奥利根 湯の小屋温泉 龍洞 日帰り入浴 ★★★

湯の小屋温泉 龍洞58

群馬県みなかみ町にある湯巡りテーマパーク「湯の小屋温泉 龍洞」の入浴レポートです。

最終更新日  2015/9/24 訪問日  2015/6月中旬・9月下旬

【湯の小屋温泉 龍洞】基本情報

ゆのこやおんせん りゅうどう

住所:〒379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原6192
TEL:0278-75-2086
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付12,420円~32,400円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応× 自炊×

龍洞の口コミ総合評価:楽天トラベル4.09点、じゃらん4.2点/5.0点

【龍洞の温泉の特徴】

◆大小18の貸切風呂があり予約不要で入浴できる
◆渓流沿いで眺めが良く紅葉の時期(10月中旬頃)は絶景
◆スタンプラリーですべてのお風呂を制覇すると記念品がもらえる


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:10:00~18:00受付(19:30退館)
*利用時間は最長4時間まで
料金:
露天風呂(貸切)+遊湯館 大人2,160円 小人1,080円 幼児540円
遊湯館+渓龍 大人1,080円 小人540円 幼児 無料
休憩室あり(遊湯館内)

アクセス

◆車
関越道「水上IC」~国道291号線~県道63号線(奥利根ゆけむり街道)道沿い。インターから24キロ約45分。冬期は冬タイヤ又はチェーン必携。
ドラぷら
◆電車
JR上越新幹線「上毛高原駅」で水上駅行のバスに乗り「水上駅」下車、「湯の小屋温泉行」のバスに乗り換え終点「湯の小屋温泉」下車、徒歩2分。
Yahoo!路線情報バス時刻表
◆高速バス
東京・新宿・池袋⇔上毛高原・水上駅直通バスあり
楽天トラベル高速バス予約

地図

【18種類の多彩なお風呂巡り 湯の小屋温泉 龍洞 日帰り入浴】

「湯の小屋温泉」は水上温泉郷の最奥、奥利根にある温泉です。

 

以前は、たぬきのお宿「胴元荘」、日本秘湯を守る会の「葉留日野荘」がありましたが、

残念ながら2軒とも閉館してしまいました。

現在営業しているのは、「龍洞」、「湯元館」、「清流の宿たむら」の3軒のみとなっています。

 

「龍洞」は1何と8種類の貸切風呂があり、1軒の宿で湯めぐりしたい方には最適の宿です。

もちろん、日帰りでも全部の貸切風呂を利用できます!

 

ただ、日帰りの場合には料金システムが2つに分かれています。

 

◆遊湯館(小さな内湯)と貸切露天風呂1か所(渓龍)だけの利用 大人1,080円

◆遊湯館とすべての貸切風呂(18か所)を利用 大人2,160円

 

日帰りで大人2,160円は少し高いと思われるかもしれませんが、

龍洞の魅力は多彩な貸切風呂にあるので、ここは断然2,160円のプランがお得です。

 

 

龍洞へは水上インターから国道291号線を宝川・宝台樹スキー場方面へ向かいます。

湯の小屋温泉は水上温泉郷の中でも最奥に位置し、奥利根と呼ばれるエリアにあります。

 

宝川温泉、藤原ダムを過ぎ、奈良俣ダムが見えたらもう少しです。

湯の小屋温泉 龍洞117

奈良俣ダムは、放水時には多くのダムファン・カメラマンが集う撮影スポットとしても有名です。

湯の小屋温泉 龍洞118

龍洞に到着。

 

湯の小屋温泉はもともと自然湧出する温泉ですが、龍洞の歴史は新しいです。

ダム建設が始まった昭和50年代に日帰り温泉施設として開業、

平成に入ってから旅館業がスタートしました。

なので、外観の雰囲気も旅館というよりも、立派な日帰り入浴施設といったイメージです。

湯の小屋温泉 龍洞119

玄関

湯の小屋温泉 龍洞112

ロビーとフロント。

露天風呂付客室やメゾネットなどもあり、お値段はそこそこする宿ですが、

華美な装飾はなく、今どきの少し綺麗な日帰り入浴施設に宿泊施設がついているという感じです。

 

フロントで料金を払うと、館内マップを渡され、貸切風呂の利用方法の説明がありました。

→館内マップ(PDF)

湯の小屋温泉 龍洞35

フロント裏にある貸切風呂群。

パネルにある龍の木札が置いてあれば「空き」あり。

写真から好きなお風呂を選び、木札を持って入口に掛けて利用するだけでOKです。

宿泊の場合も予約不要、別料金も不要です。

 

*空いているからと言って、一度に木札を何枚もキープするのは厳禁です。

 

18種類もあるとどこから入っていいのか迷ってしまいますが、

日帰りはもちろん、宿泊でも1日で全て入りきるのは無理ですので、

ここは人気のお風呂から行きたいところです。

湯の小屋温泉 龍洞110

先月(2015年8月)のお客様アンケートでは

1位「川龍」(旧・天女)

2位「音龍」(旧・河童)

3位「大龍」(旧・龍神)

(スタッフおすすめ「飛龍」)

となっています。

ここに上げられてるお風呂は貸切でいいの?というくらい広い露天風呂です。

 

*最近、お風呂の名前が変わったようなので、以前の名前で覚えて方はご注意を。

名前が変わってからの方がお風呂の雰囲気をイメージしやすいかもしれません。

 

「龍洞」の宿前も、「龍」というお風呂の名前からも「龍」にこだわりが感じられますが、

湯の小屋温泉のある藤原地区は平家の落人伝説、龍伝説のあるところなので、

創業者がにはこだわりがあるようです。

 

人気の大露天風呂は、フロントのある本館から橋を渡り、左手の「東館」に集中しています。

湯の小屋温泉 龍洞83

本館横の出入り口でサンダルに履き替えて外に出ると橋があります。

湯の小屋温泉 龍洞68

橋の上から見える景色。

渓流を挟んで宿が経っているので、景観は素晴らしいです。

特にこの近辺は数キロにわたって紅葉スポットとなっているので、

紅葉の時期(10月中旬頃)はかなりお勧めです!

湯の小屋温泉 龍洞81

本館の建物から大量のお湯が渓流に流れ出ており、湯気が立っていました。

湯の小屋温泉 龍洞67湯の小屋温泉 龍洞130

橋を渡って左手に向かうと奥に「湯めぐり入口」と書かれた小屋があります。

湯の小屋温泉 龍洞34

中に入ると左にお風呂のパネルと木札があります。

お気に入りのお風呂が開いていなければ、ここで一休みして待ちます。

(裏手に湧水飲み場、喫煙スペース、自動販売機があります)。

湯の小屋温泉 龍洞37

各浴槽の温度が書かれていますが、表示よりも若干熱く感じました。

湯の小屋温泉 龍洞35

時間がなければ優先順位は人気順で。

「川」「大」「音」が空いていれば、とりあえずそのどれかから入浴するのがおすすめです。

湯の小屋温泉 龍洞125

東館のお風呂の位置関係はこのようになっています。

 

*貸切風呂のお湯は渓流に流しているため、洗い場はなく石鹸・シャンプーの利用もできません。

 

【龍洞 貸切風呂 人気No.1「川龍」大露天風呂)】

まずは、一番人気の「川龍」からご紹介します。

入口から左の通路を一番奥へ。

湯の小屋温泉 龍洞49湯の小屋温泉 龍洞50

「川龍」入口と脱衣所。

脱衣所にはスノコと脱衣棚、カゴに椅子があるだけです。

湯の小屋温泉 龍洞51

外に出ると屋根付のひょうたん型のお風呂。10人くらいは入れる大きさです。

温度は42度弱。無色透明でほぼ無味無臭の柔らかい弱アルカリ性の単純泉です。

それほど特徴はないのですが、出た後のポカポカ&スッキリ感はさすがかけ流し100%です。

湯の小屋温泉 龍洞63

中央の湯口の傍には三猿の像。

 

奥にももう一つお風呂がります。

湯の小屋温泉 龍洞56湯の小屋温泉 龍洞58

奥のお風呂は6~8人サイズ。奥から見た景色(右)。*クリックで拡大

湯の小屋温泉 龍洞60

渓流が目の前なので景色も絶景。ここが一番人気なのも納得です。

湯の小屋温泉 龍洞53湯の小屋温泉 龍洞52

お風呂からの眺め。左側と右側。

紅葉まであと3週間ほどありましたが、生い茂る緑もなかなかのものでした。

ただ、向かいの道路は「奥利根ゆけむり街道」という県道で、そこそこの通行量があり、

あまり身を乗り出すと車から見えてしまいます^^

湯の小屋温泉 龍洞55湯の小屋温泉 龍洞124

奥の露天風呂には屋根がないので、

立ち上がってウロウロしていると一段上にある「大龍」のお風呂から見えることも。

 

【龍洞 貸切風呂 人気No.2「音龍」(せせらぎ風呂)】

続いて第2位の「音龍」です。

実は一番初めに入浴したのはこのお風呂でした。

湯の小屋温泉 龍洞13湯の小屋温泉 龍洞127

ドアを開けると右手に脱衣棚があります。

湯の小屋温泉 龍洞12

脱衣スペースの向こうには10人は裕に入れる石組のお風呂があります。

中央に湯口。温度は42度ちょっとあります。

「音龍」は渓流沿いに面しており、橋からも一番近いため、

すだれがかかっていて外から見えにくくなっています。

湯の小屋温泉 龍洞9湯の小屋温泉 龍洞5

入浴中の目線と渓流の景色。

以前は「河童」という名前のお風呂でしたが、河童の像がちょこんとあります。

 

すだれがあるため日差しが当たらず薄暗いですが、

景色は見えても外を気にせずに済み、

落ち着いた雰囲気だったので一番気に入りました。

 

【龍洞 人気No.3 「大龍」(大露天風呂)】

続いて第3位の「大龍」へ。

「大龍」は湯めぐり入口の右手通路の奥の最上段にあります。

湯の小屋温泉 龍洞123湯の小屋温泉 龍洞121

「大龍」入口と脱衣スペース。

湯の小屋温泉 龍洞43

手前に15人~20人サイズの大露天風呂、奥に4~6人サイズの露天風呂がありますが、

奥の露天風呂は水風呂になっていました。

湯の小屋温泉 龍洞122湯の小屋温泉 龍洞38

奥のお風呂には屋根がなく、道路からも丸見えです^^

湯の小屋温泉 龍洞40

以前は「龍神」という名前のお風呂でしたが、湯口の龍に由来しているのかもしれません。

 

【龍洞 スタッフおすすめ 貸切風呂「飛龍」(テラス風呂)】

「飛龍」はヒノキの小さな浴槽が一つだけですが、風情があるのでおススメです。

湯の小屋温泉 龍洞23湯の小屋温泉 龍洞24

「飛龍」入口の看板と浴室。

湯の小屋温泉 龍洞26

1~2人サイズなので、カップルで入るにはちょうど良い大きさです。

 

【龍洞 東館 その他の貸切風呂】

東館には他に6つ(合計10)のお風呂があります。

他のお風呂は全て1~3人サイズほどの大きさなので、

カップル水入らずで、又は一人でゆっくりしたい時に・・・。

脱衣所は全てドアの中にあるので、お風呂の移動は一旦着替えてからとなります。

 

◆「香龍」(香り風呂)

「香り風呂」とあるので、薬湯やハーブバスなのでないかと思われますが、

この日は掃除をしていたのでお湯は空でした。

 

湯の小屋温泉 龍洞27

「香龍」の近くのお風呂の言入っている時に、

塩素の匂いが漂って来て、まさかかけ流しと言いつつ塩素???とガックリしかけましたが、

後からここを通ったら、清掃中に塩素を利用していたようで、ホッとしました。

 

◆「岩龍」(岩風呂/内湯)

炭焼きしたような黒い洞窟風の通路の奥に1~2人サイズの岩風呂があります。

中はかなり暗いので、怪しげなムード^^

湯の小屋温泉 龍洞14湯の小屋温泉 龍洞15

湯の小屋温泉 龍洞16湯の小屋温泉 龍洞17

◆「壺龍」(壺風呂)

その名の通り、信楽焼の壺風呂が1つちょこんとあるお風呂です。

湯の小屋温泉 龍洞19湯の小屋温泉 龍洞20

 

◆「木龍」(檜風呂)

ずっと貸切中だったので中は見ていませんが、1~2人サイズの檜のお風呂があります。

画像は宿提供/じゃらん


◆「和龍」(庭園風呂)

小さな和風庭園のある石組のお風呂です。

入口から一番近いので、会話は外に丸聞こえでした^^

湯の小屋温泉 龍洞47湯の小屋温泉 龍洞46

◆「星龍」(星風呂)

お風呂にあるボタンを押すと足元がライトアップされるという夜向けのお風呂です。

湯の小屋温泉 龍洞29湯の小屋温泉 龍洞30

 

【龍洞 本館の貸切風呂】

続いてフロントのある本館に戻ります。

本館にあるお風呂はいずれも1~2人サイズのこじんまりした家族風呂です。

大雪などで天気が悪く、東館のお風呂まで行くのが面倒な時にはお勧めですね。

湯の小屋温泉 龍洞35

本館のお風呂のパネル

◆「蒸龍」(サウナ付風呂)

サウナ付のお風呂です。渓流沿いと手前に2箇所よくそうがありましたが、

もしかするとひとつは水風呂だったかもしれません。

湯の小屋温泉 龍洞87湯の小屋温泉 龍洞89

◆「暗龍」(洞窟風呂)

中は電気も付かず真っ暗。

湯の小屋温泉 龍洞90湯の小屋温泉 龍洞91

 

◆「双龍」(二槽風呂)

浅めの寝湯(白いバスタブ)と楕円形の樽風呂があります。

湯の小屋温泉 龍洞92湯の小屋温泉 龍洞93

 

◆「泡龍」(泡風呂)

石組のジャグジー風呂が一つあります。ここも雰囲気は良かったです。

湯の小屋温泉 龍洞96湯の小屋温泉 龍洞95

 

◆「石龍」(石風呂)

石を切り出したようなお風呂です。

湯の小屋温泉 龍洞99湯の小屋温泉 龍洞98

 

◆「楽龍」(内風呂付風呂)

入口に石組のお風呂(右)、渓流側に桧の木材をかぶせたお風呂があります。

湯の小屋温泉 龍洞102湯の小屋温泉 龍洞101

 

◆「竹龍」(竹林風呂)

こちらは掃除中で中を見れませんでしたが、竹垣に竹のフェンス、竹のベンチに

竹尽くしのお風呂です。

東館と本館のお風呂は以上です。

湯の小屋温泉 龍洞48湯の小屋温泉 龍洞66

東館の横には離れのお部屋や南館(宿泊者専用の貸切風呂あり)があります。

【龍洞 湯遊館】

他に日帰りでも利用できる「遊湯館」という湯上り処+売店のある建物があります。

こちらには、共同浴場風の男女別内湯と、

1,080円プランでも利用できる「渓龍」という貸切露天風呂があります。

 

「遊湯館」は本館から橋を渡って左手にあります。

湯の小屋温泉 龍洞69

明治時代の古民家を利用した建物で、趣があります。

湯の小屋温泉 龍洞79

玄関に入ると中央に受付がありるので入浴券を提示して入ります。

右には男女別の内湯と休憩処、右には「渓龍」の木札と入口があります。

 

日帰り入浴で身体を洗ったり洗髪できるのは、この「遊湯館」の内湯だけとなっています。

湯の小屋温泉 龍洞75

廊下の手前が男湯、奥が女湯です。

湯の小屋温泉 龍洞71湯の小屋温泉 龍洞70

2畳ほどの広さの脱衣所。脱衣棚と洗面台、ドライヤーも置いてあります。

湯の小屋温泉 龍洞72

浴室は4畳半ほどの広さ。石タイルの床に2~3人サイズの檜のお風呂が一つあります。

窓がアルミサッシでなければもっと共同浴場らしい風情があったかもしれません。

湯の小屋温泉 龍洞73

左手にはシャワーが1台とシャンプーセット。

湯の小屋温泉 龍洞76湯の小屋温泉 龍洞77

12畳ほどの休憩スペースにはテレビと雑誌・コミック等が置いてあります。

こちらは「遊湯館」の隣にある「渓龍」(貸切露天風呂)です。

1,080円のプランでも利用できます。

ただ、内湯とここだけで1,080円はちょっと寂しいので、

やっぱりすべて湯めぐりできる2,160円のプランの方がおすすめです。

 

「龍洞」には18のお風呂がありますが、露天風呂付の客室もあります。

客室数が23部屋なので、貸切風呂がいっぱいで利用できないということはほとんどないと思いますが、

部屋から出ずにゆっくりしたいという場合にはいいのかもしれません。



客室露天風呂の一例

これだけのお風呂をかけ流しでまかなえるのは、毎分17,00Lという豊富な湯量のおかげです。

 

湯の小屋温泉 龍洞111湯の小屋温泉 龍洞113

湯上り後は本館ロビーにて、コーヒー・紅茶、湧水のサービスがあります。

(利用時間8:00~20:30)

自動販売機でミネラルウォーターが売っていないと思ったら、

お水が美味しいので買うという発想がないみたいですね。

湯の小屋温泉 龍洞116湯の小屋温泉 龍洞115

「龍洞」のすぐ近くには「天然きのこ」の露店がありました。

81歳のおじいさん(60代にしか見えない)が毎朝4時起きして採ってくるキノコです。

見たこともないキノコがいっぱい。

キノコのお味噌汁を試食させてもらい、巨大なホンシメジを買ってきました。

「ここは紅葉が素晴らしいからね。また10月中旬においで。」と言われました(^_^)

 

【湯の小屋温泉 龍洞の感想】

 

一人泊も受け付けているのでいつも気になっていた宿ですが、

2万円台のプランだけだったのでちょっと迷っていました。

でも、秘湯っ子オヤジが1人で訪問した時に良かったというので、今回訪問してみました。

(その時オヤジは財布を忘れ、車の中にあった小銭で1,080円のプランしか利用できず^^)

 

大きな露天風呂から小さな家族風呂まで、

趣の違うお風呂をいろいろ試してみるのは楽しいです。

源泉は1本で、お湯に違いがあるわけではないですが、

時間がなければ人気の3つを何とか確保しておきたいところです。

 

今回はシルバーウィークの最終日で日帰り客もまばら、

宿泊客がこれから到着するという時間帯だったので、

3つとも利用できました。

 

ゆっくりするには2時間以上余裕を持って訪問するといいかもしれません。

 

単純泉ですが、湯上り後に眠くなってきたので、

意外と身体に効いていたようで、良いお湯だと思います。

 

口コミでは清潔感がないという感想を見かけましたが、

綺麗に掃除されていました。

雰囲気的にはもう少しお値段が安い宿といった感じではありましたが。

 

泉質★★★3.9

お風呂の雰囲気★★★★4.3

清潔感★★★★4.3

接客サービス★★★★4.2

 

 

【湯の小屋温泉 龍洞 温泉情報】

◆お風呂

貸切風呂18(うち大露天風呂4) 共同浴場1(男女別内湯) 露天風呂付客室

東館:大龍(大露天風呂)/ 川龍(大露天風呂)/ 香龍(香り風呂)/飛龍(テラス風呂)/ 壷龍(壷風呂)/ 音龍(せせらぎ風呂)/ 岩龍(岩風呂)/ 木龍(檜風呂)/ 和龍(庭園風呂)/ 星龍(星風呂)/
本館:蒸龍(サウナ付風呂)/ 暗龍(洞窟風呂)/ 双龍(二槽風呂)/ 泡龍(泡風呂)/ 石龍(石風呂)/ 楽龍/(内風呂付風呂)/ 竹龍(竹林風呂)/
遊湯館:共同浴場(内湯)/渓龍(渓流風呂)

◆源泉 H16.1月の分析書

「湯の小屋温泉 1号泉」泉温76.1度 湧出量測定せず(動力揚湯) *総湧出量1700L/分
泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)ph8.3
蒸発残留物680mg/kg 溶存物質740mg/kg 成分総計740mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

湯の小屋温泉 龍洞 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【湯の小屋温泉周辺の関連記事】

みなかみ町 宝川温泉 宝川山荘(汪泉閣)日帰り入浴

みなかみ町 谷川温泉 桧の宿 水上山荘 宿泊

みなかみ町 うの瀬温泉 上越館 日帰り入浴&ランチ

みなかみ町 上牧温泉 辰巳館 宿泊

みなかみ町 上牧温泉 月がほほえむ宿 大峰館 日帰り入浴

みなかみ町 諏訪峡 温泉センター 諏訪の湯 日帰り入浴

みなかみ町 川古温泉 浜屋旅館 日帰り入浴

みなかみ町 広河原温泉 某宿 偵察

みなかみ町 湯宿温泉 湯本館 日帰り入浴

◆みなかみ町 法師温泉 長寿館 日帰り入浴別館宿泊法隆殿宿泊

みなかみ町 月夜野 町営温泉センター 三峰の湯 日帰り入浴

みなかみ町 肉屋のレストラン 育風堂 ランチ


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 3,715 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です