大町温泉郷 くろよんロイヤルホテル 日帰り入浴 ★★★

長野県大町市にある大町温泉郷「くろよんロイヤルホテル」の入浴レポートです。

最終更新日  2017/8/9 訪問日  2017/7月中旬

【大町温泉郷 籠川渓雲温泉 くろよんロイヤルホテル】基本情報

おおまちおんせんきょう かごがわけいうんおんせん くろよんろいやるほてる

住所:〒398-0001 長野県大町市平2020
TEL:0261-22-1530
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 10,848円~98,516円 お一人様○ 素泊まり○ 湯治× 自炊×
1泊朝食付 6,986円~ 素泊まり 5,986円~

口コミ総合評価:楽天トラベル4.24点、じゃらん4.2点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆プールや岩盤浴のある宿が良い
◆吉兆の料理を食べてみたい
◆立山黒部アルペンルート・鹿島槍登山の前泊に


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:13:00~19:00 繁忙期は休み又は早期終了する場合あり
料金:大人720円 小人410円
定休日:不定休(年に数日メンテナンスあり)

アクセス

東京・大阪・松本空港から:長野道「安曇野IC」下車、北アルプスパノラマロード (約30分)~信濃大町~県道236号経由、インターから39キロ、45分。
北陸から:北陸道「糸魚川IC」下車、国道148号(約2時間)~信濃大町~県道326号経由、インターから71キロ、1時間20分。
ドラぷら
◆電車
東京から:新宿発 JR中央線「特急あずさ」(約2時間40分)で「松本駅」乗換、JR大糸線(約60分) 「信濃大町」駅下車、アルピコバス扇沢線「日向山高原」下車、すぐ。信濃大町駅からタクシーで約15分。
名古屋から:JR中央本線「特急しなの」(約2時間)で「松本駅」乗換、JR大糸線(約60分)「信濃大町」下車。
松本空港から:空港連絡バスで「松本バスターミナル」下車、「松本駅」からJR大糸線(約60分)「信濃大町」下車。
Yahoo!路線情報アルピコバス時刻表
◆高速バス
バスタ新宿⇔信濃大町駅・扇沢
楽天トラベル高速バス予約簡単予約&決済 バスぷらざ

地図

【扇沢に一番近い宿 くろよんロイヤルホテル 日帰り入浴】

「くろよんロイヤルホテル」は立山黒部アルペンルートの玄関口「扇沢駅」まで車で12分と、「扇沢に一番近い宿」がウリのホテルです。

「くろよん」て何で?と思うかもしれませんが、映画「黒部の太陽」に登場する関西電力・黒部川第4発電所、通称「くろよん」から来ています。

リーガロイヤル系列の観光ホテルですが、関西電力の子会社「関電アメニックス」が運営しています。

 

 

「くろよんロイヤルホテル」は、大町の大型ホテルでは珍しく源泉かけ流しです。

「吉兆」の料理も食べてみたいなぁと気になっていたホテルなのですが、今回は葛温泉に来たついでに日帰りで立ち寄りました。

 

場所は大町市内から立山黒部の玄関口「扇沢駅」に向かう県道45号線沿いにあります。

信濃大町駅からはアルピコバスに乗り「日向山高原」バス停の目の前です。

「くろよんロイヤルホテル」の外観

すぐ裏手はゴルフ場があり、静かな環境です。

入口横には巨大なこけしが立っていました。名前は「花子」。身長12m。

近づくと独り言のようにしゃべっていました^^

 

途中から「ずいずいずっころばし」を歌いだし、最後に「ありがと♪」で終わりました(*^_^*)

歌っている動画 ”hanako at kuroyon royal hotel”

 

信濃大町で行われていた国際芸術祭のイベントに合わせてなのか、こけしの他にも館内にはアートギャラリーがありました。

⇒「北アルプス国際芸術祭」の概要(公式サイト)

「くろよんホテル」の玄関

入口の横にはもう1体のこけし「小花」

広々としたロビー

早稲田のリーガロイヤルのような重厚さや高級感はなく、館内は観光地にある大型ホテルといった雰囲気。

 

日帰り温泉の受付はフロントではなく大浴場の前にありました。

フロントから売店を通り過ぎ、突き当りを右へ、さらに客室を通り過ぎてエレベーターで下りると大浴場がありました。

廊下の途中には「街中図書館」というアートコーナーが。

台湾出身の人気絵本作家、ジミー・リャオ氏の作品だそうです。

壁にはたくさんの絵本が。

広いベッドの上でくつろぎながら本を読むという空間そのものがアートになっていました。

 

その他にも「黒部の太陽」をエンドレスで上映しているコーナーもありました。

昔、学校の授業で見た記憶が。

 

さて、「くろよんロイヤルホテル」の温泉ですが、地名から「籠川渓雲温泉」(かごがわけいうん)と呼ばれています。

以前は、自家源泉と葛温泉の混合泉を使用していたようですが、分析書によると現在では他の大町温泉郷と同じく「葛温泉」の混合泉の引き湯を使用しています。

 

「くろよんロイヤルホテル」のお風呂は、

  • 男性用大浴場 内湯2 露天風呂1
  • 女性用大浴場 内湯2 露天風呂1

があります。

広さやレイアウトはほとんど同じだと思います。

 

「くろよんロイヤルホテル」では、温泉の日帰り入浴の他に岩盤浴やプールもあり、そちらの方が利用者が多そうでした。

更衣室は共通なのですが、大浴場は帰りに身体を洗って帰るだけで温泉に浸かっている人がほとんどいませんでした^^

 

脱衣所には脱衣棚、プール用の縦長のロッカー(無料)、洗面台、ドライヤーがありました。

 

浴室の写真は撮影できませんでしたので、「一休.com」から拝借しています。

写真は男性用大浴場 (以下、画像は宿提供/一休.com)

内湯は2つあり、メインはタイル張りの10~15人サイズのお風呂です。

温度は42度強あり、夏場にはやや熱めの湯です。

 

直前に入浴した葛温泉 仙人閣の内湯と同じ葛温泉の混合泉を使用しています。

成分的にはナトリウム―塩化物・炭塩水素塩泉になり損ねた単純泉です。

遊離硫化水素が0.1mgと硫黄成分はごくわずかなため、無味無臭でした。

源泉名:葛温泉「新第2源泉、平成の湯源泉、元湯1号源泉、高瀬の湯との混合泉」泉温69.2度 湧出量未測定
泉質:単純温泉(低張性中性高温泉)pH7.2

 

加水ありのかけ流しで、塩素消毒ありの表示でしたが、湯口に鼻を近づけると加水用の水道水の臭いかな?もしかして塩素入ってる?という程度の臭いで、カルキ臭さはなかったです。

口コミでは塩素臭がしたとあるので、季節によっては塩素の投入量が多くなることもあるのかもしれません。

こちらは、ぬる湯のヒノキ風呂(男湯)

女性用大浴場では入口から見て右側にあるのですが、深めの桧の浴槽で5~6人サイズの大きさ。

37度前後に冷ましたお湯をかけ流していますが、熱めの湯よりもふわっと軽い浴感でした。

 

葛温泉のお湯は熱いので、このようなぬる湯があるのはありがたいです。

岩盤浴帰りの人の水風呂替わりなのかもしれません。こちらも塩素臭はほぼなし。

露天風呂(男湯)

ドアの外に出ると8~10人サイズの石組みの露天風呂があります。

女性用の露天風呂は右側に湯口が1か所。

43度弱とかなり熱めで、日差しが強い日だったので長居できず。

 

周りは木々に囲まれていて森林浴気分と思ったら・・・

ホテルの裏がゴルフ場なので木々の隙間からはゴルフをしている人が見えました^^

ゴルフ場からは見えないと思います。

 

ゴルフ場側にあるデッキは虫が多いからなのか、ロープが張ってあって立入禁止になっていました。

露天風呂の入口にも「蜂に注意」と書いてありましたが、今回は蜂もアブもまだいませんでした。

大浴場に置いてあったシャンプーはPOLAの「アロマエッセ」と、真珠のミキモトの商品でした。

売店でも販売されていました。

 

こちらは別料金の「岩盤浴」。男女混合なのでカップルでの利用も可能。

13:00~20:00受付 利用時間13:30~20:30スタート 冬季休業(11月下旬~4月中旬)

外来料金 岩盤浴+温泉1,540円 岩盤浴+温泉+プール2,060円

同じく別料金のプール。

プールは温泉ではないようです。

13:00~20:00受付 冬季休業(11月下旬~4月中旬)

外来料金:温泉+プール 大人1,030円 小人520円

 

「くろよんロイヤルホテル」では、フレンチと吉兆のレストランがあり、ランチ営業もやっています。

ランチは相当お得なようですよ。

 

 

【くろよんロイヤルホテル 温泉の感想】

1人でも宿泊できる検索しているとヒットしていた「くろよんロイヤルホテル」。

大町市内の宿は循環ろ過の温泉ばかりで塩素臭もキツイと聞いていたので、かけ流しの温泉ありで「吉兆」の和食も食べられるなら、一度は泊まってみたいと思っていた宿でした。

お値段はやや高めなので、もっと敷居が高いゴージャスな雰囲気を想像していたら、意外と庶民的なホテルでした。

でも、リーガロイヤルだけあって、接客は丁寧で日帰り客でも恐縮せずに利用できました。

 

温泉の方は、葛温泉の湯元に入った後だとやや物足りなさを感じますが、この規模の観光ホテルでありながらかけ流しで塩素臭もないのは貴重だと思います。

個人的にはぬる湯の浴槽があったのはポイントが高いです。

 

泉質 ★★★3.8

お風呂の雰囲気 ★★★★4.0

清潔感 ★★★★4.2

接客サービス ★★★★4.4

 

 

くろよんロイヤルホテル ここから予約できます

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

 

【くろよんロイヤルホテル 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各2 露天風呂各2

◆源泉 H26.9月の分析書

葛温泉「新第2源泉、平成の湯源泉、元湯1号源泉、高瀬の湯との混合泉」泉温69.2度 湧出量未測定
泉質:単純温泉(低張性中性高温泉)pH7.2
蒸発残留物574mg/kg 溶存物質(ガス性除く)680.2mg/kg 成分総計700.9mg/kg
メタケイ酸167.9mg,遊離二酸化炭素20.7mg
態様:源泉かけ流し、加水あり、加温なし、塩素系薬剤使用(塩素臭ほぼなし)

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



 

 

【大町温泉郷周辺の関連記事】

大町市 葛温泉 仙人閣 日帰り入浴&宿泊

大町市 葛温泉 温宿かじか 日帰り入浴

大町市 葛温泉 高瀬館 日帰り入浴

立山町 室堂平 みくりが池温泉 宿泊

安曇野市 中房温泉 宿泊&日帰り入浴

安曇野市 有明温泉 有明荘 日帰り入浴&ランチ

安曇野市 穂高温泉郷 旅館山のたこ平 日帰り入浴

長野県の「日本秘湯を守る会」の会員宿

長野県の混浴のある温泉

ブログ掲載 長野県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 9 人です, 本日の訪問者は16 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です