那須 北温泉 北温泉旅館 日帰り入浴 ★★★★

北温泉旅館10

最終更新日  2015/9/23 訪問日  2015/9月中旬

【北温泉 北温泉旅館】基本情報

きたおんせん きたおんせんりょかん

住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町大字湯本151
TEL:0287-76-2008
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 梅7,700円・竹8,700円・松9,700円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治対応〇 自炊〇
自炊 3泊まで4,800円(3,700円) 4泊以上4,300円(3,200円) ( )内は子供料金
*土日祝は除く。GW・お盆・年末年始は特別料金

口コミ総合評価:じゃらん4.5点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆テルマエロマエⅠのロケ地になった宿に泊まってみたい
◆鄙びた温泉宿が好き
◆自炊湯治を体験してみたい
◆那須岳登山の基地に


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:8:30~16:30受付(17:30退館)
料金:大人700円 小人400円
個室休憩 10:00~16:00
大人2,000円(2,500円)小人1,000円(1,200円)入浴料込
*( )内は土日祝料金

アクセス

◆車
東北道「那須IC」から県道17号線(那須街道)経由、18キロ約30分。「那須高原スマートIC」から県道344号線経由、28キロ、45分。福島県下郷村・西郷村・白河方面からは国道289号線(甲子道路)~県道290号線経由、国道289号線から約30分。駒止の滝駐車場から徒歩10分。冬期は冬タイヤ・チェーン必携。
ドラぷら
◆電車
JR東北新幹線「那須塩原駅」又はJR東北本線「黒磯駅」下車、路線バス那須湯本温泉行に乗り「大丸温泉」で乗換、「北湯入口」下車、徒歩10分。「那須塩原駅」からタクシーで45分。「黒磯駅」からタクシーで40分。
Yahoo!路線情報東野バス時刻表
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【テルマエロマエのロケ地 那須 北温泉 北温泉旅館 日帰り入浴】

北温泉は那須7湯の一つ。

那須湯本から奥那須へ、

紅葉の絶景スポットで有名な「駒止の滝」のすぐそばにある一軒宿です。

映画「テルマエロマエⅠ」のロケ地として有名すぎるほど有名になってしまいましたが、

それ以前からキワモノ系の鄙び宿として、秘湯ファンの間では人気のある温泉でした。

北温泉旅館74

*テルマエロマエでは、

上戸彩さんが演じるヒロイン(山越真実)の実家の温泉旅館として登場しています。

 

北温泉は何度も近くを通っていましたが、

那須に行く時には白濁の硫黄泉に直行してしまうので、

なかなかご縁ができずにいました。

 

今回は9月の連休中という相当混雑が予想される日ではありましたが、

天気に恵まれていたのと、寒くなる前に外にある温泉プールに入っておきたい、

ということで訪問しました。

北温泉旅館35

那須インターから那須湯本方面へ、殺生石・鹿の湯を通り過ぎて奥那須へ。

北温泉旅館33

駒止の滝の展望台のある駐車場に到着。

北温泉旅館2

ここから北温泉旅館までは徒歩となります。

北温泉旅館37北温泉旅館38

展望台から見える駒止の滝。右はズームアップ。

北温泉旅館3

日帰り入浴の受付は8:30~16:30まで。

ちなみに、有名な「天狗の湯」は日帰り営業時間帯は男性専用となっています。

北温泉旅館1

車1台が通れるくらいの小路を下ること10分。

北温泉旅館30

鬱蒼とした林に苔むした岩肌を見ると、山の神社に向かうような心境になりました。

もっと俗っぽいイメージがあったのにこれは意外。

北温泉旅館39

途中、那須の町が見下ろせます。

北温泉旅館31

紅葉はまだ一分にも至らず。たまに赤くなった紅葉の木が数本あるだけでした。

北温泉旅館29

しばらくすると宿が見えてきました。

外観からはそれほどボロイ雰囲気は感じられません。

北温泉旅館8

宿の右手前に見えるのは噂の温泉プールです。

上の駐車場には車がたくさん停まっていましたが、

どうやらハイキング客ばかりで温泉はひっそりとしていました。

北温泉旅館27

宿の入口

北温泉旅館43

玄関前は休憩スペース。

レトロなインテリアですが、想像していたよりも奇抜な感じはありません。

北温泉旅館45

右が帳場。

北温泉旅館44

帳場に大黒様と賽銭箱・・・。

 

日帰り客はひと段落して静かでしたが、

宿泊客の方は65人の予約が入っていると言い、さらに電話が鳴っていました。

食事対応は無理なので、素泊まりしか受け付けていないというほどの盛況ぶり。

やっぱりメディアの影響でお客さんが多いのでしょうね。

北温泉旅館26

入浴券は入口の自動販売機で購入。

フロントで手渡すと、お風呂の場所を案内してくれました。

従業員は日本人の男性が3人(女将は中国人だそうです)。

日帰り利用でもとても丁寧で、これまた意外な印象でした。

 

日帰り営業時間に入浴できるお風呂はこのようになっています。

男性は、「天狗の湯」(内湯)、隣接する打たせ湯(内湯)、

「河原の湯」(露天風呂)、「泳ぎの湯」(プール)と隣接する「相の湯」(内湯)

女性は、「芽の湯」(内湯)、「河原の湯」(露天風呂)、

「泳ぎの湯」(プール)と隣接する「相の湯」(内湯)

北温泉旅館21

手書きの館内案内図。

キワモノ系の片鱗はこの案内図に最も現れていたような気がします。

北温泉旅館20

特にこの図。余計に分からない(^o^)

 

【北温泉旅館 泳ぎの湯(混浴プール)】

まずは先ほど宿の前で見た混浴プールから。

混浴プールは水着でもバスタオル巻でも裸でもお好きにどうぞ。

でも、宿に来る道からは丸見えなので、

陽が明るいうちは水着で入浴するのが無難ですね。

 

館内からはフロント横の階段を下りて行きます。

北温泉旅館59

温泉プールに向かう階段。

北温泉旅館50

出入り口の下駄箱前でサンダルに履き替えます。

北温泉旅館53

外に出ると奥にプール、手前に脱衣所と「相の湯」という内湯があります。

北温泉旅館51

脱衣所は男女別となっています。

4畳ほどのスーペースに脱衣棚があるだけのシンプルな造りです。

脱衣所で着替えたら同じ出入口から外に出てプールに向かいます。

北温泉旅館104

6レーンの25mプールとほぼ変わらないくらいの大きさ。

でもあまりに自然環境に溶け込みすぎていて、

プールというよりは釣り堀にしか見えません(笑)

北温泉旅館54

入口付近には滑り台も。

意外と頑丈にできていて、大人でも行けます。着地点が浅めですが。

ご丁寧にもお尻をすりむかないように滑り台にもお湯が流れていました。

 

中ほどにベンチがあったので、底から着水しました。

北温泉旅館10

山を借景にそびえ立つ北温泉旅館(笑)

とても景色が良く気持ちのいいお風呂です!

 

周囲の木々が水面に写っているので緑色のお湯に見えますが、

実際はほぼ無色透明です。

金気臭のするお湯なので、浴槽についた茶色い湯花でお湯も茶色く見えます。

 

温度は40度弱。

気温は24度くらいでしたが、湯上り後も寒さを感じず、

泳いでゆっくりするにはちょうど良い温度でした。

北温泉旅館107北温泉旅館109

湯口

滑り台の横に2つの湯口があります。

湯口は脱衣所側にしかなく、

いくらドバドバのかけ流しでもプールの大きさを補う量ではありませんね。

 

ただ、反対側の端の方まで行ってもぬるくて寒いということはありませんでした。

内湯に比べると金気臭もほとんどしませんでしたが。

 

それと、苔で清潔感がないという口コミを読みましたが、

掃除されていないような印象は受けませんでした。

 

リゾートホテルのプールを想像していたら違う感想になるかもしれませんが、

苔で足がぬるついて気持ち悪いなどということはなかったです。

 

館内も雑多な雰囲気はなかったので、最近は改善されたのかもしれません。

北温泉旅館108

浮き輪で入浴中♪

通りがかりに見学しに来た人に笑われました^^

北温泉旅館61

浮き輪はフロント横の売店前に置いてあり、無料で貸し出ししています。

 

【北温泉旅館 相の湯(内湯)】

プールの脱衣所のある湯小屋の中には男女別の内湯があります。

北温泉旅館48

女湯

浴槽は1~2人サイズの大きさ。温度は42度強。

圧倒的な湯量でオーバーフローが半端ないです。

季節によってはプールのお湯がぬるいので、ここで身体を温めてから出るという感じですね。

北温泉旅館49

男湯の方は少し大きめで3~4人サイズでした。

洗い場はありません。

基本的に北温泉旅館には石鹸やシャンプー類は置いていないので、持参することになります。

 

【北温泉旅館 河原の湯(男女別露天風呂)】

続いて館内の奥にある露天風呂へと向かいます。

北温泉旅館16

玄関からフロントを通り過ぎ、食事処の奥に入口があります。

館内に入ると岩盤を利用した壁が洞窟風の通路になっていて、

この感じが北温泉の魅力なのかもしれません。

でも、客室の入口に自動ドアがあったりして、そのギャップに面喰ったりもします(笑)

北温泉旅館11

河原の湯の入口前にはテーブルがあり喫煙スペースになっていました。

テーブルを挟んで左が男湯、右が女湯です。

北温泉旅館65北温泉旅館66

女湯のれんをくぐると縄文人かモヤイ像のような置物に徳利。

(水かお酒をお供えしているようです)

脱衣所内は1畳ほどの広さで棚と籠があるのみ。

北温泉旅館67

脱衣所から見下ろす露天風呂(女湯)。

4~5人サイズの大きさです。

北温泉旅館70

階段を下りてお風呂の入口へ。

北温泉旅館71

3/4ほどは屋根で覆われています。

湯口からジェット噴射のようにお湯が注がれています。

42度くらいの温度でした。

北温泉旅館68

お風呂から見える景色。

男湯に比べると解放感はイマイチです。

北温泉旅館64

こちらは男湯。5~6人サイズ。

前にひらけているので解放感はバッチリ。

北温泉旅館63

遥か上の方から段々になった堰堤が見え、人口の滝見風呂となっています。

湯口も打たせ湯で風情があります。

北温泉旅館14

眼下の眺め。

 

紅葉の季節は素晴らしいのではないでしょうか?

渓流沿いなので季節によってはアブが出そうですが、

9月中旬にもなると全くいませんでした。

 

先日の大雨でかなり増水したそうですが、何事もなく良かったです。

 

【北温泉旅館 芽の湯(女湯内湯)】

フロントに戻り玄関から見て左の階段を奥に行くと「芽の湯」があります。

北温泉旅館103

その前に・・・階段下には「足洗い場(湯)」が。

「湯前社に参る者はこの地にて草履を脱ぎ足を洗い詣すべし」とあります。

 

館内の仏像やお供え物、湯前神社といい、

駐車場から宿に向かう400mの道のりが

「山の神社に向かうような心境」という勘は当たっていたように思います(笑)

北温泉旅館80

階段を上がると左奥が「芽の湯」、右奥が「天狗の湯」です。

北温泉旅館93北温泉旅館95

古びた木戸の客室を通り過ぎ、階段を上がって「芽の湯」に向かいます。

法師温泉の古い部屋のような感じで、中は見ていませんがボロさは許容範囲です^^

北温泉旅館96北温泉旅館97

芽の湯の入口の暖簾と脱衣所内。

脱衣所内は3段の棚と籠、着替え用のベンチがあるだけです。

北温泉旅館25

こちらが「芽の湯」。

12畳くらいの縦長の浴室。窓が大きく撮ってあり明るいです。

湯船は幅が1畳分で長さ3畳分くらいでしょうか。

右側にはカランの代わりの掛け湯がありますが、30度くらいで冷たかったです。

北温泉旅館110

奥に湯口、中ほどに板で仕切りがあり温度調節してあります。

手前が39度くらい、奥が42度くらい。

北温泉旅館98

奥の湯口は右が源泉、左が冷たい水でした。

他とは源泉が異なりますが、ほんのり金気臭がして、

近くの「大丸温泉旅館」の混浴露天風呂のお湯と似ている感じでした。

 

【北温泉旅館 天狗の湯(混浴内湯)】

最後に名物の「天狗の湯」です。

ここに入らなければ来た意味がないというお風呂です。

 

 

最も湯量が豊富でお湯が良いと評判なため、是非とも入りたいところですが、

残念ながら現在では日帰り営業時間中は男性専用となっています。

北温泉旅館84北温泉旅館81

天狗の湯に向かう通路には昔の農機具や骨とう品が。

北温泉旅館83北温泉旅館82

入口には「男湯となっています」の表示。

 

「天狗の湯」は何故男性専用になったのか?

あまりに人気が出てしまったため、女性も臆することなく入浴する人が増えたのですが、

女性がいると男性はそそくさと逃げるしかなく、

「俺たち入れないじゃないか!」

と苦情が増えたためにそのような措置になったそうです。

 

どこぞの混浴は女性目当てに長時間居座るお客さんが多いことを考えると、

意外とマナーは良い方だったのかな。

それとも、登山帰りの客は皆で入れば怖くない状態だったのかな。

 

現在は、宿泊すれば夜から朝までは混浴になりますが、

女性でも人がいない時を見計らって入ることはできます。

脱衣所は男女別に分かれています。

*バスタオル巻や湯浴み着は禁止です

北温泉旅館75

こちら天狗の湯です。

6~8人サイズの長方形の浴槽にドバドバのかけ流し。

壁には大きな天狗のお面。

ランプも付いていて、とても風情のあるお風呂でした。

北温泉旅館76

屋根が結構高くて開放感があります。

 

奥には打たせ湯、家族風呂もあります。

 

【北温泉旅館の館内をウロウロ】

帰りは売店を物色。

北温泉旅館47

素泊まり湯治もできる宿ですが、野菜や食材はなく、

カップめんとスナック菓子、ビール、ジュースに地酒等が置いてありました。

天井からぶら下がっているお面や何やらは多少不気味ではあります。

北温泉旅館42

おもむろにおいてある鍋が気になったので蓋を開けてみると、

「薬湯たまご」100円と書いてあるので試してみることに。

袋に入った漢方薬で煮たたせてあるようで、茹で汁はまっ茶色に染まっています。

北温泉旅館41北温泉旅館40

卵の殻も大六染まっています。

中は普通のゆで卵ですが、焦げた漢方の匂いが秋田のいぶり玉子に似ていました。

美味しかったです♪

 

北温泉旅館79

湯上り後はロビーで一休み。

壁にはテルマエロマエの写真展とあり、ロケの写真が飾ってありました。

北温泉旅館18

露天風呂に向かう途中にある、食事処「亀の間」。

某番組では、畳の広間にお膳を並べて夕食を食べている様子が出ていました。

値段の割には量が多いけれど、家族を連れて来たいとは思わない(笑)

というコメントが印象的でした。

 

【北温泉旅館の意外な所と納得な所】

北温泉旅館57北温泉旅館58

露天風呂の途中にあったトイレ。

古い宿なので和式の汲み取り式かと思ったら、

水洗・和式と洋式で温熱便座あり(洗浄なし)もありました。

トイレのドアには日本語、英語、タイ語で書かれていました。

栃木県は最近タイ人が急に増えたという話ですが・・・。

北温泉旅館62

こちらは露天風呂に向かう階段にあった電動移動式の車椅子。

動くのかな?と思うほど古そうでしたが、

これがあること自体に意外性があり、いろいろとギャップを楽しめます。

北温泉旅館23北温泉旅館24

資料的価値のありそうな銘仙のポスター。

北温泉旅館19

東照宮から持ってきたのか?と思うような神社風の欄干。

湯前神社のものなのか。

説明書が欲しいところですが、

ただ置いてあるだけなのがこの宿らしいと言えばらしいかも。

 

 

【北温泉旅館の魅力?】

北温泉旅館の魅力は温泉はもちろんのこと、

よく言えばレトロ、悪く言えばボロイ宿にあると思います。

 

例えばこれ。

北温泉旅館85

廊下の手すりの下に見える岩肌と流れ出る源泉。岩は茶色く変色しています。

ボロ宿を紹介する某番組でかなりクローズアップされていました。

 

でも実物を見ると、「ああこれか」というくらいでそれほどのインパクトではありませんでした。

宿の雰囲気の中にうまく溶け込んでいて違和感がないからでしょうか。

 

他にも魅力を演出しているのは、館内のいたるところにある神仏だと思います。

北温泉旅館91北温泉旅館90

階段を上がると湯前神社。扉の向こう二は石段があり、社まで歩いて行けます。

北温泉旅館88北温泉旅館87

湯前様の由来の説明(クリックで拡大できます)。

北温泉旅館86

その隣にはお仏壇。

神仏習合なので、ここでは神様と仏様は同列です。

祀っているのは、八幡大菩薩、大己貴命(大黒天)、少彦名命(薬師如来)。

 

ライトアップされているので不気味に感じる人もいるのかな?

 

大己貴命は那須の温泉神社と同じですが、

大己貴命と少彦名命のペアを祭る神社は栃木県では特に多かったりします。

天狗の湯のお面もですが、

天狗は日光の修験道ではなじみの深い眷属(神の遣い)だったりします。

なので、ウケを狙っているわけではなく、必然性はあるのですね。

 

宝川温泉の露天風呂に向かう通路の骨董品や(そういえばこちらもテルマエⅡのロケ地)、

赤城温泉の御宿総本家に展示されている無国籍のオブジェに比べると、

奇をてらった演出じみたものは感じられませんでした。

不気味とも怖いとも感じず。

いわゆる廃墟系ではないからもしれません。

 

でも、一番古い部屋に宿泊して夜の館内を歩いてみると、

また違った感想になるのかもしれません(笑)

 

 

【北温泉旅館 温泉の感想】

 

温泉に関しては、一番良いと言われる天狗の湯には入れませんでしたが、

内湯と露天風呂、プールだけでも十分楽しめました。

 

口コミを読む限りでは、

以前は宿のボロさも相まって不気味な様相を呈していたようですが、

 

今回、日帰りでお風呂を往来する限りでは、館内は古いけれどきちんと手入れされているようでした。

接客も意外というか丁寧だったので、個室休憩付で半日ゴロゴロしても良かったかも。

 

最近放送された某番組では出演者が嫌そうな顔で夕食を食べていたので、

食事の方はあまり期待できないのかなぁ。

それが気になって宿泊できないでいたのですが、

日帰りで行ってみるとやっぱり一度は泊まってみたいと思いました。

 

泉質★★★★4.1

お風呂の雰囲気★★★★4.2

清潔感★★★★4.0

接客サービス★★★★4.4

 

 

北温泉旅館 ここから予約できます

 

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

【北温泉旅館  温泉情報】

◆お風呂

男性用内湯1 女性用内湯2 混浴打たせ湯1 貸切内湯1 男女別露天風呂各1 混浴露天風呂1
「天狗の湯」(内湯:8:30~17:00まで男性、その他は混浴)
「芽の湯」(女湯)
「河原の湯」(男女別露天風呂)
「相の湯」(外湯:プール併設の男女別内湯)
「泳ぎの湯」(外湯:混浴温水プール)

◆源泉 H13.1月の分析書

那須温泉「天狗の湯」 
泉温56度 湧出量481.2L/分(自然湧出)
泉質:単純温泉(低張性中性高温泉)ph6.2
蒸発残留物502.6mg/kg 溶存物質679mg/kg 成分総計866mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

那須温泉「芽の湯」
泉温50.8度 湧出量697.1L/分(自然湧出)
泉質:単純温泉(低張性中性高温泉)ph6.3
蒸発残留物481.6mg/kg 溶存物質680mg/kg 成分総計833mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水あり、塩素消毒なし

北温泉「桐乃湯」(相湯) 明治45年5月の分析書
泉温49度 湧出量6斗1升(約110L/分)(地表湧出)泉質:塩類泉

 

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【北温泉周辺の関連記事】

◆奥那須 大丸温泉 大丸温泉旅館 宿泊 20132014

那須町 弁天温泉 弁天温泉旅館 日帰り入浴

那須ロープウエイ~三斗小屋温泉までの道のり

三斗小屋温泉 煙草屋旅館 宿泊

那須高雄温泉 おおるり山荘 日帰り入浴

那須湯本温泉 元湯 鹿の湯 日帰り入浴

那須湯本温泉 旅館 雲海閣 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須湯本温泉 旅館 山快 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須湯本温泉 松川屋 那須高原ホテル 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須湯本温泉 中藤屋旅館 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須町 那須湯本温泉 清水屋旅館 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須湯本温泉 小鹿の湯(はなやホテル)日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須 老松温泉 喜楽旅館 日帰り入浴

那須 金ちゃん温泉 日帰り入浴

那須温泉 ホテルサンバレー那須 宿泊

那須 チーズガーデン五峰館&カフェしらさぎ邸

那須 ステーキ寿楽 本店&インター店

那須 道の駅 友愛の森 なすとらん

那須 エミールガレ美術館

東北道 那須高原SA 下り(食事)

栃木県の混浴のある温泉

ブログ掲載 栃木県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 20,228 人です, 本日の訪問者は27 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です