あきしげゆ温泉 あきしげゆ 日帰り入浴 ★★★+

akishige-onsen30

宮崎県えびの市にあるあきしげ温泉「あきしげゆ」の日帰り入浴レポートです。

最終更新日  2016/12/5 訪問日  2016/9月下旬

【あきしげゆ温泉 あきしげゆ】基本情報

あきしげゆおんせん あきしげゆ

住所:〒889-4153 宮崎県えびの市浦146
TEL:0984-37-1171
公式サイトなし

【宿泊料金】

なし 日帰り入浴専門

口コミ評価:ニフティ温泉4.4点/5.0点

【あきしげゆはこんな温泉です】

◆えびの高原近くにある牧歌的な雰囲気の日帰り入浴施設
◆ヌルヌル、泡つき、アブラ臭、たまご臭とマニア垂涎の温泉


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:10:00~14:30受付(入浴15:40まで、16:00閉館)
料金:大人500円 小人300円
定休日:毎月7日・8日・9日(9月は27日・28日もお休み)

「九州温泉道」対象施設です

アクセス

◆車
九州道・宮崎道「えびのIC」から18分。
ドラぷら 硫黄山噴火情報 えびの高原周辺の道路規制状況
◆電車
JR吉都線「えびの駅」からタクシーで15分。
Yahoo!路線情報
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図

【あきしげゆ温泉 あきしげゆ 日帰り入浴】

 

「あきしげ温泉 あきしげゆ」は、宮崎県と鹿児島県の県境近く、

えびの高原の農業地域にある民営の日帰り入浴施設です。

 

「あきしげゆ」は、いわゆるモール泉なのですが、

ヌルツル感が強くて泡付きもあるという泉質マニアに人気の温泉です。

 

周辺は牧歌的な雰囲気で、人間よりも牛(宮崎牛)の方が多いくらい。

そこもまたマニアの心をくすぐります。

 

宮崎県はあまり温泉のイメージがないかもしれませんが、

えびの高原周辺は意外と個性的なお湯が揃っていますよ。

 

「あきしげゆ」は日帰りの受付が14:30までと短いのですが、

近くに霧島温泉郷という雄が控えているので、

うまくスケジュールを合わせないとなかなか立ち寄りにくい場所にあります。

 

今回は霧島温泉郷を巡る予定で最後に回そうと考えていましたが、

9月下旬に臨時休業があると知り、あわててスケジュールを組み直しての訪問です。

akishige-onsen1

場所は九州道「えびのIC」から車で15分ほど。

インターを出ると左には京町温泉街があります。

まだ「あきしげゆ」の看板は出ていませんが、「道の駅えびの」方面へ進みます。

akishige-onsen2

「道の駅えびの」

akishige-onsen3

県道から農道に入ると「あきしげゆ」の看板が出てきます。

知る人ぞ知る温泉なので、観光客はよほど温泉好きでないとここまで来ないかもしれません。

akishige-onsen34

途中で牛舎を見かけたので寄り道。

akishige-onsen36

黒毛和牛のブランド牛「宮崎牛」の牛舎でした。

akishige-onsen39

穏やかな顔でエサを食べていました。

近くで見ると大きくて迫力があります。

akishige-onsen6

周りはサトイモ畑。

akishige-onsen8

彼岸花が咲いていましたが、9月下旬でも宮崎はまだ暑いです。

akishige-onsen5

農道に戻ると目立つ白い建物がありました。

白い建物は併設のゴルフ場で、「あきしげゆ」はその左側にある小さな建物です。

akishige-onsen7

「あきしげゆ」の手作り感のある外観。

白い建物の横にある細い道を奥に進むと駐車場がありました。

akishige-onsen9

あきしげゆの入口。

akishige-onsen10

入口には「ここより有料です」と書いてあり、

入浴するだけというよりも館内でくつろぐための施設というコンセプトのようです。

 

車を停めると中から上品なおばさまが出てきて案内してくれました。

 

寝ているお客さんがいるので撮影していませんが、

館内に入ると右側には50畳くらいある広い休憩スペースとなっています。

食事は提供していませんが、ゆで卵や漬物があったように記憶しています。

 

浴室は入口入って左側にあり、手前が男湯、奥が女湯となっています。

akishige-onsen33

女湯入口。

貴重品はロッカーへ。

akishige-onsen12

脱衣所には洗面台(ドライヤーは貸し出し)。

akishige-onsen11

脱衣棚とカギ付ロッカー、日よけの麦わら帽子が置いてあります。

 

「あきしげゆ」のお風呂は、

  • 男性用内湯1つ
  • 男性用露天風呂3つ(うち1つは水風呂)
  • 女性用内湯1つ
  • 女性用露天風呂3(うち1つは水風呂)

があります。

 

【あきしげゆ 女性用内湯】

 

脱衣所のドアを開けると、アブラ臭が!!!

張り紙にはモール泉とあったので、甘い匂いかと思いきやアブラ臭が先に来るとは。

もちろん、加温加水なしのかけ流しなので、アブラ臭はボイラーから出ているわけではないです。

akishige-onsen18

内湯は15畳くらいの広さで、浴槽はヒバのような素木造りです。

akishige-onsen40

中央に仕切りがあり2槽に分かれていますが、下の方に穴があるのでお湯は出入りしています。

 

それぞれ5~6人サイズの大きさ。

黄味がかったお茶のような色のお湯です。

温度は42度と晴れた日にはやや熱めに感じました。

 

初対面のアブラ臭にも驚きましたが、浴槽に入ると滑ってしまいそうなくらいヌルツルしています。

浴感自体はそれほどインパクトがあるわけではないですが、

お湯に近づくとアブラ臭の他にもたまご臭が、しかも舐めると苦~いです。

「単純泉」なのになんて個性的な温泉なのでしょう。

 

泉質:アルカリ性単純温泉 (低張性弱アルカリ性高温泉)pH?

akishige-onsen21

静かにあふれ出るお湯。

akishige-onsen20

お湯の表面には少し泡が出ています。

 

かけ流しでも「塩素系薬剤使用」の表示があり、

はじめは塩素の泡かと思いましたが、塩素臭はもちろん皆無です。

湯舟に入ると少しだけ体に泡がつき始め、その泡の残骸なのだと気付きました。

 

本当にマニア受けする条件がいろいろと揃っています。

 

 

【あきしげゆ 露天風呂】

 

「あきしげゆ」は露天風呂も個性的です。

akishige-onsen41

小さな庭には黄色いプラスチックの桶が3つあります。

以前は木製の醬油樽でしたが、古くなったので入れ替えたようです。

akishige-onsen23

手前にある2つの桶は左が湧水の水風呂、右が温泉です。

どちらも一人サイズです。

akishige-onsen24

湯口

桶の周りが白いので、お湯が黄色いというのが良く分かります。

やや熱めで42度強あるので、隣の水風呂と行ったり来たりすると気持ちいいです♪

akishigeyu44

日差しが強いので帽子を持ってきました。

 

akishige-onsen27

奥にポツンとある桶。

こちらはややぬる目で42度弱でした。

 

 

akishige-onsen30

奥の桶に入浴中の目線。

akishigeyu42

飛行機型の風見鶏。

となりがゴルフ場だから風向きは重要なのかな・・・。

akishigeyu45

秋晴れの空。

akishigeyu43

あぁ、のどかだなぁ。

30分くらいで切り上げるつもりが1時間以上いました(笑)

 

ゆっくり休んで行って下さいと言われましたが、

この先が長いので、後ろ髪を引かれながらあきしげゆを後にしました。

 

帰りは車の前まで見送りをしてくれて、なんて丁寧なのだろうとビックリしてしまいました。

 

【あきしげゆ 温泉の感想】

 

外観は本当にここでいいのかな?とマニアでなければ尻込みしそうな建物ですが、

アブラ臭⇒ヌルヌル⇒たまご臭⇒泡付きが一度で楽しめる素晴らしい温泉です。

 

露天の桶風呂もある意味風情があり、

入浴中に見える景色ものどかで、温泉街にはない魅力があります。

 

欲を言えば、お湯にもう少しパンチがあればパーフェクトでした。

 

泉質★★★★4.4

お風呂の雰囲気★★★★4.3

清潔感★★★★4.2

接客サービス★★★★4.6

 

【あきしげゆ温泉 あきしげゆ 温泉情報】

◆お風呂

男女別大浴場 内湯各1 露天風呂各3

◆源泉 H4.9月の分析書

源泉名表記なし 泉温不明 湧出量 不明
泉質:アルカリ性単純温泉 (低張性弱アルカリ性高温泉)pH?
蒸発残留物 ーmg/kg 溶存物質(ガス成分を除く)598.3mg/kg 成分総計598.8mg/kg
態様:源泉かけ流し、加水・加温なし、塩素消毒なし

 

えびの高原周辺の宿 宿泊予約サイト

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



 

【あきしげゆ周辺の関連記事】

湧水町 吉松温泉 鶴丸温泉 日帰り入浴

湧水町 栗野岳温泉 南洲館 宿泊

小林市 北霧島温泉 恵の湯 神の郷温泉 日帰り入浴&バイキング

高原町 湯之元温泉 日帰り入浴

霧島温泉郷 新湯温泉 霧島新燃荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 野之湯温泉 国民宿舎 みやま荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 林田温泉 霧島いわさきホテル 宿泊

霧島温泉郷 丸尾温泉 旅行人山荘 日帰り入浴

霧島温泉郷 硫黄谷温泉 霧島ホテル 日帰り入浴

霧島温泉郷 霧島湯之谷温泉 霧島湯之谷山荘 宿泊

霧島神宮温泉郷 さくらさくら温泉 日帰り入浴

新川渓谷温泉郷 妙見温泉 おりはし旅館 宿泊

「九州温泉道 88湯」について

 


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 281 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です