万座プリンスホテル 日帰り入浴&ランチ ★★★+

群馬県嬬恋村にある万座温泉「万座プリンスホテル」の入浴&ランチレポートです。

最終更新日  2016/1/31 訪問日 2016/1月下旬

【万座温泉 万座プリンスホテル】基本情報

まんざおんせん まんざぷりんすほてる

住所:〒377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉2401
TEL:0279-97-1111
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 11,000円~30,500円 お一人様〇 素泊まり〇 湯治対応〇 自炊×
1泊朝食付 7,500円~ 客室料金(素泊まり)11,286円~

口コミ総合評価:楽天トラベル3.97点、じゃらん4.0点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆硫黄泉のにごり湯が好き
◆絶景露天風呂のある宿が良い
◆万座スキー場の基地に
◆混浴ファン


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:11:00~17:00受付(18:00退館)
料金:大人1,200円 子供600円
湯めぐり手形利用可
*公式サイトに割引チケットあり(1,200円⇒900円)

アクセス

◆車
東京方面から:上信越道「碓氷軽井沢IC」~鬼押ハイウェイ53km~嬬恋村三原~万座ハイウェイ22km~万座温泉。
新潟方面から:関越道「渋川・伊香保IC」~R17、R353、R145、R144 57km~嬬恋村三原~万座ハイウェイ22km~万座温泉。
関西方面から(冬):上信越道「上田菅平IC」~R144 35km~嬬恋村三原~万座ハイウェイ22km~万座温泉。
関西方面から:信州中野IC~R292 25km~志賀高原~R292 21km~万座温泉。*志賀高原・草津ルート(R292)は11月上旬~4月下旬まで冬季通行止です。
*冬期(11月上旬~5月上旬まで)はスタッドレス、又はタイヤチェーン必携。
*R292以外の道路も一部通行止めとなっている場合がありますのでご注意ください
ドラぷら
◆電車
東京方面から:上野駅発JR吾妻線「特急草津号」(2時間40分)で「万座鹿沢口」下車、西武高原バス(40分)~万座温泉「プリンスホテル前」下車、徒歩1分。又は、上野・東京駅発JR長野新幹線(1時間10分)「軽井沢駅」下車、西武高原バス(1時間50分)~万座温泉。
関西方面から:「名古屋駅」からJR中央線「特急しなの号」(2時間50分)で「長野駅」乗換~JR長野新幹線(30分)「軽井沢駅」下車、西武高原バス(1時間50分)~万座温泉。
*「軽井沢駅」より宿泊者限定の無料シャトルバスあり(要予約)。
Yahoo!路線情報・西武高原バス時刻表
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【万座温泉 万座プリンスホテル 日帰り入浴&食事レポ】

「万座プリンスホテル」は、万座スキー場直結の大型リゾートホテルです。

 

大型ホテルといえども、源泉かけ流し(加水あり)+塩素消毒なしなので、

「日本温泉遺産を守る会」の源泉かけ流し風呂に認定されています。

 

開放的な混浴露天風呂からの眺めは万座温泉随一といってよい人気の温泉です。

 

前回は、「豊国館」のお湯でノックアウトされ、

「万座プリンスホテル」では食事だけして帰ってしまいましたが、

今回は気合を入れてリベンジです♪

万座プリンスホテル2-19

万座ホテルの外観。

 

万座温泉へは西武系列の「西武高原バス」が、

「万座鹿沢口」⇔「万座温泉」、「軽井沢」⇔「軽井沢」を結んでいます。

 

万座プリンスホテル2-15

駐車場からはホテルのピロティを経てゲレンデに直結していました。

またとない快晴だったので、ちょっと見学しに。

 

スキー場からの眺めは思わず「ヤッホー」と叫びたくなる絶景です!

 

ホテルを出てすぐにボードを履いて滑り降りて行けるわけですね。

さすが、王者の西武グループ(だった・・・)

万座プリンスホテル2

ホテルの入口。

万座プリンスホテル2-20

スノーマンのライトアップ。

 

玄関入って左にフロントがあり、日帰り入浴の受付をします。

今回は湯めぐり手形を利用したため、手形のシールを1枚渡して終わり。

 

万座温泉では、湯めぐり手形を購入するととてもお得になります!

◆宿泊者
手形の購入金額 1,200円
手形利用で3軒まで無料、4軒目以降は手形の提示で1軒あたり入浴料500円に。

◆日帰り客
手形の購入金額 700円
手形提示で1軒当たりの入浴料が500円に。

いずれも、購入日の年内12月31日まで有効。

 

万座プリンスホテルのお風呂はたくさんありますよ!

万座プリンスホテル2-1

 

男女別の内湯と露天風呂が1か所、

そのうち、露天風呂の一つが混浴になっています。

これとは別に、女性専用の露天風呂が1か所あります。

 

混浴露天風呂はバスタオル巻OKなのですが、

売店に可愛い湯浴み着が売っていました。

万座プリンスホテル2-9

 

厚手のフェルト生地で、女性用はピンク又はブルー、

男性用はブルーの短パンでした。

ちなみに、水着の着用は不可です。

 

そういえば、万座温泉には当然ながらコンビニ等のお店はないのですが、

そのせいか、プリンスホテルの売店は商品が充実していました。

冷凍食品はレンジが故障中ということで販売中止になっていましたが。

 

ロビーから廊下を奥に進むとお風呂に向かう階段の入口があります。

万座プリンスホテル2-2

温泉入口

 

脱衣所と浴室は撮影NGということなので、

宿提供/じゃらんの写真を掲載しています。

 

【万座プリンスホテル 混浴露天風呂「こまくさの湯」】

女性用大浴場から混浴露天風呂に至るには・・・

 

まず、女性用大浴場には6~8人サイズの内湯「ななかまどの湯」があります。

(こちらの内湯にはシャワー台、シャンプー類完備)

脱衣所又は内湯のドアから露天風呂に出ることができます。

 

女性用の大浴場から外に出ると、

混浴エリアに向かう手前に5~6人サイズの小さな露天風呂があります。

この露天風呂は竹垣の高い塀に囲まれており、

眺望はなく、ちょっと中途半端な造りでした。

 

女性用の露天風呂から竹垣のある通路を歩いて行くと、混浴エリアに出ます。

露天風呂「こまくさの湯」を上から撮影した画像(画像は宿提供/じゃらん)
左にある茶色い塀の向こうが女湯エリア。

一番左の四角い浴槽が混浴風呂、

中央の四角いお風呂と右の丸いお風呂は男性用露天風呂となっています。

 

一番左のお風呂にカップルが入浴していたので邪魔しては悪いと思い、

中央か右のお風呂に移動したところ、どちらも「男湯」と書いてあり絶句。

 

誰もいないので男湯だとはしばらく気づきませんでしたが、混浴エリアは1つだけなのですね~。

こちらは、上から見て一番左手にある混浴露天風呂の画像(画像は宿提供/じゃらん)

石組みで縦長のお風呂です。10~12人サイズくらいの大きさ。

こちらは中央にある男性用露天風呂(画像は宿提供/じゃらん)

こちらも10人以上入れそうです。

上から見て右手にある丸い石組みのお風呂も男湯(画像は宿提供/じゃらん)

こちらは6人~8人サイズくらいの大きさ。

 

露天風呂からの眺め&絶景ぷりは言うに及ばずです!

左側にはゲレンデの斜面(朝日山ゲレンデかな)、正面と右奥には山の景色。

225度くらいのパノラマの絶景が広がっています♪

 

この日は雲一つない快晴だったので、

まさに宿の公式画像に違わないレベルの写真が撮れたことでしょう。残念^^

 

ただ、開放的すぎて晴れた日は日焼けが気になってしまい、

15分くらいで退散してしまいました。

 

お湯はどの浴槽も42度くらいで快適でした。

 

にごり湯を期待して行きましたが、

お昼前で営業開始直後だったせいか、にごり湯になっている浴槽が一つもなく、

鮮度の良いほぼ透明のお湯でした!

 

でも、硫化水素ガス臭はなかなかのものでしたよ。

加水ありといえども、酸性特有のレモン味はかなり濃かったです。

 

ちなみに、脱衣所にはバスタオルや湯浴み着用の脱水機が用意されていて、

水にぬれた思い布を持ち歩く必要もなく、便利で助かりました。

 

【女性用露天風呂 しゃくなげの湯】

大浴場に向かう階段の途中、

右側には「しゃくなげの湯」という女性専用の露天風呂があります。

 

さきほどの「こまくさの湯」のある大浴場からは

一旦着替えてから移動しなければなりませんが、

人目を気にせずゆっくり入浴したい女性は、

こちらの露天風呂もなかなか広くておススメです。


「しゃくなげの湯」(画像は宿提供/じゃらん)

 

夜の写真で分かりにくいですが、

脱衣所からシャワーブースを経て外に出ると、

長~~~い屋根付露天風呂があります。

20人は軽く入れそうな広さです。

 

足首まで浸りそうなくらい床の上までお湯がオーバーフローしていました。

 

屋根から落ちた雪で目の前に雪の棚ができてしまっていますが、

正面には先ほどの露天風呂と同じ山の景色が見えて、

なかなか居心地の良いお風呂でした。

 

お湯はここが一番濃いように感じました。

 

【リラクゼーションルーム】

万座プリンスホテル2-5

大浴場からロビーに向かう途中には、自動販売機とマッサージ器のあるコーナー、

それと、リラクゼーションルームがありました。

万座プリンスホテル2-4

マッサージのメニュー表

 

【中華料理「錦」のランチ】

前回(2014年秋)は食事だけで済ませてしまいましたが、

せっかくなのでメニューを載せておきます。

 

2階にある中華料理「錦」
営業時間:11:30~14:00L.O.

万座プリンスホテル6万座プリンスホテル3

宴会もできそうな広い中華料理のレストラン。

スーツを着たサラリーマン風の人が多く、出張だったのかな。

万座プリンスホテル4

こちらは、「おすすめ定食 酢豚のランチセット」1,600円。

 

一口前菜(鶏肉と青菜炒め)、本日のスープ(オニオン)、

お新香、ライス、杏仁豆腐がついています。

万座プリンスホテル5

酢豚は結構大盛りです。

 

ただ、プリンスホテルの中華は他ではもっと美味しかったはず・・・

ランチだからなのか、豚肉を揚げてからしばらく置いたように固くなっていました(T_T)

 

万座プリンスホテル7

おすすめ定食のメイン料理のバリエーションは他に、

A キャベツと豚肉の甘味噌炒め(回鍋肉)

B 小エビのチリソース煮

がありました。

 

万座プリンスホテル2-18

2016年に訪問した際には、

「しゃくなげ」というレストランのランチメニューが表示されていました。

営業時間11:30~14:00L.O.

 

ランチに利用できるレストランはその日によって変わるようなので、

詳しくはフロントでお尋ねください。

 

【カフェ&バー ロビーラウンジ】

湯上り後にロビーを歩いていると、美味しそうなケーキのショーケースが見えました。

なので、寄り道です♪

万座プリンスホテル2-8万座プリンスホテル2-10

1階ロビーにあるカフェ&バー「ロビーラウンジ」
営業時間:10:00~16:30L.O.

万座プリンスホテル2-13

店内

万座プリンスホテル2-7

メニュー表

万座プリンスホテル2-11

表にあった、「焼ミルク」とアイスティーのセット(870円)にしました。

万座プリンスホテル2-21

「焼ミルク」は、クレームブリュレのように表面の生クリームを炙ってあり、

中は牛乳にイチゴ&ブルーベリーのジャムが入っていました。

「群馬県産豊田酪農牛乳使用」

 

表面は濃厚だけれど、中はミルクなのでさっぱりと頂けました♪

 

【万座プリンスホテル 温泉の感想】

「万座プリンスホテル」は、

とにかく露天風呂からの眺めが良い!ということで期待しつつ、

混浴なので混んでいて入れなかったらどうしようかと心配もしましたが、

昼間はスキーで忙しいからか、落ち着いて入浴できました。

(連泊している年配のお客さんは女性専用露天風呂の方にいました^^)

 

天気も良く開放感も抜群でしたが、逆に日差しが気になって長居できず残念。

 

お湯に関しては加水があるものの、

硫黄泉らしい硫化水素ガス臭と酸性泉らしいレモン味は健在で、

これだけの大型リゾートホテルなのに意外と良いお湯でした♪

 

眺めは混浴&男性用の露天風呂が一番ですが、

お湯は女性専用の露天風呂が一番でした!

泉質★★★★4.4

お風呂の雰囲気★★★★4.3

清潔感★★★★4.3

接客サービス★★★★4.4

 

【万座プリンスホテル 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場(内湯各1、露天風呂各2)女性用露天風呂1 混浴露天風呂1

◆源泉 H24.7月の分析書

万座温泉「姥湯源泉」 泉温71.3度 湧出量?(自然湧出)
泉質:酸性-含硫黄-マグネシウム―硫酸塩温泉(低張性酸性高温泉)ph2.5
蒸発残留物1,080mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く) 成分総計1,210mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水あり、塩素消毒なし

 

万座温泉 万座プリンスホテル 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【万座温泉周辺の関連記事】

嬬恋村 万座温泉 日進館 日帰り入浴

嬬恋村 万座温泉 万座高原ホテル 日帰り入浴

嬬恋村 万座温泉 万座ホテル聚楽 宿泊

嬬恋村 万座温泉 万座亭 日帰り入浴

嬬恋村 万座温泉 豊国館 日帰り入浴

嬬恋村 万座温泉 湯の花旅館 日帰り入浴

軽井沢町 星野温泉 トンボの湯 日帰り入浴 

軽井沢町 星野エリア 村民食堂

中軽井沢 蕎麦 かぎもとや

嬬恋村 鹿沢温泉 紅葉館 日帰り入浴&ランチ

嬬恋村 新鹿沢温泉 鹿鳴館 日帰り入浴

草津町 草津温泉 西の河原露天風呂 日帰り入浴

草津町 草津温泉 御座之湯 日帰り入浴

草津町 草津温泉 大滝乃湯 日帰り入浴

草津町 草津温泉 草津ホテル 宿泊

草津町 行列のできる蕎麦屋 三国屋


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





ます

このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 4,424 人です, 本日の訪問者は5 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です