湯の峰温泉 旅館あづまや 日帰り入浴 ★★★★

和歌山県田辺市にある湯の峰温泉「旅館あづまや」の入浴レポートです。

最終更新日  2018/3/11 訪問日  2014/9月下旬

【湯の峰温泉 旅館あづまや】基本情報

ゆのみねおんせん りょかんあづまや

住所:〒647-1732 和歌山県田辺市本宮町湯峯122
TEL:0735-42-0012
公式サイト日本秘湯を守る会宿紹介ページ

⇒「旅館あづまや」へのアクセス&宿泊予約はこちらのページへ

【宿泊料金】

1泊2食付 17,280円~32,550円 お一人様○ 素泊まり○ 湯治× 自炊×
1泊夕食付15,550円~、1泊朝食付12,090円~、素泊まり10,360円~
参考:民宿あづまや 1泊2食付8,790円

口コミ評価:google 4.0点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆たまご臭のするお湯が好き
◆木造建築の鄙びた旅館が好き
◆熊野古道巡りの拠点に


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:13:00~15:00
料金:大人720円 小人410円
昼食対応:10名以上利用の場合のみ(要予約)

 

【湯殿が素晴らしい宿 湯の峰温泉 旅館あづまや 日帰り入浴】

湯の峰温泉は、熊野本宮大社から西へ5キロ、渡瀬温泉・川湯温泉と合わせて「熊野本宮温泉郷」と呼ばれています。

湯の峰温泉の歴史は古く、開湯は4世紀。熊野詣の旅人を癒す温泉として数々の歴史書にその名が記されています。

「旅館あづまや」の創業は江戸中期~後期。多くの文人墨客が滞在した由緒正しい宿です。

湯の峰温泉街の中心部を走る「熊野街道」。

無料駐車場から50mほど歩くと右に見えるのが姉妹館の「民宿あづまや荘」。1泊2食付8,790円で泊まれます。

こちらにも立ち寄り湯をお願いしようとしたら、やっていないということで旅館あづまやへ。

斜め左向かいにあるのが「旅館あづまや」。石垣から垂れ下がるピンクの花はなんでしょう。見事でした。

表から見ると昭和中期の建物かなという感じですが、増築を重ねたせいで一部は明治時代の建物も残っています。

「旅館あづまや」の玄関。

いかにも昔からある旅館というたたづまい。

玄関にはお寺の名前がズラッと並んでいます。熊野詣に来る際の指定宿泊所ということなのでしょうか。

遊行寺(神奈川県藤沢市)、聖護院門跡(京都市左京区)、金峯山寺(吉野山)、三宝院門跡(京都市伏見区)。

玄関に入ると正面にフロント

ロビー

奥にある「環湯(たまゆ)」と書かれた暖簾が大浴場に向かう廊下の入口になっていました。

お風呂場まで丁寧に案内してもらいました。

後から欧米人が来ていましたが、英語で対応していました。

世界遺産の名所に近いので場所柄外国人も多いのでしょうが、日帰り営業の時間が2時間しかないのにわざわざこの旅館にやってくるなんてよほどの通なのかなと思ってしまいました。

後から調べたら、フランスの政治家・芸術家でド・ゴール政権下で大臣をやっていたアンドレ・マルローという人物が、伊勢神宮や熊野詣での際に「旅館あづまや」に滞在し、「これぞ日本の宿だ」と絶賛して帰ったそうで、ヨーロッパでは名が知られている旅館なのかもしれません。

大浴場の手前には昔の湯治場のような手洗い場。

男湯は左、女湯は正面、「ろてんぶろ男子入口」と書かれていて、男性用だけ露天風呂が離れているようです。

 

「湯の峰温泉 旅館あづまや」のお風呂は、

  • 男性用大浴場 内湯1 さまし湯1 蒸し風呂1 露天風呂1
    • 女性用大浴場 内湯1 さまし湯1 蒸し風呂1 露天風呂1 家族風呂(貸切内湯)2

があります。

 

宿泊中は24時に男女入替えあり、一晩中利用できるそうです(9:00~清掃)。

家族風呂は予約は不要、表の札が「空」であれば裏返して利用できます。

 

【湯の峰温泉 旅館あづまや 女性用大浴場】

こちらは女性用の脱衣所。ロッカーはなく脱衣棚と洗面台、ベンチの代わりに大きな木の切り株がありました。

ドレッサーと呼ぶにはレトロな棚に古い鏡。ドライヤーと化粧水が置いてあります。

洗面台と上にはエアコン。訪問したのは9月でしたが、汗だくになるくらい暑かったのでクーラーが効いていました。

浴室に掲示されていたのは昭和60年の古い分析書だけでした。

入口から見た浴室。

扉を開けた瞬間、おぉっと感嘆の声が上がってしまうほど良い感じに鄙びた湯殿です。

浴槽は「槇」でできているそうです。

左にあるのがメインの内湯。5~6人サイズの大きさ。

角度を変えて見るとうっすら白濁して見えます。もともとは無色透明なお湯です。

浴室には仄かなたまご臭が漂っていました。

湯口

源泉温度が高いので加水してあり、湯船の温度は42度弱。肌にまとわりつく軟らかい浴感です。

自家源泉「環湯」泉温91.5度 湧出量60L/分(自然湧出)
泉質:含硫黄-ナトリウム―炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)pH7.7

内湯から見た浴室内の眺め。

天井の梁も板張りも素晴らしい。

向かいにある1人用の浴槽は「さまし湯」。

加水せず源泉をそのまま冷ましてお湯を注いでいます。温度は体感で36度くらい。

湯口

加水していない分、たまご臭も濃厚です。

日本温泉協会の表示ではさまし湯だけ「オール5」の評価です。全国に10数カ所しかないと言われている優秀なお湯です。

このブログ紹介している温泉では「鹿沢温泉 紅葉館」「法師温泉  長寿館」「谷川温泉 水上山荘」(群馬県)、「百観音温泉」(埼玉県)、「古湯坊 源泉館」(山梨県)、「小谷温泉 山田旅館」(長野県)、「貝掛温泉」(新潟県)、「雲仙温泉 いわき旅館」(長崎県)があります。

さまし湯に入浴中の目線

隣りのドアには「むしぶろ」の文字。

中は91.5度の源泉を利用した天然のサウナでした。蒸気が多いのでかなり熱いです^^ でも、喉と鼻には効きそうです。

このサウナがあって、「さまし湯」なのかと。

でも、「さまし湯」だけでもずっと入っていたい良いお湯でした。

 

【湯の峰温泉 旅館あづまや 女性用露天風呂】

女性用の露天風呂はいったん脱衣所に戻り別のドアから外に出ます。

看板は全て平仮名なのがかわいい。

露天風呂は、昭和40年代に京大日本庭園の教授により設計されたそうです。

扉を開けると庭園風に造りこまれた露天風呂が見えました。

木造の内湯とは趣が異なりますが、こちらも和風旅館らしい風情があって良いお風呂です。

露天風呂側から見ると大浴場の出入り口は民家の玄関のようです。

露天風呂は5~6人サイズ。岩盤の間からお湯が注がれています。

湯口は硫黄の成分で黄色くなっています。

消しゴムかすのような白い湯花が舞っていました。

お幌からの眺め。

露天風呂の方は屋外のためたまご臭はあまりしませんでしたが、緑を眺めながらのんびりできるお風呂でした。

 

【湯の峰温泉 旅館あづまや 家族風呂】

今回は利用しませんでしたが、2つある家族風呂を見てきました。

家族風呂の入口

脱衣所内

こちらも内湯と合わせた木造りの浴室。1人サイズの小さなお風呂です。

湯舟が小さいので温度はやや熱め、加水用の蛇口もあります。

入ったら半分くらいお湯があふれ出そうですね^^

 

 

 

【湯の峰温泉 旅館あづまや 温泉の感想】

「旅館あづまや」は外観から見るよりも館内に入った方が良い感じに鄙びていて、落ち着いた雰囲気がありました。

何といっても木造りの内湯の風情が素晴らしいです!それだけで泊りに来たくなりました。

源泉温度が高いため加水してある分、硫黄臭は多少弱くなっています。でも、代わりに濃厚なさまし湯の浴槽があるのが好感が持てます。さまし湯の方はいつまでも入っていたくなるほど心地よいお風呂でした。

湯殿の造りも素敵でしたが、天然の温泉をそのまま生かした蒸し風呂やさまし湯とバラエティに富んでいるのも人気の理由なのでしょう。

湯の峰温泉は小さなかわいらしい温泉街で、鄙びた風情に共同浴場巡りもできて、秘湯好きが泊まるにはもってこいの場所だと思います。

 

泉質 ★★★★4.3

お風呂の雰囲気 ★★★★4.7

清潔感 ★★★★4.2

接客サービス ★★★★4.3

 

⇒「旅館あづまや」「民宿あづまや荘」をインターネットで予約する

 

 

【湯の峰温泉 旅館あづまや 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各1 さまし湯各1 むしぶろ各1 露天風呂各1 家族風呂(内湯)2

◆源泉 H7.9月の分析書

自家源泉 湯の峰温泉「環湯」泉温91.5度 湧出量60L/分(自然湧出)
泉質:含硫黄-ナトリウム―炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)pH7.7
蒸発残留物 1,288mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)1,652mg/kg 成分総計1,708mg/kg
メタケイ酸126.1mg,硫化水素イオン1,1mg,チオ硫酸イオン1,1mg,硫化水素ガス0.5mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水あり、加温なし、塩素消毒なし
さまし湯は加水なし

*自家源泉は3本あり、分析書がないため他は詳細不明

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【湯の峰温泉周辺の関連記事】

田辺市 湯の峰温泉 つぼ湯&公衆浴場

田辺市 川湯温泉 仙人風呂&野湯

田辺市 川湯温泉 冨士屋 宿泊

田辺市 川湯温泉 公衆浴場

田辺市 川湯温泉 山水館 川湯みどりや 日帰り入浴

十津川村 上湯温泉 神湯荘 宿泊

十津川村 上湯温泉 河原露天風呂 リニューアル

十津川村 出谷温泉 つるつる乃湯 偵察(閉館)

十津川村 十津川温泉 ホテル昴 日帰り入浴 

十津川村 十津川温泉 公衆浴場 庵の湯  

十津川村 湯泉地温泉 公衆浴場 滝の湯

十津川村 湯泉地温泉 公衆浴場 泉湯 

十津川村 湯泉地温泉 やど湯の里 宿泊

熊野市 湯元山荘 湯ノ口温泉 日帰り入浴

和歌山県の混浴のある温泉

和歌山県の「日本秘湯を守る会」の会員宿

ブログ掲載 和歌山県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 228 人です,本日は 1人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です