天ケ瀬温泉 天ヶ瀬観光ホテル成天閣 日帰り入浴 ★★★

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a345

大分県日田市にある、天ケ瀬温泉「天ケ瀬観光ホテル 成天閣」の日帰り入浴レポートです。

最終更新日  2016/9/22 訪問日  2016/8月下旬

【天ケ瀬温泉 天ヶ瀬観光ホテル成天閣 】基本情報

あまがせおんせん あまがせかんこうほてる せいてんかく

住所:〒879-4203 大分県日田市天瀬町湯山1143
TEL:0973-57-2350
公式サイト

【宿泊料金】

1泊2食付 7,500円~23,300円 お一人様○ 素泊まり× 湯治対応× 自炊×

口コミ総合評価:楽天トラベル4.13点、じゃらん3.9点/5.0点

【天ケ瀬観光ホテル成天閣はこんな温泉です】

◆天ケ瀬温泉街を流れる玖珠川を見下ろす大型ホテル
◆内湯はたまご臭のする濁り湯
◆以前あった混浴露天風呂は2016年2月に廃止され、現在男女別浴に


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:13:00~17:00 要確認
料金:大人700円 子供350円
*1冊1,000円で3軒まで 天ケ瀬温泉なんでもパスポート利用可

昼食・夕食対応可(主に団体用・要予約)

アクセス

◆車
大分道「天瀬高塚IC」下車、県道54号~国道210号線経由。空港から100キロ1時間20分、別府市内から1時間10分、大分市内から1時間15分、福岡市内から1時間20分。
ドラぷら
◆電車
JR久大本線「天ケ瀬駅」から徒歩10分、タクシーで4分。

◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【天ケ瀬温泉 天ヶ瀬観光ホテル成天閣 日帰り入浴】

 

「天ケ瀬観光ホテル 成天閣」は、天ケ瀬温泉街の中心部を流れる玖珠川沿いにある大型ホテルです。

 

「天ケ瀬温泉」は、別府温泉、由布院温泉と並ぶ豊後最大温泉地の一つで、

以前は別府温泉並に観光客の多い温泉街でしたが、

現在は少々さびれた玄人向けの温泉地になっています。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a344%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a31

宿の外観。

鉄筋コンクリート5階建て、温泉街では最も大きなホテルの一つです。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e5%85%b1%e5%90%8c%e6%b5%b4%e5%a0%b4-%e8%96%ac%e5%b8%ab%e3%81%ae%e6%b9%af6

対岸にある共同浴場「薬師湯」、「神田湯」からも成天閣の建物が見えます。

*写真は「薬師湯」

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a343

「天ケ瀬観光ホテル 成天閣」の前には、宿所有のつり橋もあり、

以前の盛況ぶりがうかがえます。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a32

車で来る場合には、駅前の通りから橋を渡り、川岸沿いに下りたところに駐車場があります。

宿の入り口は駐車場横の階段を上がって2階にあります。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a34%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a33

2階にある正面玄関とフロント。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a35%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a341

広いロビーと名物の「癒遊湯」の案内。

 

「癒遊湯」は駐車場から上がる階段横にあるのですが、2時間ごとの男女入替制で、訪問時は男性時間でした。

「癒遊湯」の紹介はのちほど。

 

「天ケ瀬観光ホテル 成天閣」のお風呂は、

  • 男女別大浴場 内湯各1
  • 男女別露天風呂 露天風呂各2 女性用岩盤浴
  • 男女入替制露天風呂 「癒遊湯」(打たせ湯、立ち湯、蒸し湯)
  • 貸切風呂1

があります。

 

【天ケ瀬観光ホテル 成天閣 男女別露天風呂】

まずは、3階にある露天風呂から。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a38%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a37

エレベーターで3階に上がると、広い湯上りどころがあり、

奥のドアに男女別の露天風呂と大浴場への入り口があります。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a39

廊下の奥の階段が露天風呂の入り口。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a310

入口には張り紙があり、

「平成28年2月を持ちましたて混浴露天風呂は廃止とさせて頂き、男女別の浴場へと改めました。」との案内が出ていました。

 

どういった経緯なのかは不明ですが、館内にはハングル文字があふれており、

混浴風呂では利用しにくいと不評だったのでしょうか。

 

それはともかく、混浴露天風呂は岩風呂が2つだけでもともと男性が主に利用していたため、

男女別浴になったからといって特に支障はないように思います。

 

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a311%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a312

階段を上った先に男女別の入り口があります。

左が男湯、右が女湯。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a324

一つ目に現れたのは石造りの10にサイズの露天風呂です。

 

清掃中でお湯を入れ替えたばかり。

完全なにごり湯の時もあるようですが、今回はうっすら白濁しているものの、ほぼ透明でした。

露天風呂はあまりたまご臭はしません。

 

泉温62.8度 源泉かけ流し、加水あり
泉質:含硫黄―ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a325%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a326

塀の向こうは男湯、湯船の奥に洞窟風の洗い場と小さな脱衣所があります。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a337%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a314

女性用露天風呂の一段下に元混浴の男性用露天風呂が二つあります。

*清掃中だったので見せてもらいましたが、普段は行き来できないと思います。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a315%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a316

それぞれ5~6人サイズの岩風呂です。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a313

階段をさらに上ると新しい女性用露天風呂と岩盤浴があります。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a333

階段を上がったところにある脱衣所の小屋。

階段下の露天風呂の洗い場にも小さな脱衣所がありましたが、

上の露天風呂に入るときには衣類を持って上がってきた方が良さそうです。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a336%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a335

脱衣所内と脱衣所から見える新露天風呂。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a328

こちらが新女性用露天風呂(奥から撮影)。

「新」露天風呂といっても、男女別浴になる前からあったようです。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a329

中はタイル、外は板張りで4~5人サイズの大きさです。

やや青みがかって見える透明なお湯です。

先ほどの岩づくりの露天風呂に比べると若干たまご臭がします。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a331%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a334

湯口。奥から引き湯されていました。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a330%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a327

露天風呂の奥には岩盤浴できる小屋があり、寝転がって温泉の熱でじんわり体の芯からデトックス。

 

【天ケ瀬観光ホテル 成天閣 男女別内湯】

露天風呂から降りてくると、男女別の内湯があります。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a317

タオル巻では移動できず、一度着替えてからとなります。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a318%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a319

20畳ほどの広い脱衣所内。

背面台にはドライヤーと化粧品の販促品、コインロッカーがあります。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a345

こちらは女性用内湯。

創業当時から変わっていないという、タイル張りの昔ながらの浴槽です。

 

窓が閉まっているせいか、はっきりとしたたまご臭が感じられます。

お湯はほんの少しだけ白濁していてやや緑がかっています。

 

硫黄泉のたまご臭といってもいろいろありますが、

天ケ瀬温泉の場合は土っぽいような粉のような匂いで、共同浴場の「駅前温泉」と同じような感じです。

東北でいうと岩手県八幡平の「藤七温泉 彩雲荘」を彷彿とさせます。

お湯自体はあそこまで濃厚ではないですが。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a321

シャワー台。

 

内湯は純粋にお湯を楽しむ感じで、泉質も一番良かったです。

 

【天ケ瀬観光ホテル 成天閣 癒遊湯】

 

最後に、今回は入浴できなかった「癒遊湯」(ゆうゆうゆ)の紹介です。

立ち湯、打たせ湯、蒸し湯とバラエティに富むお風呂があり、宿の名物となっています。

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a342

外階段の横にある入口。

監視カメラがあって仰々しいですが、男女入替なので間違えて入る人もいるのかもしれません。

 

利用時間は、

男性 15:00~19:00、6:00~8:00

女性 12:00~14:00、20:00~24:00

となっています。



上から見た「癒遊湯」の全景 (画像は天ケ瀬観光ホテル成天閣提供/JTB

お風呂は総ヒノキ造り。


ヒノキぶろは浅い浴槽とやや深い浴槽の2つで打たせ湯あり。

(画像は天ケ瀬観光ホテル成天閣提供/JTB)



立ち湯の浴槽。(画像は天ケ瀬観光ホテル成天閣提供/JTB)

 

宿泊者専用の家族風呂もあります。

(画像は天ケ瀬観光ホテル成天閣提供/じゃらん)

%e5%a4%a9%e3%82%b1%e7%80%ac%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab-%e6%88%90%e5%a4%a9%e9%96%a339

通りがかった客室は窓からの眺めが良さそうでした。

 

【天ヶ瀬観光ホテル成天閣 温泉の感想】

 

昭和の香りのする昔ながらの観光ホテルでしたが、

日帰りでの対応も丁寧で好感が持てました。

温泉はかけ流しでほんのり硫黄臭も楽しめるのも良かったです。

できれば、「癒遊湯」の利用できる時間帯に行ったほうがお得感がありますね。

 

泉質★★★★4.1

お風呂の雰囲気★★★3.9

清潔感★★★3.8

接客サービス★★★★4.2

 

【天ヶ瀬観光ホテル成天閣 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯各2 露天風呂各2 女性用岩盤浴
露天風呂「癒遊湯」打たせ湯・立ち湯・水風呂・蒸し湯 (2時間おきに男女入替制)
貸切風呂1

◆源泉 H27.9月の分析書

源泉名不明 泉温62.8度
泉質:含硫黄―ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉
その他不明

@参考 H15.9月の分析書
泉温62.7度 湧出量 測定せず(動力・掘削不明)
泉質:単純温泉(中性低張性高温泉)pH7.2
蒸発残留物 502mg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)618mg/kg 成分総計632mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水あり、加温なし、塩素消毒なし

 

天ヶ瀬観光ホテル成天閣 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。


【天ケ瀬温泉周辺の関連記事】

日田市 天ケ瀬温泉 5つの共同浴場 露天風呂巡り

日田市 天ケ瀬温泉 シャレー水光園 偵察

日田市 天ケ瀬温泉 山荘 天水 日帰り入浴 

日田市 日田琴平温泉 旅籠かやうさぎ 宿泊

日田市 琴ひら温泉 ゆめ山水 日帰り入浴

小国町 杖立温泉 米屋別荘 日帰り入浴

「九州温泉道 88湯」対象施設の記事一覧


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 247 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です