谷地温泉 宿泊レポ その2 お食事編

青森県十和田市にある「谷地温泉」の夕食・朝食レポートです。

【湯治の宿 谷地温泉】基本情報

とうじのやど やちおんせん

◆夕食 18:00~20:00 食堂/テーブル席
◆朝食 7:00~8:30  食堂/テーブル席

【別注料理】

岩魚のお造り850円、岩魚の天ぷら920円、ほたて貝味噌700円他

口コミ評価:Google点/5.0点

【谷地温泉の食事の特徴】

◆岩魚・山菜料理が中心
◆鰻の蒲焼き・クレームブリュレも定番
◆夕食はボリュームがある
◆奥入瀬のクラフトビール・地酒の利き酒セットがある


[スポンサーリンク]








⇒「谷地温泉」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

 

→「谷地温泉」の客室情報はその1お部屋編へ

→「谷地温泉」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

 

【郷土食はやや薄い?ボリュームたっぷり 谷地温泉の夕食】

「谷地温泉」の食事会場は夕食・朝食ともに1階フロントの奥にある食堂でした。

ランチ営業もこの食堂でやっています。

食堂入口

中は4人掛けのテーブル席がメイン。テレビもあります。

奥の方は日帰り休憩用の畳の小上がり席になっていました。

お茶とお水はセルフサービス。

夕食はご飯もセルフ、朝食はご飯+お味噌汁がセルフでした。

 

【谷地温泉のドリンクメニュー】

地酒は3種類見本が置いてあります。

注文したのは青森の地酒飲み比べセット1,000円

左から

  • 「作田」純米吟醸 夏のかすみ(盛田庄兵衛 / 七戸町)
  • 「陸奥八仙」夏吟醸(八戸酒造/八戸市)
  • 「豊盃」純米吟醸(三浦酒造/弘前市)

十和田市のお酒ではなかったですが、この3つは新幹線駅にも売っている定番のお酒です。

父は奥入瀬ビールのピルスナーを注文

4種類の奥入瀬ビール 各700円

その他のドリンクメニュー

生ビールはなかったですが、瓶ビール、焼酎、岩魚の骨酒、日本酒は他に「金撰」(八戸酒造/八戸市)、「駒泉」(盛田庄兵衛 / 七戸町)、「じょっぱり」(六花酒造/青森市)、「ねぶた」(桃川/おいらせ町)、「八甲田おろし」(鳩正宗/十和田市)、「亀吉」(中村亀吉酒造/黒石市)、「菊駒」(菊駒酒蔵/五戸町)がありました。

追加料理はこちら。

足りなければ岩魚の天ぷらとお造りも食べたかったのですが、そんな余裕はないくらいお腹いっぱいでした。

【谷地温泉 夕食メニュー】

今回利用したプランは、

本館和室 シンプルプラン 通常料金 2名利用 1泊2食付 税込13,284円(冬期は9,180円~)

のところ、青森ねぶた祭り期間中の特別料金になっており17,820円でした

岩魚の塩焼き以外は着席した時にセットされていました。

お品書きはありませんが、簡単な説明があります。

ふきの煮物

花ワサビの醤油漬け

カニとクラゲの酢の物

お造りはサーモン、イカ、甘海老

岩魚プランにしないと岩魚のお造りは出ないようで、ちょっと残念。

 

ここまで食べ進めて、使っている器や盛り付けは昔ながらの旅館という感じでした。

岩魚の塩焼き

岩魚は裏庭の池で飼われています。

水が綺麗なので臭みがありません。

枝豆豆腐。何気に大きい。

ローストビーフ

何牛というのは分かりませんが、メインディッシュの扱いだと思います。

普通の旅館ならば陶板焼き等で牛肉が出てくるのでしょうが、宿の雰囲気はモロ湯治場なのに変わっていますね。

この後出てくる料理も八甲田ならではというより、運営会社の好みなのか、あまり郷土色は薄かったです。

お肉は美味しかったです。

鰻の蒲焼き。これも意外なメニュー。

牛肉に続いて2切れは結構なボリュームでお腹に溜まりました。

鰻はランチメニューでもあるようですが、谷地温泉と何かつながりがあるのか・・・分かりません。

揚げ立の天ぷら:なす、かぼちゃ、ししとう、えび2本

山菜が入っていないのが意外です。

お腹がパンパンになってしまい、ご飯は一口だけ。

お吸い物は海老真丈と湯葉でした。

デザートはクレームブリュレ

これまた意外!?

中はバニラビーンズもたっぷり入っていて濃厚な味でした。

 

【谷地温泉 夕食の感想】

山菜と岩魚の塩焼き以外は山の宿らしからぬメニューでした。

味付はやや濃いめでご飯がはかどるたんぱく質メニューが多いので、若い人は満足できると思います。

うちの父はローストビーフと鰻は半分残してしまいました。

今回は特別料金だったので割高に感じましたが、13,000円の通常料金ならば納得の値段です。

 

夕食の味 ★★★★4.2

メニュー構成 ★★★★4.2

満足度 ★★★★4.2

 

【谷地温泉 朝食メニュー】

朝食は7:00~8:30まで、夕食時に時間を決めて出向きます。

朝食は一度出し。

ご飯とお味噌汁はセルフサービスです。

お味噌汁はきくらげと山菜が入っていました。

リンゴが入ったサラダ。

ドレッシングが美味しいです。

とろろ

焼き鮭、たまごやき、蕗味噌

納豆と明太子

とろろもあるので、両方ご飯にかけてしまいました^^

冬瓜の煮物かな?

朝はデザートはなし。

コーヒーは別料金でした。

 

【谷地温泉 朝食の感想】

超定番のシンプルメニュー。

硫黄泉に入った翌朝は体が重くなるのですが、これくらいの量でちょうど良かったです。

 

朝食の味 ★★★★4.2

メニュー構成 ★★★★4.2

満足度 ★★★★4.2

 

【谷地温泉のランチメニュー】

ランチ営業は11:00~13:00(閉店)と入口には書いてありましたが、部屋の案内には14:00までとあり、どっちなのか・・・。

ギリギリで訪問する場合には宿にお尋ねください。

ランチメニューの一部。

連泊しても食事には困らなそうです。

岩魚定食2,200円は安いですね。

うな重1,728円もあります。

 

 

⇒「谷地温泉」をインターネットで予約する

 

→「谷地温泉」の客室情報はその1お部屋編へ

→「谷地温泉」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【谷地温泉周辺の関連記事】

青森市 酸ヶ湯温泉旅館 宿泊日帰り入浴

青森市 八甲田温泉 ぬぐだまりの里 日帰り入浴

十和田市 元湯 猿倉温泉 宿泊

十和田市 蔦温泉旅館 本館鄙び 宿泊

平川市 温川温泉 温川山荘 日帰り入浴

平川市 古遠部温泉 日帰り入浴

平川市 新屋温泉 日帰り入浴

大館市 日景温泉 日帰り入浴

青森県の混浴のある温泉

ブログ掲載 青森県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 1 人です,本日は 2人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください