北霧島温泉 神の郷温泉 日帰り入浴 & バイキング ★★★

宮崎県小林市にある北霧島温泉「恵の湯 神の郷温泉」の日帰り入浴&ランチバイキングレポートです。

最終更新日  2016/12/13 訪問日  2016/9月下旬

【北霧島温泉 恵の湯 神の郷温泉】基本情報

きたきりしまおんせん めぐみのゆ かんのごうおんせん

住所:〒886-0004 宮崎県小林市細野5273−19
TEL:0984-23-1526
公式サイト(音楽が数秒鳴ります)

【宿泊料金】

1泊2食付7,950円~15,450円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応〇 自炊×
1泊朝食付6,950円~

口コミ評価:楽天トラベル4.59点、じゃらん4.2点/5.0点

【神の郷温泉はこんな温泉です】

◆小林市の中心部から車で10分のアクセスの良い温泉
◆にごり湯の炭酸泉&毎分2トンの全国有数の湧出量を誇る
◆1泊2食付8,000円~のプランがありとてもリーズナブル
◆実は温泉よりもバイキングが有名


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:7:00~22:00
料金:1回 大人500円 小人300円  1日 大人700円 小人400円

【バイキング】

ランチ 11:00~14:00受付
大人1,000円 小学生650円 幼児350円
晩ごはん 18:00~20:00受付
大人1,630円 70歳以上1,350円 小学生1,000円 幼児600円

【入浴1回&バイキングセット料金】

ランチ  大人1,370円 小学生850円 幼児550円
晩ごはん 大人2,000円 70歳以上1,720円 小学生1,200円 幼児800円
*1日入浴券とのセットもあります

「九州温泉道」対象施設です

 

アクセス

◆車
宮崎道「小林IC」より12分。
ドラぷら 硫黄山噴火情報 えびの高原周辺の道路規制状況
◆電車・飛行機・路線バス
JR吉都線「小林駅」下車、タクシーで10分。
宮崎空港から「宮崎交通 小林行」バスに乗り「小林駅」又は「小林バスセンター」下車(乗車1時間40分)、バス停からタクシーで10分。
鹿児島空港から「宮崎行」高速バスに乗り「小林IC」下車(乗車50分)、タクシーで10分。
「小林バスセンター」又は「本町」から小林市コミュニティバス「竹山入口」下車、徒歩4分。
「小林駅」から「本町」バス停までは3~4分歩きます。
*団体日帰り15名以上・宿泊者送迎あり(要予約)。
Yahoo!路線情報宮崎交通バス時刻表小林市コミュニティバス時刻表
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

 

【恵の湯 神の郷温泉 日帰り入浴 & ランチバイキング】

 

「神の郷温泉」は霧島連山の東麓、宮崎県小林市にある温泉宿です。

毎分2万リットルという全国有数の湧出量を誇るかけ流しの炭酸泉で人気の温泉です。

 

しかも、温泉だけではなく格安でバイキング料理を提供しており、

食事を目当てに訪れる人も多いようです。

 

宮崎県の温泉というとあまりイメージが湧かないかもしれませんが、

えびの高原から小林市にかけては「九州温泉道」の対象施設が4軒もあり、

この界隈は個性的な温泉が揃っています。

 

今回は霧島温泉郷に宿泊するに当たり1時間弱で立ち寄れると知り、

ランチバイキングと日帰り入浴を目的に訪問しました。

宮崎県に入ると平地と青い空が広がっていて南国の田舎町の景色が広がっていました。

小林市の中心部から車で10分ほど走ると「神の郷温泉」の看板が出ています。


宿の外観と駐車場(画像は宿提供/じゃらん)

訪問したのは日曜日のお昼前だったので、駐車場はほぼ満車でした。

宮崎と鹿児島ナンバーが多いですね。

「神の郷温泉」入口。

入口横は地場産野菜の直売所があり、地域の道の駅のような存在になっています。

駐車場の車は多いですが、人がばらけているので温泉がイモ洗いということもなかったです。

玄関前には鍾乳石。

温泉の析出物でできたものかと思ったらそうではなかった(笑)

鍾乳石の隣には飲泉所。

ふんふん、鉄さびのような味と炭酸の刺激と甘みがあるお湯ですね。

神の郷温泉のお湯には「サルフェート」(硫酸塩)という利尿作用のある物質と、

美肌効果のある「メタケイ酸」が含まれていると書かれています。

では館内へ。

玄関に入るとロビーとお土産コーナー。

宿泊用のフロントは無人でした。

日帰り温泉とバイキングの受付は左の廊下奥にあります。

テカテカと光っている布袋様。

玄関前にはミネラルウォーターの箱が積まれていました。

⇒楽天市場でも売っていました^^ 12L×1個入×(2ケース)2,706円送料込

漬物やお菓子等も売っていますね。

玄関の横は湯上りスペースと自販機コーナーでした。

*畳の休憩所は他にあります。

中庭の向こうに見えるのが宿泊棟かな。

1泊2食付(バイキング)で8,000円台からあり、

内湯・露天風呂付客室(宮崎牛プラン)も12,000円~とかなりリーズナブルです。

館内見取り図

客室は11室なのに対し食事処が広いので、おそらく日帰り利用のお客さんの方が多いのでしょう。

到着したのは11時過ぎでちょうどランチバイキングが始まった時間でした。

廊下の中ほどにある日帰り入浴の受付。

コンビニアイスも売っていました。

入浴のみの場合は券売機で、食事利用の方は受付で代金を支払います。

入浴は1回券と1日券がありますが、1日券でも館外に出てしまうと無効になってしまいます。

ランチバイキングと温泉のセット料金は右2列になります。

温泉1回の入浴料が500円なので、バイキングとのセット料金1,370円は格安ですね!

 

夕食バイキングは、1回入浴券付で

大人2,000円 70歳以上1,720円 小学生1,200円 幼児800円となっています。

 

お昼前で食事処が混雑するため先に食事をしましたが、温泉からご紹介しますね。

 

【恵の湯 神の郷温泉 女性用大浴場】

 

大浴場は受付左の廊下の奥にあります。

「神の郷温泉」のお風呂は、

  • 男性用大浴場 内湯2 露天風呂2 サウナ1 水風呂1
  • 女性用大浴場 内湯2 露天風呂2 サウナ1 水風呂1

があります。

 

他に貸切風呂(内湯・露天風呂付)1時間1,500円~もあるようです。

大浴場入口。

入口の前にはマッサージチェアが置いてありました。

 

脱衣所内は20畳ほどの広さで、カギ付ロッカー、小さな洗面台、ドライヤーがありました。

内湯はお客さんが10人くらいいたので、写真は撮っていません。

こちらは男性用大浴場の内湯と思われます。(画像は宿提供/じゃらん)

左側にはメインの浴槽、右側にはサウナと水風呂があります。

女性用はレイアウトが左右逆でした。


(画像は宿提供/じゃらん)

男性用の内湯はメインの浴槽が2槽に分かれていて、

5~6人サイズと8~10人サイズになっています。

 

お湯は40度くらいのぬる湯、土っぽさと金気臭のする炭酸泉です。

茶褐色でほんの少しだけ濁りがあります。

炭酸ガスは豊富ですが、泡付きを期待していたらわずかにつく程度でした。

あと2~3度温度が低ければもっと泡付があるのかも知れません。

40度以上になると炭酸が抜けてしまうのですよね。

湯口から吹き上がる源泉(画像は宿提供/じゃらん)

 

宿の公式サイトでは湧出量毎分2トンとあり、どんだけ~と思いましたが、

貸切風呂や客室風呂にも分散されているせいか、

想像してほどザバザバのかけ流しという感じではなかったです。

内湯から外に出ると露天風呂が2つあります。(画像は宿提供/じゃらん)

 

手前にある石組みのお風呂は8~10人サイズ。

周りの石は析出物こってりで茶色く染まっています。

湯口からもザバザバとお湯が注がれていました。

お湯は内湯の方が土っぽく、露天風呂の方が金気臭だけのあっさりした感じでした。

その奥には四角い5~6人サイズの露天風呂もありました。

こちらの方はお湯の出がチョロチョロでかなりぬるめ、鮮度もイマイチでした。

ちなみに客室についている露天風呂はこんな感じだそうです。

大浴場は朝から晩まで日帰り客が多いので、

宿泊者専用のお風呂の方がきっと鮮度も泉質も良いのではないかと想像します。

エステとマッサージもあります。

 

【神の郷温泉 ランチバイキング】

 

続いてはランチバイキングです。

大浴場から廊下をさらに奥に進みます。

バイキング会場「和(なごみ)」。

入口に受付があります。

 

食事券を渡すと指定されたテーブル番号と伝票を渡されます。

ランチバイキングの制限時間は60分となっています。

お一人様でも相席はなかったです。

食事処の見取図。

私の席は38番でした。

食事処の様子

 

入室したのは11:30頃でしたが、ほぼ満席状態でした。

12:30~13:10頃は3~4組待っているお客さんがいたので、

週末は早い時間か少しずらして出かけた方が良いかもしれません。

 

1時間ほどの間にメニューは2~3品しか変わっていなかったので、

時間帯によって食べたいものがないということはないと思います。

 

人気メニューは一皿10分でなくなってしまいますが、

インカムを付けた従業員さんが厨房と連絡を取り合っていて、補充はスムーズでした。

 

【神の郷温泉 ランチバイキングメニュー】

 

では早速ランチバイキングの全メニューをご紹介します。

食器コーナー

何気に大人用のお皿よりも子供用のプラ皿が便利でした^^

 

【サラダコーナー】

サラダコーナー

野菜はキャベツの千切りと水菜、オニオンの千切り、オリーブの実。

ドレッシングはフレンチ、和風、ごま、ノンオイル。

バジルポテト?とマカロニサラダ、ナムルのような香味サラダ。

「みょうがと豆苗の生姜醤油和え」

 

【和惣菜コーナー】

「きのこと鮭のバター炒め」

「さんまの塩焼き」

「豚バラズッキーニ 塩だれ炒め」

これは和惣菜の中で一番美味しかったです。

3~4回はお皿が入れ替わっていたので、人気があったと思います。

ズッキーニの隣は「とうがんきのこあえ」

「鶏と木くらげ玉子炒め」

「手羽先香味焼き」

少し離れた場所に「温泉ゆ豆腐」もありました。

 

【洋惣菜コーナー】

「じゃがいもとウィンナーのケチャップ煮」

 

「ビーフシチュー」

カレーにしか見えない色^^ ルーから手作りぽい味です。

「さつま揚げカレー」は終わってしまいました。

替りに入って来たのが「ミートグラタン」

 

これも人気がありました。

 

【揚げ物コーナー】

「本日のかき揚げ」 キャベツ、ニラ、イカ、しめじ

かき揚げも出てくるとあっという間になくなっていたので、人気があったようです。

天ぷら(かぼちゃ、たまねぎ)と天つゆ

何回転かして「ピーマン」とインゲンかな?に変わっていました。

「さんまの竜田揚げ」

「鶏のから揚げ」

唐揚げもなくなるのが早かったです。

 

【ご飯・主食コーナー】

ご飯と漬物

ゆかりのふりかけ入りおにぎり

お味噌汁コーナー

おみそ汁の具は豆腐、油揚げ、なめこ、かぼちゃとパプリカ???食べていないので分かりません。

カレーはオーソドックスで美味しかったです。

お蕎麦

皿うどん

 

 

【デザートコーナー】

バニラアイスクリーム

手作りプリン抹茶味、フルーツヨーグルト、リンゴのゼリー

 

白玉ぜんざい

「てづくりふくれ」

「ふくれ」は鹿児島の郷土料理で、蒸しパンのようなシフォンケーキのようなお菓子です。

早生みかんと金時豆

「ふかし芋」に塩ときなこ

和菓子は渋いラインナップでした。

 

【ドリンクコーナー】

ドリンクコーナー

コーヒー、ウーロン茶、爽健美茶、カルピス、ファンタ等、

ファミレスにあるドリンクは一通りそろっています。

「郷の水」というフロントに積んであった霧島の湧水も置いてあります。

買うと高いからか、水は結構人気でした^^

 

【盛り付けたメニュー】

お子様用のプラ皿に盛りつけました。

サラダ、豆苗、豚バラとズッキーニの炒め物、

じゃがいもとウィンナーのケチャップ煮、かぼちゃの天ぷら、ミートグラタン、さんまの竜田揚げ。

主食はお蕎麦

ちょこっとだけカレー

デザートにりんごゼリー、抹茶ぷりん、バニラアイス。

ホテルの夕食があるので、おかわりはせずにこれでおしまい。

 

【恵の湯 神の郷温泉 温泉&バイキングの感想】

 

まずは温泉の感想から。

シュワシュワの炭酸泉を期待して出かけると泡付はそれほどでもなく、

泉質も大人しい感じでした。

 

人気がある温泉なのでやや混雑気味だったため、あまりゆっくりしたい気分に離れませんでした。

平日の空いている時がおすすめだと思います。

 

泉質★★★★4.2

お風呂の雰囲気★★★★4.0

清潔感★★★★4.2

 

続いてバイキングの感想です。

ヘルシーな家庭料理といった感じで、メニューも豊富です。

特別美味しいという料理はありませんでしたが、

1,000円(温泉付なら870円の計算)でこれだけのものが食べられるのでお得感があります。

夜のバイキングがどんな感じになるのかちょっと気になりました。

 

食べログ的には3.2点/5.0点

 

【恵の湯 神の郷温泉 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各1 露天風呂各1 貸切風呂6
宿泊者専用内湯 男女各1 内湯・露天風呂付客室あり

◆源泉

「神の郷温泉」泉温40.1度 湧出量?(-)
泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉 pH6.5
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計-mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

恵の湯 神の郷温泉 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



 

【えびの・小林周辺の関連記事】

高原町 湯之元温泉 日帰り入浴

えびの市 あきしげゆ温泉 あきしげゆ 日帰り入浴

栗野岳温泉 南洲館 宿泊

霧島温泉郷 新湯温泉 霧島新燃荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 野の湯温泉 国民宿舎 みやま荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 林田温泉 霧島いわさきホテル 宿泊

霧島温泉郷 丸尾温泉 旅行人山荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 硫黄谷温泉 霧島ホテル 日帰り入浴

霧島温泉郷 霧島湯之谷温泉 霧島湯之谷山荘 宿泊

霧島神宮温泉郷 さくらさくら温泉 日帰り入浴

「九州温泉道 88湯」について


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 441 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です