【栃木】手白澤温泉 宿泊その 3 お風呂編

手白澤温泉の温泉13

【奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉】温泉情報

おくきぬおんせんきょう てしろさわおんせん

◆お風呂

男女別内湯各1 露天風呂各1
*男女入替なし 24時間利用可能(清掃時を除く)

「手白澤温泉」の口コミ評価:Google 4.7点/5.0点

【手白澤温泉のお湯の特徴】

◆固ゆでのゆで卵の黄身のような硫黄臭のするにごり湯
◆数か所から温度の違う自然湧出のお湯が加水加温なしで注がれている
◆カランもかけ流しの温泉!(加水あり)
◆露天風呂からの眺めも最高!


[スポンサーリンク]








→奥鬼怒温泉郷の起点 女夫淵駐車場までの道のりはこちらへ

⇒「奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉」へのアクセス詳細&宿泊予約情報はこちらのページへ

⇒「奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉」の客室情報はこちらへ

⇒「奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉」の食事情報はこちらへ

 

【日帰り入浴】

不可

 

【奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉 宿泊 3 お風呂編】

手白澤温泉は4つある奥鬼怒温泉郷の最奥にある究極の秘湯です。

開湯は昭和10年と比較的新しく、狩猟好きだった兵次郎さんがたまたま発見した温泉だそうです。

基本的には山小屋・ヒュッテのような宿なので、登山・ハイキング好きのリピーターの多い温泉です。

 

日帰り客NG、部屋数も少ないので、ハイシーズンでもない限り静かにのんびり過ごせて、貸切状態のことも?

と思ったのも数年前まで。

現在は予約の取りにくい宿になっています。

 

「手白澤温泉」には2014年と2020年に宿泊していますが、2020年のレポートは準備中ですので、以下2014年のものになります。

挿入しているTwitterは2020年夏の画像です。

手白沢温泉 館内26

大浴場は客室の廊下の一番奥です。

男女別の内湯+露天風呂があり、宿泊中は清掃時を除いて24時間入浴可能。

お風呂の入替はありません。

手白澤温泉の温泉19

女湯の暖簾

手白澤温泉の温泉9

脱衣所の廊下はピカピカに磨かれています。

脱衣棚とすのこのベンチ、洗面台にトイレがあります。

手白澤温泉の温泉10

天井が高くて雰囲気もオシャレです。

 

脱衣所のドアを開けると、硫黄のいい香りが漂ってきます♪

手白澤温泉の温泉5

内湯は10人サイズくらい。

壁側にある湯口からは結構な量のお湯が投入されています。

体感温度は43度弱でやや熱め。

お湯は透明に近いですが、細かい白い湯花で白濁しているようにも見えます。

身体がシャッキリとするお湯で、登山の後の筋肉痛防止にはかなり効いた気がします。

手白澤温泉の温泉6

驚くのがカランの代わりに源泉を使用しているところ。その湯量も半端ないです!

毎分300Lのお湯を1軒の宿だけで使用しているので、

これだけ贅沢な使い方ができるのですね。

内湯と同じく43度くらいでやや熱めですが、何度もかけ湯をしているうちに慣れてきます。

 

シャンプーは牛乳石鹸のものでした。

手白澤温泉の温泉15

壁には水シャワーがあります。

手白澤温泉の温泉1

内湯のガラス戸をあけると、6人サイズの露天風呂があります。

手白澤温泉の温泉2

内湯に比べるとお湯の投入量は半分くらい。

浴槽の温度は40度くらいでゆっくり入るにはちょうど良い温度。

内湯に比べるとブルーがかった乳白色に見えます。

気持ち、優しいお湯のように感じました。

 

公式Facebookによると、女湯の露天風呂の源泉は他とは別のようですが、

成分分析表はありませんでした。

宿の入口にある湧水の横の温泉と同じとのこと。

 

手白澤温泉の温泉3

夕方なので少しうす暗くなってきましたが、周辺の緑と山の景色も素晴らしいです。

手白澤温泉の温泉4

お風呂の縁には脱皮したばかりのトンボがいました♪

手白澤温泉の温泉20

お客さんは他に年配のご夫婦だけで、タイミングよく常時貸切でした^^

手白澤温泉の温泉18

こちらは男湯

手白澤温泉の温泉17

なぜか「Standing Aero」のマシーン。

登山をした後に乗る気は起らないですが、悪天候で山歩きができない人用なのかな^^

手白澤温泉の温泉11

こちらは男湯の内湯

壁を隔てて左右対称、全く同じデザインでした。

手白澤温泉の温泉13

男湯の露天風呂

サイズは女湯よりもやや大きく8人サイズくらい。

見事なブルーのお湯です。

手白澤温泉の温泉14

眼下には鬼怒川源流が流れていました。

渓流に突き出した配置で、山の景色も開けて見えます。

男湯の方が開放感があるように見えます。

男女入替え制でなかったのが残念。

 

【手白澤温泉2020年夏】

内湯は42度強、露天風呂は40度弱でした。

どちらも加水加温なしのかけ流し100%なのにこんなに温度が違うのは・・・

いくつか自然湧出しているポイントがあり、露天風呂の方はパイプを3本引いてありました。

そのうちの1本は30度あるかないかのぬる湯でした。

今まで一度も温泉を掘削したことはなくすべて自然湧出。

なのに、あれだけの湯量でカランまでかけ流し(カランだけ加水しているそうです)。

凄いなとしか言いようがありません。

 

【手白澤温泉の感想】

噂にたがわぬ極上の硫黄泉で、ほとんど貸切状態で堪能できました。

カランの代わりに源泉垂れ流し状態なのがとにかく圧巻で、

ここまで歩いて来る甲斐のある温泉でした。

秘湯なのにお風呂も綺麗で、デザインもオシャレなのが満山荘に似ているかも。

 

夕食時にオーナーの両親と思われる方がお風呂から出てきましたが、

生活が不便とはいえ、こんな温泉に毎日入れるのは羨ましく思いました(^^♪

 

泉質★★★★4.5

お風呂の雰囲気★★★★4.7

清潔感★★★★4.8

 

⇒「奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉」へのアクセス詳細&宿泊予約情報はこちらのページへ

 

【手白澤温泉 温泉情報】

自家源泉2本(兵次郎の湯と?) 自然湧出 源泉温度52.2度 湧出量300L/分
泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型)(低張性中性 高温泉?)ph6.9 成分総計624mg/kg
態様:源泉掛け流し、加水・加温なし、塩素消毒なし(露天風呂は少量加水あり)
適応症:神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

 

→奥鬼怒温泉郷の起点 女夫淵駐車場までの道のりはこちらへ

⇒「奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉」の客室情報はこちらへ

⇒「奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉」の食事情報はこちらへ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【奥鬼怒温泉郷の関連記事】

奥鬼怒温泉郷 日光沢温泉 宿泊&日帰り入浴

奥鬼怒温泉郷 加仁湯温泉 ホテル加仁湯 宿泊&日帰り入浴

奥鬼怒温泉郷 八丁湯 宿泊&日帰りプラン

川俣温泉 川俣一柳閣 日帰り入浴

平家平温泉 御宿こまゆみの里 宿泊

日光市 湯西川温泉 公衆浴場(薬師の湯)

日光市 湯西川温泉 薬研の湯(野湯)

日光市 湯西川温泉 金井旅館 日帰り入浴

日光市 川治温泉 共同浴場 薬師の湯

日光市 鬼怒川温泉 仁王尊プラザ 日帰り入浴

ブログ掲載 栃木県の混浴のある温泉

ブログ掲載 栃木県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





(このページの閲覧者は 4,785 人です,本日は 2人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードファイルの最大サイズ: 30 MB。 画像, 動画 をアップロードできます。 ここにファイルをドロップ

wp-puzzle.com logo