那須温泉 星野リゾート リゾナーレ那須 宿泊 その2 お食事編

栃木県那須町にある那須温泉「リゾナーレ那須」の夕食・朝食レポートです。

【那須温泉 星野リゾート リゾナーレ那須】食事情報

なすおんせん ほしのりぞーと りぞなーれなす

◆夕食
メインダイニング OTTO SETTE NASU
17:30~、19:30まで30分刻み(3日前15:00までに要予約)
大人 10,000円、7〜11歳 7,000円、4〜6歳 5,000円

ビュッフェレストラン SHAKI SHAKI
17:30〜21:00(L.O.20:30/要予約)
大人 6,200円、7〜11歳 4,340円、4~6歳 3,100円、3歳以下 無料

◆朝食
ビュッフェレストラン SHAKI SHAKI
7:00〜10:00(L.O.9:30)

*6/30までは時間短縮、ビュッフェはセットメニューになります。

【特別注文料理】

なし

口コミ評価:Google 4.3点/5.0点

【リゾナーレ那須の食事の特徴】

◆本格イタリアン&ワインを楽しみたい方はOTTO SETTEへ
◆ビュッフェ好きならSHAKI SHAKIへ
◆どぢらも地元野菜がとても美味しい


[スポンサーリンク]








⇒「那須温泉 リゾナーレ那須」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

⇒「那須温泉 リゾナーレ那須」の客室情報はその1お部屋編へ

⇒「那須温泉 リゾナーレ那須」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

【夕食はアダルトなイタリアンかファミリー向けビュッフェから選べる】

「リゾナーレ那須」では朝食付きプラン又は素泊まりプランしか出ておらず、夕食は2つあるレストランを利用することになります。

宿泊料金とは別料金になり、それぞれ予約が必要です。

*以前は2食付きのプランが出ていた時期もあるので、変更になるかもしれません。

 

◆「OTTO SETTE NASU」(オット・セッテ那須)

雰囲気の良いアダルトなイタリアンレストランで、ワインの種類が豊富。

夕食は1万円のコースのみ。3日前の午後3時までに予約が必要です。

個室もあるので、お子様連れのファミリーでも気兼ねなく利用できます(1室だけかもしれませんが)。

 

◆「SHAKI SHAKI」(シャキシャキ)

こちらは朝食会場にもなっていて、朝夕ともにビュッフェスタイルです(感染防止対策中はセットメニュー)。

夕食は旬の地元野菜とお肉のローストが中心メニューになっています。

料金は 大人6,200円です。

 

連泊の場合でもメニューは同じだそうです。

 

お酒の持ち込みは3,000円でできるそうです。

 

値段もだいぶ違うのでどちらのレストランにしようか迷いましたが、「SHAKI SHAKI」の方は朝食で食べられるということと、「OTTO SETTE」は宿泊者専用ということなので、せっかくなので「OTTO SETTE」にしました。

コース料理とワインを合わせて1.5万円の出費になりましたが、地方ではソムリエがいて洗練されたイタリア料理のお店というのはめったにないので、お値段分の価値はありました。例えるならまるで気分は『グランメゾン東京』状態(^^♪

宿泊は一人だと次に来れる機会があるかどうか分からない値段ですが、「OTTO SETTE」の外部利用が可能であればまた食事だけでも来たいなと思いました。

*「リゾナーレ八ヶ岳」「リゾナーレトマム」にも「OTTO SETTE」のレストランがありますが、そちらは外部のお客さんもランチ等で利用できるそうです。

*ソムリエが常駐しているかは不明ですが、ワインリストを選んでいるのはソムリエだそうです。

 

【トスカーナ地方の料理とワインのペアリングが楽しめる OTTO SETTE NASU】

通常期間はL.O.が19:30まであるようですが、感染予防対策中は17:30~と18:00~の2択でした。

ホテルの予約と同時にネットでレストランも予約しました。

 

別館の客室からは徒歩2分くらい、フロントからは5分くらい、本館の遠い客室からは7~8分かかるかもしれません( ゚Д゚)

迷子にならないよう、チェックインの際にフロントで渡される地図を忘れないでください。

6月も中旬になると午後6時でも外はまだ明るいです。

大谷石でできたゲートがヨーロッパのお城の城壁みたいでした。

メインダイニングの看板

緑に囲まれたレストラン

門から橋を渡っていると途中でドアが開いて、いらっしゃいませとお出迎えがありました。

2階は別館専用のラウンジ、1階がレストランになっています。

1階へは階段だけです。

フロアにいたお客さんは私だけ、あと一組は個室にいたファミリーでした。

まだ明るいので外の景色も見えました。

こちらがメニューです。

見慣れないカタカナが並んでいますが、イタリア語を直訳した日本語メニューよりも、下の英語を見た方が分かりやすいかもしれません。

料理は一品ずつとても丁寧な説明があります。

 

【料理とのマリアージュを楽しめる豊富なワイン】

飲み物は食前酒から食後酒までイタリアのお酒が中心でした。

10ページくらいあったので撮影はしてきませんでしたが、安いワインで1本5,000円くらい、一番お高いワインは「バローロ」5.6万円というのだけ覚えています。

グラスワインは1,200円だったか2,000だったか。

2~3杯は飲むだろうなということで、それならいっそのこと料理に合わせた「ペアリング」5,500円にしました。

食前酒、白2つ、赤2つの5つのワインが楽しめるコースです。

まず出てきたのは食前酒。

割とカジュアルな味でした。

 

モンテベッロ スプマンテ ブリュット ビアンコ モンテベッロ(ヴェネト)

Montebello Spumante Brut Bianco

 

2杯目は「農民ドライ2018」(ココファーム&ワイナリー/栃木県足利市)

イタリアの白ワインに比べるとフルーティーで軽くて飲みやすいです。

このシリーズの赤は「農民ロッソ」というのがあります。

前菜:農園のピンツィモーニオ

「ピンツィモーニオ」は、トスカーナ地方の前菜で旬の野菜スティックをソースにつけて食べるものです。

出てきた地元野菜は20数種類。全部が全部ここの農園で作られているものではないと思いますが、畑に行ったら同じ野菜がいくつかありました。

野菜の他に見えるのは、手前のプロシュート、左のヤシオマス、左奥に那須のハム、中央奥にじゃがいもにブリ―チーズをかけて焼いたもの(エメンタールチーズだったかも)。

(ICレコーダーが欲しいくらい説明が詳細すぎて覚えきれない^^)

用意されていたソースはアンチョビ&パプリカ。

冷製のバーニャカウダみたいな感じです。

写真には写っていませんが、手前にはオリーブオイルと粗塩もあります。

 

とにかく野菜が美味しい!

色々な種類の野菜とオードブルが楽しめて、お酒との相性もバッチリでした。

3杯目の白ワイン

ソーヴィニョン カミッロ ドナーティ(エミリア ロマーニャ)

Sauvignon Frizzante Camillo Donati

 

次の料理の菜の花の苦みに合わせたそうです。なかなかのお値段のワインです。

2品目:菜の花のスフォルマート

スフォルマートはイタリア風のスフレだそうですが、現地での説明はちょっと違ったような。

上部はプロシュートでだしを取ったメレンゲ風の泡が、その下には裏ごしした菜の花の濃厚なグリーンの塊が潜んでいます。

菜の花のスフレは抹茶の塊のような苦さですが、上のダシ泡と合わせると丁度良い感じになります。

珍しい料理だなと思いましたが、正統派のイタリア料理のコースを食べたことがあまりなく、コースで出て来る副菜をあまり知らないということに気づきました。

ここでカステラのような風貌のパンが出てきました。

トップにはザラメの砂糖かと思いきやあら塩が振ってあります。

生地がモチモチしていて美味しいです。

4杯目 赤ワインその1

サグランティーノ ディ モンテファルコDOCG (ウンブリア)

Sagrantino Di Montefalco Antano

 

次の料理がジビエで濃厚な味のためそれに負けない赤を選んだということです。なかなかのお値段のワインです。

重すぎず奥深い味わいです。

と、イタリアのワインの名前を書きながら、サッカー好きだと産地の州には聞き覚えがあるなと思ってしまいました。

パスタ:猪肉と半熟卵のトンナネッリ

トンナネッリは角が四角いパスタの種類です。

猪肉はあらびきになっていますが、歯ごたえがあります。でも獣臭くはありません。

ペコリーノロマーノのチーズに半熟卵のソースにからめるとまろやかな味に。

ソースは何が入っているのか分かりませんが、どことなく和風テイストでした。

 

料理の量は多くはないですが、ワインを飲みながらゆっくり食べていたら、意外とこのあたりで腹8分目になってきました。

最後の5杯目はステーキに合わせた赤ワインです。

ポデーレ・デッラ・チヴェッタイア  2016 ピノ・ネロ(トスカーナ)

Podere della Chivettaja 2016 Pinot nero

このワインは唯一、楽天市場では売っていませんでした^^

フルーティーで軽いようでいて奥深く、肉料理に合わせるにしては渋くなくやや甘く感じました。

ワインはこれと農民ドライが美味しかったです。

肉料理:牛肉のビステッカ

フィレンツェの「ビステッカ・アラ・フィオレンティーナ」をイメージしたステーキだそうです。

ほとんどレアに近いステーキで、ワイルドさを表現したのでしょうか(笑)

厚切りのローストビーフのような感じです。

見切れていますが、左側の付け合わせは那須産の蕗味噌にアンチョビを和えたもの、ポテト、栃木県産のウド、そら豆にペコリーノチーズをまぶしてあるもの、アスパラガス。

やっぱり野菜が美味しいです。

お肉と同時に全粒粉のパンが出てきました。

麦の香りが良いです。

デザート1品目:ジェラート3種

バニラ、いちご、ピスタチオにビスコッティが添えてあります。

Poco Pocoというカフェに合ったアイスと味が似ていたので、手作りではなさそうです。

デザート2品目 苺のデクリナツィオーネ

「デクリナツィオーネ」がどんな調理法なのか良く分かりませんが、英語で見ると「variation」となっているので、イチゴを色々と飾りつけしたお菓子ということでしょうか。

左のイチゴのソースにはゆずがアクセントで入っています。

右のウエディングケーキのような飾りは、土台がメレンゲ、イチゴ&クリーム、白いスティックはビスコッティ。

土台がカチカチで崩すときに大きな音を立ててしまいました^^

味はとても美味しかったです。

〆のエスプレッソもとても美味しかったです。

他に、コーヒー、紅茶、ハーブティから選べます。

食べ終えるまでに1時間35分ほど。

外はすっかり暗くなっていました。

 

【リゾナーレ那須 OTTO SETTE NASUの感想】

お客さんはフロアに私一人だけ。

スタッフも男性のギャルソンが一人だけ。

どこが厨房なのか分からない造りの建物からすーっと現れて、よどみなくワインと料理の説明が始まりました(沢村一樹の役のつもりで聞いていました)。

ワインと料理が出て来るタイミングも下げるタイミングも完璧で、ここはレストランがウリのホテルなのかなと途中から気づいた感じです。

 

もっときちんとした格好をして来ればよかった・・・。

 

始めは宿泊費の他に1万円かぁ・・・とため息をついたのですが、

普通の温泉旅館でも、素泊まりから換算すると夕食が8,000円くらいするので、それにこの適度な緊張感とアダルトな雰囲気、演出を考えたら、料理の値段は意外とリーズナブルなのではないかと思います。

料理で1万円、ワインで5,500円でしたが、ワインとスタッフのアシストが素晴らしかったので気張った甲斐がありました。

 

もう一つのレストランも、使っている素材は同じなので美味しいとは思いますが、雰囲気重視、ワイン好きだったら「OTTO SETTE」はおススメだと思います。

 

夕食の味 ★★★★ 4.6(食事4.5・ワイン4.7)

メニュー構成 ★★★★ 4.5

雰囲気・サービス ★★★★ 4.8

 

【朝食はカジュアルなレストラン SHAKISHAKIで】

朝食は本来7:00〜10:00(L.O.9:30)までの時間に利用できるのですが、感染予防対策中は8:00~9:30(9:00L.O.)に短縮されていました。

また、2020/6/30までビュッフェスタイルから1人用のセットメニューに変更されています。

セットメニューはレストランで食べることもできますし、テイクアウトして部屋でも屋外でも好きな場所で食べることができます。

レストラン「SHAKI SHAKI」は本館の2階にあります。

フロントを抜けてそのまままっすぐ奥へ。

「SHAKI SHAKI」の受付

8:30頃到着したら私が最後だったようです。

ファミリーが一組レストランで食べていましたが、以外と素泊まりのお客さんも多いのかな?

テイクアウト用のボックス

飲み物の蓋以外は紙と木製でエコですが、パッケージにお金がかかっていそうと思ってしまいました。

全部広げるとこんな感じで朝食にしては豪華です!

でも、ビュッフェスタイルならばこれより多少種類も多くて、サラダも食べ放題です。

その代わり、宿泊費用が安かったわけですが。

シャキシャキサラダとマンゴーヨーグルト

サラダの上に大根が乗っていて下が見えませんが、色々な種類のリーフ系サラダ野菜が入っています。

ヨーグルトの手前のオレンジのカップはにんじんドレッシング。

おかず

ソーセージ、厚切りベーコン、ハム

目玉焼き、スクランブルエッグ、プチトマト、ヤシオマスのスモーク、カマンベールチーズ

フルーツはリンゴとキウイ

ポテトサラダと人参のサラダ

パンは3種類

左からカレー、クロワッサン、マフィン

二口サイズの大きさです。

牛乳は那須の「森林ノ牛乳」

ここの牛乳が余り過ぎて星野社長がミルクジャムにして売り出すというニュースを先日やっていました。

飲み物のカップはコーヒーと野菜スープ(鶏肉、ブロッコリー、椎茸等)でした。

 

【リゾナーレ那須  SHAKISHAKIの朝食の感想】

やっぱりサラダの野菜が美味しいです!

ビュッフェだったら、この3倍の量を食べていたと思います(笑)

ソーセージやハムなどは那須の牧場のものだと思いますが、これも美味しかったです。

あまり好き嫌いなく大人でも子供でも好きなメニューが詰まった朝食でした。

 

朝食の味 ★★★★ 4.5

メニュー構成 ★★★★ 4.5

接客サービス ★★★★ 4.3

 

⇒「那須温泉 リゾナーレ那須」をインターネットで予約する

 

 

⇒「那須温泉 リゾナーレ那須」の客室情報はその1お部屋編へ

⇒「那須温泉 リゾナーレ那須」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【星野リゾートの関連記事】

長野県軽井沢町 星野温泉 トンボの湯 日帰り入浴

長野県軽井沢町 星野エリア 村民食堂

福島県北塩原村 猫魔温泉 裏磐梯レイクリゾート 日帰り入浴&ランチ

(訪問当時は「星野リゾート裏磐梯ホテル」)

【那須温泉周辺の関連記事】

那須温泉 ホテルサンバレー那須 宿泊

那須町 那須湯本温泉 元湯 鹿の湯 日帰り入浴

那須町 那須湯本温泉 松川屋 那須高原ホテル 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

◆那須町 那須湯本温泉 旅館 山快 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須町 那須湯本温泉 旅館 雲海閣 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須町 那須湯本温泉 清水屋旅館 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須町 那須湯本温泉 中藤屋旅館 日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須町 那須湯本温泉 小鹿の湯(はなやホテル)日帰り入浴(鹿の湯源泉)

那須町 老松温泉 喜楽旅館 日帰り入浴

那須町 那須高雄温泉 おおるり山荘 日帰り入浴

那須町 金ちゃん温泉 日帰り入浴

◆那須町 大丸温泉 大丸温泉旅館 宿泊2014 宿泊2013

那須町 北温泉 北温泉旅館 日帰り入浴

那須町 弁天温泉 弁天温泉旅館 日帰り入浴

那須塩原市 三斗小屋温泉 煙草屋旅館 宿泊

那須町 チーズガーデン那須本店&カフェしらさぎ邸

那須町 ジョイアミーア 那須本店

那須町 ステーキ寿楽 本店

那須町 道の駅友愛の森 なすとらんのステーキ丼

那須町 エミールガレ美術館

東北道 那須高原SA下り ダイニングこもれび

栃木県の混浴のある温泉

ブログ掲載 栃木県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 107 人です,本日は 11人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo