二岐温泉 大丸あすなろ荘 宿泊 その1 お部屋編 ★★★

大丸あすなろ荘2-部屋21

最終更新日 2015/3/24 訪問日 2014/11月中旬

【二岐温泉 大丸あすなろ荘】基本情報

ふたまたおんせん だいまるあすなろそう

住所:〒962-0621 福島県岩瀬郡天栄村湯本下二俣5
TEL:0248-84-2311
公式サイト日本秘湯を守る会宿紹介ページ

【宿泊料金】

1泊2食付 15,000円~27,000円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応× 自炊×

口コミ総合評価:楽トラベル4.0点、じゃらん4.0点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆渓流沿いにある露天風呂が好き
◆あつ湯が好き


[スポンサーリンク]








→「大丸あすなろ荘」のお食事情報はその2お食事編へ

→「大丸あすなろ荘」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

【日帰り入浴】

営業時間:11:00 ~ 14:30 要確認
料金:大人700円(タオル別)
食事処「あすなろ亭」(土日祝日のみ営業)

アクセス

◆車
東北自動車道白河ICより国道294号線~国道118号線で約90分。
幹線道路の除雪はされていますが、冬期間はスタッドレス・4WD推奨。
ドラぷら
◆電車
JR東北新幹線新白河駅下車、13時20分発の湯ったりヤーコン号で90分。
ワンコインバスは1日1便で、利用時は電話にて要予約(1名片道500円)。
新白河から二岐は13:20発東口より乗車、二岐から新白河は11:00発、12:30頃着。
Yahoo!路線情報
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【二岐温泉 大丸あすなろ荘 宿泊 その1 お部屋編】

 

二岐温泉(ふたまたおんせん)は、白河ICから羽鳥湖を超えて山奥へ1時間、

二岐山の東麓、二岐川渓流沿いに宿が7軒あるだけの小さな温泉街です。

開湯は平安時代、安和2年(969年)。1,000年以上の歴史のある温泉地です。

 

「大丸あすなろ荘」(だいまるあすなろそう)は、

日本秘湯を守る会の会長さんが経営する宿です。

前回は雪の降る日に日帰り入浴で立ち寄りましたが、

1年数か月たってようやく宿泊が実現しました。

大丸あすなろ荘2-部屋12

東北道を走行中に見える那須連山。

晴れていて気温も15度以上ある天気のいい日でしたが、

羽鳥湖を超えたあたりで気温は4度、ちらほら雪が舞ってきました。

大丸あすなろ荘2-部屋1

岩瀬湯本温泉街を抜けて二岐温泉のメインストリートに入ると、

「大丸あすなろ荘」の別館、「ぶな山荘」があります。

こちらはあすなろ荘からの引き湯でお湯は同じです。

大丸あすなろ荘のお風呂にも入浴できます。

ロッジ風の館内、1万円前後で宿泊できてリーズナブルです。

 

別館から車で2~3分、坂を上ったところに本館のあすなろ荘があります。

通り沿いに看板が出ているので、坂を下りて行くと左に駐車場があります。

大丸あすなろ荘2-部屋2

駐車場から宿の入口までは100m弱あるので、

天気の悪い日には荷物が多いとちょっと大変かもしれません。

大丸あすなろ荘2-部屋3

駐車場から宿への道

大丸あすなろ荘2-部屋50

入口の門は茅葺屋根。青い暖簾には「日本秘湯を守る宿」と書いてあります。

大丸あすなろ荘2-部屋4

入口からのアプローチが純和風で素敵です。

少しだけ紅葉も残っていました。

大丸あすなろ荘2-部屋5

宿の外観。

和風の鉄筋コンクリート造りです。

以前は文化財に指定されるような木造家屋だったそうですが、

雪やら何やらで崩壊してしまい、

同じように立て直すには規制があるため、やむなく今のような造りになったそうです。

大丸あすなろ荘2-部屋6

玄関には二岐川の湧水かな?

大丸あすなろ荘2-部屋10

玄関とフロント

大丸あすなろ荘2-部屋11

フロント前のラウンジで記帳を済ませます。

天然木の一枚板のテーブルが見事です。

大丸あすなろ荘2-部屋8

隣はラウンジ、奥はお土産処。

左のテーブルも樹齢300年のカナダ産メープルだったかな。

奥のお土産処には秘湯シャンプーセットや秘湯ビール、

ハーゲンダッツのアイスも販売しています。

大丸あすなろ荘2-部屋9

秘湯スタンプとは別の記念スタンプ。

ハンコが赤ちゃんくらいの大きさです!鶴の湯にも同じようなハンコがあったなぁ。

大丸あすなろ荘2-部屋18

今回は直前予約で空いていた、露天風呂付10畳間の客室で、1泊2食付25,000円でした。

1階の渓流亭のお部屋です。

「大丸あすなろ荘」には、フロントのある建物と同じ本館にある「湯生亭」と、

離れの構造になっている新館の「渓流亭」があります。

大丸あすなろ荘2-部屋39

こちらは館内見取り図。

左に二つ伸びているのが、今回宿泊した新館の「渓流亭」です。

 

山の斜面に建っているのと、後から増築したためか、

「渓流亭」のお部屋は直通のエレベーターはなく、

3階のフロントから2階にエレベーターで降り、

そこから迷路のように廊下を歩き、さらに階段を降りるという、

複雑な構造になっていました。

 

慣れるとそれほど大変でもありませんが、

足腰が悪い方は事前にお部屋の場所を確認しておいた方が良さそうです。

その代り、「渓流亭」は露天風呂の入口に近かったので、

お風呂好きには便利でした。

大丸あすなろ荘2-部屋17

今回宿泊した「通条花」(きぶし)の部屋。

部屋にはお花の名前がついていて、入口にそのお花の写真が飾ってあります。

「通条花」って読めないですよね。

お部屋は?と聞かれたら番号で覚えておかないと困る(;一_一)

大丸あすなろ荘2-部屋30

部屋のドアを開けると、踏込にトイレ、冷蔵庫があります。

大丸あすなろ荘2-部屋31

トイレはウォシュレット。予備のトイレットペーパーがたくさんあるのもうれしい^^

大丸あすなろ荘2-部屋32

冷蔵庫の中には有料の瓶ビールと缶ビール。

大丸あすなろ荘2-部屋21

こちらが10畳間の客室。奥の広縁には掘り炬燵があります。

大丸あすなろ荘2-部屋28

横から撮影。部屋には金庫とテレビがあります。

大丸あすなろ荘2-部屋26

お茶セット

大丸あすなろ荘2-部屋23

お茶請け。プラスチックではなく本物の塗りの箱です。

大丸あすなろ荘2-部屋24

この「ぶどう水」という地元のお菓子。

表面は薄い氷砂糖の様で、中はぶどう味の柔らかい寒天。

珍しい触感でしかも美味しかったので、

帰りに売店で買って帰ろうと思ったのに、忘れてしまいました。

→御菓子司 かぎや 公式サイト

大丸あすなろ荘2-部屋29

浴衣セット

大丸あすなろ荘2-部屋35

アメニティは歯ブラシ、シャワーキャップ、かみそり、石鹸、足袋靴下、フェイスタオルでした。

他に必要な物は大浴場の脱衣所にあったと思います。

大丸あすなろ荘2-部屋34

広縁の掘り炬燵

灰皿が置いてあるので、禁煙・喫煙の区別はないようですが、

たばこのにおい等は全くありませんでした。

そういえば、パブリックスペースの喫煙所はなかったように思います。

それと、部屋にはガムテープが置いてあるので、カメムシ対策用かと思いますが、

今の時期(11月中旬)は虫は一匹も出ませんでした。

大丸あすなろ荘2-部屋25

窓からは露天風呂の通路と湯小屋、渓流沿いの木々と山が見えます。

お風呂に向かう人が見えるので、「今なら貸切」or「誰かいる」と分かるので便利^^

大丸あすなろ荘2-部屋20

コタツの後ろにあるドアを開けると洗面台、更に左のドアを開けると

大丸あすなろ荘2-部屋19

露天風呂です。1~2人サイズでもちろんかけ流し。

塀が高いのであまり解放感はありませんが、すぐ近くを人が通るので仕方ないです。

大丸あすなろ荘2-部屋44

湯口のまわりには析出物がびっしり

大丸あすなろ荘2-部屋45

浴槽には水とお湯の水道の蛇口もあります。これはお掃除用なのかな。

大丸あすなろ荘2-部屋43

浴槽の底の中央に見えるまだら模様の長方形の石のタイルですが、

大丸あすなろ荘2-部屋46

6か所ほど穴が開いており、そこから源泉が投入されていました。

足元が熱っちっちと思ったら、部屋風呂にまで足元自噴を演出していたのかな(*^_^*)

こちらのお風呂は湯温43度ほどでやや熱めでしたが、

この部屋風呂が一番お湯が新鮮で良かったです。

なので、高いけれど露天風呂付の部屋で良かったと思えました。

 

【おまけ】

後日宿泊した宿で、

「あすなろ荘の社長さんが書いてくれたのかな?」

と教えてもらって気付いたのですが、

スタンプ帳の裏にある会員旅館一覧表のうち、閉館・休館中の宿に赤線が引いてありました。

宿泊中は会長さん(前)に一度もお会いすることはなく、

スタンプ帳も普段見ることがないので、気付きませんでした。

その宿のご主人は良く気付いたなぁ。

旅館國崎-部屋50

「松楓荘」が消されてしまってますが、佐藤旅館の間違いだと思います・・・。

*後日、秘湯を守る会の公式サイトで訂正がされていました^^

 

【大丸あすなろ荘 お部屋の感想】

エントランス前の庭の雰囲気や部屋の造り、置いてある物など、

お金をかけている感じで大人向けの宿かなという雰囲気です。

ただ、秘湯の会の宿という目線でいうと、個性や風情は感じられませんでした。

 

設備の面では必要な物はほぼ揃っており、

露天風呂付と考えれば、25,000円は値段相応かと。

ただ、食事に関してもやっぱり個性がイマイチなので、

あと少しこの宿らしい特徴があればコスパは上がるのになと思いました。

 

部屋の広さ★★★★4.5

清潔感★★★★4.4

設備★★★★4.4

アメニティ★★★★4.3

接客サービス★★★★4.3

 

二岐温泉 大丸あすなろ荘 ここから予約できます

お問合せ 大丸あすなろ荘 TEL:0248-84-2311

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*宿に直接予約・日本秘湯を守る会web予約、朝日旅行社以外のネット予約の場合、日本秘湯を守る会のスタンプ押印サービスはございませんのでご注意ください。

 

→「二岐温泉 大丸あすなろ荘」宿泊レポ その2 お食事編 

→「二岐温泉 大丸あすなろ荘」宿泊レポ その3 お風呂編

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



 

【白河IC周辺の関連記事】

二岐温泉 大丸あすなろ荘 日帰り入浴2013

二岐温泉 大和館 日帰り入浴2014

岩瀬湯本温泉 源泉湯口屋 日帰り入浴

◆元湯甲子温泉 旅館大黒屋 宿泊レポ2014 宿泊レポ2013 日帰りレポ2013

新甲子温泉 みやま荘 日帰り入浴2014

白河市 白河ラーメン とら食堂

大内宿 高遠そば 三澤屋

福島県の混浴のある温泉

ブログ掲載 福島県の秘湯レポート

福島県の「日本秘湯を守る会」の会員宿


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 3,046 人です, 本日の訪問者は3 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です