ホテル利尻 利尻ふれあい温泉 ★★★+



【利尻ふれあい温泉 ホテル利尻】基本情報

りしりふれあいおんせん ほてるりしり

住所:〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形富士見町90
TEL:0163-84-2001
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付8,640~19,440円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応× 自炊×

口コミ評価:じゃらん4.6点、楽天トラベル4.5点/5.0点

【この温泉を一言で表すと】

◆礼文・利尻島で唯一の源泉かけ流し
◆炭酸水素含有量国内トップクラス
◆地元民おすすめの温泉
◆夏はウニがうまい!


[PR]るるぶトラベル 今月のキャンペーン♪ ポイントがたくさんたまる!

【日帰り入浴】

営業時間:13:00~20:30受付(21:00閉館)
料金:大人550円 島民400円 小人200円

アクセス

◆利尻島までのアクセス
@稚内からフェリーで110分 フェリー時刻表
@千歳空港から飛行機(ANA 6月~9月のみ就航 1日1便)
@丘珠空港から飛行機(HAC 通年就航 1日1便)

◆利尻島からのアクセス
沓形フェリーターミナルより約500メートル 徒歩5分
鴛泊フェリーターミナルより約15キロ 車で約20分
利尻空港より約12キロ 車で約15分

*島内レンタカーあり
楽天トラベル レンタカー予約

 

地図


大きな地図で見る

【「利尻ふれあい温泉」(ホテル利尻) 日帰り入浴】

利尻島港

利尻島「鴛泊港」

 

利尻島には「鴛泊港」周辺に利尻富士温泉の宿が何軒かありますが、

他に町営の日帰り入浴施設が2箇所あります。

 

島の北側、「鴛泊港」に近いところに「利尻富士温泉保養施設」、

島の北西側「「沓形港」に近い所に「利尻ふれあい温泉」があります。

 

稚内からフェリーで行く場合には、「鴛泊港」発着になり、

礼文経由の場合には「沓形港」になります。

*海況によっては変更になる場合もあります。

 

利尻島1

稚内港に停泊するフェリー

利尻島行のフェリー内

フェリー内部 広くて快適です。

 

利尻島は車で1時間ちょっとあれば1周できる小さな島ですが、

シーズンオフはバスの本数が少ない又はないので、

周遊する場合にはレンタカーを借りるのが無難です。

利尻山3

はじめは、「鴛泊港」から歩ける範囲で観光して来ようと考えていたので、

港に近い「利尻富士温泉保養施設」にだけ立寄ろうと思っていました。

 

が、地元のレンタカー屋さんに

「利尻で温泉と言えば、ホテル利尻の方だ!」と強く勧められ、

それだと発着港から歩くのは無理だったので(10kmある)、

レンタカーを借りることにしました^^

 

北海道に行くといつもこんな商売だなぁと思わされます(;一_一)

お客の都合より、店側の都合。おまけをつけるから条件飲んでね、的な。

結果的に良かったですけど^^

 

レンタカーは朝から夕方のフェリーが出航する直前まで、

ガソリン代はおまけで9,000円でした。

島内は少し高いですが、他も同じくらいだったと思います。

 

利尻島8

日本百名山の「利尻富士」

利尻富士から見たオホーツク海

利尻富士山頂から見たオホーツク海(登ったのは私ではありませんw)

 

ゆっくり島を3/4周くらいしたところで、温泉に到着です。

利尻島32

「利尻ふれあい温泉(保養センター)」というのは、町営の「ホテル利尻」内にあります。

ホテルに併設された日帰り入浴施設で、宿泊客は無料で利用できるという温泉です。

 

今回は11月末という超オフシーズンだったので、

宿泊客らしき人はおらず、私以外は島民のおじいちゃん・おばあちゃんでした。

大浴場では、80・90代のお婆さんを60代のお嫁さんが背中を流すという、

老老介護的な光景が繰り広げられていました。

 

観光客は島で私だけか?と思うくらい、車ともすれ違わなかったという・・・。

 

お風呂は男女別の大浴場、内湯2つ、露天風呂1つです。

脱衣所内には「日本有数の炭酸水素塩泉!」等の新聞記事が掲載されていました。

町興しで掘削したら成功だった!という誉の温泉なのかもしれません。



源泉温度が33度と低めなので、一つは放流式+加温・循環ろ過併用、

もう一つの浴槽は源泉かけ流しということでしたが、

源泉漕の方もそこまでぬるくはなかったような。

 

塩素系薬剤使用とのことでしたが、塩素臭は感じませんでした。

 

二つの浴槽の間に箱型の枠があって、その中を源泉が豪快に流れていました。

その源泉はほぼ透明なのですが、

浴槽内は透明度ゼロに近いくらい土色をしていました。

マグネシウムが酸化した色なのでしょうか、

舐めてみると、鉄とも違う強烈な金属臭と塩味、炭酸のピリピリ感がありました。

 

見た目からして濃いお湯ですが、他にはない独特な浴感でした。

これは、レンタカー屋さんが強く勧めるわけだと納得しました。


露天風呂(冬期閉鎖11月~4月)

 

今回は冬期閉鎖中でしたが、露天風呂もあり、

立ち上がるとオホーツク海が見えます。

 

外には足湯と温泉スタンドもあるようです。

 

 

利尻島といえば、夏場はバフンウニが絶品のようですね。

 

 

ホテル利尻は国民宿舎のような雰囲気の宿でした。

「鴛泊港」に近い利尻富士温泉の方は、

このお湯の後だとその辺によくあるつまらない温泉に感じてしまったので、

温泉好きを自称するならば、港から少し遠くてもこちらがおすすめだと思います。

【利尻ふれあい温泉館 の感想】

 

泉質★★★★4.6

お風呂の雰囲気★★★★4.0

清潔感★★★★4.2

接客サービス★★★★4.3

 

【利尻ふれあい温泉 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場(内湯各2 露天風呂各1 サウナ各2)、足湯、温泉スタンド

◆源泉

「利尻ふれあい温泉」 掘削自噴 源泉温度 33.8℃ 湧出量600L/分
泉質:含二酸化炭素-ナトリウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
(中性高張性低温泉)pH 6.75 成分総計13,430 mg/kg
態様:源泉かけ流し+加温・循環ろ過併用、源泉槽あり、塩素消毒あり
適応症:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・疲労回復・慢性消化器病・痔疾・冷え性・健康増進・慢性皮膚病・慢性婦人病・高血圧・動脈硬化症等

 

利尻ふれあい温泉 ホテル利尻  宿泊予約サイト
じゃらん 楽天トラベル JTB るるぶトラベル

 

【利尻島周辺の関連記事】

利尻島 利尻富士温泉保養施設

稚内市 天北の湯 ドーミーイン稚内 宿泊

宿泊予約サイト

ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP blog 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>「源泉湯宿を守る会」の会員宿 全国一覧

>>「温泉遺産を守る会」源泉掛け流し認定の宿

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 662 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です