万座ホテル聚楽 宿泊 その1 お部屋編 ★★★+

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋30

群馬県嬬恋村にある万座温泉「万座ホテル聚楽」に宿泊したレポートです。

最終更新日  2016/1/30 訪問日  2016/1月下旬

【万座温泉 万座ホテル聚楽】基本情報

まんざおんせん まんざほてるじゅらく

住所:〒377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
TEL:0279-97-3535
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付7,500円~16,200円 お一人様〇 素泊まり 湯治対応〇 自炊×
1泊朝食付 5,000円~7,800円 素泊まり5,000円~6,800円

口コミ総合評価:楽天トラベル4.29点、じゃらん4.4点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆濃厚な硫黄泉のにごり湯が好き
◆コスパの良い宿が良い
◆万座スキー場の基地に


[スポンサーリンク]








→「万座ホテル聚楽」のお食事情報はその2お食事編へ 

→「万座ホテル聚楽」の温泉情報はその3お風呂編へ 

 

【日帰り入浴】

営業時間:12:30~16:00(土日祝は11:30~)
料金:大人1,000円 小人500円
湯めぐり手形利用可

アクセス

◆車
東京方面から:上信越道「碓氷軽井沢IC」~鬼押ハイウェイ53km~嬬恋村三原~万座ハイウェイ22km~万座温泉。
新潟方面から:関越道「渋川・伊香保IC」~R17、R353、R145、R144 57km~嬬恋村三原~万座ハイウェイ22km~万座温泉。
関西方面から(冬):上信越道「上田菅平IC」~R144 35km~嬬恋村三原~万座ハイウェイ22km~万座温泉。
関西方面から:信州中野IC~R292 25km~志賀高原~R292 21km~万座温泉。*志賀高原・草津ルート(R292)は11月上旬~4月下旬まで冬季通行止です。
*冬期(11月上旬~5月上旬まで)はスタッドレス、又はタイヤチェーン必携
*R292以外の道路も一部通行止めとなっている場合がありますのでご注意ください
ドラぷら
◆電車
東京方面から:上野駅発JR吾妻線「特急草津号」(2時間40分)~万座鹿沢口~西武高原バス(40分)~万座温泉。又は、上野・東京駅発JR長野新幹線(1時間10分)~軽井沢~西武高原バス(1時間50分)~万座温泉。
関西方面から:「名古屋駅」からJR中央線「特急しなの号」(2時間50分)~長野~JR長野新幹線(30分)~軽井沢~西武高原バス(1時間50分)~万座温泉。
万座温泉バスターミナルから送迎あり(所要時間5分、要予約)。
Yahoo!路線情報・西武高原バス時刻表
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【万座温泉 万座ホテル聚楽 宿泊 その1 お部屋編 】

今回は、万座温泉初の宿泊レポです。

 

ホテル聚楽は、万座温泉の他に、

水上、飯坂、伊東とチェーン展開する大型ホテルですが、

万座温泉はきちんとかけ流し(加温あり、塩素消毒はなし)です!

 

アラフォー世代なら、

マリリンモンローのそっくりさんが

「聚楽よ~♪」と言っているCMをご存知かと思います(^o^)

 

普段は大型ホテルを避けていますが、

今回、「万座ホテル聚楽」を選んだのは、

万座温泉の中では一番バイキングが美味しいらしいという理由からです♪

 

万座温泉というと、軽井沢方面から車で向かう場合、

鬼押出しハイウェイ、万座ハイウェイと有料道路を通らなければならず、

片道1,690円(270円+370円+1050円)とかなり痛い出費なのです。

 

でも、7軒ある温泉宿は全てかけ流しの硫黄泉なので、

にごり湯を堪能するにはもってこいの温泉地です(^^♪

 

特に冬場は宿泊料金が安いので、交通手段さえ確保できればお得です♪

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋47万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋48

左は鬼押出し園付近、 右は万座温泉の手前5キロ付近。

 

この日は降雪の直後でしたが、万座ハイウェイの手前までは路面に雪もなく快適でした。

しかし、万座温泉に近づくと、道路一面積雪あり、一部凍結ありで、

カーブの多い道では4WD+スタッドレスでもちょっと滑りました。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋1

「万座ホテル聚楽」に到着。

高層の大型ホテルをイメージしていたら、外観はこじんまりとしたロッジ風の建物でした。

客室数は60あるので、中型ホテルくらいの規模です。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋3万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋4

玄関に入ると左手にフロントと売店、右手に展望の良いロビー。

吹き抜けの天井で、広々としていました。

 

「JTB旅物語」の団体さんが30名近くいたようですが、

館内では食事処以外ほとんど会うこともなく、とても静かでした。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋5

そして、万座温泉の大型ホテルではおなじみの、顏ハメパネル。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋8

ロビーでコーヒーを頂きながら記帳です。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋7万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋9

今回は、ホテルの公式サイトから予約したところ、

プレゼントがあったので、手帳をいただきました。

 

iphoneを入れるアームパッド、和風ランチョンマット、和紙のメモ帳、

黒ひげ一発危機のミニゲーム機がありました(笑)

 

次回入浴無料券の方が良いのに~。

 

ちなみに、車で来る場合には、除雪の際に車を移動するため、

フロントにキーを預けます。

 

それと、エレベーターがあるからか、部屋への案内はなしだったので、

自分で荷物を運ばなければなりません。

エレベーターの前には車椅子があったので、一応バリアフリー対応になっているようです。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋13

「万座ホテル聚楽」の建物は横に長く、斜面の上に建っているため、

変則的な造りになっています。

フロントが4階、お風呂が3階、宿泊した客室は右側の2階でした。

 

今回は、1泊2食付、平日1人泊で税込11,800円のプラン、

客室タイプは、万座の特等席★名勝『空吹(からぶき)』一望和室8畳でした。

 

他に、洋室ベッドルームもありますが、

和室からの眺望がいいということで、こちらのプランにしました。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋21万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋24

客室の廊下と部屋の入口。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋30

客室は8畳間と広縁、

ユニットバス・トイレ、洗面台、TV、エアコン、ミニ冷蔵庫、加湿器ありです。

館内も客室もやや古い感じですが、畳は新しくまだいい香りがしていました。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋35

浴衣とタオルセット。

浴衣は部屋に3種類サイズが揃っていましたが、廊下の棚にも替えの用意が置いてあります。

 

部屋に置いてあるアメニティは歯ブラシだけで、

大浴場にシャワーキャップ、カミソリ、ヘアブラシがあります。

 

歯ブラシも、「エコ活動」といって、使用せずにフロントに返却すると、

お菓子か何か粗品をもらえるようです。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋32万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋31

お茶セットとお茶請け、冷蔵庫の上には冷水ポットが置いてあります。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋25

空のミニ冷蔵庫。

館内にはドリンク、酒類(ビール・チューハイ)の自動販売機があります。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋27万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋28

洗面台とユニットバス。洗面台にはドライヤー、歯ブラシあり。

トイレはウォシュレット、お風呂は温泉ではありません。

 

大浴場が24時間利用可能なので、部屋のお風呂は使いませんでしたが、

硫化水素ガスのせいか、バスタブが少し黒ずんでいました。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋49

お布団を敷いたところ。

布団は羽根布団1枚でした。

 

この日は、日中でマイナス6度、夜はマイナス12度くらいの寒さでした。

 

部屋のヒーターはスイッチOFFでしたが、

客室全体に空調が効いていて、温度設定が高め、

乾燥するので、部屋にあった加湿器を全開にして寝ました。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋44

翌朝、車の中に置いてあったペットボトルの水はこの通り、凍ってました(>_<)

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋42万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋43

部屋からの眺め。

万座温泉街とは逆側の山の景色が見えます。

奥に見えるのは草津本白根山かな?

万座ホテル聚楽-部屋100

逆側の温泉街の風景はというと、向かいに「日進館」の建物が見えます(笑)

写真は食事処からの長めですが、上階ならばもっと景色は良いと思います。

 

お部屋の紹介は以上です。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋10

こちらはフロント横の売店。

食品のお土産物が多く、他に化粧品や子供のおもちゃ等。

日用品などは置いていないので、万座プリンスで調達することになると思います。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋16万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋36

大浴場に向かう3階の通路には、キッズスペース、カラオケルーム、

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋17万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋18

マッサージルームと湯上り処があります。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋39

湯上り処の横には喫煙所。

和室の客室は喫煙可でしたが、洋室は一部禁煙になっているようです。

万座温泉 万座ホテル聚楽-部屋38

こちらは、「本日の星が見える確率」30%。

露天風呂からも星が見えますよ~

 

【万座ホテル聚楽 お部屋の感想】

「ホテル聚楽」は、飯坂、水上に小さいころに泊まった記憶があったので、

団体客やファミリーが多くてガヤガヤした雰囲気だと思っていましたが、

今回は平日だったからか、団体客がいるわりにはとても静かでした。

 

客室はやや古いものの2人までならば十分な広さ、

外の寒さも気にならず快適でした。

 

かけ流しの温泉ありで2食付で11,800円ならば、

格安といってもいいと思います。

 

接客は、荷物運びがない点が残念ですが、

対応はとても丁寧で、おおむね満足です。

 

部屋の広さ★★★★4.3

設備★★★★4.2

アメニティ★★★★4.0

清潔感★★★★4.3

宿の雰囲気★★★★4.0

接客サービス★★★★4.4

 

【万座ホテル聚楽 宿情報】

◆チェックイン/チェックアウト 14:00~/~10:00

クレジットカード〇

バリアフリー〇(車いす・エレベーターあり)

携帯電話送受信〇 wifi ロビー〇(客室は有線LAN)

 

万座温泉 万座ホテル聚楽 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

→「万座ホテル聚楽」宿泊レポ その2 お食事編  →宿泊レポ その3 お風呂編 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【万座温泉周辺の関連記事】

嬬恋村 万座温泉 日進館 日帰り入浴

嬬恋村 万座温泉 万座プリンスホテル 日帰り入浴&ランチ

嬬恋村 万座温泉 万座高原ホテル 日帰り入浴 

嬬恋村 万座温泉 万座亭 日帰り入浴

嬬恋村 万座温泉 湯の花旅館 日帰り入浴 

嬬恋村 万座温泉 豊国館 日帰り入浴

軽井沢町 星野温泉 トンボの湯 日帰り入浴 

軽井沢町 星野エリア 村民食堂

中軽井沢 蕎麦 かぎもとや

嬬恋村 鹿沢温泉 紅葉館 日帰り入浴&ランチ

嬬恋村 新鹿沢温泉 鹿鳴館 日帰り入浴

草津町 草津温泉 西の河原露天風呂 日帰り入浴

草津町 草津温泉 御座之湯 日帰り入浴

草津町 草津温泉 大滝乃湯 日帰り入浴

草津町 草津温泉 草津ホテル 宿泊

草津町 行列のできる蕎麦屋 三国屋


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 1,317 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です