ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館 宿泊 その2 お食事編

鯉川温泉旅館30

最終更新日 2017/4/18 訪問日 2014/9月上旬


【ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館】食事情報

にせここんぶおんせん こいかわおんせんりょかん

*2017年4月から日帰り入浴だけの営業となります。

◆夕食 18:00~ 部屋食
◆朝食 8:00~ 部屋食

【特別注文】

あり(おつまみ系)

鯉川温泉旅館 食事の口コミ評価:4.0点夕食4.5点・朝食4.2点/5.0点

【鯉川温泉旅館の食事のポイント】

◆ボリュームがある
◆ニセコのお米が絶品!
◆海の幸、山の幸が豊富


[スポンサーリンク]








→「ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館」のお食事情報はその1お部屋編へ

→「ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

*2017年3月末で「鯉川温泉旅館」は宿泊部門の営業を取りやめ、日帰り入浴だけの営業となりました。食事の提供もしておりません。それにともない、「日本秘湯を守る会」も退会しております。このレポートは2014年9月に宿泊した時の内容となります。⇒会員宿の退会・休会・リニューアルのお知らせはこちら

 

【ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館 宿泊 その2 お食事編】

ニセコ昆布温泉「鯉川温泉旅館」の食事は、夕食・朝食共に部屋食です。

今回は1人泊・1泊2食付で10,000円のスタンダードプランでした。

(2人以上の場合には9,000円です。安い!)

 

スタンダードでもそこそこボリュームがありますが、

大食漢を自認する方は、2品多目のアップグレードプラン+1,000円もあります。

逆に小食の方は2品少なめのプランマイナス1,000円もあります。

 

大食漢を自認しつつ、

女性は残される方もいるということでスタンダードプランにしましたが、

鯉川温泉旅館12

別注メニューを見て心が動いてしまいました。

でも、「お出しする料理は結構な量ですよ。」と止められました^^

 

というわけで、日本酒を注文。

鯉川温泉旅館11

こちらがお酒のメニュー。

「鯉川」という名前のお酒がありますが、なぜか山形産なのでパス。

鯉川温泉旅館39

やっぱり地酒ということで、「二世古(ニセコ) 生原酒」(ニセコ酒造)にしました。

鯉川温泉旅館30

こちらが夕食メニューです。

温かい料理は2~3回に分けて、後から運ばれてきます。

お品書きはありませんので、分かる範囲でお伝えします。

鯉川温泉旅館33

トウモロコシのお豆腐

プリンのように弾力があります。

鯉川温泉旅館34

イカだったか、貝だったか、わかめの酢味噌和え、上に乗っているのはミョウガ。

鯉川温泉旅館36

赤貝かな

鯉川温泉旅館35

お造りはホタテ、マグロの赤身を炙ったものに甘海老

ニセコは山奥のイメージがありますが、日本海側まで30分くらいなので、

新鮮魚介も入手しやすいんですね。

鯉川温泉旅館32

ニシンの甘露煮、卵とじで閉じた海老に菜っ葉、高野豆腐の煮物。

鯉川温泉旅館31

これが鯉川温泉の名物と言っていいかもしれない、特製グラタンです。

アツアツの状態で運ばれて来ます。

鯉川温泉旅館43

中にはピーマン、茄子、エリンギ、かぼちゃ等の野菜に大きな海老が入っていて、

味噌仕立てのホワイトソースに、表面にはチーズがたっぷり乗っています。

グラタンで味噌味は想像していませんでしたが、意外にもチーズと合います。

鯉川温泉旅館38

そしてメインの豚キムチ鍋。

鯉川温泉旅館46

自分のタイミングで火を入れて、10分ほどで出来上がり。

甘味のある豚肉と、豆腐、ニラ、キャベツ、シイタケなどの野菜がたっぷり。

キムチ鍋といっても、子供でも食べられそうな優しい味付です。

 

ご飯とお味噌汁も好きなタイミングで、フロントに電話をしてお願いします。

鯉川温泉旅館29

こちらがご飯。

白米を1年食べなくとも平気なくらい、普段は偏食なのですが、

お米のおいしさに思わずお櫃を平らげてしまいました!

(3膳半くらいあったはず)

 

北海道はお米が美味しいというイメージはあまりない方もいるかと思いますが、

実はニセコ周辺(蘭越産)のお米は、品評会で何度も1位を獲得しているのですね。

あの南魚沼産のコシヒカリを抜いて。

(これは、新見本館ご主人のウケウリです^^)

全国的に有名なのは「ゆめぴりか」ですが、

蘭越産のブランドで農家直送だったら、どれも間違いないです。

お土産で配ったら感激されました!

鯉川温泉旅館37

お味噌汁

鯉川温泉旅館40

甘海老の出汁が良く出ていました。

 

フルーツのデザートがあったと思うのですが、

撮影し忘れるくらい食に没頭していたようです。

 

【鯉川温泉旅館 夕食の感想】

1万円のプランだったのでほとんど期待していませんでしたが、

素材が良くて、丁寧に調理された家庭料理という感じで、

どれも美味しかったです。

お酒を飲むとはご飯をあまり食べないのに、

お櫃を空にしてしまった自分に驚きました!

関東でこんなコスパの良い宿があったら、毎週行きたいくらいです。

 

夕食の味★★★★4.6

メニュー構成★★★★4.4

満足度★★★★4.8

 

【鯉川温泉旅館の朝食】

続いて朝食です。

朝食も部屋食になります。

その前にお布団を片づけに来ます。手際が良くてビックリ。

鯉川温泉旅館51

こちら朝食メニュー。

鯉川温泉旅館56

サケの切り身と昆布の佃煮、梅干し。

鯉川温泉旅館55

小松菜ともやしのナムル風。さっぱりごま油と塩味。

鯉川温泉旅館54

イカの塩辛。肝の味が濃厚です。

鯉川温泉旅館52

ピーマン、茄子、しめじ、レンコンなどの野菜を油通ししてから甘辛く煮てあります。

鯉川温泉旅館58

お新香

鯉川温泉旅館57

お麩、三つ葉、海藻のお味噌汁。

 

【鯉川温泉旅館 朝食の評価】

夕食は食べすぎたので控えようと思いましたが、

ご飯の進む味付けだったので、またしても2杯食べてしまいました。

お米が美味しいというのはかなりポイントが高いです。

 

朝食の味★★★★4.2

メニュー構成★★★★4.2

満足度★★★★4.3

 

ニセコの温泉宿 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

 

→「ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館」宿泊レポ その1お部屋編  

→「ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館」宿泊レポ その3 お風呂編

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【ニセコ周辺の温泉 関連記事】

ニセコ昆布温泉 ニセコグランドホテル 日帰り入浴

◆ニセコ五色温泉 五色温泉旅館 本館別館 日帰り入浴

ニセコ五色温泉 ニセコ山の家 素泊まり

ニセコ黄金温泉 日帰り入浴

ニセコ新見温泉 新見本館 宿泊

ニセコ薬師温泉 偵察 

まっかり温泉 真狩村保養センター 日帰り入浴

ニセコの源泉かけ流しのある温泉


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 999 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です