紫尾温泉 旅籠 しび荘 日帰り入浴 ★★★★

鹿児島県さつま町にある「紫尾温泉 旅籠しび荘」のリニューアルされた温泉の入浴レポートです。

最終更新日  2018/1/21 訪問日  2016/12月下旬

【紫尾温泉 旅籠しび荘】基本情報

しびおんせん はたご しびそう

住所:〒895-2103 鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾2168
TEL:0996-59-8001
公式サイト

⇒「旅籠しび荘」のアクセス&予約はこちらのページへ

 

【宿泊料金】

1泊2食付8,000円~13,300円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治× 自炊×
1泊朝食付き5,700円~、素泊まり4,700円~

口コミ評価:google 4.3点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆鹿児島県北部でコスパの良い温泉宿を探している
◆料理の美味しい宿が良い
◆たまご臭香るお湯が好き


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:8:00~21:00
料金:大人300円 小人100円
定休日:無休

「九州温泉道」対象施設です

 

【紫尾温泉 旅籠しび荘 日帰り入浴 2016年10月リニューアル!】

「紫尾温泉」は鹿児島市内から北へ60キロ、紫尾山の東麓に小さな温泉街です。

温泉街には歩いても1分で通り過ぎてしまうほどの距離に4軒の宿と公衆浴場「神の湯」があります。

「旅籠しび荘」は、共同浴場の向かい。裏には姉妹館「紫尾庵」があります。

「旅籠しび荘」は2食付で8,000円台ととてもリーズナブル。食事も美味しいと評判で、薩北ではコスパ最強の良宿として秘湯ファンに人気があります。一方、姉妹館「紫尾庵」の方は露天風呂付のモダンな客室で対照的な宿です。

ジビエ料理が自慢というしび荘宿泊したかったのですが、残念ながら3日間の日程上全て満室で断念。その3か月前にはリニューアル工事中で日帰りもできず、今回は日帰りでリベンジの訪問です。

「旅籠しび荘」の外観

温泉街奥に共用の無料駐車場があります。

「旅籠しび荘」の玄関は通路を奥へ。

玄関に入ると正面にはタヌキ、右にフロント、左廊下の奥が大浴場になっています。

館内はもともと鄙び系の宿ですが、リニューアルで床や内装は綺麗になっていました。

 

「旅籠しび荘」のお風呂は、

  • 男性用内湯 2
  • 女性用内湯 2
  • 貸切露天風呂 1

があります。

 

【紫尾温泉 旅籠しび荘 女性用内湯】

まずは女性用の内湯から。

廊下の手前が女湯、奥が男湯。

窓からは鯉の泳ぐ池も見えます。

こちらは女性用の脱衣所。まだ新しくて綺麗です。

廊下には無料のロッカーがあります。

洗面台もオシャレにリニューアル。

そして扉を開けると2槽の浴槽が目の前に。

「旅籠しび荘」には1号泉と下の湯の2本の源泉があり、2つの浴槽でやや熱めとぬるめのお湯を楽しむことができます。

こちらはやや熱めの湯の浴槽。オーバルの形とブルーの色が目の癒しになるお風呂です。

源泉は公衆浴場と同じ1号泉を使用していますが、あれほどヌルヌルはせず焦げたたまご臭もやや穏やかに感じます。黒い湯花も見当たりません。

湯舟の温度は42度強。

紫尾温泉「1号泉」泉温50.3度 湧出量 -(掘削自噴)
泉質:アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9.4

コップが置いてあるので飲んでみましたが、エグミは控えめで美味しいたまご味のお湯でした。

隣にあるコンクリートの浴槽は「旅籠しび荘」の独自源泉です。

このお風呂を目当てにやってくるファンも多いそうです。

ぬる目のお湯で37度でした。

 

自家源泉「紫尾温泉(下の湯)」泉温41度 湧出量-(自噴)
泉質:単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9.2

湯舟の底には黒い湯花がポツポツと見受けられます。やはり独自源泉とあって源泉からの距離が近いからかこちらの方が鮮度も良く、焦げたたまご臭も強く感じられます。

真冬でしたが、この湯舟にはずっと入っていたくなるお湯でした。

 

【紫尾温泉 旅籠しび荘 貸切露天風呂】

一旦着替えてから廊下の奥にある露天風呂へ。

表の札が「空いています」と出ていれば利用できます。*悪天候時は利用不可

露天風呂の入口

ドアを開けると衝立に囲まれたスペースに脱衣所があります。

石段を3つほど下りると大きな岩を組んだ露天風呂があります。

そこが水色に塗ったコンクリートなのか、池のようなお風呂。

貸切風呂としては広く、8人~10人は入浴できそうです。

 

湯口は奥の方にチョロチョロ。外気が8度くらいの日だったので、湯船のお湯は39度くらいでぬる目でした。

眼科にはせせらぎがあり、6月にはホタルも飛び交うそうです。

お風呂の片隅にはシャワーと洗い場もありました。

 

少し気になったのが隣に男湯のガラス窓が見えたので、もしかして男湯から露天風呂が見えるのかな?という点。

この日は他にお客さんはいませんでしたが、来たらどうしようかと思うと落ち着かなかったです。

 

【紫尾温泉 旅籠しび荘 温泉の感想】

「旅籠しび荘」は、オーバルの浴槽の形に清涼感のある水色とグリーンのお湯の色が癒しになり、内湯の雰囲気が良かったのが印象的でした。

1号泉は公衆浴場に比べるとパンチは弱いですが、上品な感じ。独自源泉の2号泉はたまご臭もエグミも強く、しかもぬる湯なので、このコントラストが人気の理由なのだろうなと思います。交互浴好きにはたまらないですね。

何度も入りたくなるお湯なので、やっぱり泊まりたかったなぁというのが正直な感想です。

食事がとても美味しそうなので、宿泊したらもっと満足できるのだろいうなという期待を込めて★4つ。

 

泉質 ★★★★4.3

お風呂の雰囲気 ★★★★4.4

清潔感 ★★★★4.4

接客サービス ★★★★4.2

 

⇒「旅籠しび荘」をインターネットで予約する

 

【紫尾温泉 旅籠しび荘 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯各1 貸切露天風呂1

◆源泉

H23.10月の分析
紫尾温泉「1号泉」泉温50.3度 湧出量 -(掘削自噴)
泉質:アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9.4
蒸発残留物 296mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)370.3mg/kg 成分総計370.3mg/kg
メタケイ酸67.7mg,硫化水素イオン13.1mg,チオ硫酸イオン1.8mg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

H19.6月の分析
自家源泉「2号泉(下の湯)」泉温44度 湧出量 -(-)
泉質:単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9.2
蒸発残留物273.6mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)323.3mg/kg 成分総計323.5mg/kg
メタケイ酸32.8mg,硫化水素イオン13.1mg,チオ硫酸イオン1.8mg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

H19.6月の分析 *源泉は上と同じですが分析書は2つありました
自家源泉「紫尾温泉(下の湯)」泉温41度 湧出量-(自噴)
泉質:単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)pH9.2
蒸発残留物273.6mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)323.3mg/kg 成分総計323.3mg/kg
メタケイ酸32.8mg,硫化水素イオン12.1mg,チオ硫酸イオン1.8mg,遊離硫化水素0.1mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【紫尾温泉周辺の関連記事】

さつま町 紫尾温泉 神の湯 日帰り入浴

さつま町 宮之城温泉 手塚Ryokan 日帰り入浴

出水市 湯川内温泉 かじか荘 日帰り入浴

出水市 白木川内温泉 旭屋旅館 日帰り入浴

薩摩川内市 川内高城温泉 共同湯

薩摩川内市 双葉旅館 日帰り入浴

ブログ掲載 鹿児島県の秘湯レポート

「九州温泉道八十八湯」について


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 137 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です