切明温泉 雄川閣 & 河原の湯 日帰り入浴 ★★★

秋山郷(長野県栄村)にある「切明温泉 湯元 雄川閣」の入浴レポート&河原の湯の偵察レポートです。

最終更新日 2018/5/7 訪問日 2017/6月下旬

【切明温泉 湯元 雄川閣】基本情報

きりあけおんせん ゆもと ゆうせんかく

【切明温泉 湯元 雄川閣 基本情報】

住所:〒949-8321 長野県下水内郡栄村堺17878−3
TEL:025-767-2252
公式サイト

*天候状況等によっては冬季休業する場合あり

⇒「切明温泉 湯元 雄川閣」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

【宿泊料金】

1泊2食付 9,220円~ お一人様△ 素泊まり〇 湯治× 自炊×

口コミ評価:google 3.8点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆秋山郷でかけ流しの温泉宿を探している
◆中津川の手掘り河原の湯を楽しみたい
◆苗場山・鳥甲山の登山基地に


[スポンサーリンク]








【雄川閣 日帰り入浴】

営業時間:10:00~15:30受付(16:00退館)
料金:大人500円 小人300円
定休日:第3火曜日

*露天風呂はバスタオル巻OK

【河原の湯】

営業時間:日の明るいうち
料金:無料
*増水時・悪天候時は不可

要水着着用

【手掘りの野湯も楽しめる公共の宿 切明温泉 雄川閣】

今回ご紹介する「切明温泉」は、路線バスも途中までしか通っていない秋山郷(あきやまごう)の最奥にあります。

「秋山郷」は、新潟県津南町と長野県栄村にまたがる中津川源流沿いの小さな集落をいい、百名山の苗場山とに百名山の鳥甲山に挟まれた風光明媚な景色が広がる日本有数の秘境です。

秋山郷を結ぶ国道405号線沿いには新潟県側に結東温泉、逆巻温泉、長野県側には小赤沢温泉、屋敷温泉、栃川温泉、和山温泉、切明温泉、中条温泉、北野天満温泉と泉質も様々な温泉が点在していますが、中でも切明温泉は中津川の河原から湧き出る手掘りの野湯が楽しめることで秘湯ファンに人気があります。

秋山郷の湯めぐりマップ

 

今回は野湯に入れそうであればチャレンジしようかと思いつつ、手始めに「切明温泉 湯元 雄川閣」の日帰り入浴で立ち寄りました。

「切明温泉 湯元 雄川閣」は町営の宿泊宿で、河原の湯を利用する場合には手掘りのスコップも貸し出しています。

切明温泉に向かう赤い陸橋からみた中津川の源流。下に見える緑の橋を渡って下流に歩いて行くと河原の野湯があります。

大きな赤い橋を渡って進むと「切明温泉 湯元雄川閣」の建物の前に出ます。

傾斜のある屋根が豪雪地帯を物語っていますね。

2017年は冬期も営業していたそうですが、天候によっては休業になる場合もあるそうです。

訪問した日は6月下旬でしたが、まだ河原遊びのシーズンではないからなのか、宿は素泊まりだけの対応でお客さんは誰もいませんでした^^

駐車場は手前に20台分ほどあります。野湯巡りをする場合にもこちらを利用させてもらえます。駐車場の横には公衆トイレもあります。

「切明温泉 雄川閣」の玄関前

無料の貸出スコップが置いてありました。

川原ではバーベキューやテント泊は禁止だそうです。

野湯に入る場合には水着着用とのこと。

入口に入ると左にフロント、右に大浴場に下りる階段があります。

 

「切明温泉 湯元 雄川閣」のお風呂は、

  • 男性用大浴場 内湯1
  • 女性用大浴場 内湯1
  • 貸切露天風呂1

があります。

露天風呂は冬期は閉鎖される場合があります。

 

貸切風呂は以前混浴だったらしいという口コミを見ましたが、現在は1回30分で予約不要の貸切となっています。

といっても、河原の方から丸見えなので、混浴と同じくらい入りにくいですが・・・。

バスタオル巻でも大丈夫です。

 

【切明温泉 湯元 雄川閣 男女別内湯】

地下に下りると廊下の左に男女別の暖簾があります。

入口手前には100円有料のコインロッカーがあります。半分くらい故障していましたが^^

脱衣所内は棚と籠だけ

洗面台にはドライヤーが1台

入口から見た内湯

石のタイル張りの浴槽で10人~12人サイズの広さ

奥から

温度は42度。清涼感のある無色透明のお湯、ほぼ無味無臭でした。

とはいえ、単純泉とは違う石膏泉のようなスッキリとした浴感。すぐ前に入浴した「逆巻温泉」と似ていますが、加水してあるからかこちらの方が成分が多いのにさっぱりしていました。

引き湯「切明温泉」泉温54.4度 湧出量 160L/分(-)
泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)pH7.73

湯口は奥に1か所。

湯口はわずかに塩味がして、冷まして飲んだらゴクゴクいけそうな美味しいお湯でした。

*飲まないでくださいと書いてあります

窓からの景色

洗い場にはシャワー4台とシャンプーセットがありました。

 

【切明温泉 湯元 雄川閣 貸切露天風呂】

ロビーから階段を下りてまっすぐ進むと貸切露天風呂の出入り口があります。

貸切時間は30分厳守。「空」と書かれた札を裏返すと「利用中」になります。

現在は混浴ではありませんので、くれぐれも「利用中」の札が出ていたら行ってはダメですよ^^

 

露天風呂の前には脱衣所があるので、一度着替えてからサンダルを履いて外に出ます。

扉を開けると川原沿いに向かって逆くの字に下りる階段があります。

20mほど下りると川原沿いに小さな小屋が見えてきました。

脱衣所の小屋から湯舟までは4~5m離れています。

男女別の脱衣所になっていて中は棚だけありました。

先にお風呂を覗いてみると川原から丸見え!ということで湯浴み着にバスタオルを羽織って下りて行きました。

こちらが貸切露天風呂。大きな岩が組んである8~10人サイズの広さ

でもちょっと湯舟の底が藻のような緑色をしていて怪しい雰囲気。

足を浸けてみたら熱い・・・。45度近くあります。

しかも、ほぼ野湯のような状態で裸足では湯船の中を歩くのもままならないほどヌルヌルしていました。

お尻をつけると湯浴み着が汚れるので中腰で入ってみることに。

露天風呂からの眺め。

ちょうど川がカーブしているところに湯舟がせり出しているので、眺めは最高です!

対岸に浅瀬の湯だまりができている所が野湯のエリアかな?

しばらくすると3人の男性が野湯の湯船に入ってきました。

こちらから見えるということはあちらからも見えるということです(゜o゜)

*写真は10倍以上ズームしているので、肉眼では豆粒にしか見えませんが。

 

野湯の方はスコップなしでも入れるようなちょうどよい湯船があるようですね。

せっかくここまで来たので河原の湯にも入浴して帰ろうかと思いましたが、男性グループは来たばかりだったので今回は断念。

タオル一枚で裸で入っていたのでそこに行くのはちょっと・・・。

対岸の貸切風呂から偵察するだけで終わりました^^

 

【切明温泉 河原の湯へのアクセス】

ついでなので、河原の湯への道のりもご紹介します。

野湯へは「雄川閣」の建物の裏手にある橋の手前を左に下りて対岸に渡り徒歩5分です。

「雄川閣」の裏側には「河原の湯」と書かれた看板が出ています。

下りていくと緑色の橋が。

橋の上は車両通行止めになっていて、周辺にも駐車禁止の看板が出ていました。

なので、「雄川閣」に車を停めて歩いて行くしかないようになっています。

ここから対岸を渡って川沿いに下りていく半舗装の小路があります。

橋の上からの景色。右奥のくねっている先のあたりが野湯です。

増水時はこんなことに! 温泉どころではありませんね。

ちなみに緑色の桟橋の右側には「切明リバーサイドハウス」という宿がありますが、こちらにも野湯の人は無断駐車禁止と書いてありました。

はしご湯しようと思ったら、「切明温泉 雪あかり」に続いて「切明リバーサイドハウス」も休業日でした。残念(T_T)

少し離れた場所にある「雪あかり」。

次回はこちらに泊まって野湯に行こうかと思っていたところ、残念なことに2018年から「日本秘湯を守る会」を休会中になってしまいました。

ちなみに、この日は水曜日だったのでどちらも水曜定休なのかもしれません。

 

【切明温泉 雄川閣 温泉の感想】

公共の宿らしいシンプルな造りの浴槽でしたが、外の景色を眺めながらかけ流しのお湯を楽しめます。

登山シーズンや夏休みになると賑わうのでしょうが、6月頃は空いていて天候もちょうど良い季節でした。

 

訪問した時はたまたまオフシーズンで利用者を想定していなかったからかもしれませんが、貸切露天風呂は温度調整や清掃が行き届いていないので、もうちょっと入りやすくしてほしいとは思いました。

ただ、野湯に負けず劣らず、眺めは最高です!

 

 

泉質 ★★★★4.0

お風呂の雰囲気 ★★★★4.0(露天風呂4.3)

清潔感 ★★★3.5

接客サービス ★★★★4.2

 

⇒「切明温泉 湯元 雄川閣」を予約する

【切明温泉 湯元 雄川閣 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各1 貸切露天風呂1

◆源泉 H22.3月の分析書

引き湯「切明温泉」泉温54.4度 湧出量 160L/分(-)
泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)pH7.73
蒸発残留物 2,157mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)2,341mg/kg 成分総計2,347mg/kg
メタケイ酸46.2mg,遊離二酸化炭素ガス5.5mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水あり、加温なし、塩素消毒なし

適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【切明温泉周辺の関連記事】

秋山郷 栄村 小赤沢温泉 楽養館 日帰り入浴

秋山郷 津南町 逆巻温泉 川津屋 日帰り入浴

長野県の混浴のある温泉

ブログ掲載 長野県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 106 人です,本日は 7人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です