五十沢温泉 ゆもとかん 日帰り入浴 ★★★+

新潟県南魚沼市にある「五十沢温泉 ゆもとかん」の入浴レポートです。

最終更新日 2020/1/24 訪問日 2020/1

【五十沢温泉 ゆもとかん】基本情報

いかざわおんせん ゆもとかん

住所:〒949-6775 新潟県南魚沼市宮17−4
TEL:025-774-2876
公式サイト

⇒「五十沢温泉 ゆもとかん」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

【宿泊料金】

1泊2食付 8,800円~19,800円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治× 自炊△
1泊朝食付5,500円~、素泊まり4,400円~

口コミ評価:Google 3.9点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆六日町周辺で源泉かけ流しの温泉を探している
◆さっぱりとした熱めの湯が好き
◆混浴ファン


[スポンサーリンク]








 

⇒「五十沢温泉 ゆもとかん元湯」の温泉情報はこちらへ

 

【日帰り入浴】

営業時間:10:00~20:00 *要確認
料金:大人700円 子供500円 幼児無料(2歳未満)
定休日:不定休

*利用は1時間以内

*混浴はバスタオル巻き不可、フェイスタオルはOK

 

【湯量豊富!新潟県内でも有数の混浴露天風呂のある宿 五十沢温泉 ゆもとかん】

「五十沢温泉 ゆもとかん」は、六日町駅から東へ車で10分。

駅の周辺にある六日町温泉とは離れた小さな集落の中にある一軒宿です。

 

創業は昭和53年11月(197年)と比較的新しい温泉です。

前年に消雪用の井戸を掘っていたところたまたま温泉が出たというもの。

500m先に「元湯(旧館)」があり、そこから引き湯しています。

 

「ゆもとかん」は、豊富な湯量と熱めのさっぱりとした湯、新潟県内でも旅館としては最大級の混浴露天風呂があることで知られています。

脱衣所は男女別に分かれており、浴室入口から内湯(岩風呂)の奥の方まで中央に仕切りの高い壁があるので、人が少なければ入りやすいのです。

でも、混浴はバスタオル巻き不可なので奥まで移動して誰かいれば逃げようがなく、入口のあたりにちゃぽんと浸かるだけになるかもしれません。

 

混浴とは別に男女別の大浴場もあり、そこそこの広さはあるので、もし混浴に入れなかったとしてもあきらめないで~

 

ただ、午前中は男女別のお風呂を清掃していることが多いそうです(お湯がたまるのは午後2時前くらい)。

なので、お昼前は余計に混浴に人が殺到して入りづらくなっています( ;∀;)

 

午前10時に到着した時には混浴に男性が10人(ほとんど地元の方と思われる高齢者)で諦めて一旦元湯へ。

午後に男女別の清掃が終わった後にもう一度訪問したら、男性は1人だったものの女性用の出入り口側に入浴していたので、諦めて女湯へ。

再び帰ってきたら今度はカップルが入っていて断念。

完全に男性側に人が偏っていればいいのですが、そういう決まりがあるわけでもないので、女性用の入口付近に人が居るともう無理です。

休日だったからかもしれませんが、なかなかハードルの高い混浴でした。

 

でも、お湯はとても良かったですよ!

六日町駅・関越道インターから県道に入ると目立つ場所に看板が出ているので道なりに進みます。

民家もまばらになってきたところで再び看板。

杉林の奥に旅館があります。

正面玄関の建物には大きく「五十沢温泉」の文字。

左4階、右に5階建ての宿泊棟もあって、想像していたよりも大きな宿でした。

「ゆもとかん」玄関前

玄関から見て右にフロント、その奥に混浴。

左の通路の奥に男女別大浴場があります。

右にフロント

こちらで日帰り入浴の受付をします。

受付が終わると玄関の前にあるビニールに靴を入れて脱衣所に持って行って自分で管理するように言われました。

「ゆもとかん」の館内見取り図

右下角のブルーの部分が混浴

そのちょっと左上の小さなブルーが男女別大浴場です。

 

「ゆもとかん」のお風呂は、

  • 混浴 内湯1
  • 混浴 露天風呂 大1 小1
  • 男性用内湯1
  • 女性用内湯1 露天風呂1

があります。

混浴が実質男性用になっているからなのか、男女別の大浴場は女性だけ露天風呂が併設されています。

(貸切風呂もあるようですが、今回は案内もなく見かけませんでした)

 

【五十沢温泉 ゆもとかん 男女別大浴場】

男女別大浴場はロビーをフロントとは逆の方向へ、廊下をぐるっと回ったところにあります。

NHK朝ドラ「こころ」や大河ドラマ天地人のロケで使われた際の写真が飾ってある廊下

突き当りを右へ

さらに奥に五十沢温泉の暖簾

左が女湯、右が男湯

朝一で訪問した際に14:00頃に清掃が終わると言われましたが、13:40頃に再び来ると女湯だけは入れるようになっていました。

*全浴槽撮影禁止ですが女性用だけ許可を得ています。

脱衣所は12畳くらいの広さ。

鍵付きロッカー(無料)、洗面台にドライヤーあり。

入口から見た内湯

浴室は20畳くらいの広さ、タイル張りの12~15人サイズの浴槽が1つ。

内湯は元湯と同じ1号井を使用しています。

お湯は無色透明。たまご臭とも石膏臭とも取れる微妙な硫黄らしい香りがします。

温度は42度。元湯から500mくらいの引き湯になるはずですが、そのせいか温度もややぬるく、お湯ももまれて柔らかくなっているように感じました。

 

源泉名「五十沢温泉 1号井」泉温49.8度(気温26度)湧出量232L/分(動力揚湯)
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9.4

湯口は大黒様

コップが置いてあるので飲んでみると、うっすらとたまご味のする温泉らしいお湯でした。

左の扉の外には露天風呂があります。

混浴の大露天風呂には及ばないものの10~12人くらいは入れる眺めの良いお風呂です。

湯口は奥に。

屋外なのでたまご臭はあまり感じませんでしたが、元湯の1号井よりもやや熱めで43度ちょっとありました(気温5度くらい)。

源泉名「五十沢温泉 2号井」泉温50.9度(気温26度)湧出量 214L/分(動力揚湯)
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9.4

入浴中の目線

暖冬でほとんど雪がなかったですが、例年1月ならば雪山の景色が綺麗に見えたはず。

混浴と比べると若干小さ目ですが、落ち着いて入浴できてこの開放感なので割と良かったです。

 

【五十沢温泉 ゆもとかん 混浴風呂】

混浴風呂はフロントのある側から廊下を右へ。

脱衣所の入口は男女別になっています。

脱衣所から先は撮影できませんでしたが、脱衣棚、洗面台、ドライヤー、ベビーベッドが置いてありました。

正面に浴室入口があり、中央を壁で仕切った岩風呂が奥まで続いていて、右側にはシャワー台があります。

露天風呂は岩風呂の中に入ったまま奥まで進まないと出入りできないようになっています。

女性用入口やや右側から見た岩風呂(写真は宿提供/じゃらん)

 

脱衣所から見渡した感じでは、中央の仕切りの岩が高く連なって奥まで続いているようにみえたのですが、横から見ると意外と隙間がありますね(笑)

バスタオルを巻いたまま入ることはできないようですが、フェイスタオルで隠して入ることはできるとのこと。

上を隠すか下を隠すか、腹も隠したい・・・。フェイスタオルでは無理です( ;∀;)

2つある露天風呂のうちの大露天風呂(写真は宿提供/じゃらん)

20人~30人くらいは入れそうです。

露天風呂には仕切りはないのかな。全貌はまだ知りません。

宿泊すれば、男女別の時間割があります。

男性:16:00~19:00 女性19:00~22:00

 

【五十沢温泉 ゆもとかんのはく製】

玄関前には親子熊のはく製。

つい最近、近所の診療所で冬ごもりをしようとした熊が保護されたくらい、この辺りは昔から熊が多いそうです。

こっちには鹿とパンダのはく製。

このパンダは、なるほどザ・ワールドに出演したそうです。

ちょっとネットで調べたら現在は1体3,000万円くらいするとか( ゚Д゚)

玄関の正面奥にはお土産コーナー

 

【五十沢温泉 ゆもとかん 温泉の感想】

 

泉質 ★★★★ 4.1

お風呂の雰囲気 ★★★★ 4.2

清潔感 ★★★★ 4.2

接客サービス ★★★★ 4.2

 

⇒「五十沢温泉 ゆもとかん」をインターネットで予約する

 

 

【五十沢温泉 ゆもとかん 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場(内湯各1・女性用露天風呂1) 混浴(内湯岩風呂・大露天風呂・小露天風呂)

◆源泉

@男女別内湯・小露天風呂 H26.9月の分析書

源泉名「五十沢温泉 1号井」泉温49.8度(気温26度)湧出量232L/分(動力揚湯)
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9.4
蒸発残留物 182mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)202.4mg/kg 成分総計202.4mg/kg
メタケイ酸67.9mg,遊離二酸化炭素ガス0mg/kg
硫化水素イオン0.6mg,チオ硫酸イオン0.3mg,遊離硫化水素ガス0mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

@女性用露天風呂・大露天風呂 H26.9月の分析書

源泉名「五十沢温泉 2号井」泉温50.9度(気温26度)湧出量 214L/分(動力揚湯)
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9.4
蒸発残留物 176mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)199.3mg/kg 成分総計199.3mg/kg
メタケイ酸69.6mg,遊離二酸化炭素ガス0mg/kg
硫化水素イオン0.8mg,チオ硫酸イオン0.2mg,遊離硫化水素ガス0mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【五十沢温泉周辺の関連記事】

南魚沼市 五十沢温泉 元湯 日帰り入浴

新潟県の混浴のある温泉

ブログ掲載 新潟県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 243 人です,本日は 16人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo