大沢温泉 山水閣 日帰り入浴 ★★★+



大沢温泉 山水閣14

最終更新日 2015/4/23 訪問日 2014/8月下旬

【大沢温泉 山水閣】基本情報

おおさわおんせん さんすいかく

住所:〒025-0244 岩手県花巻市湯口大沢181
TEL:0198-25-2021
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 9,000円~25,000円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治対応〇 自炊〇
自炊部素泊まり 2,777円(税抜)~

口コミ評価:じゃらん4.7点楽天トラベル4.58点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆歴史ロマン溢れる宿が好き
◆両親や大切な人を招待したい
◆渓流沿いの露天風呂が好き
◆いろんなお風呂に入りたい
◆混浴ファン


[PR]るるぶトラベル 今月のキャンペーン♪ ポイントがたくさんたまる!

【日帰り入浴】

営業時間:7:00~20:00受付(20:30閉館) 自炊部受付
料金:大人600円 小人300円
山水閣「山水の湯」「家族風呂」以外全て利用可能
*11:00~14:00は1,000円で山水閣「山水の湯」も利用可(タオル付)

食事処「やはぎ」
営業時間7:00~9:00、11:00~14:00、17:00~21:30

アクセス

◆車
東北道「花巻南IC」から車で15分。ドラぷら
◆電車
東北新幹線「新花巻駅」からタクシーで35分、東北本線「花巻駅」から岩手県交通バス「湯口線」で「大沢温泉」下車(30分)。
無料シャトルバスあり。新花巻駅発~花巻駅経由~大沢温泉まで午後3本、大沢温泉発~花巻駅経由~新花巻駅まで午前は2本(宿泊者専用)。Yahoo!路線情報岩手県交通バス時刻表
◆飛行機
「いわて花巻空港」より「エアポートライナー」で花巻温泉郷行き「鉛温泉」下車(前日18:00までに要予約) http://www.porano.jp/taxi/
◆高速バス
池袋・東京駅八重洲口→花巻駅・盛岡駅着
楽天トラベル高速バス予約

地図


大きな地図で見る

【大沢温泉 山水閣 日帰り入浴】

大沢温泉は花巻南温泉峡(他に「鉛温泉」「渡り温泉」)の一つです。

東北道「花巻南IC」から15分というアクセスのよい立地にありますが、

緑に囲まれた渓流沿いにあるので、秘湯ムードはバッチリです。

 

しかも、

  • 大沢温泉は高級旅館の「山水閣」
  • 水車小屋と茅葺屋根の「菊水館」
  • 古き良き時代の湯治宿をそのまま体験できる「自炊部」

に分かれており、好みに合わせて違った情緒を味わえる、一粒で3度おいしい?宿です。

 

自炊部の日帰り入浴の営業時間も長く(7:00~20:00受付)、入浴可能なお風呂も多彩です。

 

日帰り入浴は通常、自炊部での受付となるのですが、

今回は「山水閣」のお風呂にも入ってみようということで、

「山水閣」の日帰り入浴を利用しました。

 

大沢温泉 山水閣1

「山水閣」の外観

瓦屋根の鉄筋コンクリート2階建て。

駐車場前は日本庭園風になっていて、高級旅館の佇まいがあります。

 

玄関を入るととても立派な旅館で、本当に日帰り入浴を受付けているのかなぁ?

と思ってしまうほど。

接客もとても丁寧です。

 

あまり大々的には宣伝していませんが、

11:00~14:00の間、1,000円で自炊部での日帰り入浴+山水の湯に入浴できます。

宿泊時についてくるフェイスタオルの入ったアメニティ用の巾着付で、

バスタオルレンタルは無料でした。

 

大沢温泉 山水閣3

フロントでもらった見取り図。

渓流を挟んで3つの建物に温泉が点在しているので、場所を把握するが大変。

日帰りの場合は半日~1日かけてゆっくり廻らないともったいない宿です。

 

【大沢温泉 山水閣 大浴場】

まずは、旅館部「山水閣」のお風呂から。

大沢温泉 山水閣16

廊下はピカピカ。白木をふんだんに使っていて高級感が漂っています。

大沢温泉 山水閣20

美術品や大沢温泉の歴史を展示するスペースなどもあります。

 

ここ数か月はあまり高級志向の温泉宿に行っていませんが、

両親を連れて来ても文句は言われないだろうなという立派な宿でした。

 

 

「山水閣」には

  • 男女別大浴場(内湯・露天風呂)の「山水の湯」(「山水閣」宿泊者限定)、
  • 半露天風呂の「豊沢の湯」(自炊部での日帰り入浴も可能)、
  • 家族風呂2つ(「山水閣」宿泊者限定)

のお風呂があります。

 

大沢温泉 山水閣4

「山水の湯」入口

大沢温泉 山水閣5

脱衣所入り口は畳敷き

大沢温泉 山水閣6

脱衣所のフローリングもピカピカ。

いい香り が漂っていました。

大沢温泉 山水閣15

洗面台にはアメニティも揃っています。

大沢温泉 山水閣7

内湯は10~12人サイズの檜の浴槽

大理石の床に窓が大きく取ってあり、高級感が漂っていました。

大沢温泉 山水閣12

かけ湯も源泉を使用。

大沢温泉 山水閣14

柔かくてやさしい浴感です(アルカリ性の単純泉)。

ただ、あまりお湯に元気がないかなぁという感じがしました。

後で分析表を見ると、「山水閣」の方は家族風呂以外、循環併用のようです。

塩素系薬剤使用とありましたが、塩素臭は皆無でした。

大沢温泉 山水閣10

硝子戸をあけると露天風呂もあります。こちらは6人サイズ。

大沢温泉 山水閣8

お風呂からの眺め(立って見える景色)。

2日続けて大雨だったので、川は濁流になっていましたが、

対岸には家もないので、解放感は抜群です。

大沢温泉 山水閣13

大浴場のシャンプーはPOLA製でした。

大沢温泉 山水閣17

湯上りに冷水・冷茶のサービスもあります。

大沢温泉 山水閣18

隣には家族風呂が2つあります(「山水閣」宿泊者限定)。

浴槽は1~2人サイズ。(画像は宿提供/じゃらん)

家族風呂の利用時間は15:00~24:00と翌朝6:00~10:00

 

今回は入り損ねましたが、「豊沢の湯」という半露天風呂もあります。

大沢温泉 山水閣21

「豊沢の湯」入口


「豊沢の湯」(画像は宿提供/じゃらん)

半露天で夏は窓が取り払われるので、渓流の眺めも最高です。(画像は宿提供/じゃらん)

 

【大沢温泉 山水閣 山水の湯(女湯)動画】

 

【大沢温泉 自炊部】

続いて自炊部へ。

「山水閣」の廊下から階段を降りて接続部分を通り抜けると「自炊部」があります。

さきほどの高級旅館の雰囲気とは一転、タイムスリップしてきたような錯覚を起こします。


自炊部 玄関(画像は宿提供/じゃらん)

大沢温泉 山水閣70

自炊部の休憩室

隣の帳場も休憩室も、玄関~廊下の雰囲気は古き良き時代の湯治宿そのままです。

大沢温泉 山水閣25

自炊部の売店にはちょっとした生鮮食料品もあります。

大沢温泉 山水閣26

アイス、飲み物、冷凍食品も豊富。

大沢温泉 山水閣29

自炊部の調理室。ガス台もレトロでした。

大沢温泉 山水閣40

ただ、朝昼晩と営業している食事処があるので、

連泊しても結局ここで食べてしまうのかなぁ、なんて。

 

【大沢温泉 「自炊部」のお風呂】

それでは、「自炊部」のお風呂に参ります。

 

自炊部には、

  • 大沢温泉名物の混浴露天風呂「大沢の湯」、
  • 女性専用露天風呂「かわらの湯」
  • 男女別内湯「薬師の湯」があります。

 

まずは露天風呂から

大沢温泉 山水閣42

丁寧に露天風呂まで「55m」と書いてあります^^

大沢温泉 山水閣44

案内板にしたがって

大沢温泉 山水閣45

階段を降りて行くと

大沢温泉 山水閣48

ドアの向こうに水色のお風呂が見えました。

混浴なので、昼間は結局男性客ばかりですね。

 

ドアのすぐ右側に女性用の脱衣所、一番奥は男性用となっており、

男性客は湯船の奥の方にたむろしていました。

遮るものは何もないので、よほどの人でないと女性は入浴できないともいます。

 

大沢温泉 山水閣43

「大沢の湯」は20:00~21:00までの1時間だけ女性専用です。

日帰りの受付は20:00まで、閉館21:00なので、日帰りでもギリギリ利用できますね。

 

「ながめの良い混浴露天風呂で景色のよい朝方に女性専用時間がないのは残念」

と思いますが、行ってみれば納得。

大沢温泉 山水閣46

「自炊部」と「菊水部」を繋ぐ橋。

 

大沢温泉 山水閣53

対岸に見える水車小屋と茅葺屋根の景色があまりに素敵だったので、

知らずに橋の上を歩いていましたが、

大沢温泉 山水閣54

カメラを回しながら振り返ると

大沢温泉 山水閣56

露天風呂が丸見えだったのでビックリ!

さいわい、入浴中の方は見えないところで涼んでいたようですが^^

 

というわけで、「大沢の湯」は手足だけ浸かってきました。


入浴するとこんな景色に。(画像は宿提供/じゃらん)

 

続いて、女性専用露天風呂の「かわべの湯」へ

大沢温泉 山水閣34

脱衣所

 

お客さんがいたので写真は撮れませんでしたが、

渓流を間近に望めるので雰囲気は良かったです。

女性専用なのでゆっくりできるのもいいですね。

自炊部 女性専用露天風呂「かわべの湯」(画像は宿提供/じゃらん)

大沢温泉 山水閣32

「薬師の湯」入口

大沢温泉 山水閣35

脱衣所から見える浴槽。

 

吹き抜けになっている開放的な浴室。

4~5人サイズの四角いお風呂と、右にはもう一つ楕円形のお風呂があります。

この日は大雨だったからか、お客さんはここに集中していたようです。

浴槽が小さいということもあるかもしれませんが、お湯の鮮度は一番でした。

こちらは男湯(画像は宿提供/じゃらん)

 

【「菊水館」のお風呂】

「菊水館」は自炊部の川向こうにある茅葺屋根の建物です。

「山水閣」よりもリーズナブルで「自炊部」よりはややゆったりした客室のようです。

大沢温泉 山水閣52

自炊部の窓から見える川岸の茅葺屋根がとにかく秀逸でした。

広くて建物がたくさんあって、テーマパークのような感じですが、

人工的ではなく、昔からの佇まいを残していてとてもいい雰囲気です。

大沢温泉 山水閣50

自炊部の中ほどに外に出る扉があるのですが、

大沢温泉 山水閣51

菊水館の「南部の湯」の入浴時間は

6:00~9:00、14:00~17:00ということで、

入館したのがお昼前だったため入浴できませんでした。

残念(;一_一)

菊水館「南部の湯」(画像は宿提供/じゃらん)

このお風呂が一番風情があると常連さんには人気のようです。

 

「食事処 やはぎ」

さてと、小腹がすいたので自炊部の食堂に向かいました。

大沢温泉 山水閣28

自炊部の玄関・帳場からこの食事処に向かう館内の雰囲気がとても気に入りました。

大沢温泉 山水閣40

食事処「やはぎ」

宿泊者でなくても当然、利用できます。

大沢温泉 山水閣38

おすすめメニュー

大沢温泉 山水閣39

食品サンプルはあまり参考にならないかな^^


食事処内部(画像は宿提供/じゃらん)

民芸調のお蕎麦屋さんといった雰囲気です。

自炊部の雰囲気とマッチしていてとても居心地がいいです。

 

朝は決まった定食メニューのみ、

昼・夕食は定食、麺類、丼物とメニューは多く値段もお手頃なので、

自炊部に連泊していても食事に困ることはなさそうです。

 

店の奥にセルフサービスのお茶類と食べ放題のお漬物も置いてあります。

 

大沢温泉 山水閣65

とりあえず、湯上りに冷たいウーロン茶。

大沢温泉 山水閣66

お蕎麦が好評ということで、天ざるそばを注文してみました。

大沢温泉 山水閣68

白っぽい細麺ですが、田舎風でした。少し茹ですぎかも。

大沢温泉 山水閣67

天婦羅は、ししとう、かぼちゃ、海老。

全体的に味はまあまあでした。

 

【食事処 やはぎ メニュー】

大沢温泉 山水閣57大沢温泉 山水閣58

定食メニュー1、2

 

大沢温泉 山水閣59大沢温泉 山水閣60

丼物、麺類(ラーメン、パスタ)

大沢温泉 山水閣61大沢温泉 山水閣62

そば、一品料理

 

大沢温泉 山水閣63

飲み物

 

 

 

【大沢温泉 自炊部館内・大沢の湯 動画】

 

【大沢温泉 山水閣 の感想】

今回は高級志向の「山水閣」から湯巡りを始めましたが、

建物によって風情が異なっていて、何軒も湯巡りするかのような楽しさがありました。

 

「山水閣」は新しくて綺麗ですが、だからと言ってつまらないということもなく、

センスも良く、両親を招待したりするにはとてもいい雰囲気でした。

 

自炊部の方は打って変わって、古いけれど綺麗で活気があって、

昔ながらの東北の湯治場ってこんな感じなのだろうなという

イメージ通りの秘湯宿でした。

 

川岸に見える茅葺屋根の「菊水館」と水車小屋もとても素敵で、

宿の中にいるだけで観光気分を味わえました。

 

名物の混浴露天風呂「大沢の湯」には入浴できませんでしたが、

館内を歩いているだけで楽しい、

何度も来たくなる宿でした。

 

泉質★★★★4.0

お風呂の雰囲気★★★★4.3

清潔感★★★★4.7

宿の雰囲気★★★★4,9

接客サービス★★★★4.7

 

【お花見・紅葉情報】

◆桜の開花時期

4月20日頃~GW *菊水館・自炊部のお風呂から桜が見えます。

◆紅葉時期

10月後半~11月上旬が見頃

 

【大沢温泉 温泉情報】

◆お風呂

「山水閣」男女別大浴場(内湯・露天風呂)1 半露天風呂1 家族風呂2
*客室内湯(檜風呂)は非温泉
「自炊部」 混浴露天風呂1 女性専用露天風呂1 男女別大浴場1
「菊水館」 男女別半露天風呂1

◆源泉

「大沢の湯」 自家源泉・掘削・動力揚湯 源泉温度51度 湧出量753L/分

泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)ph9.0 成分総計602.6mg/kg

自炊部「大沢の湯」・「薬師の湯」・「かわべの湯」 完全掛け流し
菊水館「南部の湯」 完全掛け流し
山水閣「貸切家族風呂」は源泉掛け流し、その他はごくわずかに循環併用・塩素薬剤使用する場合あり

適応症::神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、痔疾、冷え性、うちみ、くじき、疲労回復、健康増進

【食事】

◆山水閣
4名様まで屋食,5名様以上の場合、個室宴会場。朝食は和洋バイキングです。

◆菊水館
朝夕とも食堂。人数様が多い場合は、宴会場。

◆自炊部
食事処「やはぎ」利用。
営業時間7:00~9:00、11:00~14:00、17:00~21:30

 

大沢温泉  宿泊予約サイト
じゃらん(山水閣) 楽天トラベル(山水閣) JTB るるぶトラベル
じゃらん(菊水館) 楽天トラベル(菊水館)
じゃらん(自炊部) 楽天トラベル(自炊部)

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*予約サイトは掲載時の情報です。取扱会社の変更がある場合もございますのでご了承ください。

【大沢温泉周辺の関連記事】

花巻市 鉛温泉 藤三旅館 日帰り入浴

北上市 夏油温泉 元湯夏油 宿泊

西和賀町 巣郷温泉 でめ金食堂 日帰り入浴

横手市 南郷温泉 共林荘 日帰り入浴

雫石町 国見温泉 石塚旅館 宿泊

八幡平市 藤七温泉 彩雲荘 宿泊

八幡平市 松川温泉 松楓荘 日帰り入浴

八幡平市 松川温泉 峡雲荘 日帰り入浴

八幡平市 松川温泉 松川荘 日帰り入浴

◆一関市 須川高原温泉旅館 旅館部宿泊湯治部屋宿泊

東成瀬村 須川温泉 栗駒山荘 日帰り入浴&ランチ

 

宿泊予約サイト

 

 


 

ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP blog 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>「源泉湯宿を守る会」の会員宿 全国一覧

>>「温泉遺産を守る会」源泉掛け流し認定の宿

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪

この記事が面白かった・役に立ったら、fいいね・+1・tweet・ブックマークをお願いします(σ゚∀゚)σ
更新の励みになります

このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 5,860 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です