平湯温泉 ひらゆの森 日帰り入浴 ★★★+

最終更新日 2015/11/3 訪問日 2014/6月下旬

【奥飛騨温泉郷 平湯温泉 ひらゆの森】 基本情報

おくひだおんせんごう ひらゆおんせん ひらゆのもり

住所:〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763−1
TEL:0578-89-3338
公式サイト

⇒「ひらゆの森」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

【宿泊料金】

1泊2食付 8,100円~12,960円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治× 自炊×
1泊夕食付7,020円~、1泊朝食付5,400円~、素泊まり4,320円~
コテージ24,840円~

口コミ評価:google 4.4点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆硫黄泉のにごり湯が好き
◆上高地・乗鞍・穂高観光の立ち寄り湯に
◆平湯スキー場・平湯キャンプ場の立ち寄り湯に
◆平湯バスターミナルのバス待ち時間に


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

露天風呂
営業時間:10:00~20:30受付(21:00退館)
料金:大人500円 小人400円
宿泊棟鉄鍋貸切風呂
利用時間:12:00~15:00
料金:1,000円/人(1組様45分)
タオル200円 バスタオルレンタル500円

【にごり湯のスーパー銭湯!バスターミナル前 平湯温泉 ひらゆの森 日帰り入浴】

平湯温泉は長野県(上高地)と岐阜県(高山市)の県境にある奥飛騨温泉郷の一つです。

標高1,250m乗鞍岳のふもとにあり、源泉数40、総湧出量13,000L/分と豊富な湯量を持つ温泉地です。

 

ひらゆの森は、大型日帰り入浴施設に宿泊棟(コテージもあり)が付いた温泉というイメージです。

お風呂の数が多くて、かけ流しのにごり湯の硫黄泉。日帰り入浴も500円と安いので、観光客に大人気の温泉です。

今では平湯温泉の象徴ともいうべき観光スポットになっています。

 

場所は平湯バスターミナルの目の前。

平湯バスターミナルは東京・名古屋・北陸・大阪方面の高速バスや、高山市、上高地への路線バスの発着所になっており、穂高連峰や上高地探勝の起点となるので、遠方からのアクセスも便利です。

平湯バスターミナル前の目立つ看板

入口には足湯もあります

ひらゆの森の外観

入口

受付の横に自動販売機があるのでチケットを購入して渡します。

受付の隣はお土産処と軽食コーナー

休憩室にはマッサージチェアもあります。

温泉は宿泊客と共用です。

女湯入口

脱衣所は30畳くらいあり、半分がコインロッカー、半分が洗面台となっています。

ドライヤーは何台か置いてありました。

 

「ひらゆの森」には、

  • 男性用大浴場 内湯1 露天風呂大中小5
  • 女性用大浴場 内湯1 露天風呂大中小11

があります。女性の方が露天風呂が広くて湯船も充実しています!

内湯の奥から見た浴室

シャワーは1列5つ×6つでリンスインシャンプーとボディーソープが置いてあります。

内湯は20人~30人は入れる広い湯船。透明度30センチくらいのにごり湯で硫黄の香りも強めです。

 

露天風呂は内湯のドアから外に出ます。

入口からすぐのところに1~2人用の石風呂が二つ、隣に6人サイズの石風呂。

一部濁りの少ない湯船もありましたが、下の方には消しゴムかすのような湯花が大量に沈殿していました。

写真は男湯の露天風呂ですが、中央にある10人サイズくらいの露天風呂が一番白濁していました。

温度は40度とぬるめ。

敷地が広いのでもともと開放感のある露天風呂ですが、山の景色も見えて北アルプスの麓に来たなぁという実感を持てます。

女湯の露天風呂には、他にも入口から見て左奥に行くと4~5人サイズの檜風呂、と3~4人サイズの屋根つきの四角い石風呂、その数段下に5~6人サイズの打たせ湯のある石風呂があります。

一番下の石風呂が一番硫黄臭が強かったです。

どの風呂も山の水で加水された源泉がそのまま掛け流されており、大型施設としては湯遣いも最高の部類なのではないかと思います。

写真は男湯の露天風呂

女湯の方が小さな湯船がたくさんあって、男湯の方は大きな湯船が少数あるという造りになっているようです。

 

*ちなみに、有名な「神の湯」はがけ崩れの影響で2014年6月25日からしばらく営業休止とのことで、2018年もまだ復活していないようです。

 

【ひらゆの森 温泉の感想】

ずっと気になっていたひらゆの森ですが、評判通り大満足でした。

これで500円なので、人気があるのも納得です。

帰りに外国人の団体が「日本のお風呂は楽しい!」とはしゃいでいたのが印象的でした^^

 

アクセスも良く、観光スポットが密集している地域ですので人も多いですが、お風呂の数が多いので週末でもそれほど大混雑というほどではありませんでした。

宿泊すれば一晩中利用できるので、深夜早朝はほとんど貸切で入浴できそうですよ。

 

2016年には徒歩5~6分のところに別館に当たるビジネスホテル「ホテルゆらゆの森」もオープンしました。宿泊者は無料で「ひらゆの森」を利用できます。

本館の「ひらゆの森」は週末は空いていることがほとんどなく、宿泊するにはちょっとハードルが高いのですが、「別館ホテルひらゆの森」の方だったら空いていることもあるので穴場だと思います。車があればそれほど不便な距離でもありません。

お風呂の数も多く、泉質も申し分ないので、平湯温泉で迷ったら「ひらゆの森」で決まりです♪

 

日帰りでもレストランがついているので、あまり食事をする場所の少ないエリアでは貴重な存在だと思います。

 

泉質★★★★4.3

お風呂の雰囲気★★★★4.5

清潔感★★★★4.3

サービス★★★★4.2

 

⇒「ひらゆの森&ホテルひらゆの森(別館)」をインターネットで予約する

 

【ひらゆの森 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯各1 サウナ各1 露天風呂 男6女10 宿泊者専用露天風呂1

◆源泉

自家源泉2本

@ひらゆの森の湯 源泉温度64.3度 湧出量600L/分
含硫黄-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩-塩化物泉(硫化水素型)
(低張性中性高温泉)ph6.5

@水石の湯:源泉温度58.2度 湧出量?
含硫黄-カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩-塩化物泉(硫化水素型)
(低張性中性高温泉)ph6.6

態様:源泉掛け流し、加水あり、塩素消毒なし

 

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【奥飛騨温泉郷周辺の関連記事】

新穂高温泉 水明館 佳留萱山荘 日帰り入浴

新穂高温泉 深山荘 日帰り入浴

新穂高温泉 谷旅館 宿泊

新穂高温泉 槍見舘 宿泊

新穂高温泉 野の花山荘 日帰り入浴

新穂高温泉 新穂高の湯(野湯) 日帰り入浴

新穂高温泉 中崎山荘 奥飛騨の湯 日帰り入浴

栃尾温泉 荒神の湯 日帰り入浴

福地温泉 湯元長座 宿泊

平湯温泉街 喰処 よし本

坂巻温泉 坂巻温泉旅館 日帰り&宿泊

さわんど温泉 御食事処 しもまき 日帰り入浴

中の湯温泉 中の湯温泉旅館 宿泊

白骨温泉 小梨の湯 笹屋 宿泊

乗鞍高原温泉 みたけ荘 宿泊

乗鞍高原温泉 山水館信濃 日帰り入浴

乗鞍高原温泉 湯けむり館 日帰り入浴

乗鞍高原温泉 せせらぎの湯 日帰り入浴

安曇乗鞍温泉 休暇村 乗鞍高原 日帰り入浴

上高地温泉 上高地温泉ホテル 日帰り入浴

上高地帝国ホテル ランチ&スイーツ

岐阜県の混浴のある温泉

ブログ掲載 岐阜県の秘湯

北アルプス登山におススメの温泉宿&日帰り温泉


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 693 人です,本日は 1人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください