糠平温泉 湯元館 日帰り入浴 ★★★★

糠平温泉 湯元館

北海道上士幌町にある糠平温泉「元祖 湯元館」の入浴レポートです。

最終更新日  2016/8/11 訪問日  2015/6月中旬

【糠平温泉 湯元館】基本情報

ぬかびらおんせん ゆもとかん

住所:〒080-1403 北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷北区52番地の1
TEL:01564-4-2121
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付6,600円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治対応〇 自炊〇
(食事付は土日祝のみ) 素泊まり3,800円~4,200円 *冬季は暖房費1,000円/部屋 別途

口コミ評価:ニフティ温泉4.0点、トリップアドバイザー4.0点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆鄙びた宿が好き
◆開放感のある露天風呂が好き
◆ほんのり硫黄臭ただようお湯が好き
◆混浴ファン


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間
夏期:8:00~20:00 冬期9:00~19:00 *不定休要確認
料金:大人500円 小人200円 幼児100円
個室休憩付プラン 4,200円(浴衣・タオルセット込)
タオルレンタルあり
混浴は湯浴み着、バスタオル巻OK

アクセス

◆車
層雲峡方面から国道273号線三国峠経由、63キロ1時間30分。帯広方面から国道241号・273号線経由、60キロ約1時間15分。
ドラぷら
◆電車
JR「帯広駅」から60km、十勝バス「ぬかびら源泉郷行き」で約90分、終点「ぬかびら源泉郷スキー場」下車。
JR「旭川駅」・層雲峡方面又は帯広駅より、予約制バス「ノースライナーみくに号」にて「ぬかびら源泉郷」下車。
Yahoo!路線情報十勝バス
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【 糠平温泉 湯元館 日帰り入浴】

「糠平温泉」(ぬかびらおんせん)は、帯広から北へ60キロ、

糠平湖の南湖畔にある小さな温泉街です。

 

国道273号線沿いにはわずか100m足らずのところに、

ホテル・旅館・ペンション・コテージ・ユースホステル等9軒の宿泊施設があります。

高度成長期に北海道旅行が流行っていた時には団体ツアーで賑わっていた温泉街ですが、

徐々に客足が遠のき、現在はひっそりした温泉街です。

ぬかびら温泉郷

温泉街のメインストリート

 

糠平温泉は、全施設が源泉かけ流し、消毒なしで、2007年に「源泉かけ流し宣言」をしています。

日帰り客は1,200円の手形で3軒湯めぐりができ、

宿泊すれば他の宿のお風呂に無料でもらい湯できるというサービスもあり、

泊りで滞在して損はない温泉地です(^^♪

 

 

「湯元館」はその名の通り、糠平温泉の元祖と呼ばれる宿で、温泉街の入口にあります。

創業大正15年の少々鄙びた宿ですが、多彩なお風呂があり、泉質も良いので人気があります。

 

平日は素泊まりのみで、食事付は土日祝日だけ。

2食付でお布団セルフならば6,600円と激安です。

隣りにライダーズハウス、他にコテージも経営していて、エコノミー旅行者に嬉しい宿だったりします。

糠平温泉 湯元館1

宿の外観

糠平温泉 湯元館3

入口

糠平温泉 湯元館4

玄関

糠平温泉 湯元館5

十勝石が売っていましたが、何に使うのだろう・・・アクセサリーや工芸品なのかな。

糠平温泉 湯元館58

館内は庶民的な家族経営の宿といった雰囲気です。

 

フロントで声をかけると気さくなご主人が出てきて、

「今は誰もいないからどこでも好きなお風呂に入ってゆっくりして行って下さいね~」

と言ってくれました。

どこでもいいのか!北海道らしい大らかな宿ですね。

糠平温泉 湯元館57

ロビーにはぷーさんのぬいぐるみ。

糠平温泉 湯元館6

お風呂の入口は分かりやすく表示されています。

フロントから廊下の奥へ、階段を降りた地下に男女別の浴室があります。

糠平温泉 湯元館8

素泊まり湯治の方が多いからか、コインランドリーもありました。

糠平温泉 湯元館11

地下2階分くらいの階段があります。バリアフリーではないですね。

糠平温泉 湯元館12

地下に降りると手前に女湯、奥に男湯、

更に正面奥には混浴露天風呂の入口(女性用)があります。

糠平温泉 湯元館7

お風呂の見取図はこの通り。下が通路で左が女湯、右が男湯です。

【糠平温泉 湯元館 女湯】

まずは女湯から。

糠平温泉 湯元館13

女性用脱所。10畳ほどの広さに脱衣棚と洗面台、足マッサージ機があります。

貴重品ボックスやドライヤーはなかったです。

糠平温泉 湯元館19

内湯は8畳くらいの広さ。

ブルーのモザイクタイルにコンクリートのシンプルな浴槽で5~6人サイズの大きさです。

内湯は湧水で加水してあり、温度は42度くらいでした。

ちょっと湯気が籠っています。

糠平温泉 湯元館46

左のドアから出ると脱衣スペースがあり、露天風呂に出ます。

糠平温泉 湯元館18

石組のお風呂で6~8人サイズの大きさです。

ブルーグリーンのお湯に見えますが、浴槽に析出物が溜まっているからでしょうか。

糠平温泉 湯元館49

湯口

露天は加水していないそうですが、42度弱で入りやすい温度でした。

ほんのわずかに石膏臭、うす塩味がしました。

浴感はとても滑らかです。

糠平温泉 湯元館48

入浴中の眺め。

すぐ下に渓流が流れていて、向かいは木立ちでとても解放感があります。

木立ちの向こうは国道なので、たまに大型バスが通るのが見えてヒヤッとしましたが、

向こうからは見えるはずもないですね。

糠平温泉 湯元館51

お風呂から入口を見るとこんな感じ。

糠平温泉 湯元館53

見たことある葉っぱだと思ったら、ミントがたくさん生えていました。

これは自生しているハッカなのかなぁ。いい匂いがしました。

このおかげなのか、渓流沿いで緑豊かな夏日だったのに、アブはいませんでした。

夏の露天はハーブ水を身体にスプレーしておくと結構効き目があるんですよね。

 

とりあえず、女湯は満喫したので他のお風呂に移動です。

糠平温泉 湯元館20

女湯の内湯には仕切り壁の奥にドアがあり、

女湯側からのみ鍵を開けて出入りできるようになっていました。

糠平温泉 湯元館42

向こうは男湯です。まだお客さんは誰もいないので急げ~

糠平温泉 湯元館41

と思ったら、壁際に小さな扇形の浴槽がありました。

ちょっと暗くて入りにくいのでパスしました。

 

【糠平温泉 男湯】

男湯に入ると、ジャーン!大きな楕円形のローマ風呂風の浴槽がありました。

糠平温泉 湯元館24

湯船の底はブルーのモザイクタイル、縁は石組、中央には噴水があります。

薄暗い浴室に差し込む太陽光。

庶民的で鄙びた宿ですが、この浴槽は上品でいい感じです。

糠平温泉 湯元館44

噴水はインパクトがありますね。

お風呂は深め、温度も43度強とかなり熱めでした。

 

【糠平温泉 湯元館 混浴露天風呂】

続いて混浴露天風呂へ。

男湯からは内湯のドアから露天風呂へ出入りできますが、

女湯からは一旦着替えて外に出て、男湯内湯の隣にある女性専用脱衣所のドアから出入りします。

 

とはいえ、今は貸切なので着替えを持って男湯から移動してみました。

糠平温泉 湯元館25

ドアを開けるとまず打たせ湯がありました。

この打たせ湯は温泉ではないようです。

糠平温泉 湯元館26

打たせ湯の浴槽をくぐって行くと露天風呂の入口があります。

糠平温泉 湯元館27

男湯側からの眺め。

大きな石組の深い浴槽です。

糠平温泉 湯元館

女性用の脱衣所から向かうとこんな感じ。

長方形で10~12人くらいは入れるサイズです。

女湯の露天に比べて湯船の底に析出物が多く、より綺麗なブルーグリーンのお湯に見えます。

 

真ん中のイルカの頭のような石は、女性が入浴中にちょっと隠れるためにあるのあかな。

糠平温泉 湯元館39

左側に湯口。

こちらの露天も加水なしでかけ流し100%。温度は42度強でした。

他の浴槽と比べると泉質は一番濃い感じ。お湯もはっきり硫黄臭とたまご味がしました。

糠平温泉 湯元館38

入浴中の眺め。

女湯の露天風呂に比べると断然開放感があります。

お湯も上品で、もう少しぬるければ長居したいなぁ。

糠平温泉 湯元館37

眼下は渓流。

この露天風呂は気に入りました!

 

しばし満喫した後にお客さんがやってきたので撤退しました。

人がいないと安心していましたが、一応バスタオル巻や湯浴み着もOKです。

糠平温泉 湯元館35

混浴露天風呂の女性用脱衣所はこんな感じになっています。

脱衣棚の板塀には「〇〇参上!」など、お約束の落書きがいっぱい^^

 

【糠平温泉 湯元館 温泉の感想】

 

庶民的で鄙びた宿でしたが、「湯元」とあるように、

はっきり分かる硫黄臭で上品な浴感、

糠平温泉で3軒入浴した中では泉質は一番でした。

 

景色も良く、露天風呂の造りが良いのに空いていることが多いそうで、

カップルで来るには良い宿なのではないでしょうか。

 

女湯もそれなりにいい露天風呂でしたが、

混浴の方に入ってしまうとやはり見劣りします。

人が少なめの時を狙って、混浴露天風呂がおすすめだと思います。

 

 

泉質★★★★4.3

お風呂の雰囲気★★★★4.4(男湯内湯と露天はgood)

清潔感★★★3.6

接客サービス★★★★4.3

 

【糠平温泉 湯元館 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場各1 (女湯内湯1 露天1、男湯内湯1) 混浴露天風呂1 打たせ湯1

◆源泉 H13.9月の分析書

「糠平温泉」 泉温59.2度 湧出量?(自然湧出)

泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)ph7.0
(旧泉質名:含重曹ー食塩泉)
蒸発残留物877mg/kg 溶存物質1,077mg/kg 成分総計1,122mg/kg
態様:源泉かけ流し、(内湯は沢水20%加水、露天は加水なし)塩素消毒なし

 

糠平温泉 湯元館 宿泊予約サイト

  • 一般の予約サイトはありません。
  • 宿に直接お電話でお問い合わせください。
  • 湯元館 TEL:01564-4-2121

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【ぬかびら温泉郷周辺の関連記事】

糠平温泉 中村屋 宿泊

糠平温泉 山の旅籠 山湖荘 日帰り入浴

河東郡上士幌町 幌加温泉 鹿の谷 日帰り入浴

河東郡上士幌町 岩間温泉 岩間の湯(野湯)

河東郡上士幌町 三股山荘 ロハスなカフェごはん

 

7泊8日 北海道 大雪山 29湯 秘湯巡りの旅 2015初夏

北海道の秘湯 一人旅

道東の混浴のある温泉

ブログ掲載 道東の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 6,868 人です, 本日の訪問者は2 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です