乳頭温泉郷 黒湯温泉 日帰り入浴 ★★★★

黒湯温泉3

秋田県仙北市にある乳頭温泉郷「黒湯温泉」の入浴レポートです。

最終更新日 2016/3/27 2015/4月下旬・2014/4月下旬

【乳頭温泉郷 黒湯温泉】基本情報

にゅうとうおんせんきょう くろゆおんせん

住所:〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内黒湯沢2−1
TEL:0187-46-2214
公式サイト 期間営業4月中旬~11月上旬

【宿泊料金】

1泊2食付 12,030円~14,168円 素泊まり〇 湯治対応〇 自炊〇
4.5畳12,030円 6+8畳(トイレ洗面台付)1室 13,218円
1名利用の場合 14,168円 自炊棟3,930円~5,010円 離れ32,400円/室(素泊まり)

口コミ評価:じゃらん4.4点5.0点

【こんな人におススメ】

◆風情のある茅葺屋根の鄙びた宿が良い
◆にごり湯が好き
◆混浴ファン


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:9:00~16:00
料金:510円
湯めぐり手形1,500円
食堂:11:30~13:00L.O
売店:7:00~20:00

アクセス

◆車
東京・仙台方面から:東北道「盛岡IC」、国道46号線田沢湖方面~国道341号線90分
秋田方面から:秋田自動車道「協和IC」、国道13号線方面~国道46号線田沢湖角館方面~国道341号線、80分
ドラぷら
◆電車
秋田新幹線「こまち」で東京より3時間田沢湖駅下車 バス50分
秋田新幹線「田沢湖駅」下車、羽後交通バス「乳頭温泉」行き終点「乳頭温泉」下車、徒歩20分。宿泊の場合は終点から送迎あり(要予約)。
Yahoo!路線情報羽後交通バス
◆飛行機
秋田空港からエアポートライナーで約2時間(要予約)。
エアポートライナー
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【乳頭温泉郷 黒湯温泉 日帰り入浴】

2014年4月下旬に家族が訪問した時の様子です。

 

鶴の湯と妙乃湯に宿泊した5日後に、角館のしだれ桜を見に秋田へ向かい、

乳頭温泉郷でまだ未湯だった黒湯温泉に日帰り入浴してきました。

4.5畳の部屋ならば空いていると言われたのですが、

あまり古い旅館は嫌だというので、別の宿(ロッジアイリス)に宿泊しました。

でも、日帰りで訪問してみて、

多少古くても食事がダメでも泊まればよかったといっていました。

 

残した孫六温泉は車で行けず、どうしたらいいか分からず未湯のまま帰って来たようです。

黒湯温泉18黒湯温泉17

休暇村の横道を奥へ進むと「黒湯」の入口(駐車場)に到着。

ここから下り坂を5分ほど歩くので、雪が多い季節は長靴が用意されています。

黒湯温泉9黒湯温泉8

高台から見た黒湯の全景。

古い学校の校舎のような離れに奥には茅葺屋根も見えます。

→温泉組合のサイトの写真はとても風情があるので、こちらをご覧ください。

黒湯温泉16

右奥に見えるのは混浴露天風呂。

黒湯温泉20

階段を下りて行くと受付前に出ます。

中は喫茶室になっていて珈琲もいただけます。

黒湯温泉23

その向かいには食事処。

黒湯温泉24

ランチメニュー。

黒湯温泉22

バケツに雪を入れて冷やしてあるラムネ。

茅葺屋根と並んでレトロな湯治宿を演出♪

黒湯温泉25

それではお風呂に向かいますよ~

黒湯温泉21

敷地内の案内図。

 

黒湯温泉のお風呂は2カ所あり、

入口から左へ向かうと男女別浴室(内湯・露天風呂・打たせ湯)

入口から右へ向かうと混浴風呂(内湯・露天風呂・打たせ湯)があります。

黒湯温泉26

歩いているだけでワクワクする敷地内。

黒湯温泉2

少し歩くと自炊棟。写真を見ているだけで泊まりたくなる風情です。

黒湯温泉51

男女別の内湯の方面に下りてくると、右手に湯畑があります。

露天風呂だぁ!と近づいてみると、かなりの高温なので入浴は無理ですね(>_<)

浴室では加水して利用しているので、きっとこの湯畑のお湯の方がいいんだろうなぁ。

黒湯温泉50

源泉チェック中♪

黒湯温泉27

湯畑の左側にある青と赤ののれんがある湯小屋が男女別の大浴場。

黒湯温泉12

その左手には混浴の「うたせ湯」。

よしがかかっているだけで中がうっすら見える。なので、女性は無理~~~

黒湯温泉13

打たせ湯の中。

 

男女別大浴場は撮影不可でしたが、

中はリフォームされたばかりなのか新しい板張りでとても綺麗でした。

 

内湯は入口近くにシャワーが1か所、浴室は12畳ほどの広さに8~10人サイズのお風呂が一つ。

加水されていて42度と適温でした。

鶴の湯に比べると、濁りは薄く、底に細かい湯花が沈殿している程度。

弱酸性らしいほんのりレモン味のさっぱりしたお湯でした。


(画像は投稿者提供/じゃらん)

 

露天風呂も同じく8~10人サイズ。

露天風呂の奥には2本の打たせ湯がありました。

高い板塀で仕切られていますが、離れの方の山が見えるので解放感がありました。


黒湯温泉3

こちらは、混浴ゾーンの露天風呂

外国人カップルが入浴していたそうで、しばらく空くまで男湯で待機していたようです。

黒湯温泉1

混浴ゾーンの内湯1

黒湯温泉5

こちらは男湯?の内湯2

黒湯温泉19

混浴ゾーンの近くにある別の湯畑。

 

「黒湯温泉」という名前ですが、ご覧の通り乳白色の酸性・硫黄泉です。

東北の湯治場らしい独特の味を持つ宿ですね。

写真を見ているだけで、自炊棟に1週間くらい泊りたくなりました。

 

【黒湯温泉の感想】

 

乳頭温泉郷の中では鶴の湯本陣と一二を争う風情を持つ宿ですが、

にもかかわらず混んでおらず静かに滞在できる点ではとても魅力的です。

 

お風呂の造りも風情がありますが、

改装されて綺麗になっている点もポイントが高いです。

お湯は若干加水が多くて薄く感じるのですが、

それでもやっぱり宿泊してみたい宿でした。

 

泉質★★★★4.3

お風呂の雰囲気★★★★4.3

清潔感★★★★4.5

接客サービス★★★★4.3

 

【黒湯温泉 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯・露天風呂・旅館部内湯・うたせ湯各1 混浴内湯・露天・打たせ湯各1

◆源泉

「黒湯温泉」泉温43.1度 湧出量?
泉質:単純硫化水素泉 ph4.1
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

黒湯温泉 宿泊予約サイト

  • 予約サイトはありません。公式サイト又は宿に直接お電話ください。
  • 黒湯温泉 TEL:0187-46-2214(7:00~19:00)
  • 営業期間:4月中旬~11月上旬

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【乳頭温泉郷周辺の関連記事】

◆乳頭温泉郷 鶴の湯 本陣 宿泊レポ お部屋編お食事編お風呂編お土産編鶴の茶舎編

◆乳頭温泉郷 鶴の湯 別館 山の宿 宿泊レポ / 日帰りレポ 山の芋鍋定食ランチ

◆乳頭温泉郷 妙乃湯 宿泊

◆乳頭温泉郷 蟹場温泉 日帰り入浴

◆乳頭温泉郷 大釜温泉 日帰り入浴

◆乳頭温泉郷 孫六温泉 日帰り入浴

◆乳頭温泉郷 休暇村 乳頭温泉郷 日帰り入浴

田沢湖展望風呂 アルパこまくさ 日帰り入浴

水沢温泉郷 駒ヶ岳温泉 日帰り入浴

水沢温泉郷 露天風呂 水沢温泉 日帰り入浴

田沢湖畔 地ビールレストラン 湖畔の社 ORAE

刺巻湿原 水芭蕉群生地

角館 武家屋敷通り&枝垂れ桜

角館名物 比内地鶏親子丼 桜の里

角館名物 あゆ天そば 角館そば

 

【乳頭温泉郷から約1時間 国見温泉の関連記事】

雫石町 国見温泉 石塚旅館 宿泊

雫石町 国見温泉 森山荘 日帰り入浴

雫石町 国見温泉 国見山荘 日帰り入浴


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 1,732 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です