塩の湯温泉 明賀屋本館 宿泊 その1 お部屋編 ★★★+

栃木県那須塩原市にある「明賀屋本館」の宿泊レポートです。

最終更新日 2020/1/1 訪問日 2019/12月・2014/3月

【塩原温泉郷 塩の湯温泉 明賀屋本館】基本情報

しおばらおんせんきょう しおのゆおんせん みょうがや ほんかん

住所:〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原353
TEL:0287-32-2831
公式サイト

⇒「明賀屋本館」へのアクセス詳細&宿泊予約はこちらのページへ

【宿泊情報】

1泊2食付 9,350円~20,900円 お一人様〇 素泊まり× 湯治× 自炊×

口コミ評価:Google 3.6点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆観光ポスターにも採用された混浴露天風呂に入ってみたい
◆温泉が良ければ他に多くを求めない
◆階段の上り下りが苦にならない


[スポンサーリンク]








 

⇒「塩の湯温泉 明賀屋本館」の食事情報はその2お食事編へ

⇒「塩の湯温泉 明賀屋本館」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

【日帰り入浴】

営業時間:11:00~14:30受付
料金:2名以上1,500円/人 1名2,000円/90分
タオル・浴衣・個室休憩付
定休日:休前日、繁忙期はお休み

 

【塩の湯温泉 明賀屋本館 宿泊 その1 お部屋編】

「明賀屋本館」は、江戸時代・延宝2年(1674年)創業の塩原でも老舗の温泉旅館です。

塩原温泉郷のメインストリートから少し山あいに入った静かな渓谷沿いにあります。

 

道中手前にある「ホテル塩原ガーデン」は数年前に閉館、お隣「柏屋」もかなり年季の入った宿で、塩原の中でもお湯にこだわる人でないとなかなか来ないかもしれないエリアにあります。

それが、最近になってあのドーミーインでおなじみの共立メンテナンスが超大型ホテルの建設を始めました。

2020年秋の完成だそうです(オリンピックには間に合わせなかったのか)。

部屋から工事中のビルの様子が見えましたが、露天風呂からは今のところ見えず。

寂れた温泉街だったので、完成したらずいぶんと雰囲気が変わるかもしれません。

 

「明賀屋本館」は、普通の日帰り入浴はやっておらず、6年ほど前に個室付き日帰り入浴で訪問しました。当時は1人3,000円しました^^

川岸の露天風呂は想像していた通りの雰囲気で良かったのですが、目当ての混浴は誰かが入浴していると一緒にお邪魔しますとは言いにくいサイズのお風呂で結局入れずじまい。

そのうち泊まりたいなと考えているうちに、以前よりも一人旅のプランが安くなっていたので予約してみました。

 

正直な話、どこの予約サイトを見ても口コミ評価があまりよろしくないので、温泉にさえ入れれば後は何も期待せずに訪問しました。

泊まってみた感想は、いわゆる秘湯のジャンルだと思えば特に問題もないレベルでした。

露天風呂への階段の数や設備の古さ等は一度行ったことがあればあえて文句を言うこともないと思いますが、ああいった野趣あふれるお風呂がある旅館に慣れていない、又は知らずに行くとと大変かもしれません。

あとは、混浴だけれどバスタオル巻きはOKなのかとか、姉妹館のお風呂にも無料で入れるとか、公式サイトには書いてあることをいちいち説明してくれないので、事前に知らないと不親切だなと思うこともあるかもしれません。

 

個人的には日帰りの時と比べて接客も愛想が良くて意外、食事もメインやお米が美味しかったので想像していたよりも良かったです。

詳細なレポートは後日更新しますので、しばらくお待ちください。

塩原のメインストリートから塩原温泉病院のあたりで川を越えて細い道に入りって行きます。

閉館した「ホテル塩原ガーデン」。

閉館直前に日帰りで行ったことがありますが、ここのお湯は「明賀屋本館」とよく似ていました。

1~2分山道を上がっていくと左に共立メンテナンスの工事現場が。

道路から見えている部分の下に5階建て分くらい隠れているので、各客室、お風呂から鹿股川の渓谷を眺めることができるようになっているのかもしれません。

地上5階、地下1階の本館に、木造平屋・2階建ての離れができるということで、大衆向けと富裕層向けの客室ができるのでしょうか。

工事現場から「明賀屋本館」までは100mくらいしか離れていませんが、滞在中は工事の騒音等も聞こえてきませんでした。

ほどなくして「明賀屋本館」の前に到着。建物手前左側と建物正面右側に駐車スペースがあります。

手前の駐車場から見ると工事現場はこのように見えました。

「明賀屋本館」の外観

玄関の横には宿泊者の名前が書かれていましたが、9組いるようです。

屋号の文字

館内に入ると左にフロント、正面にお土産コーナー、右にロビー、その奥に客室に向かう階段があります。

車を駐車した段階で50代くらいの男性と女性が出てきて荷物を運んでくれました(息子さんと女将さんなのかな)。

翌朝は日帰り入浴の時に対応してくれた時と同じスーツ姿の年配の男性です(社長さん?)。

フロントは2階半にあるので、客室へは半階上がりそこからエレベーターで移動します。

半階上がった階段の正面にあるエレベーター

大浴場は地下1階、川岸露天風呂はそこから4階分くらい88段の階段を下りていくことになります。

宿泊した3階の廊下

今回宿泊した客室

【和室10畳+広縁、トイレ・洗面台付 2食付 税別13,5000円】

入口から見ると踏み込みに冷蔵庫、右に洗面台とトイレ、奥にメインの客室があります。

入口側から見た客室

横から

公縁側から

床の間にはテレビ

押入れと下には金庫

お茶とお茶請け

チーズガーデンの御用邸チーズクッキーとひとり椎茸という佃煮

電気ポットは小さな畳の上に置いてありました。

冷蔵庫の中は有料ドリンク、冷蔵庫の上には冷水ポット。

  • ビール瓶 679円
  • ワンカップ 562円
  • コーラ  238円
  • ジュース 238円
  • サイダー 238円

館内にはドリンク、お酒、たばこの自動販売機あり、近くのコンビニはメインストリートまで車で3分くらいです。

ペットボトル150円~200円とやや高め

ビール350円・500円、酎ハイ250円、たばこ数種類

浴衣とタオルセット、アメニティは歯ブラシ

洗面台の上にはヘアブラシ、カミソリ、大浴場にはシャワーキャップが置いてありました。

温熱便座+洗浄式トイレ

広縁

館内は禁煙ですが、部屋は禁煙・喫煙の区別はないようです。特にたばこの臭いはしませんでした。

3階の部屋からは工事の様子が見えました。

お布団を敷いたところ。

下は綿の敷布団、上は羽根掛布団でした。

朝食後には片付けられていました。

 

部屋にはエアコンがあるのですが、壁のパネルは「集中管理」となっていて自分で温度調節できず。

20度の設定だったのですが、真冬でも18度以下か暖房を消して寝る私にはちょっと暑くて夜中に布団を蹴っ飛ばしていました^^

 

お部屋の紹介は以上です。

 

【wifiも使えるロビー周辺】

フロントの前にあるロビー。

フロントのカウンターの上とロビーのテーブルの上にフリーwifiのパスワードが書いてあります。

部屋には電波が届かないので案内もないですが、この周辺だけ使えるのでお忘れなく。

 

ちなみに、ドコモの携帯電話は玄関の外では4Gがアンテナ1本~4本、部屋や露天風呂に向かう途中では3G1本又は圏外でした。

auは一部の客室を除き使用可能、ソフトバンクは塩原のメインストリートの方まで下りないとと圏外だそうです。

甲冑

作者は不明、持ち主とその時代の解説が書いてあります。

お土産コーナーには色々な物が売っています。

玉露チョコ、ようかん、チーズのお菓子等。

温泉の素や美容グッズ

セルフのコーヒーマシーン

玄関の前には飲泉もできるという源泉の蛇口がありました。

貼り紙は「明賀屋源泉1」の水質検査結果です。

持ち帰りOKというのでペットボトルに何本か汲んで帰りました。

少し鉄臭いので、そのままグビグビ飲む感じではないですが、ご飯を炊いてみようかな。

 

【明賀屋本館 お部屋の感想】

 

部屋の広さ ★★★★ 4.0

設備 ★★★★ 4.0(客室〇、お風呂は階段が×)

アメニティ ★★★ 3.9

清潔感 ★★★★ 4.0

宿の雰囲気 ★★★★ 3.8

接客サービス ★★★★ 4.2

 

⇒「塩の湯温泉 明賀屋本館」をインターネットで予約する

 

【明賀屋本館 宿情報】

チェックイン/アウト 15:00~/~10:00

クレジットカード 事前決済〇 現地決済△(電話予約のみ、一部のプランを除く)

エレベーター〇 バリアフリー×

携帯電話送受信 docomo△ au△ ソフトバンク×
wifi△(ロビー周辺のみ)

 

⇒「明賀屋本館」の食事情報はその2お食事編へ

⇒「明賀屋本館」の温泉情報はその3お風呂編へ

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【塩原温泉郷周辺の関連記事】

塩原 塩釜温泉 ホテル塩原ガーデン 日帰り入浴

塩原 古町温泉 旅館 上会津屋 日帰り入浴

塩原温泉名物 とて焼 藤屋

塩原温泉名物 とて焼&くるみ最中 榮太郎

塩原 古町温泉 共同浴場 もみじの湯

塩原 福渡温泉 共同浴場 岩の湯

塩原 福渡温泉 共同浴場 不動の湯

塩原 大網温泉 湯守田中屋 日帰り入浴

栃木県の混浴のある温泉

ブログ掲載 栃木県の秘湯レポート


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの閲覧者は 15 人です,本日は 7人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo