別府 杉乃井ホテル 中館 シーダフロア 宿泊 お部屋編

大分県別府市にある「杉乃井ホテル」の半露天風呂付客室シーダフロアの宿泊レポートです。

最終更新日  2017/3/26 訪問日  2016/12月上旬・2016/10月中旬

【観海寺温泉 杉乃井ホテル】中館 基本情報

かんかいじおんせん すぎのいほてる

【中館 宿泊料金】

1泊2食付9,720円~39,420円 お一人様〇 素泊まり 湯治× 自炊×

口コミ総合評価:楽天トラベル4.35点、じゃらん4.5点/5.0点

【中館はこんな人におススメ】

◆ラグジュアリーな部屋で普段の杉乃井ホテルとは違う滞在を楽しみたい
◆半露天風呂付の客室が良い


[スポンサーリンク]








→「杉乃井ホテル」のHANA館&アクセス等の基本情報はこちらへ 

→「杉乃井ホテル」のシーダパレスのバイキング情報はこちらへ 

→「杉乃井ホテル」のシーズテラス&シーズのバイキング情報はこちらへ

→「杉乃井ホテル」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

 

【杉乃井ホテル 中館 シーダフロア 宿泊 お部屋編】

「杉乃井ホテル」には2016年10月に「HANA館」に宿泊し、

とても気に入ったので2か月後に「中館」に宿泊しました。

 

今回は、2016年8月にオープンした新しいバイキング会場「シーズテラス」と中館の客室についている半露天風呂が目的です^^

中館のエントランス前

チェックインは本館にある中館専用フロントでの受付となります。

前回と同じく離れた場所にある立体駐車場に車を停めて送迎バスで移動しました。

→杉乃井ホテルのアクセス、立体駐車場その他の基本情報はこちらに載せています

中館専用のフロント

本館のロビー

中館は7階建てで、隣の本館(14階建て)、HANA館(12階建て)に挟まれた小さな宿泊棟です。

3棟ある客室の中では最も新しく、部屋の雰囲気もモダンな感じ。

中館は部屋数も少なく、他のお客さんともあまり会うこともなく静かな空間でした。

メニティがブルガリであったりと、普段の「杉乃井ホテル」とは一味違った滞在を楽しめるエリアになっています。*エルミタージュフロアには専用ラウンジもあって、よりゴージャスな空間になっています。

女子旅やカップル、普段は大型観光ホテルを敬遠している方にもおススメの部屋です。

 

【今回利用したプラン】

 

今回は公式サイトから予約、クレジットカードで事前決済しました。

 

プラン番号(K45) 「ワンランク上のお部屋☆中館シーダフロア ステイ♪」(シーダ ツイン山側)

平日1名利用 1泊2食付 25,920 円(サ・消費税込、入湯税別)

 

2017年3月末現在で出ている同プランは、平日2名利用で22,140円でした。

シーダフロア スタンダード 海側 24,840円、山側24,300円となっています。

 

同じ部屋でも2食バイキングやコースプランの場合もあり、予約サイトによって価格も多少異なります。

「杉乃井ホテル」の価格は需要と供給によりかなり変動しますので、参考程度に。

 

ちなみに、中館のお部屋お任せプランは税込16,200円から出ています。

本館のファミリープランは9,720円~出ていることもあります!

たまに大放出プランが出ていることもあるので、お見逃しなく♪

 

【杉乃井ホテル 中館 シーダフロア ナチュラルモダン 半露天風呂付】

それでは、シーダフロアの本編に入ります。

「シーダフロア」は、中館の中ではカップルや少人数向けで価格帯では中くらいのプランです。

チェックインを済ませると浴衣ルームで好きな浴衣と帯を選べました。

これは中館だけのサービスです。

オリジナル浴衣は緑色なので、女性はピンク系や華やかな色を選ぶと良いですね。

中館の客室廊下と部屋の入口。

エレベーターはHANA館との境目付近にありました。

「杉乃井ホテル」は全館禁煙ですが、喫煙室は奇数階のエレベーター付近にあったと思います。

 

今回の部屋は336号室で、ナチュラルモダンタイプでした。

客室に入ると正面にクローゼット、

左側にベッドルームがあり、奥にリビング、バルコニーに露天風呂があります。

入口側からは全体像を撮りにくかったので、バルコニーから撮影しました。

部屋に入った第一印象は、同じ別府にある「潮騒の宿 晴海」に似た雰囲気でした。

ベッドルームは小上がりのフローリングにクイーンサイズのベッドが2つありました。

ベッドルーム側から見ると、リビングとの間には仕切りがあります。

同じナチュラルモダンの部屋でも、部屋の造りは少しずつ違うようです。

リビングのソファとテレビ。

ソファは2人掛けの方がゴロゴロできるので良かったかな。

部屋はそれほど広くはなかったでが、先日宿泊した「HANA館」と比べると新しくてモダンな感じの部屋です。

リビングの右側には冷蔵庫と食器棚

冷蔵庫はHANA館と同じく小さいタイプで、500mlのペットボトルが3~4本しか入りません。

ただし、1本だけミネラルウォーターがサービスでついていたのが違うところかな。

自販機は館内の各所にあります。

本館連絡通路のエレベーター近くにはソフトドリンク、ビール、からあげ、フライドポテト、焼きそば等、高速のサービスエリアにあるようなの軽食自販機もありました。

値段は一般の自販機とほとんど同じだったと思います。

ティファールの電気ポット、お茶はドリップコーヒー、煎茶、紅茶、カモミールティーのティーバッグ。

お茶請けは杉乃井の売店でお土産ランキング第3位の「咲く咲く別府」(ゴーフルみたいな甘い煎餅)。

朝はドアノブに朝刊が置いてありました。HANA館にはないサービスです。

それと、HANA館宿泊の時にはもらえなかった無料券がいろいろついていました。

ゲームセンターのメダル10枚、フィットネス割引、スパ・ザ・シーダの割引、クイックケアの割引、プロントのドリンク半額券等。

スパ・ザ・シーダフランス仕込みのエステでとても好評だそうです。これは女性に嬉しいサービスかもしれません。→スパ・ザ・シーダのメニュー&料金表(公式サイト)

玄関正面にはクローゼット、金庫、浴衣セット

うぐいす色の浴衣は元から置いてあったもので、ピンクの浴衣は選んだものです。

使い捨てのスリッパと足袋靴下もありました。

トイレと洗面台はリビングソファーの後ろにあります。

トイレは全自動タイプのウォシュレットでした。

やっぱり、HANA館の洋室とは高級感が違います^^

壁のタイルが海を意識して青いのも「晴海」に似ている印象を受けたのかもしれません。

アメニティはブルガリのソープ、シャンプー、リンス、ボディジェル

ボディタオル(スポンジ)、ヘアゴム、シャワーキャップ、カミソリ、ヘアブラシ、歯ブラシのセット

棚の下にはしっかりした分厚い生地のバスローブ、ドライヤーがありました。

バルコニーには露天風呂があるので、本館やHANA館のようなユニットバスはありません。

洗面台の横に露天風呂のドアがあります。

ドアは2重になっていて、シャワールーム、露天風呂に続きます。

お風呂場のシャンプーは資生堂製でHANA館と同じでした。

 

今回、中館に宿泊したのは塩素臭のしないお風呂に入るのが目的だったので、

露天風呂の満足度にすべてがかかっていると言っても過言ではありません(^^♪

お湯を入れる前の露天風呂

お風呂はヒノキ製で1人サイズ。小さい子どもとなら親子二人でも何とか入れそうです。

杉乃井ホテル シーダフロアの露天風呂

蛇口をひねってお湯を注ぎます♪

 

公式サイトでは「客室のお風呂は温泉ではありません。ご了承ください。」と書かれていました。

どこかのブログを見て温泉だと思い期待して行ったのですが、後からサイトを見て驚愕(@_@;)

あれは温泉ではなかったのか? 訪問した時には確かに温泉だと思ったのに・・・。

 

部屋のお風呂は「棚湯」とは違い、噴気泉のような独特のたまご臭がして、市営堀田温泉に似た感じのお湯に思えました。味も薄塩&ほろ苦い噴気泉のような感じで、塩素臭もしませんでした。

蛇口のお湯は54度だったので、温泉だとすれば「棚湯」と同じ源泉なのかもしれません(みどり湯は100度近くあります)。

やっぱり、杉乃井ホテルも別府八湯だけあって、元のお湯は良いじゃない♪とルンルンしていたのに・・・。

 

まさか、山の向かいにある地熱発電の温泉臭が漂ってきていただけではないですよね^^

本当に温泉ではないのか、温泉だとしてもそう書けない大人の事情があるのではないか、本当の所は良く分かりません。

現場で分析したマニアはいないかな・・・・。

温泉かどうかはさておき、露天風呂はバルコニーの一角にあります。

身長の高さまでブラインドの様な木の枠があるので、外からは見えませんし、中からも隙間からちょっと外の景色が見えるだけです。

でも、スマホ片手にお風呂に入れるのは公衆浴場ではあまりないので、とても居心地が良いです。

入浴中の目線

隣りのバルコニーにおいてある椅子

お風呂から背伸びをすると見える夜のイルミネーション

HANA館の前よりもギラギラでした♪

翌朝の景色 道路の向こうには地熱発電所の湯けむり、遠くには鶴見岳が見えます。

部屋の露天風呂は「棚湯」のような広さと絶景はないものの、とてもリラックスできる空間でした(かけ流しの温泉だと思っていたので余計に)。

でも、部屋も露天風呂もとても気に入ったので特に評価は変わりません^^

 

中館・シーダフロア・シーダツイン(山側)・ナチュラルモダンのお部屋の紹介は以上です。

 

「杉乃井ホテル」の館内設備については、→「HANA館」宿泊編に載せてあります。

 

今回宿泊した同じタイプで趣の異なる「オリエンタル」はどんな部屋化というと・・・。

オリエンタルモダンの客室 (画像は杉乃井ホテル提供/じゃらん)

フローリングがダークトーンなのがナチュラルとの違いでしょうか。

写真ではナチュラルモダンの部屋もベッドルームに仕切りのないタイプになっていましたが、

部屋によって造りは若干異なります。

オリエンタルモダンの半露天風呂

写真では桧風呂よりやや小さく見えます。

 

【杉乃井ホテル 中館 その他の客室タイプと価格】

杉乃井ホテルでは中館がリゾートホテルのようなややハイクラスの価格帯になっていて、部屋のタイプや金額が気になるところです。

部屋数が少ないからか、予約サイトでも取り扱いのある部屋とない部屋がありますが、基本的中館の特徴を挙げると、

  • 全室ブルガリアメニティ
  • 海側と山側では少々金額が異なる(海側の方が眺望が良く値段が高い)
  • 一部の客室には半露天風呂がついている(その他はユニットバス)
  • バイキング会場はシーズテラスに優先案内される(シーズ、シーダパレスも追加料金なしで利用可能)
  • エルミタージュフロアには専用のラウンジがあり他とは一線を画する

となっています。

*2017年3月末現在、1室2名利用の場合の税込価格です

 

◆グッドタイムフロア  4F 三世代ファミリー向け

和室 6~7.5畳 ベッド2  広さ57㎡  山側21,384円~ 海側21,924円~

VIPルーム (画像なし) 海側 和室7.5畳 ベッド2 広さ107㎡

 

◆シーダテラス テラス付 2F(画像は公式で)

洋室 海側  広さ28㎡ ベッド2
和洋室 海側 広さ59㎡ ベッド2+布団2組

◆シーダフロア 3F 全室半露天風呂付(今回宿泊した部屋)

ナチュラル/オリエンタルモダン 広さ33㎡ 22,464円~
ナチュラルモ/オリエンタルダン  広さ57㎡ 22,464円~
シーダスイート 海側  広さ99㎡

◆グレースフロア 5F 全室半露天風呂付(画像は公式で)

洋室 海側 広さ56㎡ ベッド2+サブベッド1 半露天風呂付 23,544円~
和洋室 山側 広さ57㎡ ベッド2+布団3組+サブベッド1
スイート 半露天風呂付

◆エルミタージュフロア 全室半露天風呂付

洋室 海側 広さ56㎡ ベッド2+サブベッド1 24,624円~

和洋室 山側 広さ57㎡ ベッド2+布団3組+サブベッド1

スイート(画像は公式で)

グレース・エルミタージュフロア・専用ラウンジ

 

【杉乃井ホテル シーダフロア お部屋の感想】

 

1度目に宿泊した「HANA館」は一昔前のホテルのような雰囲気だったのであまり印象に残りませんでしたが、

中館は今どきのモダンな造りの部屋で、設備も高級感があって良かったです。

大型ホテルでは部屋から出ると人が多いので落ち着かないですが、部屋にお風呂があって外を見ながらゆっくりできると贅沢な気分になれます(たとえ温泉ではなかったとしても)。

 

一人旅の場合、「HANA館」も「中館」も価格差はそれほどないのですが、部屋の雰囲気や対応は段違いでした!

「HANA館」のレポートでも書いたのですが、駐車場の送迎バスで「中館」と言うと運転手さんはニコッとし、フロントでもとても丁寧な対応でした。

「HANA館」の時にはチェックイン後の荷物運びも部屋への案内もお願いしないとなかったのです。

人気のあるホテルなので、空いていればいいけれどそうでない時には一人旅は歓迎されていないのだろうなという気もしましたが、「本館」や「HANA館」は特にそうなのかもしれません^^

 

食事に関しては、中館の場合、オープンしたての「シーズテラス」、古くからある「シーズ」、2015年末にオープンした「シーダパレス」とどこでも自由に選べたのも良かったです。

 

初めて宿泊するならば特に部屋タイプにはこだわらなくても楽しめると思いますが、大型ホテルが苦手だったり、落ち着いた雰囲気が好きな場合には中館がおすすめだと思いました。

中館は棚湯やアクアガーデンの移動には歩きますが、一番近いHANA館でも5分以上歩くので、大した違いはないかなと思います^^

次回宿泊する機会があれば、中館の別のタイプの部屋に泊まってみたいです。

 

 

部屋の広さ★★★★4.2

設備★★★★4.7

アメニティ★★★★4.7

フロアの雰囲気★★★★4.5

清潔感★★★★4.6

接客サービス★★★★4.7

 

【杉乃井ホテル 宿情報】

チェックイン/チェックアウト 14:30~19:00 / ~11:00
クレジットカード〇
携帯電話送受信〇 wifi〇

エレベーター〇 バリアフリー〇
(棚湯・アクアガーデン・シーダパレスへはエスカレーター又は巡回バスで移動)

【中館以外の客室タイプ】

@本館

和室 海側/山側 7.7畳 ベッド2 山側12,204円~ 海側15,984円~
新和洋室 海側/山側53㎡ ベッド2 山側17,604円~ 海側18,400円~
洋室 ツインルーム 山側 26㎡~30㎡
洋室 ダブルルーム 山側 23㎡ クイーンサイズベッド1
和室 海側 14畳 54㎡
角和洋室 海側 和室10畳 ベッド2 65㎡
角和室 海側 和室 10畳・8畳 65㎡
グランドファミリールーム 和洋室 56㎡~79㎡ ベッド2+布団7組+サブベッド1+ソファーベッド1

@HANA館

和洋室 海側/山側 和室6~7.5畳 ベッド2 44~56㎡ 山側16,524円~ 海側17,064円~
洋室 ツインルーム 山側 キングサイズベッド1 ベッド1  22㎡
洋室 ダブルルーム 山側 キングサイズベッド1 ソファーベッド1 22㎡ 山側13,284円~
和室 海側 14畳 56㎡
デラックス ツイン 海側 ベッド2 56~70㎡

 

杉乃井ホテル 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

→「杉乃井ホテル」のHANA館の宿泊レポート&アクセス等の基本情報はこちらへ 

→「杉乃井ホテル」のシーダパレスのバイキング情報はこちらへ

→「杉乃井ホテル」のシーズテラス&シーズのバイキング情報はこちらへ

→「杉乃井ホテル」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



 

【別府八湯・観海寺温泉周辺の関連記事】

別府市 観海寺温泉 潮騒の宿 晴海 宿泊

別府市 観海寺温泉 いちのいで会館 日帰り入浴&だんご汁定食

別府市 別府温泉 ホテルうみね 宿泊

別府市 別府温泉 竹瓦温泉 日帰り入浴

大分空港 足湯 オープン

「別府八湯温泉道」対象施設の記事一覧

「九州温泉道八十八湯」について

ブログ掲載 大分県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 1,327 人です, 本日の訪問者は2 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です