【旅行記】4泊5日 冬の宮古島でエコノミーにシュノーケリングをしながら温泉巡りの旅

2021年は夏が終わってから海+温泉巡りの旅がスタート。

なぜ、海に行くようになったのかについての理由はこちらへ。

 

2021年最後の海旅を締めるのは沖縄県宮古島です。

11月末にもなると、さすがに沖縄以外でシュノーケリングをやるのは厳しいということで沖縄一択に。

2020年は沖縄本島の温泉をほぼ巡りましたので、残るは離島ということになります(ちょうどこの頃、沖縄本島には小笠原から流れてきた軽石が漂着し始めていましたが、宮古島はまだでした。)

沖縄でシュノーケルをする場合、ツアーを利用せずに一人で黙々と潜るには沖縄本島は意外と難しいということに気づき(ホテルのプライベートビーチが冬季は立入禁止になっていることが多い)、もっとコンパクトな宮古島の方があちこちウロウロできるのではないか、ついでに温泉もある!よし、決まり!!ということで、4泊5日の日程で宮古島旅行の予定を立てました。

しかし、温泉があるとはいえ、事情により現在は1軒だけに。。。環境問題、政治問題と、色々な事情があるようです。

というわけで、温泉利用は1泊だけで、残りは素泊まりの安宿にしました。

代わりに、シュノーケリングできるビーチの方はなかなかバラエティに富んでいて、初心者向けのビーチでもウミガメがウロウロしているビーチがいくつかあります。

今回はリゾートの旅ですが、ホテルにお金をかけなかったので、航空券、ホテル、レンタカー、飲食費諸々で合計8万円位に抑えられました。

 

2021年の年間を通じて訪問した動画は「今年行った温泉、良かった温泉2021年後半ランキング」というタイトルでYouTubeにアップしたのですが、140湯以上にも上り、ブログの方は更新が間に合わなかったので、旅行記の形で現地でアップしたツイッターを元にご紹介していきたいと思います。

※ツイッターの方はプロフィールから古いものに遡ろうとしても3,200ツイートまでしか見れないということで、ついでにここに記録として残しておきます。ツイッターになかった写真を追加しました。

最終更新日:2022/8/4
訪問日:2021/11

続きを読む