奥日光湯元温泉 奥日光 やまみず樹 日帰り入浴 ★★★+

栃木県日光市にある奥日光湯元温泉「旧ヒルサイドイン」の入浴レポートです。

最終更新日 2019/9/6 訪問日 2017/3月中旬

【奥日光湯元温泉 奥日光 やまみず樹】基本情報

おくにっこうゆもとおんせん おくにっこう やまみずき

住所:〒321-1662 栃木県日光市湯元2536
TEL:0288-62-2563
公式サイト

⇒「奥日光やまみず樹」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

【宿泊料金】

1泊2食付14,040円~19,980円 お一人様○ 素泊まり× 湯治× 自炊×

口コミ評価:Google 4.0点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆奥日光で評判の良い宿を探している
◆露天風呂、貸切風呂のある宿が良い
◆硫黄泉のにごり湯が好き


[スポンサーリンク]








 

【日帰り入浴】

営業時間:12:00~17:00 要確認 90分以内
料金:大人900円 小学生700円 3歳以上500円 *3歳未満は利用不可
貸切風呂 1組60分3,500円(定員2名)
定休日:不定休

【源泉すぐ近く!鮮度の良いお湯が楽しめる 奥日光やまみず樹】

「ヒルサイドイン」は2017年に閉館し、現在はオーナーも変わり「奥日光やまみず樹」として全面リニューアルオープンしました。

この記事は奥日光湯元温泉「旧ヒルサイドイン」当時の日帰り入浴レポートです。

「奥日光やまみず樹」とは外観、内装等が異なりますのでご了承ください。

旧ヒルサイドインの外観

隣に駐車場があります。

入口には日帰り入浴の案内。

やまみず樹にリニューアル後も日帰り入浴はやっているようですが、不定休なので営業時間等はお問い合わせください。

湯元スキー場が近いのでレンタルそりがありました。

*「奥日光やまみず樹」では小学生以下のお子さんは宿泊できないそうなので、現在はあるかわかりませんが。

玄関は階段を上がった2階にあります。

館内に入ると鹿がお出迎え。

フロント

奥にはレストラン。

ガイドブックではランチ営業をやっていると書いてあったのですが、この日は営業しておらず。

訪問して数か月後には閉館と聞いてビックリしました。

現在はオーナーが代わっていますが、館内の内装は変わっていないようです。

大浴場は廊下の奥にあります。

「旧ヒルサイドイン」のお風呂は、

  • 男性用大浴場 内湯1 露天風呂1
  • 女性用大浴場 内湯1 露天風呂1

があります。

 

「奥日光やまみず樹」にリニューアル後は

  • 貸切風呂2(岩風呂・壺湯)

が新設されたそうです。

男性用のお風呂は半階下にあります。

脱衣所内には鍵付のロッカーはありません。

ドライヤーとアメニティが置いてありました。

内湯は御影石にヒノキの縁? 5~6人サイズの浴槽です。

湯は透明度30センチくらいでエメラルドグリーンのにごり湯です。

表面には湯花の膜が張っています。

43度でやや熱めくらい。

奥日光開発(株)3,4,7号森林管理署源泉混合泉 泉温75.1度 湧出量427L/分(掘削自噴および動力揚湯)
泉質:含硫黄―カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)ph6.5

壁には湯枕

湯口は1か所。

源泉温度が高いため、加水はせずに湯量を絞って温度調節しています。

湯口は67度。硫黄の成分が湯葉みたくなっています^^

洗い場にはシャワーとシャンプーセットあり。

ドアを開けると石造りの露天風呂。ゼリーのように綺麗な色です!

浴槽は4~6人サイズ。

 

しばらく誰も入浴していなかったからか、湯花が沈殿していてお湯はほぼ透明。

外気がマイナス3度くらいだったので、露天風呂の方は熱めに設定されているのか44.3度ありましたが、その分鮮度は良かったです。

 

分析書を見ると他の宿と同じ共同源泉を使用しているようですが、硫黄臭は強めで成分も濃いように感じました。

源泉に近いからでしょうか。

温泉よりも居心地重視のペンションのような雰囲気だったので、泉質が良いことに驚き。偏見かな^^

奥日光開発(株)3,4,7号森林管理署源泉混合泉 泉温75.1度 湧出量427L/分(掘削自噴および動力揚湯)
泉質:含硫黄―カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)ph6.5

屋根付きで全天候型です。

湯口は1か所。

温度は60度。

入浴中の目線

竹垣で囲まれていますが、立ち上がるとちょっとだけ山が見えます。

3月中旬でもこの雪の量でしたが、露天風呂の周りには木と笹やぶが植えられていて小さな庭園風になっているので、新緑や紅葉の季節には風情のある景色になるのでしょう。

【旧ヒルサイドイン 温泉の感想】

同じ日に数か所回った奥日光の温泉の中では上位にランクする泉質の良さでした。

泉質が良い宿=古い、鄙び系という固定観念がありましたが、源泉に近いというのは重要なポイントなのでしょう。

リニューアル後は接客や料理も評判が良さそうなので、機会があれば泊まってみたいです。

 

泉質 ★★★★ 4.3

お風呂の雰囲気 ★★★★ 4.2

清潔感 ★★★★ 4.2

接客サービス ★★★★ 4.2

 

⇒「奥日光やまみず樹」をインターネットで予約する

 

【旧ヒルサイドイン 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各1 露天風呂各1 貸切風呂2

◆源泉 H27.9月の分析書

奥日光開発(株)3,4,7号森林管理署源泉混合泉 泉温75.1度 湧出量427L/分(掘削自噴および動力揚湯)
泉質:含硫黄―カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)ph6.5
蒸発残留物1,200mg,溶存物質(ガス性除く)1,130mg,成分総計1,504mg/kg
メタケイ酸151.1mg,遊離二酸化炭素ガスmg119.8/kg
硫化水素イオン11.3mg,チオ硫酸イオン0.6mg,遊離硫化水素ガス42.8mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【奥日光湯元温泉周辺の関連記事】

奥日光湯元温泉 森のホテル 宿泊

奥日光湯元温泉 湯の家旅館 日帰り入浴

奥日光湯元温泉 おおるり山荘 日帰り入浴

奥日光湯元温泉 湯元板屋 日帰り入浴

奥日光湯元温泉 湯守釜屋 日帰り入浴

奥日光湯元温泉 スパビレッジカマヤ 日帰り入浴

奥日光湯元温泉 ゆ処山月 五識の湯 日帰り入浴

奥日光湯元温泉 民宿 若葉荘 日帰り入浴

奥日光湯元温泉 輪王寺別院 温泉寺 日帰り入浴

奥日光湯元温泉 休暇村 日光湯元 日帰り入浴

奥日光 光徳温泉 日光アストリアホテル 日帰り入浴

中禅寺金谷ホテル 「空ぶろ」 日帰り入浴

中禅寺金谷ホテル コーヒーハウス「ユーコン」 百年ライスカレー

中禅寺湖畔 中禅寺温泉 ホテル湖上苑 日帰り入浴

中禅寺湖畔 旧・日光レークサイドホテル 日帰り入浴

中禅寺湖畔 星野リゾート「界 日光」 5月8日オープン!(偵察)

中禅寺湖畔 旧イタリア大使館別荘記念公園

日光市内 東照宮前 小槌の宿「鶴亀大吉」 日帰り入浴

日光市内 東照宮裏 西洋料理 明治の館

金精峠 丸沼湖畔の一軒宿 丸沼温泉「環湖荘」 宿泊

片品村 尾瀬かまた宿温泉 梅田屋旅館 宿泊

奥日光湯元温泉の日帰り入浴&宿泊レポート一覧

日光市内の温泉のレポートをすべて見る

とちぎにごり湯の会のレポートを見る

栃木県の混浴のある温泉

ブログ掲載 栃木県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 548 人です,本日は 1人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です