二岐温泉 大丸あすなろ荘 立ち寄り湯 ★★★

大丸あすなろ荘37

【二岐温泉 大丸あすなろ荘】

(ふたまたおんせん・だいまるあすなろそう)

住所:〒962-0621 福島県岩瀬郡天栄村湯本字下二俣5
TEL:0248-84-2311
公式サイト日本秘湯を守る会宿紹介ページ

【宿泊料金】

1泊2食付14,000円~25,000円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応×

口コミ総合評価:じゃらん4.0点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆渓流目の前の露天風呂が好き
◆静かで落ち着いた大人の宿が良い


[スポンサーリンク]








 

→「二岐温泉 大丸あすなろ荘」の宿泊レポお部屋編はこちらへ

→「二岐温泉 大丸あすなろ荘」の宿泊レポお食事編はこちらへ

→「二岐温泉 大丸あすなろ荘」の宿泊レポお風呂編はこちらへ

 

【日帰り入浴】

営業時間:11:00 ~ 14:30 要確認
料金:大人700円(タオル別)
食事処「あすなろ亭」(土日祝日のみ営業)

アクセス

◆車
東北自動車道白河ICより国道294号線~国道118号線で約90分。
ドラぷら
◆電車
JR東北新幹線新白河駅下車、13時20分発の湯ったりヤーコン号で90分。
Yahoo!路線情報

ワンコインバスは1日1便で、利用時は電話にて要予約(1名片道500円)。
新白河から二岐は13:20発東口より乗車、二岐から新白河は11:00発、12:30頃着です。

冬期間は、お車の方は四輪駆動スタットレス、又は二輪駆動スタットレスにてお越しくださいませ。
除雪はされております。雪の情報は電話にてお問い合わせ下さいませ。とのこと。
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

 

 二岐温泉 「大丸あすなろ荘」(立ち寄り湯)

最近の秘湯巡りはだんだん欲張りになってきて、

1泊したら、近場の秘湯宿の下見がてら、

最低1つは日帰り温泉に立ち寄るのが通例となりつつあります。

今回、甲子温泉「元湯旅館大黒屋」の帰りに寄ったのは、

二岐温泉(ふたまたおんせん)「大丸あすなろ荘」です。

「大丸あすなろ荘」は、「日本秘湯を守る会」「源泉湯宿を守る会」

「日本温泉遺産を守る会(源泉掛け流し認定)」の会員宿です。

甲子温泉大黒屋112

羽鳥湖

 

「大丸あすなろ荘」への直線距離は7~8kmでしたが、

前日の大雪で山道が凍結していたらと心配になり、

少し大回りとなる50kmの国道沿いから行くことになりました。

途中、羽鳥湖の前で撮影。

太陽は照っているが、積もった雪が舞っているのか、

まだ雪が降っているのか分からないほどの突風でした^^

 

羽鳥湖の近くの道の駅でトイレ休憩していると、

「大丸あすなろ荘」の文字の入ったバンが。

これから、新幹線の駅にお客様を送迎する途中だったようです。

 

二岐温泉入り口すぐにある、別館「ブナ山荘」も同じオーナーで、

かつ、「日本秘湯を守る会」の元会長の宿でもあります。

ブナ山荘(JTB)

大丸あすなろ荘1

駐車場は旅館の建物から100mくらい離れた場所にあり、

雪道を歩いていくことに。

大丸あすなろ荘4

雪でよく分からないですが、豪奢な造りに見えます。

両親は日本家屋にうるさいのですが、「ここは本物のお金持ちの宿だね」と言ってました。

大丸あすなろ荘6

門をくぐると、竹でできた塀があります。

いろんな色の竹を隙間なく上手に組んであって、

手の込んだ日本家屋といった感じ。

大丸あすなろ荘7

入口までは30mくらい。

大丸あすなろ荘9

入り口の看板

大丸あすなろ荘10

鹿威し

大丸あすなろ荘11

ロビーの待合室

大丸あすなろ荘12

「日本秘湯を守る会」の全会員宿のスタンプが飾られていました。

大丸あすなろ荘14

大きな一枚板のテーブル。重くて高そう^^

大丸あすなろ荘15

昼食時間だったので、ここでお昼を取ろうと思ったのですが、

土日以外はやっていないとのことでした。

すぐ下の、「ブナ山荘」の方もお昼は食べられず。

お腹が空き始めていたので、温泉はざっくりと入ることに。

宿泊客は帰ったばかり、日帰り温泉のお客さんも、私たち以外、誰もいませんでした。

大丸あすなろ荘16

館内案内図

建物の構造がちょっと複雑な感じ。

水色の部分がお風呂。

 

1階の男女別内湯と露天風呂

すぐ外の自噴泉風呂、

奥の左が原則女性専用の露天風呂(子宝露天風呂)

*18:00~21:00男性専用

右側が原則男性専用の露天風呂2つ(渓流露天風呂)。

*18:00~21:00女性専用

大丸あすなろ荘39

大丸あすなろ荘17

1階の建物を出て、石の階段を下りて行きます。

大丸あすなろ荘18

50cm程度の積雪でしたが、獣道のように雪かきがされてあったので、長靴でなくても大丈夫でした。

大丸あすなろ荘19

お風呂の案内板

大丸あすなろ荘20

左に行くと、女湯の脱衣所が。

大丸あすなろ荘21

渓流沿いに露天風呂

大丸あすなろ荘22

お湯は無色透明。温度は41度くらい。

時間がなかったので、手を温めて終わり^^

大丸あすなろ荘23

右に少し行くと、男湯の「渓流露天風呂」。

誰もいなかったので、覗いてみました。

*一番下に動画あり

大丸あすなろ荘25

冬期間につき、渓流露天風呂は上流にあります小型風呂のみとなります。

との案内。

大丸あすなろ荘26

入ってすぐのお風呂は、源泉がぬるいのか、冬季は入れない。

源泉温度は、お風呂によって42-62度。

大丸あすなろ荘28

奥の「小型渓流風呂」

41度くらいか。冬季に浸かるには、出た後が寒そうな温度。

大丸あすなろ荘29

すぐ横には渓流が。水量は結構多いです。

春には新緑、秋には紅葉と、楽しめそう。

大丸あすなろ荘31

宿泊棟の方に戻る途中

大丸あすなろ荘37

自慢の「自噴泉岩風呂」の建物

大丸あすなろ荘36

原則混浴で、朝6:00~8:00が女性専用。

入ろうとすると、内湯の露天風呂から見ていた父が「何やってるの~」と声を掛けてきた。

すると、自噴泉岩風呂からは、弟が「こっちは誰もいないよ~」と答えた^^

ちょっと、お邪魔して撮影。

大丸あすなろ荘33

岩に囲まれたお風呂で座り込む弟。

ここが自慢の足元自噴風呂。

大丸あすなろ荘34

浴槽の下をアップで撮影すると、こんな感じで、

岩がデコボコして溝がたくさんあります。

どこから自噴しているのか、聞いてくるのを忘れてしまいました^^

お湯は、42度以上あるのではないかというくらい熱かったとのこと。

大丸あすなろ荘35

一応、桶と水道の蛇口はあります。

*2016年現在修復により外観、内装ともに変わりました。

 

大丸あすなろ荘30

途中、新しい祠がありました。

露天は寒そうなので、内湯に入ることに。

大丸あすなろ荘38

また階段を登って、宿泊棟に戻ります。

大丸あすなろ荘46

大丸あすなろ荘45

1階の男女別内湯+露天風呂

大丸あすなろ荘40

女湯の内湯

湯気でうまく撮影できず。

内湯の方は42度くらいでした。

大丸あすなろ荘41

すぐ外の露天風呂。

こちらは、若干ぬるく、40度~41度くらい。

縦長のお風呂で、5メートルくらいの長さ。

ほんのりと硫黄の香りがして、お湯はまったりとなめらか。

*一番下に動画あり

大丸あすなろ荘44

積まれた岩の間からは、先ほどの「自噴泉岩風呂」の建物が見えます。

大丸あすなろ荘48

お風呂上りにはお水が用意されていました。

大丸あすなろ荘47

「霊峰二岐山中より湧水する天然伏流橅(ブナ)水を氷水といたしました。

お風呂上りにどうぞ!!」

氷が入っているので、とっても冷たかったですが、

味は最高に美味しかったです!

湧水ファンなので、秘湯の宿はこういう湧水が飲めるのがうれしいですね♪

 

そして、ロビーで、湯上り後のハーゲンダッツ(バニラ)もいただきました。

お風呂上りにアイスはもう定番となっています。

アイスがあるかないかで、宿の評価はかなり左右されてしまいます^^

 

今回の「大丸あすなろ荘」は、「大黒屋」と比べると、

高級志向の宿だなぁという印象を受けました。

露天の景色や、自噴泉風呂といった名物もあり、

温泉の数も多いので、結構楽しめそうな感じです。

多少寒くても、雪見風呂ができるなら・・・

という方でしたら、冬の空いた時期はいいかもしれません。

 

1泊の料金は、14,850 円 ~ 28,500 円と価格帯にバラつきがありますが、

高いお部屋は露天風呂付き客室(6室)となっているようです。

エントランス、建物の造り、インテリアからしても、

高級和風旅館という感じですので、

年配の方に受けそうな印象でした。

うちの両親は、次はここに泊まりたい!と言ってました。

 

最後に、従業員の方に、

この近くにおいしいお蕎麦屋さんはないかと聞いたところ、

グルメ通の方が今日はいないということで、

分かる範囲であれば、白河ラーメンの「とら食堂」なら間違いないとおっしゃっていました。

行に寄った、東北道の「那須高原サービスエリア」でも

白河ラーメンがあったので、

ちょっと気になりましたが、

父は蕎麦と言って聞かなかったので、ラーメンはまた次回ということで^^

 

【追記】

2014年11月にお風呂付の部屋に宿泊してきました。

お風呂のレイアウトや混浴時間のルールが変わったので、こちらの記事も合わせてご覧ください。

 

→大丸あすなろ荘 宿泊レポ その1 お部屋編

→大丸あすなろ荘 宿泊レポ その2 お食事編

→大丸あすなろ荘 宿泊レポ  その3 お風呂編

 

館内の内湯に隣接する露天風呂

 

二岐川沿いにある「渓流露天風呂」

 

二岐温泉 大丸あすなろ荘 ここから予約できます

お問合せ 大丸あすなろ荘 TEL:0248-84-2311

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*宿に直接予約・日本秘湯を守る会web予約、朝日旅行社以外のネット予約の場合、日本秘湯を守る会のスタンプ押印サービスはございませんのでご注意ください。

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【二岐温泉・白河周辺の関連記事】

天栄村 二岐温泉 大和館 日帰り入浴

西郷村 元湯甲子温泉「旅館大黒屋」(宿泊2014)

西郷村 元湯甲子温泉 「旅館大黒屋」(宿泊2013)

西郷村 元湯甲子温泉「旅館大黒屋」(立ち寄り湯)

西郷村 新甲子温泉 みやま荘 日帰り入浴

下郷村 大内宿「三澤屋」(蕎麦)

白河市 白河ラーメン とら食堂

福島県の混浴のある温泉

ブログ掲載 福島県の秘湯レポート

福島県の「日本秘湯を守る会」の会員宿


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 2,804 人です, 本日の訪問者は6 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です