黒川温泉 旅館 山河 宿泊 その1 お部屋編 ★★★★

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b323

熊本県南小国町にある、「黒川温泉 旅館山河」の宿泊レポートお部屋編です。

最終更新日  2016/9/23 訪問日  2016/8月下旬(宿泊)・2014/6月上旬(日帰り)

【黒川温泉 旅館 山河】基本情報

くろかわおんせん りょかん さんが

住所:〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961−1
TEL:0967-44-0906
公式サイト日本秘湯を守る会

【宿泊料金】

1泊2食付 15,000円~28,000円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応× 自炊×

口コミ評価:楽天トラベル4.67点、じゃらん4.4点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆黒川温泉の中心部から離れた静かな宿がいい
◆風情のある純和風の宿が好き
◆混浴ファン


[スポンサーリンク]








→「黒川温泉 旅館山河」のお食事情報はその2お食事編へ 

→「黒川温泉 旅館山河」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

【日帰り入浴】

営業時間:8:30~21:00
料金:大人500円 小人300円

アクセス

◆車
福岡方面から:大分道「日田IC」~国道387号線~442号線経由、130キロ、2時間。
大分空港・別府方面から:大分道「九重IC」国道387号線経由、又は「湯布院IC」~やまなみハイウェイ経由、70キロ1時間20分。
熊本空港から:県道339号線~12号線阿蘇スカイライン~国道212号線~県道40号線経由、60キロ1時間20分。
ドラぷら
◆電車
JR「阿蘇駅」から「九州横断バス」で「南小国町役場前」下車、送迎あり(要予約)。
Yahoo!路線情報九州横断バス時刻表
◆飛行機
くまもと阿蘇空港から2番乗り場「九州横断バス」で「黒川温泉」下車(2時間30分)。
◆高速バス
天神高速バスターミナル⇔黒川温泉(産交バス)
楽天トラベル高速バス予約

地図

【黒川温泉 旅館 山河 宿泊 その1 お部屋編】

 

黒川温泉は、熊本市内から車で2時間。

阿蘇山の北側、田の原川沿いに24軒ほどの宿が建ち並ぶ比較的大きな温泉街です。

 

近年は少々落ち着きを見せましたが、

ここ10年ほど、人気温泉地ベスト10に入っている全国的にも知名度のある温泉地です。

 

人気の理由は、かやぶき屋根や民芸調の統一感ある街の雰囲気と、

格調高いハイクラスの宿でも温泉手形で気軽に湯めぐりできることだと思います。

 

今回は、黒川温泉の中でも風情があって人気の高い「旅館 山河」に宿泊しました。

 

「旅館 山河」は、温泉街から最も離れた場所にある川沿いの静かな一軒宿です。

「日本秘湯を守る会」の会員宿です。

 

「九州ふっこう割」期間中ということもあり、9月末までほとんど空室がない状態で、

キャンセルが出たところを見計らって滑り込み予約です!(^^)!

 

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b31%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b32

日田方面から国道442号線沿いを走っていると、「黒川温泉」の看板とかやぶき屋根のバス停が現れ、

このバス停を見ると黒川温泉に来たなぁ~と実感します。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b342

温泉街の道路は一部片側通行になっていますが、地震の影響はほとんどありません。

唯一、「黒川荘」は源泉が出なくなってしまったために休業中でしたが、

通りがかったところブルドーザーで工事中で、秋頃には営業を再開できる見通しです。

(2016年12月下旬頃に営業を再開、2017年1月以降順次改装工事完了予定)、

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b33%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b34

温泉街を経由すると、「こうの湯」に続き「旅館山河」は最奥にあります。

 

日田方面から来る場合には、黒川温泉の看板が出てくる手前で下りていくルートもありますが、迷いやすいと思います。

また、ナビでは黒川温泉の看板が出てきた直後に、曲がる道もないうちに案内が終了してしまいましたが、

いったん温泉街の中心まで進み、宿の看板に従って温泉街をぐるっと回って行くと分かりやすいです。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b35黒川温泉 山河の駐車場

駐車場に到着すると2~3人の従業員さんが待機していて、宿まで荷物を運んでくれました。

帰りは運んでくれないけどね。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b343

「旅館 山河」は、玄関までのアプローチも素敵なのです。

温泉街の中心部の宿とは違い敷地内が広いので、一歩足を踏み入れると別世界の雰囲気なのです。

この独特の雰囲気は黒川温泉の中でも唯一無二だと思います。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b344

フロントのある母屋の玄関に到着。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b345%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b346

玄関に入ると左にラウンジ、右にフロント。

日帰り利用後2年ぶりの訪問でしたが、雰囲気は変わっていませんでした。

 

今回は、ネットで一人泊のプランが出ていなかったので、電話で直接予約しました。

利用したのは、【限定地ビール&入湯手形付き】黒川温泉満喫プラン 1泊2食付 20,940円(税・サ込)。

そしてなぜか部屋食でした。

*2名泊の場合、通常プランは16,200円~ 今回と同じ特典付きプランは17,700円~

 

客室は、母屋2階の8畳間「漆」でした。

→客室タイプは公式サイトでご確認ください

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b38

館内見取り図 *クリックで拡大できます

 

【黒川温泉 旅館 山河 母屋の客室】

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b333%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b313

部屋に入ると廊下の奥に洗面台とトイレ、左に和室がありました。

ドアを開けて、広さと造りの良さに感激。

廊下があるので8畳までもかなり広く感じます。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b323

8畳間+広縁、テレビ、エアコン、流し台、冷蔵庫、金庫あり。

 

館内の雰囲気と統一された趣のある和室です。

新しい畳のにおいがしていました。

 

お布団も寝心地がよかったです。夕食後に敷かれ、チェックアウトまでそのままでした。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b325%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b326

床の間と山河どんぐりこの絵。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b320%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b311

お茶セットとお茶請け。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b315

広縁のテーブルセット。

客室は喫煙・禁煙の区別がなく灰皿が置いてありました。

館内ロビーは禁煙でしたが、玄関前と外湯の東屋前に喫煙スペースがありました。

 

どうでもいい情報ですが、この部屋の向かいに「黒川温泉の石碑」ポケストップがありました^^

ロビーと母屋の部屋でちょいちょいモンスターボールを入手しました。

川沿いなのでコイキングとコダックがいたかな。

→若女将のブログにも書いてありました

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b3-%e9%83%a8%e5%b1%8b80

窓からの眺め。

堰堤の前だったので、窓を開けると水の音が少々響きます。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b316

広縁の右側には流し台と電気ポット、お茶セットと冷蔵庫があります。

反対側にはクローゼットがあります。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b318%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b319

冷蔵庫の有料ドリンクと価格表。

チェックアウトの際に自己申告制です。

 

ドリンクの自販機は館外の足湯前にありました。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b310

部屋ではドリンク各種ルームサービスもあります。8:00~22:00

また、フロント横にミニバーがあるので、そちらでもお酒を飲めます。8:00~22:00

メニューにモエ・エ・シャンドンがあるのにびっくりだよ。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b337

浴衣とタオルセット。

アメニティは、歯ブラシ、足袋靴下、ヘアブラシ、馬油石鹸、コットン。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b328

廊下の奥の洗面台。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b329%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b332

アメニティ入れとおしゃれなティッシュケース。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b327

隣はウォシュレットトイレ。

スペースに余裕のある造りです。

 

お部屋の紹介は以上です。

 

【特典プランの地ビールと湯めぐり手形】

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b312%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b338

今回予約した【限定地ビール&入湯手形付き】黒川温泉満喫プランの特典は、

黒川温泉の湧水で作った地ビール1本と、3軒入浴できる温泉手形でした。

 

地ビール1本578円、湯めぐり手形1,300円、合計1,878円なので、

特典付プランは378円お得になる計算です^^

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b339

湯めぐり手形の裏には3枚シールが貼ってあり、

入浴するたびに1枚はがして宿のハンコを押してくれます。

%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89-%e6%97%85%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e6%b2%b340

黒川温泉の湯めぐり手形が利用できる宿のパンフレットももらえます。

ほとんどの宿が対象施設となっていますが、

湯めぐり手形で利用できるお風呂は一部に限定されている宿もあります。

 

離れた場所にある宿では湯めぐりのための送迎も行っています。

特に案内はなかったですが、「旅館 山河」には「山みず木」の送迎車が来ていました。

湯めぐりは20:30までの受付ですが、最終便は夕食前までのようです。

→湯めぐり無料巡回バスの案内

 

【母屋1階のロビー】

黒川温泉 山河のカフェのカウンター

フロント横のバー 8:00~22:00

黒川温泉 山河のカフェメニュー

メニュー(2014年訪問時ものの)

黒川温泉 山河のロビーと暖炉黒川温泉 山河のロビーと中庭

暖炉のあるロビーとロビーから見える中庭の景色。

 

お土産どころの写真を撮り忘れましたが、

くまもんグッズとお菓子、小国のジャージーアイス等がありました。

 

部屋にあったフェイスタオルがネーム入りではなかったので、

お土産に買おうと思ったら、てぬぐいしか置いてなかったのが残念でした。

 

今回は部屋が良かったので館内をあまりうろつきませんでしたが、母屋の2階には談話室と図書館があります。

 

ちなみに、ロビー回りと2階の談話室周辺ではフリーwifiを利用できます。

私の部屋では電波が入りませんでした。

 

【黒川温泉 旅館山河 お部屋の感想】

 

「旅館 山河」は緑豊かな敷地内にお風呂や離れの部屋が点在していてとても雰囲気が良いです。

敷居が高そうに見えてアットホームで居心地も良く、

宿の中だけで湯めぐりができるほどお風呂の数も豊富なのも魅力です。

 

黒川温泉なのに一番安い8畳間でこの造りと設備、1泊16,200円~はかなり安いと思います。

黒川温泉では珍しく一人客でも歓迎していて、プラス3,000円と値段もそれほど高くならないのがうれしいです。

 

電話予約の時から対応も素晴らしく、部屋に案内してくれた中居さんもベテランで、

こちらから言う前にすべて察してくれる方でした。

 

中にはパートか?と思う人もいたり、帰り際の対応があっさりだったりと、

すべてが完璧というわけではないですが、この方のおかげでとても気分良く過ごせました。

 

それと、「旅館山河」では露天風呂付き離れが人気ですが、

一晩中温泉に入らなくてもいいなら母屋の部屋で十分満足できるかと思います。

(大浴場と貸切風呂は深夜早朝入浴できません)

 

気になるのは、黒川温泉は外国人だらけでマナーが悪そうでは?ということですが、

今回は食事処に欧米のお客さんが一組いただけで、館内やお風呂では気づかなかったです。

黒川周辺を湯めぐりしていても、まだ地震の影響があるのか、

韓国人の個人客は見かけても、中国人の団体は見かけなかったです。

意外と欧米のお客さんが多いです。

 

 

欲を言えば、夕食があと少しだけ美味しくなると完璧なのにと思います^^

でも、黒川温泉で他にいい宿はないかなぁと探す気にもならず、

次回もまた来ようと思う宿です。

というわけで、大満足の「旅館山河」です。

 

部屋の広さ★★★★4.6

設備★★★★4.8

アメニティ★★★★4.5

清潔感★★★★4.7

宿の雰囲気★★★★4.8

接客サービス★★★★4.6

 

【黒川温泉 山河 宿情報】

チェックイン/チェックアウト 15:00~/~10:00

クレジットカード○

携帯電話送受信○ wifi ロビー周辺のみ無料wifiあり

 

黒川温泉 旅館 山河 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*宿に直接予約・日本秘湯を守る会web予約以外での予約の場合、日本秘湯を守る会のスタンプ押印サービスはございませんのでご注意ください。

→「黒川温泉 旅館山河」宿泊レポ お食事編   →宿泊&日帰り入浴レポ お風呂編

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。


 

【黒川温泉周辺の関連記事】

南小国町 黒川温泉 新明館 日帰り入浴

南小国町 黒川温泉 山みず木 日帰り入浴

南小国町 黒川温泉 旅館こうの湯 日帰り入浴

南小国町 満願寺温泉 川湯(共同浴場)

小国町 わいた温泉郷 はげの湯温泉 豊礼の湯 日帰り入浴

小国町 わいた温泉郷 はげの湯温泉 くぬぎ湯 日帰り入浴

小国町 わいた温泉郷 はげの湯温泉 やすらぎの宿まつや 宿泊

小国町 わいた温泉郷 はげの湯温泉 旅館山翠 偵察

小国町 わいた温泉郷 山川温泉 しらはなシンフォニー 日帰り入浴

小国町 わいた温泉郷 山川温泉 ほたるの里温泉 日帰り入浴

小国町 わいた温泉郷 鈴ヶ谷温泉 田舎の宿おかもと 日帰り入浴

小国町 わいた温泉郷 岳の湯温泉 ゆけむり茶屋 日帰り入浴

小国町 わいた温泉郷 岳の湯温泉 蒸鶏工房 白地商店

小国町 わいた温泉郷 奴留湯温泉 日帰り入浴

小国町 寺尾野温泉 共同浴場 日帰り入浴

小国町 杖立温泉 米屋別荘 日帰り入浴

産山村 産山温泉 奥阿蘇の宿 やまなみ 宿泊

南阿蘇村 垂玉温泉 山口旅館 宿泊

南阿蘇村 地獄温泉 清風荘 日帰り入浴

阿蘇市 内牧温泉 親和苑 日帰り入浴

阿蘇市 あか牛料理レストラン 藤屋

益城町 阿蘇くまもと空港そば 馬肉専門店 菅乃屋

九州温泉道88湯対象施設のレポート

 


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 444 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です