万座温泉 日進館 日帰り入浴 ★★★★

【万座温泉 日進館】基本情報

まんざおんせん にっしんかん

住所:〒377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉2401
TEL:0279-97-3131
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 6,500円~26,000円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治対応〇 自炊×

口コミ総合評価:楽天トラベル4.01点、じゃらん3.8点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆にごり湯が好き
◆色んなお風呂が楽しめる宿が良い
◆万座スキー場の宿に


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:10:00~17:00
料金:1,000円
昼食付プラン3,780円(要予約)

アクセス

◆車
@東京方面から
関越道「 渋川伊伊香保IC」からR145-R144-万座ハイウェイ経由、110分。
上信越道「礁氷軽井沢IC」からR18-鬼押ハイウェイ-万座ハイウェイ経由90分。
@名古屋方面から
上信越道「上田菅平IC 」からR144-万座ハイウェイ経由、 100分
上信越道「信州中IC 」からR292志賀高原(冬季閉鎖) 経由、90分
*冬季通行止め区間あり
ドラぷら
◆電車
「上野駅」からJR吾妻線特急2時間40分、「万座鹿沢口駅」下車、JR西武高原バスで40分、「万座プリンスホテル」下車、徒歩10分。
「東京・上野駅」からJR北陸新幹線で約1時間10分、「軽井沢駅」下車、JR西武高原バス乗車1時間20分。
「名古屋駅」からJR中央線特急2時間50分、「長野駅」乗換、JR北陸新幹線30分「軽井沢駅」からJR西武バス1時間20分。
Yahoo!路線情報西武乗合バス時刻表
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

 

【万座温泉 日進館 日帰り入浴 】

 

万座温泉は群馬県と長野県の県境、標高1,800mにある日本一高濃度の硫黄泉の温泉です。

「日進館」はプリンスホテル、ホテル聚楽等の大型チェーンホテルに並ぶ大型旅館です。

万座温泉 日進館32

宿の入口には「日本一の高地温泉」とあります。

もっと高所の秘湯はありますが、温泉「街」としてはその通りですね^^

参考:日本最高所の温泉「みくりが池温泉」

万座温泉 日進館3

建物は最近リニューアルしたのか、屋根瓦も壁も新しい感じでした。

 

日帰り入浴は1,000円とやや高めですが、お風呂の数が多いので値段に見合った価値はあると思います。

万座温泉 日進館29

玄関

今日は休日ですが、隙間シーズンのためか、大型観光バスもおらず、人もまばらでした。

万座温泉 日進館5

玄関からフロントに行く途中には湧水もありました。

万座温泉 日進館27

フロントとお土産処

スキー場近くの大型旅館だけあって、中も広いです!

万座温泉 日進館28

軽食もある喫茶店

万座温泉 日進館25

食堂ではランチバイキングも営業していました。

万座温泉 日進館26

カレー、うどん、牛丼等。

メニューを見てここではなくプリンスホテルに行って食べてしまいましたが、

こちらの方が楽しそうだったかも^^

万座温泉 日進館6

この日は、軽井沢から万座温泉に向かう有料道路「鬼押出しハイウェイ」が

数か月前の台風の影響で通行止めでした(2014年11月には復旧しています)。

ナビではその旨出なかったので、

軽井沢から草津近くまでものすご~く大回りして時間を食ってしまい、

妙高の温泉に向かう前に立寄るはずが、

時間がなくて帰りに寄ることになりました。

 

 【日進館 大浴場 長寿の湯】

万座温泉 日進館7

館内の大浴場はフロントから一旦玄関近くまで戻ったところにあります。

複数の源泉を利用したお風呂があり、大浴場の入口にはその写真が掲載されています。

万座温泉 日進館8

さらに奥に進むと男女別に入口が分かれています。

入浴時間はこの通り。宿泊中は深夜も利用できます。

最後の「万天の湯」は宿泊者専用です。

(以下画像は宿提供/じゃらん)

浴室の中央にはメインとなる10人~12人サイズほどの天然木のお風呂、「苦湯」源泉があります。

ブルー×グレーのにごり湯です。

浴槽の温度は43度ほどでやや熱め。

日本一高濃度の硫黄泉をうたっていますが、思ったよりも浴感はマイルドでした。

こちらは「姥湯」の源泉100%風呂。4~5人サイズ。

こちらもブルー×グレーのにごり湯です。

気持ちぬる目で42度ほど。

加水ありとの表示はあるものの、一番個性が感じられる濃いお湯でした。

打たせ湯のある「滝湯」。1~2人サイズ。

ややグリーンがかっており、濁りは薄め。温度は42度ほど。

隣りにある無色透明なお湯は万座の湧水を沸かした「真湯」です。

硫黄泉で疲れたら、ちょっと一休み。

さらに、内湯のドアを開けるとベランダのようなところに2つ浴槽があります。

 

入口から見て手前は「姥苦湯」、奥は「ささ湯」。

どちらも4~5人サイズで温度は41度ほど。濁りも強めでした。

浴感は内湯の「苦湯」と似ていてマイルドでした。

「ささ湯」の方はクマザサの葉を浮かべてあると後から知りましたが、この時は気付かず。

 

屋根付の露天風呂ですが、景色が良く開放的です。

フェンスの間から万座の湯畑方面と外湯の露天風呂の湯小屋が見えます。

湯小屋方面を歩いている人からも湯船が見えそうですが、フェンスの板が斜めになっているので、うまい具合に見えにくくなっていました。

万座温泉 日進館44

湯畑のアップ

景色はここで十分満足してしまいました。

シャワーは入口付近の壁側に7~8か所、

姥湯源泉風呂の奥の壁側に仕切りのあるシャワーが7~8か所ありました。

 

【日進館 絶景露天風呂「極楽湯」】

続いて、館外にある絶景露天風呂「極楽湯」へ。

万座温泉 日進館30

一旦玄関から外に出て「90m」の表示。

万座温泉 日進館31

極楽湯の顏ハメ看板。

観光地って感じですね~。

万座温泉 日進館35

玄関を出て右手に進むと露天風呂の入口があります。

万座温泉 日進館36

眼下の景色

宿泊棟からは屋根つきの階段でつながっているようです。

なかなかの段数ですね。

万座温泉 日進館38

でも、湯小屋の入口側の階段には「現在利用できません」とありました。

万座温泉 日進館37

露天風呂入り口。

万座温泉 日進館43

中に入ると

万座温泉 日進館39

男女別のドアに分かれています。

万座温泉 日進館41

脱衣所内

万座温泉 日進館42

トイレと貴重品ロッカーがあります。

万座温泉 日進館40

脱衣所からお風呂までは赤じゅうたんの敷かれた洞窟風の通路を10mほど歩いて行きます。



こちらが絶景露天風呂の「極楽湯」

10人サイズほどの湯船です。

柵は手すり1本だけなので、3方向にパノラマの景色が広がって見えます。

 

温度は41度ほどで、熱すぎずぬる過ぎず。

ただ、浴感は内湯の方が鮮度が良かったように感じました。



冬の景色



こちらは、2008年にオープンした宿泊者専用の「万天の湯」です。

こちらは貸切風呂「円満の湯」です。1時間2,000円。

 

【万座温泉 日進館 温泉の感想】

万座温泉は絶景露天風呂が名物だと思っていましたが、

日進館は内湯の種類が豊富なので、むしろ内湯の方が楽しめました。

大浴場には露天風呂がついているので、そちらだけでも十分満足でした。

泉質とお風呂の多彩さから、日帰りでは万座イチだと思います。

 

今回は、紅葉~スキーの隙間の季節だったので、

休日にもかかわらず空いていてゆったりできました。

大型旅館で日帰り入浴歓迎なので、立ち寄りやすいという意味では

サービスが良いと思います。

 

宿泊の場合、冬はかなり格安ですが、紅葉シーズン中は倍近い値段になります。

素泊まりや連泊の湯治プランも充実しているので(ただし階段の多い部屋)、

時期をはずせばお得かもしれません。

 

泉質★★★★4.5

お風呂の雰囲気★★★★4.3

清潔感★★★★4.2

接客サービス★★★★4.2

 

万座温泉 日進館 ここから予約できます

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

【万座温泉 日進館 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場各1(内湯4・露天2)、館外露天風呂各1  宿泊者専用風呂各1 貸切風呂1

◆源泉

@「苦湯」「苦湯2号」「姥湯(湯畑)」「鉄湯1号」「ラジウム北光泉」
自然湧出 泉温:66.5度 湧出量総量700L/分
泉質:酸性-含硫黄-マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(硫化水素型)
(酸性低張性高温泉)ph2.2~2.6 残留蒸発物1,100mg/kg 成分総計1,424mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし(姥湯のみ加水あり)

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【万座温泉周辺の関連記事】

万座温泉 万座プリンスホテル 日帰り入浴&ランチ

万座温泉 万座高原ホテル 日帰り入浴 

万座温泉 万座ホテル聚楽 宿泊

万座温泉 万座亭 日帰り入浴

万座温泉 豊国館 日帰り入浴

万座温泉 湯の花旅館 日帰り入浴

軽井沢町 星野温泉 トンボの湯 日帰り入浴 

軽井沢町 星野エリア 村民食堂

中軽井沢 蕎麦 かぎもとや

嬬恋村 鹿沢温泉 紅葉館 日帰り入浴&蕎麦

嬬恋村 新鹿沢温泉 鹿鳴館 日帰り入浴

草津町 草津温泉 西の河原露天風呂 日帰り入浴

草津町 草津温泉 大滝乃湯 日帰り入浴

草津町 草津温泉 御座之湯 日帰り入浴

草津町 草津温泉 草津ホテル 宿泊

ブログ掲載 群馬県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 3,550 人です, 本日の訪問者は2 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です