【福島】高湯温泉 吾妻屋 宿泊 その1 お部屋編 ★★★★

福島県福島市にある「高湯温泉 吾妻屋」の宿泊レポートです。

最終更新日 2021/2/15 訪問日 2021/1

【高湯温泉 吾妻屋】基本情報

たかゆおんせん あずまや

住所 〒960-2261 福島県福島市町庭坂高湯15ー1
TEL:024-591-1027
公式サイト秘湯を守る会宿紹介ページ

⇒「高湯温泉 吾妻屋」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

【宿泊料金】

1泊2食付 税込13,350円〜16,650円 お一人様× 素泊まり× 湯治× 自炊×

口コミ評価:Google 4.6点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆濃厚な硫黄泉のにごり湯が好き
◆日帰りNGの落ち着いた宿が良い


[スポンサーリンク]








 

⇒「高湯温泉 吾妻屋」の食事情報はその2お食事編へ

⇒「高湯温泉 吾妻屋」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

【日帰り入浴】

不可

 

【高湯温泉 吾妻屋 お部屋編】

高湯温泉「吾妻屋」に宿泊してきました。

普段はおひとり様NGなのですが、こういうご時世なので今のところ2~3日前に電話をして空いていれば宿泊できるようです。

でも、GoToトラベルには参加しているので、再開されたらちょっと無理なのではないかと思います。

ちなみにお一人様の場合、13,000円と15,000円(税別)のプランがあります。

2名利用の場合は12,000円と14,000円(税別)になるのかな?

 

もう10年以上前に家族が登山の帰りに一人で泊まったことがあり、とにかくお風呂が多い!女将さんが親切な宿だと聞いていました。

基本的におひとり様NG,日帰り入浴もNGの宿なので評判が分かりにくいですが、Googleの口コミ評価では4.6点という高評価の宿です。

 

泊ってみた感想は、

良かった点:泉質が抜群(濃厚でもまろやかで好み)、露天風呂が野湯みたいな場所にあって冒険心をくすぐられる、食事のボリュームがある、一人でも価格がリーズナブル、女将さんが神対応

イマイチな点:階段が多い、Wi-Fiの電波が弱い、一人で泊まれる機会は少ない、雪が降ると外風呂の移動が寒い

です。

 

斜面に建っている宿なので玄関から客室棟までエレベーターで上がった後にさらに階段があるという構造になっています。

階段については足の弱い方は不安があると思いますが、1階の客室指定で、内風呂だけ利用する分には階段の上り下りは食事処への移動(1階分くらい)だけで済みます。

外風呂まで行くと結構良い散歩になります。

一番下に動画を載せているので、そちらの方が様子は分かりやすいと思います。

 

お風呂は、男女別内湯、予約制の貸切内湯、外の家族風呂3つ、一番奥にある男女別露天風呂と全部で6つ無料で入浴できます。

高湯温泉はどの宿でも加水なしの源泉かけ流し100%なのですが、10本源泉があるため宿によって多少濃さや匂いが違うのが面白い所です。

「吾妻屋」の場合は炭酸ガスが多い感じのまろやかさがあって、濃厚でありながら圧がなく入りやすかったです。

「安達屋旅館」「花月ハイランドホテル」と同じ「湯花沢3番」という源泉を使用しているようです。

 

食事はご主人が担当。

元々調理人でもなく、家族経営には多い、旅館業務の一環としてなんでもこなす方のようです。

若いころはスキーの名プレーヤーだったそうです。

今回は15,000円のプランにしましたが、福島牛のしゃぶしゃぶがメインというのがグレードアップなのでしょうか。

品数がとても多くて最後の方はお腹がはちきれそうでした・・・。

 

レポートがまとまるまで一番下にある動画でお楽しみください。

吾妻屋の外観

はす向かいには共同浴場の「あったか湯」

9:00~21:00まで(コロナ中は営業時間短縮の場合あり)。

裏には「安達屋旅館」があります。

吾妻屋の玄関前

吹き抜けのロビー、右にフロント。

何だか美術品がたくさん飾ってありますね。

客室へは玄関の左奥にあるエレベーターで。

エレベーターは2階までしか行きません。

エレベーターを降りると10くらいの通路を歩き、10段の階段を上がると大浴場と1階の客室に出ます。

その階段の手前に有料ドリンクの冷蔵庫があります。

ペットボトル200円、ビール300円

お酒の持ち込みもOKですが、冷蔵庫は部屋にはなく、1階客室3号室前に共用の冷蔵庫があります。

今回宿泊したのは「2F」と書かれた部屋ですが、玄関から見ると実質3階半くらいの高さになります。

2階客室前の廊下

8号室

【8畳+広縁、トイレ・洗面台付 13,000円税別~】

入口から見た客室

広縁から見た客室

お布団はあらかじめ敷いてあり、チェックアウトまでそのままでした。

ただ、夕食時には部屋に入ってきてお茶やポットの交換がなされていたようです。

床の間側とクローゼット

加湿付の空気清浄機、電気ポットとお茶セット、金庫、テレビ、電話、浴衣セット

テーブルの上にはお茶菓子とおしぼり

 

館内にはパスワードのないフリーWiFiがありましたが、アンテナは立っているもののネットにはつながりませんでした。

高湯温泉まで来ている回線が細いので、下の方の宿でアクセスが多いとここまで届かない場合もあるということです。

硫化水素ガスで調子が悪い時もあるそうで、仕事でWiFiを使う方は期待せず、スマホのテザリングがおススメです。

ドコモは4Gがフルで入りました。

お茶セット

最近では珍しく茶葉でした。

左は緑茶、右は七福茶

お茶は自分で入れます。

七福茶と芋羊羹のお茶請け

籠の中にはタオルと浴衣セット

大浴場の前にも替えのバスタオル、全サイズの浴衣が置いてあります。

アメニティは歯ブラシ、ヘアブラシ、足袋靴下

大浴場にはヘアブラシ、シャワーキャップ、かみそりが置いてありました。

布団は下が普通の敷布団、上は羽掛け布団です。

広縁はフローリングにテーブルセット、ヒーター。

テーブルの上にはあらかじめ冷水ポットが置いてあります。

洗面台にはコップと使い切りの石鹸

窓の外は駐車場側の景色

入口横の踏込みにトイレがあります。

洗浄+温熱便座です。

客室は全室禁煙で廊下の奥には喫煙所がありました。

 

【高湯温泉 吾妻屋 動画】

数字をクリックすると好きな項目から再生できます。

0:00 イントロ
0:21 吾妻屋の概要
2:08 外観~館内
4:19 客室案内
6:33 歴史的有名人の書
7:22 温泉案内
8:44 男女別露天風呂
11:18 3つの貸切風呂
13:04 大浴場(内湯)
14:17 予約制貸切風呂
15:32 夕食タイム
18:12 朝食タイム
18:58 吹雪の露天風呂へ

 

【高湯温泉 吾妻屋 お部屋の感想】

部屋の広さ ★★★★ 4.0

設備 ★★★★ 4.0

アメニティ ★★★★ 4.2

清潔感 ★★★★ 4.4

宿の雰囲気 ★★★★ 4.3

接客サービス ★★★★ 4.5

 

 

⇒「高湯温泉 吾妻屋」をインターネットで予約する

 

 

【高湯温泉 吾妻屋 宿情報】

チェックイン/チェックアウト 14:00~ / ~10:00

携帯電話送受信〇 Wi-Fi△

エレベーター△ バリアフリー×

 

⇒「高湯温泉 吾妻屋」の食事情報はその2お食事編へ 

⇒「高湯温泉 吾妻屋」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【高湯温泉周辺の関連記事】

高湯温泉 旅館ひげの家 宿泊

高湯温泉 玉子湯 日帰り入浴

高湯温泉 市営 あったか湯 日帰り入浴

高湯温泉 のんびり館 日帰り入浴

高湯温泉 安達屋旅館 日帰り入浴

高湯温泉 静心山荘 日帰り入浴

高湯温泉 花月ハイランドホテル 日帰り入浴

信夫温泉 のんびり館 日帰り入浴

庭坂 裁ちそば 紅葉亭 ランチ

庭坂 そば処 胡々里庵 ランチ

福島県の混浴のある温泉

ブログ掲載 福島県の秘湯レポート

福島県の「日本秘湯を守る会」の会員宿


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





(このページの閲覧者は 963 人です,本日は 2人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo