銀山温泉 古勢起屋別館 宿泊 その3 お風呂編

山形県尾花沢市にある銀山温泉温泉の「銀山温泉 古勢起屋別館」の入浴レポートです。

【銀山温泉 古勢起屋別館】温泉情報

ぎんざんおんせん こせきやべっかん

◆お風呂

男女別内湯各1
利用時間~24:00、4:00~10:00
20:00、翌8:00男女入替あり

口コミ評価:Google 4.3点/5.0点

【古勢起屋別館の温泉の特徴】

◆加水控えめで熱めのかけ流し
◆タイル張りのレトロな湯殿
◆姉妹館・銀山荘のお風呂も無料で利用できる


[スポンサーリンク]








⇒「銀山温泉 古勢起屋別館」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

⇒「銀山温泉 古勢起屋別館」の客室情報はその1お部屋編へ

⇒「銀山温泉 古勢起屋別館」の食事情報はその2お食事編へ

 

【日帰り入浴】

営業時間:11:00~13:30受付(14:00退館)
料金:大人・子供700円
*レストラン「スワローネ」で食事をした場合は500円

「スワローネ」ランチ
営業時間:11:00~13:30L.O.(14:00閉店)

 

【加水控えめ熱めのかけ流しが楽しめる!超レトロなタイルのお風呂 古勢起屋別館】

「古勢起屋別館」のお風呂は、男女別の内湯が1つずつ

  • ぬっくり金太郎湯
  • ほっこりのちか湯

があります。

夕食後午後8時と翌朝8時に男女入替になります。

深夜0時~4時までは入浴できません。

ちなみに、露天風呂はありません。

 

「古勢起屋別館」で使用している源泉は共同浴場と同じです。

源泉温度が60度以上ある熱めの湯なので、加水を多くして対応している宿もあるでしょうが、「古勢起屋別館」では湯量を絞って加水は控えめでなるべく源泉に近い状態で利用されていました。

帰ってきてからお風呂の評価があまりよろしくないのでその理由を考えてみると、熱いお湯に不慣れな人が多いからではないかと思います。

それと、共同浴場のようなレトロすぎる浴槽も不評なのでしょうか。

いわゆる秘湯ファンには逆に受けが良さそうな感じがしましたが。

個人的には共同浴場よりも好みでした。

 

【ぬっくりの金太郎湯】

2つの内湯はどちらも1階にあります。

「ぬっくりの金太郎湯」はフロントのすぐ奥に。

チェックイン~20:00、翌8:00~10:00まで女性用

20:00~24:00、4:00~8:00まで男性用

になっていました。

女湯の暖簾がかかっている「ぬっくりの金太郎湯」入口

廊下の奥にはエレベーターがあり秘湯の往来が多いため、サッシ戸を開けると内側にはカーテンがかかっていて脱衣所が見えないようになっていました。

部屋にも脱衣所にもアメニティはないので、必要な方はフロントから持っていくのをお忘れなく。

脱衣所は3畳あるかないかでかなりコンパクトです。

脱衣所側から見た浴室。

「ぬっくりの金太郎湯」はタイル張りでひょうたん型のお風呂。

手前は6~8人サイズ、奥は2~4人サイズ。

斜め横から

金太郎と魚がキスをしているようにも見えますが、きっと相撲を取っているのでしょう。

金太郎の顔が怖い・・・。

湯口は鯉のしっぽのあたりに1か所。

湯口側の浴槽は45度くらいあり、慎重にかけ湯をしてから出ないと足がしびれて入れません。

入口側には湯口はなく、タイルの間から流れ出てきたお湯がたまっている状態のため、42度前後になっていました。

それでも、真夏の訪問なので熱いと言えば熱い湯です。

入口側に入浴中の目線。

金太郎の像とレトロなタイル張りが何とも言えないレトロな雰囲気を醸し出しています。

長野県の渋温泉近くにある「角間温泉 越後屋旅館」にもこんな感じのお風呂があったなぁと思いだしたり。

洗い場にはシャワーあり

資生堂のシャンプーセット

 

【ほっこりのちか湯】

夕食後入れ替わった「ほっこりのちか湯」へ。

チェックイン~20:00、翌8:00~10:00まで男性用

20:00~24:00、4:00~8:00まで女性用

になっていました。

1階フロントの向かいに入口があります。

脱衣所に向かう前にガラス戸が一つ。

地下に下りたところに脱衣所がありました。

「ちか湯」とは「地下にある湯」のことだったようです。

脱衣所は2~3畳のスペースでこちらもコンパクト。

浴室のドアを開けるとプールのような長い浴槽が横たわっていました。

*入口は写真右側にあります。

奥から見た浴槽

シンプルなブルーのタイル張りで共同浴場のような佇まい。

奥に入浴中の目線。

昼間は明かりがさすので雰囲気が良かったのですが、夜は暗くて名前の通り地下にある怪しげな雰囲気を醸し出していました。

正面の壁にはタイル壁画が

左の入口にはステンドグラスが。

日の光が入ると夜とは違ってカラフルな浴室になります。

湯口は入口側に1か所。

湯船の中は43度でやや熱めの設定。

加水を抑えてある分、共同浴場よりもたまご臭が強めに感じました。

 

【姉妹館 銀山荘でもらい湯】

温泉街の入口よりバス停側にポツンとある一軒宿「銀山荘」。

古勢起屋別館の宿泊者は銀山荘のお風呂も無料で入浴できます。

利用時間はチェックイン~22:00、翌6:00~

温泉街の入口よりもかなり手前にあるため銀山温泉街は見えないのですが、銀山川が渓谷になっている高台に建っているので、山と川の眺めが素晴らしい露天風呂でした。

*写真はライトアップされていますが、実際は無色透明のお湯です。

 

【銀山温泉 古勢起屋別館 温泉の動画】

*数字をクリックすると該当箇所から再生できます。

9:03 ぬっくりの金太郎湯

10:45 ほっこりのちか湯

18:13 姉妹館「銀山荘」の露天風呂

 

【銀山温泉 古勢起屋別館 温泉の感想】

ブルーのタイル張りの浴槽は共同浴場のような鄙びた風情がありました。

とくに金太郎の像はユーモラスで良いアクセントになっていました。

銀山温泉のお湯は源泉のままだとたまご臭も強めなのですが、加水すると匂いがほとんど消えてしまうため、できるだけ熱めのまま入るのが望ましいのですが、それを承知であえて加水を抑えているように思えたので、温泉好きにとっては良かったです。

同じ源泉を使用しているのに共同浴場より特徴的なお湯に感じました。

逆に、あつ湯に慣れていない観光客には不評になってしまうかもしれません。

 

泉質 ★★★★ 4.1

お風呂の雰囲気 ★★★ 3.6

清潔感 ★★★★ 4.0

 

⇒「銀山温泉 古勢起屋別館」をインターネットで予約する

 

【銀山温泉 古勢起屋別館 温泉情報】

◆源泉 H21.4月の分析書

銀山温泉「脇組2号・3号・6号源泉」泉温63.8度 湧出量 -(-)
泉質:ナトリウム―塩化物・硫酸塩泉(低張性中性高温泉)pH6.6
蒸発残留物 2.021mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)2,155mg/kg 成分総計2,212mg/kg
メタケイ酸97.7mg,硫化水素イオン0.3mg,遊離硫化水素0.9mg,遊離二酸化炭素55.6mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

適応症:きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

 

⇒「銀山温泉 古勢起屋別館」の客室情報はその1お部屋編へ

⇒「銀山温泉 古勢起屋別館」の食事情報はその2お食事編へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【銀山温泉周辺の関連記事】

尾花沢市 銀山温泉の街並みと白銀の滝

尾花沢市 銀山温泉 能登屋旅館 宿泊

尾花沢市 銀山温泉 蕎麦と滝の宿 瀧見舘 日帰り入浴

尾花沢市 銀山温泉 共同浴場 しろがね湯 日帰り入浴

尾花沢市 銀山温泉 共同浴場 かじか湯

尾花沢市 銀山温泉 貸切共同浴場 おもかげ湯

河北町 海老鶴温泉 日帰り入浴

天童市 天童温泉 湯坊いちらく 日帰り入浴

南陽市 赤湯温泉 御殿守 日帰り入浴

山形県の混浴のある温泉

ブログ掲載 山形県の秘湯


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 122 人です,本日は 8人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo