【宮城】鎌先温泉 最上屋旅館 宿泊 その1 お部屋編 ★★★+

宮城県白石市にある「鎌先温泉 最上屋旅館」の宿泊レポートです。

最終更新日 2021/3/10 訪問日 2020/10

【鎌先温泉 最上屋旅館】基本情報

かまさきおんせん もがみやりょかん

住所:〒989-0231 宮城県白石市鎌先温泉1-35
TEL:0224-26-2131
公式サイト日本秘湯を守る会宿紹介ページ

⇒「鎌先温泉 最上屋旅館」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

【宿泊料金】

1泊食付 11,490 円 ~ 14,730 円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治〇 自炊〇
素泊まり自炊3,000円~(1名で4泊以上)、2,800円~(2名以上・4泊以上)(税別)
自炊部宿泊+2食付きプラン8,030円~

口コミ評価:Google 4.0点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆自炊湯治ができる宿が良い
◆鄙びた風情のある純和風旅館が好き


[スポンサーリンク]








 

⇒「鎌先温泉 最上屋旅館」の食事情報はその2お食事編へ

⇒「鎌先温泉 最上屋旅館」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

【日帰り入浴】

*コロナ期間中は11:00~13:00に短縮されている場合があります。

営業時間:10:00~16:00
料金:大人500円 子供250円
定休日:不定休

 

【木造3階建の風情ある旅館 鎌先温泉 最上屋旅館 お部屋編】

鎌先温泉は仙台から南へ50分、蔵王の南山麓にある4軒のみの小さな温泉街です。

*2020年までは5軒あったのですが、コロナの影響なのか「にごり湯の宿 湯守 木村屋」は閉館してしてしまいました。

 

「最上屋旅館」は、江戸時代、寛政元年(1789年)創業の老舗旅館です。

木造4階建ての風情ある建物が温泉街のシンボルになっています。

建物は横に長く、本館は旅籠、別館は自炊棟と温泉があり、鎌先温泉で唯一自炊施設を備えた宿です。

 

鎌先温泉は白石市内からは西へ車で10分ちょっとの距離なのですが、山あいにあるため、どの宿も車1台が通れるくらいの細い路地に面していて、山を背に建っています。

温泉街入口

橋の上からは渓谷美を眺めることが出来ます。

山間にあるため車は温泉街の中心部にある共同中にある共同駐車場に停めてから宿まで歩きます。

各宿ごとにゾーンがあり、駐車スペースには番号が振ってあります。

駐車場の写真の左手にあるのが「すずきや」、右奥の白い建物が「最上屋旅館」です。

正面に見える建物は「粋sui」というカフェ&ショップです(2018年オープン)。

 

前回、2014年夏に奥にある「湯主一條」に宿泊し、「最上屋旅館」へは日帰りで立ち寄っただけでした。

今回、2020年は一人旅です。

「最上屋旅館」は基本的に一人旅も歓迎で、価格もリーズナブルです。

素泊まり自炊もできますし、3食付きの湯治プランもあります。

 

日帰りだと女性が入浴できる浴槽は小さいのですが、宿泊すれば男女入替+貸切もあるので3つ入浴できます。

大きな内湯と貸切風呂がとても良かったので、泊りに来て正解でした。

 

一人旅だとネット予約ではトイレのない部屋になるのですが、リフォームされて綺麗でしたし、さほど不便ではなかったです。

ご飯も想像よりも美味しかったです。

 

接客も丁寧でした。

担当していたのは外国の実習生の方だったのですが(アフリカの人?)、日本語も上手でした。

 

日帰りで一度訪問しているとはいえ、部屋に入った時からなじみの宿に来たような、そんなリラックスできる空間でした。

 

2020年秋の宿泊レポは準備中です。ツイートでご覧ください。

日帰り入浴の時には★3つの評価でしたが、泊まってみたら良かったので★3つ1/2にしました。

 

 

 

 

温泉街の駐車場方面から見える「最上屋旅館」の建物

看板も立派

玄関から見たロビーとフロント

飾ってある甲冑は実際に使われたものなのでしょうか。

こちらはひな人形

鎌先温泉は木こりが山で水を掘ろうと鎌を当てたところ温泉が出たことから名づけられました。

その様子をあらわす絵がこちら。

客室は2階です。

2階から見た階段

階段も廊下も年季が入って黒光りしています。

2階客室廊下

人一人が通れるくらいの通路ですが、部屋食なので夕方になるとお膳を積み上げたスタッフが往来しています。

 

【今回利用したプラン】

旅籠レギュラープラン「竹」

松竹梅とある部屋タイプの内、トイレなし、洗面台ありの「竹」になります。

平日1泊2食付き1名利用で消費税込み13,750円でした。

 

部屋は「松」「竹」「梅」とあるのですが、

「松」はトイレ付(一部バス付もあり)、「竹」「梅」はトイレなしになります。

 

【「竹」の部屋  洗面台あり、トイレ共同】

こちらが今回泊った部屋「流泉(りゅうせん)」

ドアを開けると洗面台があります。

左には前室4畳

メインの和室8畳+広縁2畳

一人で泊まるならゆったりした広さです。

床の間側にはテレビ、ヒーター、電気ポット

火鉢の鉄瓶は飾りだったかなぁ。おそらく火気厳禁だと思うので。

床の間側から見た部屋

右奥の鏡台にタオルセットが置いてありました。

広縁にはテーブルセットとヒーター

灰皿があるので禁煙・喫煙の区別はないようです。

館内には特に喫煙所らしきものは見当たりませんでした。

タオルセットとアメニティは歯ブラシ、ヘアブラシ。

これからアメニティが有料になるのか・・・。

家に売るほどあるけれどw

ブルーで涼しげな浴衣、羽織もブルー。

窓から見える温泉街の景色

左が共同の駐車場です。

朝6時頃、山の上から朝日が昇ってくるのが見えました。

お布団を敷いたところ。

上は羽掛け布団です。

食事は2食とも部屋食なので、夕方食べ終わった時にお布団が敷かれ、朝は朝食前に片付けに来ます。

トイレは部屋から10mくらいの場所にありました。

リフォームしたばかりという感じで真新しくて良かったです。

女性用はウォシュレットが2台ありました。

踊り場のような場所には洗面所

さらに奥には大浴場のある別館に向かう通路があります。

左の階段を降りると大浴場、正面奥の階段を上ると貸切風呂があります。

 

【最上屋旅館の自炊場】

素泊まり自炊はお一人様でも3,000円~泊まれます。

大浴場の手前にあるのでちょっと様子を見てきました。

今まで自炊には興味がなかったですが、一度やってみると楽しいですね。

毎晩旅館の料理だとボリュームがあってかえって不健康な気がしないでもないですし。

6畳くらいのスペースに流し台とガスコンロが2台あります。

見た感じ、鍋や食器の種類は少なそうです。

炊飯ジャーは置いていないので、ご飯を炊く場合には鍋でお願いしますと書いてありました。

ただ、ご飯は朝晩1食150円+税で分けてもらえます。

奥には冷蔵庫。

冷蔵室の中身は空でした。湯治するお客さんが少ないシーズンだったのか。

家電を持ち込む場合は別途利用料(1つ200円、2つ目から+100円)、冬期は部屋にストーブを入れるため暖房費も必要です(給油ごとに700円)。

 

自炊場から奥に進むと大浴場があります。自動販売機があったのはここだけだったと思います。

お酒はビールだけありますね。

近くの歩いていける距離にコンビニや商店はありません。

(自炊用の食材を買うお店はあるそうですが、場所は分かりません)

夜の「最上屋旅館」の外観も風情があるので、写真を撮るのを忘れないで。

フロントより左の建物。木造には見えないですが、これはどの客室なのかな?

洗面所のあった新館のあたりでしょうか。

渡り廊下でつながっているのが自炊棟?

隣の奥は閉館した「木村屋」

でも、手入れがしてあるの住んではいるようです。

石碑には「至天狗の相撲場入口」と書いてありますが、ハイキングコースがあるようです。

「木村屋」の手前にある古い木造家屋も「最上屋旅館」

本館2階の部屋から大浴場まで2分くらい歩くので、ここが湯治部屋なのでしょうか。

建物の骨組みは江戸時代のものを残してあるそうです。

これより先は「湯主一條」の敷地です。

 

【鎌先温泉 最上屋旅館の動画】

外観⇒館内⇒客室⇒温泉⇒夕食⇒朝食⇒おまけ観光の順に編集しています。

PCの方は動画の下にカーソルを合わせるとチャプターが表示されます。

スマホの方はYouTubeアプリで開くとコメント欄にチャプターが表示されますので、お好きなところから再生できます。

 

【鎌先温泉 最上屋旅館 お部屋の感想】

古い建物なので、ホテルのような部屋は期待できないですが、お値段の割には広くて良かったです。

部屋からトイレが近かったことと、綺麗にリフォームされていたので不便さは感じませんでした。

部屋に冷蔵庫がないので夏はどれだけ暑くなるか(冷たいものを飲みたくなるか)、気になる人もいるかもしれません。

部屋のWiFiはあまり期待しない方が良いかもしれません。

携帯は4Gフルで入りましたので、ネットを見るのに支障はなかったです。

自炊部屋の方はテレビが100円のコイン式になっているようです。

 

部屋の広さ ★★★★ 4.2

設備 ★★★ 3.9

アメニティ ★★★★ 4.0

清潔感 ★★★★ 4.2

宿の雰囲気 ★★★★ 4.4

接客サービス ★★★★ 4.3

 

⇒「鎌先温泉 最上屋旅館」をインターネットで予約する

 

【鎌先温泉 最上屋旅館 宿情報】

チェックイン/チェックアウト 14:00~ / ~10:00

クレジットカード 現地× 予約サイト事前決済〇

エレベーター× バリアフリー×

携帯電話送受信〇 部屋のWiFi△

 

旅籠客室30室 自炊客室17室
(うちバストイレ付5室、トイレ付8室)

 

⇒「鎌先温泉 最上屋旅館」の食事情報はその2お食事編へ

⇒「鎌先温泉 最上屋旅館」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【鎌先温泉周辺の関連記事】

白石市 鎌先温泉 湯主一條 宿泊

蔵王町 遠刈田温泉 共同浴場 神の湯

蔵王町 蔵王酪農センター チーズシェッド ランチ

川崎町 峩々温泉 宿泊

川崎町 青根温泉 湯元 不忘閣 宿泊(2013階段上の部屋)

川崎町 青根温泉 湯元 不忘閣 宿泊(2014西別館)

宮城県の「日本秘湯を守る会」の会員宿

宮城県の混浴のある温泉

宮城県の「日本秘湯を守る会」の会員宿

ブログ掲載 宮城県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





(このページの閲覧者は 258 人です,本日は 4人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo