【北海道】川北温泉 ★★★★

北海道標津町にある「川北温泉」の入浴レポートです。

温泉の基本情報はページの下部にあります。

【こんな人におススメ】

◆道東で湯めぐりをしたい
◆濃厚な硫黄泉が好き
◆ワイルドな野湯が好き

川北温泉の口コミ評価:Google4.6点/5.0点

最終更新日:2021/7/29
訪問日:2020/9


[スポンサーリンク]




【日帰り入浴】

*冬季は道路通行止めのため休業

営業時間:24時間
料金:無料

 

【アクセス】

車:中標津空港から車で33キロ、45分。

【地図】

 

【熊注意!?ダートの先にある極上のにごり湯 川北温泉】

「川北温泉」は、北海道の道東の山の中にある野湯です。

野湯と言っても昭和時代までは保養所のお風呂だったそうで、現在は愛好会によってきちんと整備され、町役場も公認の男女別の露天風呂になっています。

国道からダート道を5キロ、約15分ほど上っていくと終点にあります。

最寄りの空港は中標津空港から車で45分ですが、最寄りの駅・路線バスの停車場はありません。

 

道中から、脱衣所の中にも「クマ注意」の貼り紙が!

温泉がある以外は人家も建物もありませんので、しばらく入浴者も来ていないとひょっこり現れるかもしれません。

足跡を見た、気配を感じたという人は結構いるようです。

 

訪問した時には車中泊のいて、私の後からもカップルがやってきたりして、あまり怖い雰囲気はありませんでした。

(その前に行こうとした薫別温泉はレベチの怖さだったのでw)

 

私の知る限り、周りにはにごり湯の温泉はないのですが、ここは白濁した硫黄泉でアブラ臭もする個性的な温泉です!

鳴子温泉の「東多賀の湯」に似ているかなと思いました(東多賀の湯は旅館の白濁硫黄泉の中では最高峰の一つだと個人的に思っている温泉です)。

 

熊の恐怖は置いておいても、北海道の中でも有数な泉質ですので、レンタカーで道東を回る方は是非、道路が冬季閉鎖になる前に行ってみてください。

(道路が閉鎖されてから歩いて行った人はいるのかな?)

 

9月頃までならば、知床と羅臼の温泉巡りの帰りにルート的にはちょうど良いと思います。

知床斜里駅まで約40キロ。標津町の町の中からも離れた山の入口。

国道244号線には大きく「川北温泉5km」の看板が出ています。

看板の左には「スノーモービル禁止」とあるので、道路閉鎖中の真冬でも行こうとする猛者がいるんですね。

すぐ先にはゲートがありますが、夏なので開いていました。

ココを歩けと言われたら、確かにヒグマに遭遇する自信はあります( ;∀;)

ダート道で凸凹も多いですが、勾配はそれほどでもないので大雨でもなければFF普通車、軽自動車でも大丈夫そうでした。

途中で正面には通行止めの看板が出てくるので、道なりに右に進みます。

道の途中にもクマ出没注意の看板

開けた場所に到着。

左は休憩所、右奥が温泉

キャンピングカーが停まっていて、奥には簡易トイレもありました。

左が男湯、右が女湯

たき火以外は特に普通の注意書きです。

脱衣所は土足厳禁。

入口は工事現場にあるカーテンのような。

脱衣所の中は電気もなく暗いです。

棚があるだけですが、またここにもヒグマの貼り紙が( ;∀;)

食べ物の匂いがしなければ、向こうもむやみやたらに寄ってくることはないと思います。

これは本当に危ないです!

脱衣所を出るとコンクリートに固められたエリアに露天風呂が。

見るからに濃そうな白さです!

そして、アブラ臭いです!

湯舟は4~5人サイズでコンパクト。

湯口は50.7度

湯舟の中も45.7度とちょっと熱めでした。

脇に穴の開いたごみ用のポリバケツがありました。

このホースはきっと川の水を加水するのに使うんですね。

ピンクのホースを湯舟に入れて2~3分で42度くらいになりました。

極楽です!

ちょっと薄めすぎたかなと思いましたが、それでも濃いです!

硫黄とアブラ臭がプンプンします♪

透明度は25センチくらい。

コップがあったので飲んでみました。

始めはしょっぱくて、あとから粉っぽさと腐った卵味、少しどぶ臭い硫化水素ガス臭、それとエグミ、最後にピリッとするかと思ったら薬品が混ざったようなアブラ味が襲ってきました。

この濃さ、伝わるでしょうか~(^^♪

この後、しばらくモール泉巡りが続き、硫黄泉はないなぁと思いながらゆっくり堪能しました。

 

桶とイスはありましたが、石鹸類はありません。

特に禁止と書いてなかったので流しても良いのかな。

 

脱衣所出口には鳥居のような丸太型のコンクリートでできていて、〇〇建設と書かれていたような。

素人大工ではないのはそういうことなのかなと。

北海道の野湯はそういうところが多いような^^

休憩所には何があるかな?

結構立派な休憩所です。

やかんが置いてありました。

温泉の横には川が流れていました。

ここから加水用の水を引いているんですね。

大腸菌は大丈夫かな^^

 

【川北温泉の感想】

周りに何もないダート道の先にある野湯というだけで北海道らしいワクワク感がありますが、それを上回る泉質、濃厚さに感激しました!

湯舟は小さいですが、知る限り半径100キロ以内にこれくらい濃い硫黄泉はないので、そういう意味でも貴重です。

真冬でもゲートを突破していこうとする人がいるのも分からないでもないです。

ワイルドな場所にありながら、男女別に整備されているのも変な気を遣わずに済むので良いですね。

クマだけは注意ですが。

 

泉質 ★★★★ 4.6

お風呂の雰囲気 ★★★★ 4.2

清潔感 ★★★ 3.7

接客サービス -

 

⇒「標津川温泉の宿(標津町)」をインターネットで予約する

⇒「オホーツク温泉の宿(標津町)」をインターネットで予約する

 

【川北温泉】基本情報

かわきたおんせん

住所:〒086-1451 北海道標津郡標津町川北1−3
TEL:0153-82-2131(標津町役場)
公式サイトなし

 

【宿泊料金】

なし 日帰り入浴専門

 

【川北温泉 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 露天風呂各1

◆源泉の分析書 なし

泉質:ナトリウム-塩化物泉. 硫酸塩泉?

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【川北温泉周辺の関連記事】

中標津町 養老牛温泉 湯宿だいいち 宿泊

中標津町 養老牛温泉 からまつの湯(野湯)

道東の混浴のある温泉

ブログ掲載 道東の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





(このページの閲覧者は 236 人です,本日は 1人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo