星生温泉 九重星生ホテル 日帰り入浴 ★★★★

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab24
大分県九重町にある星生温泉「九重星生ホテル」の日帰り入浴レポートです。

最終更新日  2016/11/6 訪問日  2016/9月上旬

【星生温泉 九重星生ホテル】基本情報

ほっしょうおんせん くじゅうほっしょうほてる

住所:〒879-4911 大分県玖珠郡九重町田野230
TEL:0973-79-3111
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 11,880円~34,400円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治対応 自炊
1泊朝食付8,640円~ 素泊まり7,560円~

口コミ総合評価:楽天トラベル全体4.15点(温泉4.77点)、じゃらん全体4.0点(温泉4.7点)/5.0点

【九重星生ホテルはこんな温泉です】

◆長者原登山口にほど近い大型ホテルで登山客人気
◆展望露天風呂からは九重連山を一望できる
◆4種類の源泉と多彩なお風呂で泉質も抜群!


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間
平日:10:00~20:00受付(21:00退館)
休前日・お盆・12/3 10:0~18:00受付(19:00退館)
火曜日・金曜日 午前清掃 営業は13:00~
料金:大人800円 小人500円 家族湯1,000円/人
*庭園露天風呂は冬期利用不可

*九州温泉道対象施設です

アクセス

◆車
大分空港方面から:大分道「湯布院IC」経由、30分。
熊本方面から:九州道「熊本IC」R57号線・県道11線(やまなみハイウェイ)にて 約2時間。
大分市内から:R201号線~水分峠~県道11号線(やまなみハイウェイ)にて約1時間。
冬季(12月~2月)はスタッドレス・チェーン推奨です。
ドラぷら
◆電車
JR久大線豊後「森町」・「中村駅」から九重コミュニティバス・長者線「九重登山口」下車、徒歩12分。Yahoo!路線情報九重コニュニティバス時刻表
◆高速バス
別府駅前・湯布院駅前・熊本空港・熊本駅前から九州横断バスで「くじゅう登山口」下車、徒歩12分。
九州横断バス時刻表
楽天トラベル高速バス予約

地図

【星生温泉 九重星生ホテル 日帰り入浴 】

「九重星生ホテル」は、九重連山の登山口・長者原から

やなまみハイウェイ沿いを南へ1km弱下ったところにある温泉付の大型ホテルです。

 

大型ホテルというとお湯は大したことないのだろうなというイメージがあるかもしれませんが、

「九重星生ホテル」は温泉通にとってもかなり満足度の高い宿です

  • 源泉かけ流しというだけでなく、
  • 4種類の源泉を楽しめる
  • 冷泉と温浴の交互奥もできる
  • しかも露天風呂から見える九重連山の眺めは絶景!

温泉にあると嬉しい条件を兼ね揃えています。

 

 

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab12%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab13

「九重星生ホテル」の入口。

やまなみハイウェイ沿いに大きな看板が出ているので、迷うことはないと思います。

 

宿泊棟は通りから見て右側、温泉のある別棟は左側にあります。

裏手にはバーベキュースペースがあり、この日は遠足の中学生で賑わっていました。

だからなのか、お風呂は貸切状態^^

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab14

日帰り入浴が出できるのは別棟の「山恵の湯」となります。

建物入って右手に受付、左の階段を降りたところに大浴場があります。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab15

お風呂の見取図

 

「九重星生ホテル 山恵の湯」のお風呂は、

  • 男女別内湯湯
  • 男女別露天風呂(硫黄泉・冷泉・打たせ湯・ジャグジー・桶風呂・檜風呂)
  • 家族風呂3つ(別料金 1,000円/人)
  • 男女別庭園露天風呂(宿泊者専用・冬期閉鎖)

があります。

 

日帰り料金800円で利用できるのは大浴場(内湯・露天風呂)だけですが、

4種の源泉+内湯1、露天風呂6つなので、十分元は取れます!

 

*館内・浴室は許可を得て撮影しています。

 

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab16%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab32

受付から階段を下りて地下1階に大浴場の入口があります。

入口の隣には4種類の源泉の表示。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab17%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab18

脱衣所には有料コインロッカー(200円)と脱衣棚、洗面台があります。

登山シーズンに賑わっても対応可能な広さです。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab29

洗面台

 

【九重星生ホテル 山恵の湯 女性用大浴場(内湯)】

脱衣所のドアから内湯に出ます。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab28

内湯は御影石とタイル張りで軽く30人は入れる大きさ。

温度は42度ちょっとありました。

露天風呂がどれもぬるいので、やや熱めの設定なのかもしれません。

 

内湯はうっすらと青みがかったほぼ透明のお湯です。

沢水を蒸気にあてたいわゆる造成泉で微たまご臭がしますが、それほど濃いお湯ではありません。

 

@男女別大浴場「山恵の湯」(内湯)

「噴気泉」泉温94.1度 湧出量?(-)
泉質:単純温泉 pH6.8
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計155.8mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水あり、加温なし、塩素消毒なし

 

【九重星生ホテル 山恵の湯 露天風呂】

内湯は軽い入浴で済ませてお目当ての露天風呂へ。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab22

露天風呂の全景(右端にある檜風呂は見切れています^^)

 

おさらいすると、露天風呂には

  • 岩風呂(硫黄泉 温)
  • 冷泉(硫黄泉 冷)
  • 打たせ湯(単純泉 温)
  • ジャグジー(単純泉 温)
  • 樽風呂(含鉄-酸性-緑礬泉 温)
  • 桧風呂(硫黄泉 温)

の6つの浴槽があります。

 

【露天風呂 岩風呂(硫黄泉)】

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab24

中央にあるメインの浴槽は硫黄泉の「岩風呂」。

20人~30人サイズです。

温度は40度弱でややぬる目。

 

青みがかった乳白色のにごり湯で、見た目通りのたまご臭のする硫黄泉です。

硫黄は強すぎず、薄すぎず、温度は熱すぎず、ぬるすぎず・・・

景色を眺めながらゆっくり入浴するにはとてもいいお風呂です。

 

掲示されている硫黄泉の源泉は24度の冷鉱泉ですが、加温ありの記載はないので、

内湯で使用してた噴気泉との混合泉なのかもしれません。

 

「硫黄泉」泉温24.1度 湧出量?(-)
泉質:単純硫黄冷鉱泉 pH5.2
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計430mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab9

湯口は真っ白です。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab4

この日は若干くもり気味でしたが、それでも九重連山が良く見えました。

中央のラクダのコブのような山は「三俣山」です。

肉眼で見ると、山がとても近くに見えて圧巻でした!

 

【露天風呂 冷泉】

「冷泉」は入口から見て左一番奥にあります。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab25

石組みの8~10人サイズのお風呂。

青みがかったほぼ透明のお湯ですが、湯船の底にはパウダー状の白い湯花が沈殿しています。

源泉温度は17度なので、サウナの水風呂と同じくらいの温度でしょうか。

 

すぐ隣には「寒の地獄温泉」という硫黄の冷鉱泉がありますが、

おだやかなたまご臭と苦味のあるお湯で、泉質はとても良く似ています。

ただ、温度はこちらの方が少しだけ高いのと、隣に温かい浴槽があるので入りやすいですね。

同じ冷泉でも「寒の地獄」のように毛穴がチクチクするような刺激はありませんでした。

 

「九重星生ホテル」には他にもたくさんお風呂はあるのですが、

最終的には先ほどの「岩風呂」(硫黄泉 温)と

こちらの冷鉱泉を往ったり来たりで、満足してしまいました。

 

「冷泉」泉温17度 湧出量?(-)
泉質:単純硫黄冷鉱泉 pH4.6
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計299.2mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

【九重星生ホテル 打たせ湯(単純泉)】

打たせ湯は入口入って左手前にあります。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab27

3本ある打たせ湯の直下は浅くなっていますが、

手すりのある側は歩行浴できる深さになっています。

 

「単純泉」と表記されていますが、内湯と同じ噴気泉で加水していると思われます。

38度くらいでかなりぬるめでした。

こちらもあまりたまご臭はしません。

 

【露天風呂 ジャグジー(単純泉)】

打たせ湯の隣にあるのがジャグジーです。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab26

タイル張りのお風呂で8~10人サイズの大きさです。

 

こちらも「単純泉」と表記されており、噴気泉を加水したものと思われます。

38度くらいでぬるく、あまり特徴はないあっさりしたお湯です。

 

【露天風呂 桶風呂(含鉄-酸性-緑礬泉)】

入口から見て右奥の屋根付のお風呂が「桶風呂」です。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab23

直径180cmくらいでしょうか。2~3人サイズの樽風呂です。

樽風呂からの眺めもなかなか良かったです。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab2

お湯は無色透明に見えますが、樽が赤くなっているので、

時間が経つと鉄分で赤く変化するのかもしれません。

湯舟の温度は40度弱でややぬる目。

 

酸性泉といっても草津のようなレモン味ではなく、

梅干し汁のように酸っぱく、酸性度が高いお湯です。

ずっと入っていると体が解けそうな錯覚が^^

 

この桶風呂の源泉が星生温泉発祥の湯で、

星生山の中腹、標高1,450mの場所に沸く、九州一高所にある源泉なのだそうです。

あまり九重周辺にはないお湯で珍しいと思います。

 

「毒沢鉱泉」(長野県)、「吹上温泉」(北海道)のお湯と似ていました。

 

「山の湯」泉温47.9度 湧出量?(―)
泉質:酸性・含鉄―硫酸塩・塩化物泉 pH2.1
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計2,407.5mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

【露天風呂 桧風呂(硫黄泉)】

桧風呂は入口から見て右手前にあります。

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab21

源泉名の看板を撮影し忘れましたが、

中央の岩風呂と同じ硫黄泉だったと思います。

39度くらいのぬる目のお湯でした。

 

以上、内湯+露天風呂で7つも湯巡りができました!

 

【九重星生ホテルの登山ツアー】

%e4%b9%9d%e9%87%8d%e6%98%9f%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab31

こちらの登山ツアーは2016年度のもので、執筆時には終了しているツアーですが、

九重星生ホテルでは九重の登山イベントに合わせて随時ツアーを開催しています。

宿はピークシーズンでも一人泊できるので、登山は一人だと不安だという方にはお勧めですよ^^

 

 

【九重星生ホテル 温泉の感想】

 

やまなみハイウェイ沿いにあって日帰り営業時間も長く、

登山帰りに、ドライブ帰りに立寄るにはとても便利な温泉です。

 

源泉もお風呂の種類もバラエティに富んでいて、しかもかけ流しで絶景!

あったら良いな♪をすべて満たてくれる温泉という印象でした。

特に、初夏~秋は、露天風呂の冷泉と交互浴がとても気持ちが良いのでお勧めです。

次回は泊まってみようかなと思う宿でした。

 

泉質★★★★4.4

お風呂の雰囲気★★★★4.2(眺め★★★★4.8)

清潔感★★★★4.3

接客サービス★★★★4.2

 

 

【九重星生ホテル 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各1 庭園露天風呂 各1

◆源泉 の分析書

「山の湯」泉温47.9度 湧出量?(―)
泉質:酸性・含鉄―硫酸塩・塩化物泉 pH2.1
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計2,407.5mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

「硫黄泉」泉温24.1度 湧出量?(-)
泉質:単純硫黄冷鉱泉 pH5.2
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計430mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

「冷泉」泉温17度 湧出量?(-)
泉質:単純硫黄冷鉱泉 pH4.6
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計299.2mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

@男女別大浴場「山恵の湯」(内湯)

「噴気泉」(明礬泉)泉温94.1度 湧出量?(-)
泉質:単純温泉 pH6.8
蒸発残留物 -mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)-mg/kg 成分総計155.8mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水あり、加温なし、塩素消毒なし

 

星生温泉 九重星生ホテル 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



 

【星生温泉周辺の関連記事】

九重町 寒の地獄温泉 寒の地獄旅館 宿泊

九重町 やまなみ牧場 まきば温泉館 偵察

九重町 長者原駐車場から法華院山荘まで道のり(登山)

竹田市 法華院温泉 法華院山荘 宿泊

九重町 筋湯温泉 山あいの宿 喜安屋 日帰り入浴

九重町 筋湯温泉 筋湯うたせ大浴場

九重町 筌の口温泉 新清館 日帰り入浴

九重町 筌の口温泉 共同浴場

九重町 筌の口温泉 山里の湯 日帰り入浴

九重町 九酔渓温泉 二匹の鬼 日帰り入浴

九重町 壁湯温泉 福元屋 日帰り入浴

九重町 壁湯温泉 共同浴場

九重町 川底温泉 蛍川荘 日帰り入浴

九重町 宝泉寺温泉 石櫃の湯(足湯)

竹田市 赤川温泉 赤川荘 日帰り入浴

竹田市 七里田温泉 七里田温泉館 下湯(らむねの湯)日帰り入浴

竹田市 長湯温泉 ラムネ温泉館 日帰り入浴

竹田市 長湯温泉 ガニ湯 日帰り入浴

竹田温泉 長湯温泉街 ガニ湯本舗 天風庵 ランチ

竹田市 長湯温泉 郷の湯旅館 日帰り入浴

竹田市 長湯温泉 水神之森 日帰り入浴

産山村 産山温泉 奥阿蘇の宿 やまなみ 宿泊

南小国町 満願寺温泉 川湯(共同浴場)

南小国町 黒川温泉 新明館 日帰り入浴

南小国町 黒川温泉 旅館山河 宿泊

南小国町 黒川温泉 旅館こうの湯 日帰り入浴

南小国町 黒川温泉 旅館美里 日帰り入浴

「九州温泉道 88湯」対象施設の記事一覧


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 349 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です