霧島 湯之野温泉 国民宿舎 みやま荘 日帰り入浴 ★★★


鹿児島県霧島市にある霧島温泉郷・野之湯温泉「国民宿舎みやま荘」の日帰り入浴レポートです。

最終更新日  2016/12/24 訪問日  2016/9月下旬

【霧島温泉郷 野之湯温泉 国民宿舎 みやま荘】基本情報

きりしまおんせんきょう ののゆおんせん こくみんしゅくしゃ みやまそう

住所:〒899-4201 鹿児島県霧島市 霧島田口2608-ホ
TEL:0995-57-0217
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 9,720円~14,580円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治対応△ 自炊×
1泊朝食付 7,560円~ 素泊まり5,400円~

口コミ総合評価:楽天トラベル4.67点、じゃらん4.4点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆硫黄泉のにごり湯が好き
◆霧島温泉郷で食事が美味しくリーズナブルに宿泊できる宿を探している
◆観光ホテルよりもこじんまりとした宿が良い


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:10:00~17:00受付
料金:540円 小学生以下無料
大広間休憩330円/人、個室休憩1,080円~/室
入浴+ランチ+大広間休憩 1,620円~

アクセス

◆車
九州自動車道「えびのIC」から県道30号線、県道1号線経由30km、45分。鹿児島空港から県道56号線~国道223号線~県道1号線~県道104号線経由、30km、45分。霧島神宮から20分。
ドラぷら・硫黄山噴火情報えびの高原周辺の道路規制状況
◆電車
JR日豊本線「霧島神宮駅」より「霧島温泉行き」バスで40分、終点下車、タクシーで10分。
Yahoo!路線情報いわさきバス時刻表
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【霧島温泉郷 湯之野温泉 国民宿舎 みやま荘 日帰り入浴】

 

「国民宿舎 みやま荘」は、霧島神宮から北へ7キロ(車で18分)国定公園内にある山の中の一軒宿です。

霧島温泉郷の中にあり、「野之湯温泉」という独自源泉を所有しています。

 

「国民宿舎 みやま荘」は、新燃岳噴火の影響で2011年から休業、

2014年には一旦閉館しましたが、2016年5月末に宿泊を再開、

日帰り入浴やランチ営業も7月から再開しています。

リニューアルオープン後は食事の評判がとても良いです。

 

霧島温泉郷は一大観光地であるにもかかわらず、

このあたりは県道沿いにもかかわらず携帯の電波も入ったり入らなかったり。

宿の周辺には野生のシカやイノシシが出たりと、

観光ホテルの多い霧島温泉郷の中心部とは一味違う秘湯ムードが漂っています。

県道沿いに出ている「みやま荘」の看板。

まさか営業を再開しているとは知らず、たまたま通りかかったので立ち寄ってみることに。

外観は会社の保養所のような雰囲気。

全20室なので、国民宿舎としてはこじんまりとしています。

「立ち寄り湯営業中」の看板にかき氷ののれん。

少々古びたロビー。

 

日帰りのお客さんは地元のお年寄りが多そうでしたが、

宿泊客は霧島神宮詣でや霧島連山の登山客が多いようです。

 

「国民宿舎 みやま荘」のお風呂は、

  • 男性用内湯1 露天風呂1 水風呂1
  • 女性用内湯1 露天風呂1 水風呂1

があります。

 

「大浴場」はフロントから客室を抜けた廊下の奥にあります。

玄関、フロント周りは少々古い昔ながらの「国民宿舎」のイメージでしたが、

営業再開にあたって客室の方はリフォームされているようでとても綺麗でした。

客室は和室6畳間と8畳間があります。

少し狭いですが、2食付1万円以下のプランからあるのでそんなものかなと。

こちらは大浴場女湯入口。

 

宿泊の場合でも22:00~6:00までは入浴できません。

九州は深夜に入浴できない宿がほとんどですよね。

大酒のみが多くて夜は事故防止のためなのか・・・。

脱衣所には無料ロッカーと洗面台、ドライヤーあり。

お風呂場の方は特にリフォームされていないようです。

ドアを開けると硫化水素ガスの臭いがぷ~んと漂ってきました。

浴室は15畳の広さ、6~8人サイズの赤御影石の内湯があります。

青みがかった乳白色のにごり湯で透明度は30センチくらい。

源泉温度が高いので加水してありますが、まろやかでクリーミー。

弱酸性泉なので酸味は感じられず、粉っぽいたまご味がします。

霧島温泉郷のなかでは中くらいの硫黄濃度で泉質もまずまずです。

 

「野之湯1,2,3,10,12号混合泉」泉温64度 湧出量-(-)
泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)pH5.3

湯口

湯舟の温度は42度。

あと2度くらい温度が高いともっと濃いお湯が楽しめたのかも。

「お湯が強いので窓を開けてください。」の看板。

やっぱり硫化水素ガスが多いらしいです。

内湯から外に出ると、1~2人サイズの水風呂がありました。

サウナはなかったはずだけれど、何故に水風呂?

普段はもっと温泉の温度が高いのかな。

水風呂の向かいには3~4人サイズの小さな露天風呂。

39度くらいでかなりぬるめの温度設定でした。

女性用の露天風呂空は景色が見えませんが、男性用の方は少々眺めが良いようです。

湯口の周りは硫黄の成分で真っ白です。

露天風呂の方には大き目の消しゴムかすのような湯花が大量に舞っていました。

 

【国民宿舎 みやま荘 温泉の感想】

 

営業を再開したばかりということでまだひっそりとした雰囲気でした。

大型ホテルと比べるとお風呂が小さいですが、泉質もまずまずで穴場的な存在です。

食事が美味しいみたいなので、機会があればランチも食べてみたいかな。

 

泉質★★★★4.2

お風呂の雰囲気★★★★4.0

清潔感★★★3.8

接客サービス★★★★4.2

 

 

【国民宿舎 みやま荘 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各1 露天風呂各1

◆源泉 H26.4月の分析書

「野之湯1,2,3,10,12号混合泉」泉温64度 湧出量-(-)
泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)pH5.3
蒸発残留物 112mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)146mg/kg 成分総計400mg/kg
硫化水素イオン0.1mg/kg 遊離硫化水素8.4mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水あり、加温なし、塩素消毒なし

 

野之湯温泉 国民宿舎 みやま荘 宿泊予約サイト

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



 

【霧島温泉郷周辺の関連記事】

霧島温泉郷 新湯温泉 国民宿舎 霧島新燃荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 丸尾温泉 旅行人山荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 林田温泉 霧島いわさきホテル 宿泊

霧島温泉郷 硫黄谷温泉 霧島ホテル 日帰り入浴

霧島温泉郷 霧島湯之谷温泉 霧島湯之谷山荘 宿泊

霧島神宮温泉郷 さくらさくら温泉 日帰り入浴

「九州温泉道 88湯」対象施設の記事一覧


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 96 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です