【栃木】奥鬼怒温泉郷 加仁湯温泉 ホテル加仁湯 宿泊 その2 お食事編

栃木県日光市にある奥鬼怒温泉郷「加仁湯」の夕食・朝食・ランチレポートです。

【奥鬼怒温泉郷 加仁湯】食事情報

おくきぬおんせんきょう かにゆ

夕食:18:00~(食事処/テーブル席)
朝食:7:30~(食事処/テーブル席)
ランチ:12:00~12:50L.O.

【特別注文料理】

鹿刺し、鹿ステーキ、山椒魚の天ぷら、岩魚のお造り等

口コミ評価:Google 4.2点/5.0点

【加仁湯の食事の特徴】

◆山菜と川魚中心の山里料理
◆山菜の煮物は特に美味しい
◆ジビエ好きには追加料理あり
◆登山者にはおにぎりのお弁当あり
◆ランチのうどんも美味しい


[スポンサーリンク]








⇒「奥鬼怒温泉郷 加仁湯」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

⇒奥鬼怒温泉郷までの道のりはこちらへ

⇒「奥鬼怒温泉郷 加仁湯」の客室情報はその1お部屋編へ

⇒「奥鬼怒温泉郷 加仁湯」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

【奥鬼怒温泉郷 加仁湯 お食事編】

「加仁湯」の食事は、夕食・朝食ともに1階の食事処、テーブル席になります(フロントが2階なので下の階)。

夕食は18時から、朝食は7時30分からの固定になっていました。

 

大中小の宴会場が食事会場になっていましたが、週末の登山日和だったせいかほぼ満席でした。

これ以上人が増えたら時間帯が2部構成になるのでしょうか。

 

ちなみに、朝食時に部屋の布団は片づけられますので、食後にゴロゴロする時間はありません。

そもそも送迎利用の方はチェックアウトが9時なので、朝は忙しいです^^

 

エレベーターで1階へ。

大広間に4人掛けのテーブルが並んでいました。

満席でしたが、テーブルのスペースが結構空いているので隣は気になりません。

どこの国かわからない外国の仲居さんがいました。

インド、ネパール、スリランカ方面の方と、もう一人は東南アジアの方だと思います。

地酒「惣誉 生貯蔵」(惣誉酒造/市貝町)👍

とウーロン茶

特別メニューと飲み物メニュー

熊の刺身は食べてみたいですね~。

【加仁湯 夕食メニュー】

ご飯とお味噌汁、グラタン以外の全メニュー

着席と同時に並べられます。

順番は無視して温かいものから冷めないうちにいただきます。

お品書きはなかったので、わかる範囲でお伝えします。

食前酒:しそだったかな?

前菜:鮎稚魚の甘露煮、ゆず柿、枝豆

ヤシオマスと湯波のお造り

日光ではゆばのことを「湯葉」ではなく「湯波」と書くそうです。

湯波の包み揚げあんかけ

アツアツの状態で出てきました。

中は海老真丈

わらびのお浸し👍

茎の先が枝分かれしているのが「わらび」だと覚えました。

山菜はとっても美味しいです!

野生のシメジかな?味が良くしみています。👍

蕗の煮物、しいたけ、さといも、えびだんご

天ぷらーなす、おくら、まいたけ

ちょっと冷めてます。

鮎の塩焼き

顔が怒っているみたいに見える( ;∀;)

せいろ蒸し👍

陶板焼きを食べている人がいたけれど連泊の人なのかな。

*別注の「鹿ステーキ」かもしれません。

豚肉、にんじん、しめじ、えのきだけ、しいたけ、ブロッコリー、かぼちゃが入っています。

出来上がり

たれは特製ポン酢で。

野菜のチーズ焼き 👍

これは後から出て来るのでアツアツです!

中にはしめじ、ベーコン、ぜんまい(わらび?、こごみ?)が入っています。

チーズがたっぷり、ホワイトソースと山菜って合うんですね。

これは家でも真似してみようかと思いました。

ご飯とお吸い物(たけのこ、大根、きのこ)

お櫃はないですが、おかわり自由です。

デザートはキウイゼリー

食後は甘いものが足りず、フロントに行ってかき氷とアイスを買って部屋で食べました。

【奥鬼怒温泉郷 加仁湯 夕食の感想】

会場の雰囲気やメニュー構成は昭和の温泉旅館みたいな感じでしたが、味付けは想像していたよりも良かったです。

30~40人を同じ時間帯で一気に裁くので、基本的に一度出しで魚の塩焼きや天ぷらが冷めてしまうのはマイナス点です。

でも、せいろ蒸し、グラタン、煮物等アツアツのままのメニューは美味しかったです。

特別料理のジビエメニューが気になるので、次回はそちらもチャレンジしてみようかと思います。

 

夕食の味 ★★★★ 4.3

メニュー構成 ★★★★ 4.2

満足度 ★★★★ 4.25

 

【加仁湯 朝食メニュー】

朝食は7時30分からでしたが、朝は登山者がいなくなっていたので3割くらいしかお客さんがいませんでした。

ここまでやってくる温泉目当ての人はやっぱり少数なんでしょうか。

朝食全メニュー

野菜サラダ

左から:ひしお(なめ味噌)、厚焼き玉子、蕗味噌

鮎の一夜干し

焼き上がり

手作り豆腐

ゼンマイの煮物 👍

甘納豆

平家納豆 👍

海苔

タオルといい、パッケージものにお金をかけているなぁ。

納豆ご飯とキノコのお味噌汁 👍

 

【加仁湯 朝食の感想】

シンプルですが、過不足なくちょうど良いバランスの朝食でした。

やっぱり山菜の煮物が加仁湯のウリなのかと思います。

納豆ご飯とお味噌汁も美味しかったので、満足です。

 

朝食の味 ★★★★ 4.2

メニュー構成 ★★★★ 4.2

満足度 ★★★★ 4.22

 

【加仁湯のお弁当】

おにぎり2つとおかずで600円

おにぎりの具材は梅干しとたらこだったかな。

おかずは姫竹の煮物、かつおクルミ、昆布巻き

 

【加仁湯のランチ】

「加仁湯」では、チェックアウト後も特に制限なく温泉を利用できるので、連泊でなくともお昼を利用する機会があると思います。

営業時間12:00~13:00(12:50 L.O.)

メニューは、

  • 山菜うどんorそば 600円
  • 天ぷらうどんorそば 700円
  • 大盛 +100円
  • 生ビール500円
  • コーヒー400円
  • かき氷300円(練乳+100円)

天ぷらうどん 700円

おつゆの中になめこと山菜、上にサクサクのかき揚げが載っています。

立ち食いそば屋さんのような味で美味しかったです!

 

 

⇒「奥鬼怒温泉郷 加仁湯」をインターネットで予約する

 

 

⇒奥鬼怒温泉郷までの道のりはこちらへ

⇒「奥鬼怒温泉郷 加仁湯」の客室情報はその1お部屋編へ

⇒「奥鬼怒温泉郷 加仁湯」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【奥鬼怒温泉郷周辺の関連記事】

奥鬼怒温泉郷 八丁湯 宿泊&日帰り入浴

◆奥鬼怒温泉郷 日光沢温泉 宿泊日帰り入浴

奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉 宿泊

平家平温泉 御宿こまゆみの里 宿泊

川俣温泉 川俣一柳閣 日帰り入浴

ジビエ料理 またぎの里

日光市内の温泉のレポートをすべて見る

とちぎにごり湯の会のレポートを見る

栃木県の混浴のある温泉

ブログ掲載 栃木県の秘湯レポート

[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





(このページの閲覧者は 220 人です,本日は 1人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo