】

山口旅館-風呂42

浴室の角には打たせ湯もあります。

奥にドアがありますが、ここから半露天の「かじかの湯」に出入りできます。

翌朝に入れ替わった男湯の方ではこのような造りにはなっていなかったので、

大浴場からかじかの湯に向かうには、一旦着替えなければなりませんでした。

 

【半露天 かじかの湯】

山口旅館-風呂30

展望風呂にある打たせ湯横のドアを開けると階段があります。

山口旅館-風呂28

間断を降りると、1人用の壺湯が二つありました。

これがかじかの湯です。

山口旅館-風呂24

先ほどの展望風呂とは源泉は異なりますが、泉温と成分量が若干違うだけで、

香ばしい鉄臭と貝汁のような濁りは同じです。

温度は42度ほどでした。

山口旅館-風呂29

竹の柵があるので隙間から山の景色が見えるだけで、あまり展望はありませんが、

何となく居心地の良いお風呂です。

山口旅館-風呂25

建物側の屋根のある部分には2~3人サイズの石のお風呂がありました。

こちらの方が樽風呂よりも成分が濃い感じです。

古い共同浴場にあるような年季の入った浴槽です。

山口旅館-風呂27

温泉水か確かめませんでしたが、「垂玉の名水」でしょうか。

山口旅館-風呂47

翌朝入れ替わったお風呂に向かいます。

山口旅館-風呂59

内湯の展望風呂「天の湯」の方は、

窓の向きが違うだけで、大きさも造りもほぼ同じでした。

山口旅館-風呂51

 

男湯の方は半露天につながっていないので、一旦外に出てから

かじかの湯の脱衣所に向かいます。

山口旅館-風呂55

男湯の方は樽風呂ではなく、岩風呂と木風呂でした。

山口旅館-風呂53

岩風呂の方は一段下がったところにあり、5~6人サイズの大きさでした。

お湯の投入が少なめで、温度も39度ほどでぬるかったです。

山口旅館-風呂52

木風呂の方も5~6人サイズほど。

湯温は42度ほどで、こちらの方が鮮度が良かったです。

山口旅館-風呂54

湯口

源泉温度が57度ほどで、夏期は加水されているようです。

大浴場だけでも広くて満足でしたが、色んなお風呂が楽しめるのが良いです。

山口旅館-風呂57

かけ湯

シャンプーが置いてあるので、かけ湯をカラン代わりに洗髪もできるようです。

 

【半露天 かじかの湯 動画】

 

【外湯 混浴露天風呂 滝の湯】

最後に、垂玉温泉の名物ともいえる「滝の湯」に向かいます。

「滝の湯」は文字通り、目の前に滝が見える露天風呂です。

こちらは宿泊者専用となります。

 

滝の湯は原則混浴で、20:30~21:30の1時間だけ女性専用になります。

でも、部屋に湯浴みが用意されているので、

景色が良く見えるうちに入っておきたいところです。

年配の女性で一人旅している方も楽しそうに入っていました^^

山口旅館-部屋45

宿を出て駐車場から橋に向かって歩きます。

山口旅館-部屋32

赤い橋を渡った右側に入口があります。

山口旅館-風呂13

橋の下の景色。

山口旅館-風呂14

奥には滝が見えます。結構な落差があります。

その下の真ん中にある竹垣のところが滝の湯です。

川に向かって温泉水が流れ落ちているところがまっ茶色になっていました。

山口旅館-風呂4

橋を渡ると、山肌から滝のように石清水が流れ落ちていました。

自然に恵まれている環境です。

山口旅館-風呂11

右に曲がると滝の湯の入口があります。

場合によっては鍵がかかっており、

入浴する時にはフロントで鍵を預かってから行くこともあるようですが、

この日は開いていました。

 

以前は日帰りでも利用できたようですが、

清風荘から降りてきた人が無断で入ったりと、

マナーの悪い人が多いので、日帰り客には風当たりが強くなっているように感じます。

山口旅館-風呂10

通路を奥へ進むと「滝の湯」の提灯が出ています。

山口旅館-風呂7

脱衣所内には、銭湯にあるような古いタイプの鍵が付いたロッカーがありました。

脱衣所から5~6段階段を降りると

山口旅館-風呂8

こんな景色が広がっています。

奥の滝の傍はがけ崩れがあったのか、

工事の足場が組んであるのでちょっと風情に欠けますが、

お風呂は写真で見ていたままの景色でした。

山口旅館-風呂16

中央に置きな岩があって、淵は浅瀬もあるので、15人サイズくらいでしょうか。

思ったよりもやや小ぶりでしたが、自然をうまく利用した風情のあるお風呂です。

山口旅館-風呂9

後ろから見るとこんな感じ。

内湯よりも少し白濁が強いようです。

温度は43度近くあり、加水の量が少ないのか、成分も濃いように感じました。

山口旅館-風呂15

大きな岩をまたいで上に行くと、3~4人サイズの浴槽がありました。

こちらは温泉水ではなく、冷たい湧水でした。

景色は動画の方が分かりやすいので、↓こちらをご覧ください。

【混浴露天風呂 滝の湯 動画】

 

【家族風呂】

山口旅館-風呂49

2階には家族風呂もあります。

山口旅館-風呂48

こちらは入浴していませんが、

1~2人サイズの小さなお風呂で、鄙びた感じで雰囲気も暗かったです。

温泉を楽しむためというよりは、

乳児がいるとか、手が必要な方のためのお風呂のようでした。

山口旅館-風呂50

本日は休業中とありましたが、リラクゼーションサービスもあるようです。

 

【垂玉温泉 山口旅館 温泉の感想】

 

山口温泉にチェックインする前に、すぐ上の「地獄温泉 清風荘」に寄ったのですが、

あちらは泥っぽい酸性の硫黄泉で、近くなのに全く違う泉質で驚きました。

 

垂玉温泉は、よくある鉱泉系の鉄臭のするお湯とも違いますし、

炭酸水素塩泉の出汁系のお湯とも違い、

単純温泉とは思えないような個性的なお湯でした。

 

お風呂も種類がたくさんあって、

それぞれ風情も異なるので、 一日では忙しいほどでした。

 

泉質★★★★4.1

お風呂の雰囲気★★★★4.4

清潔感★★★★4.3

⇒「垂玉温泉 山口旅館」をインターネットで予約する

【垂玉温泉 山口旅館 源泉情報】

◆源泉

自家源泉4本 自然湧出

@元湯(天の湯)
泉温51.5度 湧出量:?
泉質:単純温泉(低張性中性高温泉)ph6.78
蒸発残留物 溶存物質663.7mg/kg 成分総計757.1mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水加温なし、塩素消毒なし

@かじかの湯
泉温57.1度 湧出量68L/分
泉質:単純温泉(低張性中性高温泉)ph6.81
蒸発残留物917mg/kg 溶存物質737.7mg/kg 成分総計773.4mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水加温なし、塩素消毒ありの表示(夏期のみ湧水で10%加水)

@滝の湯
泉温:43.1度 湧出量50L/分(自然湧出)
泉質:単純温泉(低張性中性高温泉)ph6.81
蒸発残留物459mg/kg 溶存物質620.4mg/kg 成分総計736.5mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水加温なし、塩素消毒なし
態様:源泉かけ流し、加水加温なし、塩素消毒なし

*「油湯」は家族風呂にあったのか、掲示は見逃したようです

→「垂玉温泉 山口旅館」宿泊レポ その1 お部屋編

→「垂玉温泉 山口旅館」宿泊レポ その2 お食事編

 

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【南阿蘇周辺の関連記事】

南阿蘇村 地獄温泉 清風荘 日帰り入浴

阿蘇市 内野牧温泉 親和苑 日帰り入浴

◆南小国町 黒川温泉 旅館 山河 宿泊日帰り入浴

◆南小国町 黒川温泉 新明館 宿泊日帰り入浴

南小国町 満願寺温泉 共同浴場 川湯

産山村 産山温泉 奥阿蘇の宿 やまなみ 宿泊

宮崎県高千穂町 天岩戸温泉 日帰り入浴

熊本県の混浴のある温泉

熊本県の「日本秘湯を守る会」の会員宿

ブログ掲載 熊本県の秘湯レポート

九州温泉道八十八湯について


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 17 人です,本日は 1人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です