沼尻温泉 のんびり館 日帰り入浴 & ランチ ★★★+

福島県猪苗代町にある「沼尻温泉 のんびり館」の入浴&ランチレポートです。

最終更新日  2017/6/29 訪問日  2017/3月中旬

【沼尻温泉 のんびり館】基本情報

ぬまじりおんせん のんびりかん

住所:〒969-2752 福島県耶麻郡猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-7
TEL:0242-67-1268
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 10,800円~20,628円 お一人様〇 素泊まり× 湯治× 自炊×

口コミ総合評価:楽天トラベル4.0点、じゃらん4.0点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆沼尻スキー場近くで値段が手ごろな宿を探している
◆硫黄泉のにごり湯が好き
◆温泉フグを食べてみたい


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:10:00~16:00頃まで
料金大人700円 小人350円
定休日:不定休

昼食付プラン:4,000円、5,000円、6,000円/人
休憩利用:500円/人 中部屋4名以上2,000円/室 大部屋8名以上4,000円/室
食事処あり:11:00~13:30

アクセス

◆車
東北道「郡山JCT」~磐越道を会津・新潟方面へ、「磐梯熱海IC」下車、母成グリーンライン経由、20km、40分。
ドラぷら
◆電車
JR東北新幹線「郡山駅」で乗換、JR磐越西線「猪苗代駅」下車、タクシーで25分。又は「猪苗代駅」から磐梯東都バスで「中ノ沢温泉バス停」下車、タクシーで5分。猪苗代駅から送迎あり(前日までに要予約)。
*沼尻スキー営業期間中は郡山駅から沼尻スキー場までシャトルバスあり。
Yahoo!路線情報磐梯東都バス時刻表猪苗代町乗合タクシー
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

 

【沼尻温泉 のんびり館 日帰り入浴 & ランチ】

「沼尻温泉」は、近くにある「中ノ沢温泉」と同様、安達太良山の麓にある「沼尻元湯」からお湯を引いている温泉です。

毎分13,000Lという豊富な湧出量を誇り、酸性の硫黄泉でにごり湯好きなファンを魅了しています。

「のんびり館」は、他に高湯温泉、信夫温泉(いずれも福島市内)にもあるグループ経営の宿です。

 

「のんびり館」はその名の通り、のんびりできるゆるい雰囲気の宿で好きなのですが、沼尻温泉だけはまだ未湯だったので、中ノ沢温泉に宿泊する前にちょっと立ち寄ってみました。

この宿の目玉は、温泉で養殖している「温泉フグ」なのですが、一人泊ではフグ尽くしプランが出ておらず、日帰りでも食べられるとどこかで読んだ記憶があり、フグはあるかなぁと期待しながら訪問しました。

「沼尻温泉 のんびり館」の外観。

少し先は「沼尻スキー場」のリフト乗り場があります。

3月の平日でしたが、意外とスキー客も多く、沼尻温泉街もお客さんで賑わっていました。

玄関には、日帰り入浴の看板も出ており、気軽に利用できます。

公式サイトでは10:00~16:00の営業時間と書いてありましたが、現地の看板では10:00~とだけあって、終了時刻「16:00」の部分にテープが張ってありました。その時の宿泊客の入りによっては遅くまで日帰り客を受け付けているということなのか。

公式サイトでは有料と書いてある休憩室も現地では無料となっていたり、女性用のお風呂は1つと書いてあるけれど現地では2つだったり、日帰りでは新しい露天風呂には入れなかったり・・・。情報を一元化してほしいかな。

「のんびり館」のフロント

予約が必要な日帰りプランの御膳メニューもありますが、軽食メニューはその場で注文できます。営業時間は11:00~13:30。

先に食事をする場合にはフロントで。

食事メニューについてはのちほど。

ロビーはゆったり。マッサージチェアも置いてありました。

ロビーには岩魚の水槽とフグの水槽がありました。

横になっているのは死んでいるわけではなく、フグの習性だと書いてありました。

死んでいるの?(それを食べるの?)と尋ねる人が多いのかもしれません^^

売店にはソフトクリームやお土産品が一通りありました。

お風呂はロビーを通り抜けた廊下の突き当たり1階と2階の客室を抜けた奥にあります。

 

「沼尻温泉 のんびり館」のお風呂は、

  • 1階 男性用大浴場 内湯大1
  • 1階 女性用大浴場 内湯小2
  • 2階 男性用大浴場 内湯1 露天風呂1
  • 2階 女性用大浴場 内湯1 露天風呂1

となっております。

 

2階にある大浴場は公式サイトを見ると「不動の湯」という名前がついていますが、現地ではまとめて「露天風呂」という表示になっていました。

こちらの「露天風呂」は2016年11月にできたばかりで、基本的に宿泊者専用になっています。

 

【沼尻温泉 のんびり館  1階 男女別大浴場】

1階にある大浴場は以前からあるお風呂です。

男女別大浴場入口 左が女湯、右が男湯

脱衣所にはカギのかかるロッカーはなく、フロント近くの階段横に100円返却式ロッカーがありました。

ピンボケしてしまいましたが、女性用の脱衣所。

女性用の内湯は脱衣所の左右に分かれて小さな浴槽が二つありました。

ネットで見ると女性用は1つしかないように書かれていることが多いですが、2~3年前までそうだったのかもしれません。

女性用大浴場 その1 (以下、添付画像は宿提供/じゃらん)

赤い御影石とタイル張りのお風呂で、5~6人サイズの浴槽です。

以前は日帰りで利用できるのがこの内湯一つしかなく、このお風呂を男女入替えで利用しており、その後、こちらは女性専用になったようです。

脱衣所の反対側には洗い場を経てもう一つの内湯があります。

窓際に沿った変形4角形の浴槽で3~4人サイズ。

温度は43度くらいでやや熱め。

細かい湯花が舞っているので白濁して見えますが、時間が経つと湯花が底に沈んで透明なお湯になります。

酸性泉なので舐めるとレモンのような酸っぱさがあり、入浴し始めは熱さなのか酸性だからなのか毛穴がキュッとしまるような刺激がありました。

でも、皮膚がガサガサ荒れるような強さはありません。

 

源泉名「沼尻元湯」泉温68.3度 湧出量13,400L/分(自然湧出)
泉質:酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
(硫化水素型)(低張性酸性高温泉) pH2.1

男性用大浴場

男性用は10人~12人サイズの内湯が一つだけです。

 

【2017年10月にオープンした 露天風呂付大浴場 不動の湯】

1階の内湯から客室を抜けて2階に上がると「不動の湯」という別の大浴場があります。

不動の湯には、男女別の内湯と露天風呂が一つずつあります。

こちらの「不動の湯」は基本的に宿泊者(または日帰りプラン利用者)専用です。

 

不動の湯の入口

脱衣所は棚と洗面台だけ。

内湯は1m×3mくらいの縦長の浴槽が一つ。10人サイズくらい。

しばらく誰も入っていなかったのか、湯花が底に沈んでいて透明なお湯になっていました。

壁や天井は桧造りなのか、1階の内湯とは違い、とても風情のあるお風呂です。

ドアの外には2~3人サイズのヒノキ風呂がありました。

湯量を絞ってありますが、浴槽が小さい分、鮮度は抜群なのでしょう。

湯口は54度、湯船はやや熱めで44度強ありました。

 

そして、この露天風呂は眺めが素晴らしい!

お風呂からの目線

目の前に広がる雪景色♪

白銀が広がる快晴の日だったせいもあり、この露天風呂の解放感は素晴らしかったです。

質素な造りの1階と比べると余計に・・・。

女湯では向こうの建物から見えないのか気になるけれど、この景色が消えてしまうような塀は立てないでほしいですね。

シャワー台と1階に置いてあったよりもやや高めのシャンプー

男性用の露天風呂は丸いヒノキ風呂のようです。

 

【沼尻温泉 のんびり館 ランチ】

レポートとは前後しますが、先にランチを食べてからお風呂に向かいました。

案内されたのは廊下に「無料休憩所」と出ていた部屋の一室で、食事処兼休憩室です。

 

公式サイトでは同じ部屋が「有料個室」と書いてあり、1人500円のはずのところ、現地では「無料」となっていました。

1階の廊下には他にも何部屋かあったので、そちらは有料の個室休憩室になっているのかな。

*飲食物の持ち込みはできません。

10畳ほどの広さに長テーブルが3つ、テレビもありました。

飲み物メニュー

お昼のメニュー

そば、うどん、ラーメンの麺類、しょうが焼き定食、親子丼、カレーラース、魚の一品料理など。

メニューには「ふぐ唐揚げ」もあり、これだ!!!と意気込んで注文したところ、板前さんが留守だったので一品料理はできず、麺類しかできないと言われてしまいました(T_T)

サイトでは10割手打ちそばが名物と書いてあったので、蕎麦と天ぷらを注文しました。

こちらが蕎麦と天ぷら。初めからそば湯も出てきました。

「手打そば」(冷) 750円

お蕎麦はかんすいが入ったレトルト麺のような感じで、「つなぎなしの10割手打ち」ではなかったと思います。

板前さんが留守だったので手打そばではなかったのか、それとも茹で方の問題だったのか。

朝から何も食べていなかったのでペロリと平べてしまいましたが。

「天ぷら盛り合わせ」900円

タラの芽、ふきのとう、魚のキス、海老、かぼちゃ、しいたけと具だくさんでした。

タラの芽とふきのとうが付いていたのはポイント高し。

 

あ~ フグが食べたかった。

泊まれば一人でも出してくれるのだろうか。

 

【沼尻温泉 のんびり館 温泉の感想】

以前はどこかの旅館だったのか、買い取って開業したというような話を聞いた記憶があります。

いつ開業したのかは分かりませんが、一部の客室以外は特にリフォームされた形跡はなく、館内は古びた昭和の湯治宿のような雰囲気でした。

1階の大浴場も昔の旅館によくあるタイル張りでそっけない造りです。

 

でも、お湯はとても良いし、特に新設された露天風呂付の大浴場を見ればガラリと印象は変わると思います。

桧造りで風情もあるし、眺めも素晴らしいです!

あのお風呂は全てのネガティブ要素を吹き飛ばす雰囲気があり、泊まる価値があると思いました。

 

泉質 ★★★★4.4

お風呂の雰囲気 ★★★★4.2(1階3.8、2階4.5)

清潔感 ★★★★4.2

接客サービス ★★★★4.2

 

【温泉情報】

◆お風呂

1階 男性用 内湯1 女性用 内湯2
2階 男女別大浴場 内湯各1 露天風呂各1

◆源泉 H26.6月の分析書

源泉名「沼尻元湯」泉温68.3度 湧出量13,400L/分(自然湧出)
泉質:酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
(硫化水素型)(低張性酸性高温泉) pH2.1
蒸発残留物2,509mg/kg 溶存物質(ガス性除く)2,662mg/kg 成分総計2,761mg/kg
メタケイ酸155.4mg 硫化水素イオン 態様:源泉かけ流し、加温なし、塩素消毒なし

 

沼尻温泉 のんびり館 ここから予約できます

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



 

【沼尻温泉周辺の関連記事】

沼尻温泉 田村屋旅館 日帰り入浴

沼尻温泉 磐梯沼尻高原ロッジ 日帰り入浴

中ノ沢温泉 御宿万葉亭 宿泊

中ノ沢温泉 磐梯西村屋 宿泊

中ノ沢温泉 大阪屋旅館 日帰り入浴

中ノ沢温泉 花見屋旅館 日帰り入浴

中ノ沢温泉 平澤屋旅館 日帰り入浴

中ノ沢温泉街 天ぷらまんじゅう 日乃出屋

押立温泉 住吉館 宿泊

磐梯熱海温泉 湯元元湯 日帰り入浴

裏磐梯猫間温泉 裏磐梯レイクリゾート(旧星野リゾート裏磐梯ホテル) 日帰り入浴&ランチ

五色沼 レストラン モントレー ハンバーグランチ

ブログ掲載 福島県の秘湯レポート

 


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 136 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です