新高湯温泉 吾妻屋旅館 日帰り入浴 ★★★

新高湯温泉 吾妻屋26

最終更新日 2016/8/27 訪問日 2014/6月上旬

【新高湯温泉 吾妻屋旅館】基本情報

しんたかゆおんせん あずまやりょかん

住所:〒992-1472 山形県米沢市大字関湯の入沢3934
TEL:0238-55-2031
通年営業
公式サイト日本秘湯を守る会宿紹介ページ

【宿泊料金】

1泊2食付9,500円~17,820円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応× 自炊×

口コミ総合評価:楽天トラベル4.46点、じゃらん3.9点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆山あいの一軒宿に泊まりたい
◆いろんなお風呂が楽しめる温泉が良い
◆米沢牛ステーキを味わいたい


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:12:30 ~ 16:00
料金:大人500円 小人250円
*日帰りは露天風呂のみ利用可能
昼食対応なし

アクセス

◆車
東北道「福島飯坂IC」から国道13号線、県道2号線経由55km、70分。
磐梯自動車道「猪苗代磐梯高原IC」から国道459号線、県道2号線(西吾妻スカイバレー※冬季は閉鎖)経由50km、約60分。
ドラぷら
◆電車
JR山形新幹線「米沢駅」下車、山交バス「白布湯元行き」で終点下車(乗車40分)。終点バス停より宿1km。(宿泊者送迎あり)。
Yahoo!路線情報山交バス時刻表
楽天トラベル高速バス予約

地図

【奥白布 新高湯温泉 吾妻屋旅館 日帰り入浴】

新高湯温泉は、吾妻連峰の山形県側、天元台高原ロープウェイの近くにある

標高1126(イイフロ)mの一軒宿です。

西吾妻山の登山客に人気のある宿です。

 

「日本秘湯を守る会」には福島県にある高湯温泉の「吾妻屋旅館」がありますが、

隣同士ではなく山を越えて70㎞以上離れていますのでご注意ください。

山形県の「奥白布(おくしらぶ)」と覚えておくと分かりやすいです。

新高湯温泉 吾妻屋1

白布温泉街から県道2号線をさらに奥へ。

ロープウェイ「湯元駅」を通り過ぎた山道の終点に吾妻屋旅館があります。

 

途中からは未舗装で4WD車でもおっかなびっくりのかなり急な坂道になります。

特に冬季の積雪時は危険ですので、

運転に自信のない方は宿の方と相談して途中から送迎をお願いした方が良いかもしれません。

新高湯温泉 吾妻屋2

宿に近づくと渓流&滝が見えてきます。

 

駐車場は宿の手前と宿の入口正面に20台ほど置けますが、

やや斜面になっているので、駐車する場所に気を付けないと

混んでいる時には出入りが大変です。

新高湯温泉 吾妻屋3

斜面に沿って器用に建っている旅館

新高湯温泉 吾妻屋6

入口

新高湯温泉 吾妻屋7

「お試し湯」と書いてある日帰り入浴の案内

 

ドアを開けるとご主人が「米沢八湯」のスタンプ帳を持って待っていてくれました。

電話の時にも時間と料金を先に教えてくれてとても丁寧な対応でしたが、

日帰り入浴も歓迎されている様子で接客はとても良かったです。

新高湯温泉 吾妻屋8

ロビーはこんな雰囲気

 

温泉の説明を受けた後、今なら貸切風呂が空いてますよということでそこにまず向かうことに。

新高湯温泉 吾妻屋9

敷地内の露天風呂の案内図

【吾妻屋旅館 貸切大樹風呂】

新高湯温泉 吾妻屋18

貸切風呂は玄関のすぐ横

「空いてます」の札を裏返してドアを閉めればOK.

1回40分くらいでお願いしますということでした。

新高湯温泉 吾妻屋10

脱衣所から暖簾をくぐると、狭いスペースにどーんと置かれた木のお風呂。

中をくり抜いて人がちょうど座れる深さと幅になっており、1~2人サイズです。

新高湯温泉 吾妻屋12

人が入るとこんな感じ

新高湯温泉 吾妻屋16

湯口からはかなり大量のお湯が投入されていて、湯船の温度は45度近くありました。

熱い!と思いながら、何度もかけ湯をしているうちに何とか入れました。

ゆっくり浸かる温度ではありませんでしたが、

新高湯温泉の成分をはっきりと感じ取れる硫黄臭と

新高湯温泉 吾妻屋13

湯船の底には消しゴムかすのような湯花。

お湯もうっすらとですが白濁していました。

熱いお湯の割には、出てしまうとサラッとしていて汗もかかない不思議なお湯でした。

【新高湯温泉 吾妻屋 貸切大樹風呂の動画】

 

【吾妻屋旅館 展望露天風呂&根っこ風呂(混浴)】

新高湯温泉 吾妻屋22

続いて混浴露天風呂へ。鳥居のような木の門をくぐって階段を降りること数段。

左側には展望露天風呂、右側には根っこ風呂があります。

新高湯温泉 吾妻屋29

左の混浴展望露天風呂から。

脱衣所には囲いがありますが、男女別には分かれていません。

新高湯温泉 吾妻屋30

脱衣所内部はシンプルに棚と籠だけ。

新高湯温泉 吾妻屋31

建つスペースがなく引いて全体を撮れなかったのですが、

12人サイズくらいの円形の岩風呂がありました。

新高湯温泉 吾妻屋32

湯口からはそれほどお湯の投入量はなく、40度くらいでぬるめ。

先ほどの貸切風呂のように白濁もしておらず、硫黄の香りも薄かったです。

新高湯温泉 吾妻屋33

展望風呂からの眺め。山を独り占めできますね(^^♪

新高湯温泉 吾妻屋34

通路からはこのようになっていて、誰かが入っていれば分かります^^

新高湯温泉 吾妻屋28

こちらは右側の根っこ風呂。

新高湯温泉 吾妻屋25

根っこ風呂は二つあり、左側には切り株の下の部分だけをくり抜いた五右衛門風呂タイプと

新高湯温泉 吾妻屋24

右側には先ほどの貸切風呂のような、大木の中をくり抜いた1人サイズのお風呂があります。

二つのお風呂の間には、くり抜いた細い丸太を配管代わりにしてお湯が投入されています。

新高湯温泉 吾妻屋27

こちらの根っこ風呂は、入るとほとんどのお湯が溢れてしまいます^^

新高湯温泉 吾妻屋26

こちらのお風呂は浅いので、寝ころびながら山の景色を眺めるのにちょうど良さそう。

狭い浴槽は母体回帰?なのか、何だか落ち着く感じがします。

 

【吾妻屋旅館 女性用露天風呂】

新高湯温泉 吾妻屋37

展望露天風呂から一旦着替えてから通路を駐車場の方に下りて行く途中、

女性専用の露天風呂「大岩たぬき風呂」があります。

新高湯温泉 吾妻屋41

脱衣所もお風呂も完全に高い塀で囲まれているので、通路からは見えません。

すぐ真下には渓流があるのですが、

新高湯温泉 吾妻屋38

お風呂は渓流から5mほど離れた通路側にあります。

新高湯温泉 吾妻屋39

巨岩に囲まれて奥はちょっとした洞窟になっています。

入浴できるスペースは5~6人サイズくらい。

 

こういうタイプのお風呂だと母体をイメージさせるので、

子宝の湯などと名付けられそうですが、なぜかたぬき風呂。

たぬきがちゃっかり入浴していることもあるからなのか。

新高湯温泉 吾妻屋40

洞窟の最奥はこのように石組になっていて、石の間からお湯が流れ出ています。

投入量は少な目で、湯船の温度は41度くらいでした。

 

【吾妻屋旅館 滝見露天風呂(混浴)】

新高湯温泉 吾妻屋43

最後に、もう一度着替えて通路の一番上まで登ると滝見風呂があります。

左の小さな小屋が脱衣所。1人しか入れません。

新高湯温泉 吾妻屋46

6人サイズくらいの石組のお風呂で、目の前には豪快に滝が流れています。

新高湯温泉 吾妻屋47

温度はぬるくて40度くらい。

夏でも長居するにはちょうどよいですが、渓流沿いだけあって、虫が多かったです。

 

他の温泉もまわってみましたが、結局貸切風呂が一番鮮度が良かったです。

まだ午前中だったからか、熱すぎるのだけが残念。

【新高湯温泉 吾妻屋 混浴露天風呂の動画】

 

新高湯温泉 吾妻屋15

この日は米沢市内の気温が34度、ここは1126mあるので27度くらいでしたが、

それでも日差しが強かったので、湯上りに冷たいお茶を飲みながら一息。

 

【新高湯温泉 吾妻屋 温泉の感想】

来る途中はロープウェイの駅以外、民家も一軒もなく、

テラスからの眺めはこの通り、山の新緑だけ!

とても静かでいい所でした。

 

米沢周辺は夕食に米沢牛が出ることが多いですが、

ここのステーキが一番だという人も多いらしいです。

数年前に西吾妻山に登る際、すぐ近くのロープウェイから入ったにもかかわらず、

ここに泊まらなかったのを後悔しました。

 

吾妻屋は須川高原温泉と同じ標高1126m(イイ風呂)で私の誕生日とも同じ^^

雰囲気もご主人の人柄も気に入ったので、次回は是非宿泊したいと思った宿でした。

 

泉質★★★★4.0(貸切大樹風呂は4.3)

お風呂の雰囲気★★★★4.0

清潔感★★★★4.0

宿の雰囲気★★★★4.3

接客サービス★★★★4.6

 

新高湯温泉 吾妻屋旅館 ここから予約できます

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

「日本秘湯を守る会」のスタンプ帳をご利用の方は「日本秘湯を守る会」公式サイトからの予約又は宿に直接ご予約ください。一般の予約サイトではスタンプ押印サービスは適用されません。

 

 

【新高湯温泉 吾妻屋旅館 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯各1(「総檜風呂」宿泊者専用)
混浴露天風呂4 「滝見露天風呂」「根っこ風呂」2 「展望露天風呂」
女性専用露天風呂1 「大岩たぬき風呂」
貸切露天風呂1 「大樹風呂」
冬季の露天風呂は混浴露天2箇所・貸切露天1箇所になります。
(女性専用は冬季閉鎖、但し18:30〜20:00女性タイム設定)

◆源泉

自家源泉 自然湧出 源泉温度55.6度
泉質:含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(低張性注性高温泉)pH7.0
(旧泉質:石膏硫化水素泉)
態様:源泉掛け流し、加水・加温なし、塩素消毒なし
適応症:動脈硬化、きりきず、やけど、慢性皮膚病、高血圧症、慢性婦人病、糖尿病、神経痛 、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化 器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【新高湯温泉周辺の関連記事】

米沢市 姥湯温泉 桝形屋 宿泊

米沢市 滑川温泉 福島屋 日帰り入浴

米沢市 五色温泉 宗川旅館 日帰り入浴

米沢市 白布温泉 東屋旅館 日帰り入浴

米沢市 白布温泉 西屋旅館 日帰り入浴

米沢市 米沢牛専門店 登起波 ステーキ&焼肉

山形県の混浴のある温泉

ブログ掲載 山形県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 3,460 人です, 本日の訪問者は7 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です