奥鬼怒 八丁の湯 宿泊その1 お部屋編 ★★★

八丁湯建物38

最終更新日 2015/3/28 訪問日 2014/7月上旬

【奥鬼怒温泉郷 八丁の湯】基本情報

おくきぬおんせんきょう はっちょうのゆ

住所:〒321-2717 栃木県日光市川俣876
TEL:0288-96-0306
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 10,000円~12,000円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応× 自炊×

「八丁湯」の口コミ総合評価:楽天トラベル4.57点、じゃらん4.5点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆居心地のいい山奥の一軒宿に泊まりたい
◆奥鬼怒の登山・トレッキング基地に
◆混浴ファン


[スポンサーリンク]








 

→「八丁の湯」のお食事情報はその2お食事編へ 

→「八丁の湯」の温泉情報はその3お風呂編へ 

→「八丁の湯」の日帰り入浴プランの情報はその4へ

 

【日帰り入浴】

営業時間:9:00~15:00
料金:500円
バスタオルレンタル200円
混浴はバスタオル巻OK

アクセス

女夫渕駐車場から徒歩1時間10分~1時間30分
宿泊者は女夫渕駐車場から送迎あり
→女夫渕駐車場までの道のりはこちら

地図


大きな地図で見る

【奥鬼怒温泉郷 八丁湯 宿泊1 お部屋編】

八丁湯は4つある奥鬼怒温泉郷の中ほど、標高1,300mにある一軒宿です。

創業は昭和4年と意外に古い宿です。

 

麓の「女夫渕駐車場」から奥鬼怒温泉郷4つの宿までの林道は一般車両通行禁止となっています。

「八丁湯」に宿泊する場合は送迎を利用するか、徒歩で1時間半ほど歩いて行くことになります。

→女夫渕駐車場までの道のりはこちらをご覧ください。

 

加仁湯6

奥鬼怒温泉郷の各宿までの所要時間は上の通りです。

 

今回は送迎を利用しました。

山の宿なのでチェックインは12:00~と比較的早いです。

往復1時間弱かかるので、他のお客さんとの兼ね合いもあるため、

送迎時間は予約の際に応相談です。

 

宿泊中は無人の駐車場に車を停めっぱなしになります。

PC等を置いている場合には、木陰に駐車した方が良さそうです。

 

秘湯っ子は秘湯を守る会のスタンプ帳を車の中に置き忘れ、

戻るに戻れず、新規に発行してもらうことになりました^^

八丁湯道のり29

八丁の湯のマイクロバスが来ました。

お帰りのお客さんと入替です。

 

チェックアウト後も休憩処でゆっくりできるので、

奥鬼怒の湯巡りをしてから帰ってくる方も多いようです。

八丁湯道のり33

なぜか助手席にはテディベア

八丁湯道のり30

ここから宿まで20分ちょっと、未舗装の砂利道をゆっくり走って行きます。

八丁湯道のり32

ここが絶景ポイントだと言われて撮影。

ガラス越しだったのであまりクリアな写真ではないですが、深い渓谷沿いの道を登って行きます。

八丁湯道のり31

加仁湯を通り過ぎて渓流の橋を渡ると八丁湯の入口です。

八丁湯建物17八丁湯建物16

敷地内に入るとログハウスが並んでいます。お花も綺麗。

八丁湯建物14

日光有料道路の側道はニッコウキスゲが満開でしたが、ここでもちょっとだけ咲いていました。

八丁湯建物50

離れのログハウスを通り過ぎると本館前の広い敷地に出ます。

八丁湯建物48

右側に女夫渕駐車場に向かう遊歩道があるので、

八丁湯の敷地内は登山客の通り道&休憩所になています。

八丁湯建物38

左の建物が帳場のある本館、右の渡り廊下は女湯に向かう道、

奥に見える滝のあたりに露天風呂があります。

 

想像していたのはもっと古びた山小屋のような宿でしたが、

古い建物と新しいログハウスとがうまくマッチしていて、とても雰囲気が良かったです。

八丁湯建物44

入口

レトロでいい感じです♪

八丁湯建物47

玄関横にいたシャイなわんこ。雨の後なのでちょっと濡れてます。

八丁湯建物10

呼びかけると寄ってきてなでなでさせてくれました。

八丁湯建物1

玄関には先代の「ちび」の写真が飾ってありました。

鬼怒沼トレッキングまでお客さんをガイドしていた賢いレトリバーだったようで、

新聞記事にも出ていました。

ひょっとして、バスの助手席にいたテディはこの子なのかなぁ。

八丁湯建物51八丁湯建物52

今回宿泊したのは、本館の入口の向かいにある離れのログハウスです。

 

本館から繋がっているログハウスの部屋もあります。

ログハウスは10畳~20畳くらいまで、いろんなタイプがあります。

立派な丸太はカナダ産なのだとか。

 

ログハウスは洗面台とウォシュレットトイレ付で12,000円~です。

本館の和室は洗面台なし、トイレ共同(ウォシュレットあり)で10,000円~です。

一人でも同じ値段なのが嬉しい♪

八丁湯建物3

入口はこんな感じ(宿泊したのとは別の部屋です)

八丁湯建物25

お部屋は10畳和室+広縁2畳にテラスがありました。

山なので虫が入って来やすいですが、中は綺麗に掃除されていました。

八丁湯建物20

テラスも結構広いです。

夕方はかなりの雷雨でしたが、ひさしの長い屋根が付いているので

テラスには雨が入ってこないようになっています。

八丁湯建物13

テラスからの眺め(正面)

八丁湯建物39

部屋からの眺め(左側)

 

左側に雲の間から夕日が見えたのですが、翌朝は朝日も見えて・・・方角がおかしい?

夕日は雲に反射していただけだったのかな。

鳥のさえずりと渓流のせせらぎが聞こえて、良い所に来たなぁ~と実感できます。

このテラスはとても居心地が良かったです。

八丁湯建物26

入口横には洗面台とドライヤー、石鹸。凍結した時のためのヤカン?

八丁湯建物27

トイレも綺麗なウォシュレットでこれは予想外でした。

八丁湯建物23

浴衣とタオルセット

混浴はバスタオル巻で入浴できますが、

もう一枚使用する場合にはレンタルになります(200円)。

八丁湯建物21

お茶セットと電気ポット

八丁湯建物22八丁湯建物40

お茶請けは日光あげせん「ひので」

八丁湯建物41

14インチのテレビもあります。

ドコモの携帯電話&データ通信は利用できました。

八丁湯建物24

お布団の上げ下ろしはセルフです。

八丁湯建物33

厚手の毛布と綿布団でした。

昼間晴れている時には気温23度くらいでちょうど良かったですが、

雨が降った後は15度くらいに下がってしまい、ガスヒーターをつけてもらいました。

八丁湯建物19

部屋の横にもベンチが置いてある広いスペースがあります。

 

この下の1階部分に自動販売機とベンチの休憩所があり、

通りがかりの登山客がここで雨宿りをしていました。

 

お部屋の紹介は以上です。

 

続いて館内散策。

八丁湯建物8

ログハウスの階段を降りると、湧水飲み場があります。

八丁湯建物6

小さな足湯もあります 「八丁あしのゆ」

八丁湯建物12

庭から覗き込むと下には渓流。

夜は庭も山も真っ暗ですが、早朝~夕方まで近くを散策するのも楽しいです。

八丁湯建物4

女湯・レストハウスを繋ぐ廊下。

八丁湯日帰り入浴7

レストハウスロッキー

 

昼食付プランの日帰り入浴客と、チェックアウト前後の宿泊客だけりようできる大広間です。

テラスにはテーブル席(喫煙所)があり、中にはマッサージチェアも置いてあります。

くつろぎスペースが多いのはポイント高いです。

八丁湯建物28八丁湯建物29

レストハウスの横にはなぜかアキバ系おでんの自販機。

何でここに!と思ったら、

八丁湯建物30

焼きリンゴにキットカット、ナッツや柿の種のも売ってました。

こんなの買う人いるのかなぁ~と思ったら、

部屋には冷蔵庫もなく有料ドリンクやスナックもないので、

夜更かししているとお腹が空いて、あっ!キットカット欲しい~と思ったのでした。

でもなぜか、キットカットは売り切れ(-“-)

 

自動販売機のドリンクはミネラルウォーター500ml 200円~でした。

 

【番外 八丁湯の動物】

八丁湯建物46

玄関の横には鳥の餌場

八丁湯建物5

屋根の下には巨大なスズメバチの巣!

蜂は飛んでいませんでしたが、大きなヤママユガはよく露天風呂の壁に張り付いています^^

八丁湯の建物54八丁湯建物2

クワガタのメス? 雨の後、庭を歩いていた沢蟹。

隣の加仁湯は沢蟹がたくさん生息する場所から名前の由来があるそうですが、

八丁湯の方で見かけました。

八丁湯建物36八丁湯建物43

熊の毛皮に、50センチ以上あるヌシの岩魚の魚拓。

八丁湯日帰り入浴2

極め付きはは、レストハウス ロッキーという休憩処にある鹿の頭の剥製です!

これだけだと大きさが分かりにくいですが、

八丁湯日帰り入浴4

下の洗面台と比べるとお分かり頂けるでしょうか。

頭だけで1m近くあるので、体全体は恐竜くらい大きな鹿なんじゃないかと。

カナダのヘラジカだそうですが、

泊まりに来たカナダ人も「こんなの見たことない!」

とビックリだったそうです。

でも、アメリカでは年間250人も衝突事故で亡くなっているとか。

http://matome.naver.jp/odai/2135219477002760301

 

剥製はちょっとかわいそうだけど、あまりの大きさにビックリしてしまいました。

 

【八丁湯 女夫渕駐車場~館内・客室の動画】

 

【八丁湯 お部屋の感想】

秘湯の会の宿は独特の雰囲気があり、

初めて訪問する宿でも自分の家のように落ち着きけるところが多いのですが、

八丁の湯もその通りの宿で、自然もお風呂もゆったりと満喫できました。

 

レストハウスの前の湯上り処やログハウスのテラスなんかがあって、

景色を眺めながらぼーっとできる所が多いからだと思います。

 

ログハウスは一応離れにありますが、夜間も本館への出入りは自由なので、

お風呂にも困りませんでした。

 

ただ、ログハウスでも本館の玄関から離れたところにある部屋は、

雨が降った時など、ちょっと不便かもしれません。

 

広さ★★★★4.5

居心地の良さ★★★★4.7

清潔感★★★★4.5

設備・アメニティ★★★★4.3

サービス★★★★4.3

 

【八丁湯 宿情報】

◆チェックイン/アウト 12:00~/~9:00
◆本館 10,000円~ トイレ共同

◆ログハウス12,000円~ 全室ウォシュレットトイレ・洗面台付

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 宿泊予約サイト

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*宿に直接予約・日本秘湯を守る会web予約以外での予約の場合、日本秘湯を守る会のスタンプ押印サービスはございませんのでご注意ください。

 

→「八丁の湯」宿泊レポその2お食事編  

→「八丁の湯」宿泊レポその3お風呂編  

→「八丁の湯」その4昼食付日帰り入浴プラン編 

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



 

【奥鬼怒温泉郷周辺の関連記事】

女夫渕駐車場までの道のり

奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉 宿泊

奥鬼怒温泉郷 日光沢温泉 日帰り

奥鬼怒温泉郷 加仁湯温泉 ホテル加仁湯 日帰り

川俣温泉 川俣一柳閣 日帰り

ブログ掲載 栃木県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 4,384 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です