尾瀬檜枝岐温泉 旅館ひのえまた 日帰り入浴 ★★★

福島県檜枝岐村にある檜枝岐温泉「旅館ひのえまた」の入浴レポートです。

最終更新日 2018/4/22 訪問日 2017/7月中旬・2014/5月中旬

【尾瀬檜枝岐温泉 旅館ひのえまた】 基本情報

おぜひのえまたおんせん りょかんひのえまた

住所:〒967-521 福島県南会津郡檜枝岐村居平705
TEL:0241-75-2324
公式サイト日本秘湯を守る会宿紹介ページ

⇒「旅館ひのえまた」へのアクセス&宿泊予約はこちらへ

【宿泊料金】

1泊2食付10,080円~22,140円  お一人様〇 素泊まり× 湯治対応×

口コミ総合評価:google 4.3点/100点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆裁ちそば・山人料理を食べたい
◆尾瀬観光・会津駒ヶ岳登山の拠点に


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:11:00~15:00
料金:500円
昼食付プラン2,240円~(前日までに要予約)

 

【尾瀬檜枝岐温泉 旅館ひのえまた 日帰り入浴】

「檜枝岐温泉」は福島県側の尾瀬の玄関口にある小さな温泉街です。

檜枝岐温泉には「旅館ひのえまた」と「かぎや旅館」の2軒の「日本秘湯を守る会」の会員宿があります。

どちらも桧枝岐名物の山人料理と裁ちそばのおもてなしで人気のある宿です。

 

以前、会津駒ヶ岳登山の際に父が「かぎや旅館」の方に泊まって料理がとても美味しいと言っていたのですが、私はそれほど登山もしないのでまだどちらも宿泊には縁がないまま。南会津には4軒の会員宿があるので、いずれ順番に宿泊して行きたいと思います^^

今回は日帰り入浴も受け付けている「旅館ひのえまた」に立ち寄り湯でお邪魔しました。

4年前に訪問した際に工事中で入浴できませんでしたが、今回は綺麗にリニューアルされていました。

「旅館ひのえまた」の外観。桧枝岐ではめずらしい鉄筋コンクリート5階建ての大型旅館です。

建物は現代風ですが、館内は純和風です。

館内に入ると蕎麦を打っていたところだったようで、粉だらけのスタッフが出てきました^^

フロント

ロビー

木のぬくもりのある落ち着いた雰囲気の宿です。

大浴場は2階にあります。

 

「旅館ひのえまた」のお風呂は、

  • 男性用 芭蕉の湯 内湯1 露天風呂1
  • 女性用 燧ヶ岳の湯 内湯1 露天風呂1

となっており、宿泊中は夕食後に男女入替えとなります。

宿泊の場合は11:00~翌9:00まで一晩中利用可能です。

大浴場入口前

手前が「水芭蕉の湯」、奥が「燧ケ岳の湯」

脱衣所入り口には貴重品ロッカー(無料)、室内は棚と籠、洗面台があります。

新しい畳敷きで清潔感のある脱衣所。

洗面台の上にはドライヤー、アメニティーも揃っています。

こちらが「燧ヶ岳の湯」の内湯。

浴室は15畳くらいの広さ。浴槽の縁は赤い御影石で中はタイル張り。6~8人サイズの大きさです。

隣りの「水芭蕉の湯」の方は内湯の縁が桧風呂になっていますが、サイズはほぼ同じようです。

お湯は無色透明、無味無臭、加水あり、循環ろ過併用。ややツルスベするお湯。

もともとさっぱりとした単純泉なので分かりにくいですが、内湯は新湯の投入量も多いのか、鮮度も良く循環湯という感じはあまりしません。

塩素系薬剤は清掃時のみ、あとはカルサイン消毒という天然の殺菌作用のあるものを使用しているようなので、塩素臭も全くしませんでした。

「檜枝岐温泉4号泉」 源泉温度63.7度 湧出量225L/分(動力揚湯)
泉質:単純温泉(低張性アルカリ性高温泉) pH8.2

 

窓のすぐ外には畳敷きの露天風呂もあります。

桧のお風呂。4~5人サイズの大きさです。

隣りの「芭蕉の湯」の露天風呂は3~4人サイズの丸い樽型のお風呂です。

露天風呂の床は畳敷きで貸切風呂のような豪華な雰囲気。

屋根付ですが、格子のフェンスの隙間から外の景色が見えるので解放感はあります。

枕木があるので、寝ころんで外を眺めながら長湯してくださいということなのかな。

露天風呂は内湯に比べるとやや循環湯と分かる感じでしたが、塩素臭もせず快適でした。

露天風呂からの眺め。

桧枝岐村の標高は940m。

最近は福島県内で最高気温を記録することも増えましたが、檜枝岐村では真夏でもほぼ天然のクーラーで過ごせるそうです。

内湯の洗い場にはシャワー台が5台。

秘湯シャンプーくまざさセットと桧の森というシリーズが置いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【旅館ひのえまた 温泉の感想】

陸の孤島檜枝岐と言われていますが、冬季に道路が閉鎖される時以外は登山客や尾瀬の観光客が多く訪れる温泉街なので、人工の割には豊かな村というか、日帰り入浴施設も立派な建物、旅館ひのえまたも立派な外観でビックリしました。

温泉は循環ろ過併用ですが、それがあまり気にならない湯遣いなので思っていたよりも良かったです。

前回お断りされた際も、今回も接客はとても丁寧で好感が持てました。

 

泉質★★★3.8

お風呂の雰囲気 ★★★★4.2

清潔感 ★★★★4.3

接客サービス ★★★★4.3

 

⇒「旅館ひのえまた」をインターネットで予約する

 

【旅館ひのえまた 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯各1 露天風呂各1 (入替制)

◆源泉 H20.7月の分析書

「檜枝岐温泉4号泉」 源泉温度63.7度 湧出量225L/分(動力揚湯)
泉質:単純温泉(低張性アルカリ性高温泉) pH8.2
蒸発残留物-mg/kg 溶存物質(ガス性のものを除く)572.5mg/kg 成分総計572.5mg/kg
メタケイ酸67.6mg/kg
態様:源泉掛け流し、循環ろ過併用、加水あり、清掃時に塩素系薬剤を使用、その他カルサイン消毒

一般適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、美肌
泉質別適応症:自律神経不安定、不眠症、うつ状態
*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。


[スポンサーリンク]





【尾瀬檜枝岐温泉周辺の関連記事】

檜枝岐村 尾瀬檜枝岐温泉 かぎや旅館 偵察

檜枝岐村 尾瀬檜枝岐温泉 燧の湯 日帰り入浴

檜枝岐村 尾瀬檜枝岐温泉 駒の湯 日帰り入浴

檜枝岐村 名物 裁ちそば「6代目まる家」

南会津町 小豆温泉 窓明の湯 日帰り入浴(リニューアル)

南会津町 景勝地 屏風岩

南会津町 木賊温泉 共同浴場 露天岩風呂

南会津町 木賊温泉 共同浴場 広瀬の湯

南会津町 木賊温泉 旅館井筒屋 宿泊

南会津町 湯ノ花温泉 旅館末廣 日帰り入浴

南会津町 湯ノ花温泉 共同浴場 弘法の湯

南会津町 湯ノ花温泉 共同浴場 湯端の湯

南会津町 湯ノ花温泉 共同浴場 石湯

南会津町 湯ノ花温泉 共同浴場 天神湯

福島県の混浴のある温泉

ブログ掲載 福島県の秘湯レポート

福島県の「日本秘湯を守る会」の会員宿


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 142 人です,本日は 3人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です